「社会・全般」 2017年7月のニュース一覧

2017年7月30日(日) 09:03 [社会・全般]

ダイビング中に男性死亡/宮古海域

シュノーケリングで流される事故も


 29日午前10時30分ごろ、伊良部島の白鳥崎西側約1300㍍の海域で、静岡県からダイビングに来ていた男性(65)=が、海中で意識不明の状態になった。男性は心肺停止状態で宮古病院に搬送されたが、同日午前11時46分、死亡が確認された。また、同日正午ごろ、城辺友利のインギャーマリンガーデンでは、シュノーケリング中の親子が流された。男児(11)はすぐに遊泳していた人に助けられた。40代の父親は、岩場にしがみついていたところを近くの人に救助された。手に擦り傷を負い命に別条はないが「肺水腫」と診断され入院した。母親を含む家族3人で東京から来ていたという。当時、宮古島地方には台風9号の影響で強風と雷、波浪の注意報(波浪注意報は昼すぎに警報に切り替え)が発令されていた。

(全文を表示…)

2017年7月29日(土) 09:06 [社会・全般]

有効求人倍率は1・29倍/6月の雇用情勢

14カ月連続で1・2倍超


 宮古公共職業安定所(ハローワーク宮古、知念宏和所長)は28日、管内6月の雇用情勢を発表した。それによると有効求人倍率は1・29倍で前年同月比では0・07ポイント上昇したが、前月比では0・07ポイントのマイナスとなった。県全体の6月の有効求人倍率は1・18倍、全国は1・51倍だった。

(全文を表示…)

2017年7月29日(土) 09:04 [社会・全般]

「視野広げ将来につなげる」/豆記者13人が市長表敬

北方領土など取材活動へ


派遣される宮古地区豆記者と関係者ら=28日、市役所平良庁舎

派遣される宮古地区豆記者と関係者ら=28日、市役所平良庁舎

 東京、北海道や北方領土を取材する第56次本土派遣宮古地区豆記者13人が28日、市平良庁舎で下地敏彦市長を表敬し、それぞれの豆記者が取材に関する抱負などを語った。一行は31日に宮古島を出発し、8月6日まで、世田谷区長や東宮御所などを訪問し、安倍晋三首相を表敬する。

(全文を表示…)

2017年7月28日(金) 09:06 [政治・行政, 社会・全般]

3人中、2人を交代/市地下水審の学識経験者

市長「新たな知見得たい」


下地市長(左)から各委員に委嘱状が交付された=27日、市上下水道部会議室

下地市長(左)から各委員に委嘱状が交付された=27日、市上下水道部会議室

 下地敏彦市長は27日、宮古島市地下水審議会の委員8人に委嘱状を交付した。委員は国や県などの「関係機関」5人、大学の名誉教授ら「学識経験者」3人で構成している。新任は4人。うち、陸自配備に関し、環境アセスメントの結果に基づいて地下水審議会の開催を求めていた学識経験者3人のうち2人を再任せず、交代させた。下地市長は「新たな専門的な知見を得たいため」と理由を述べた。

(全文を表示…)

2017年7月28日(金) 09:03 [社会・全般]

ヒマワリ見ごろで開花式/市民実践協グリーン部会

国仲さんの畑を有効利用/下地来間


見ごろを迎えたヒマワリ=27日、下地来間

見ごろを迎えたヒマワリ=27日、下地来間

 ヒマワリの開花式(主催・市市民運動実践協議会グリーン部会)が27日、来間島の国仲富美男さんの畑で行われた。5月30日に、約20㌔の種を撒いた。約80㌃の畑一面にヒマワリが開花し、この日開花式となった。

(全文を表示…)

2017年7月27日(木) 09:06 [社会・全般]

大田元知事しのび県民葬

首相参列 翁長氏「平和の心受け継ぐ」


 【那覇支社】平和行政の推進に尽力し、米軍基地の整理縮小に取り組んだ故大田昌秀氏の県民葬(実行委員会主催)が26日午後、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで執り行われた。安倍晋三首相や翁長雄志知事、鶴保庸介沖縄担当大臣をはじめ、県内外の各界代表、一般県民ら約2000人(主催者発表)が参列し、大田氏の多大な功績をしのんだ。

(全文を表示…)

2017年7月27日(木) 09:05 [社会・全般]

宮古関係者も冥福祈る/大田元知事県民葬

長濱副市長、伊良皆村長ら献花


県民葬に列席した長濱政治宮古島副市長=26日、沖縄コンベンションセンター(宜野湾市)

県民葬に列席した長濱政治宮古島副市長=26日、沖縄コンベンションセンター(宜野湾市)

 【那覇支社】大田昌秀元知事の冥福を祈る県民葬が26日午後、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター展示棟で開かれ、県内外からの参加者が献花し大田さんとの最後の別れを惜しんだ。宮古からは、長濱政治宮古島市副市長と多良間村の伊良皆光夫村長らが参列した。

(全文を表示…)

2017年7月26日(水) 09:06 [社会・全般]

福島から8家族27人来島/1年ぶりの再会に笑顔

1週間、海遊びなど楽しむ/宮古島保養プロジェクト


歓迎式で記念撮影をする福島からの家族と宮古島の受け入れメンバーら=25日、宮古空港

歓迎式で記念撮影をする福島からの家族と宮古島の受け入れメンバーら=25日、宮古空港

 福島第一原子力発電所事故の影響が今も残る福島から子供たちを放射線量の低い地域で一定期間過ごす保養のために親とともに宮古島へ招く取り組み「うむい宮古島保養プロジェクト満月」(主催・同実行委員会)で25日、福島から8家族27人が来島した。出迎えた実行委員会メンバーらと1年ぶりの再会を笑顔で喜んだ。滞在は31日までの6泊7日で、期間中、宮古の人たちとの交流や海遊びを楽しむ。

(全文を表示…)

2017年7月26日(水) 09:02 [社会・全般]

大会の感動を再び

ストロングマン写真展始まる/モノレール県庁前駅


2017ストロングマン写真展開会式後、写真展を鑑賞する関係者ら=25日、ゆいレール県庁前駅構内

2017ストロングマン写真展開会式後、写真展を鑑賞する関係者ら=25日、ゆいレール県庁前駅構内

 【那覇支社】「海・風・太陽(てぃだ)熱き想い 君を待つ」をテーマに4月23日に開催された第33回全日本トライアスロン宮古島大会の熱戦を紹介する「2017ストロングマン写真展」(主催・同実行委員会など)が25日午前、那覇市の沖縄都市モノレール県庁前駅構内で始まった。写真46点を8月3日まで展示している。

(全文を表示…)

2017年7月22日(土) 09:06 [政治・行政, 社会・全般]

乗合ジャンボタクシー導入/空港から市街地まで

運賃500円で実証実験へ


下地市長は委員らの活発な協議に期待を込めた=21日、市役所平良庁舎

下地市長は委員らの活発な協議に期待を込めた=21日、市役所平良庁舎

 宮古島市における公共交通のあり方などを協議する「宮古島市地域公共交通会議」が21日、発足し、市役所平良庁舎で第1回会議が開かれた。①宮古空港~市街地への乗合ジャンボタクシー導入②宮古協栄バスによるクルーズ入港時における臨時バス運行③「共和バスによる伊良部佐良浜経由平良線の運行計画変更」-の三つの事項や同会議設置要綱などが協議され、全会一致で承認した。

(全文を表示…)

2017年7月22日(土) 09:04 [政治・行政, 社会・全般]

市内5校にタブレット/宮古島市、ドコモ

ICT事業 9月開始


ICT事業の本格稼動を前に市長を表敬するNTTドコモの齋藤さん(左から2人目)ら=21日、市役所平良庁舎

ICT事業の本格稼動を前に市長を表敬するNTTドコモの齋藤さん(左から2人目)ら=21日、市役所平良庁舎

 宮古島市のICT(パソコン教室整備)事業で、9月から市内五つの小中学校にタブレット端末が導入される。NTTドコモの回線を利用し、Wi-Fi環境になくてもICTを活用することができる。授業の効率化と児童生徒のICTスキルアップを狙う。

(全文を表示…)

2017年7月22日(土) 09:03 [社会・全般]

嵩原、仲間、下地さん表彰

「海の日」関連式典で/沖縄総合事務局


沖縄総合事務局長表彰を受けた嵩原健二さん(中央)と下地達雄さん(右)。左は仲間三男さんの代理出席者=21日、那覇市

沖縄総合事務局長表彰を受けた嵩原健二さん(中央)と下地達雄さん(右)。左は仲間三男さんの代理出席者=21日、那覇市

 【那覇支社】沖縄総合事務局は21日、「海の日」海事関係功労者表彰式典を那覇市で開催し、これまで海に関わる仕事で社会に貢献してきた9人を局長表彰した。宮古関係では、大米建設の嵩原健二船舶部次長が「港湾関係事業」で、琉球海運の仲間三男船長と多良間海運の下地達雄一等機関士が「優良船員」で表彰された。

(全文を表示…)

2017年7月21日(金) 09:05 [社会・全般]

交通ボランティアを激励

警察署長ら、日ごろの協力に感謝


大城署長(奥中央)と新里会長(同左)が、笑顔で子供たちの登校を見守り、交通ボランティアの激励を行った=20日、上野小学校前

大城署長(奥中央)と新里会長(同左)が、笑顔で子供たちの登校を見守り、交通ボランティアの激励を行った=20日、上野小学校前

 宮古島署の大城辰男署長と宮古島地区交通安全協会の新里孝行会長は20日、上野小学校を訪れ、夏の全国交通安全運動に伴い、同地区で交通安全ボランティア活動を展開している地域住民を激励した。

(全文を表示…)

2017年7月21日(金) 09:04 [社会・全般]

サガリバナお花見5000人

副市長「観光地になる」/宮古島環境クラブが市に報告


長濱副市長(手前左)に報告する下地会長(同右)=20日、市役所平良庁舎

長濱副市長(手前左)に報告する下地会長(同右)=20日、市役所平良庁舎

 宮古島環境クラブの下地邦輝会長らは20日、市役所平良庁舎を訪ね、長濱政治副市長を表敬訪問した。下地会長は、6月23日~7月2日までの10日間に開催された主催事業の第6回ライトアップ「添道サガリバナ夜のお花見」の成果を報告。その中で「今後、群生地を活用・保全していくためには宮古島市の協力が不可欠である」と要望した。これに対し、長濱副市長は「初めてお花見を観たが、観光としてなり得る」と太鼓判を押し、要望については今後検討していく認識を示した。

(全文を表示…)

2017年7月21日(金) 09:03 [社会・全般]

全国大会「頑張って」/下地島空港施設

伊高ICT部員に寄付


三田代表取締役(手前中央)が友利代表(同右)に金一封を手渡した=20日、伊良部高校

三田代表取締役(手前中央)が友利代表(同右)に金一封を手渡した=20日、伊良部高校

 下地島空港施設(三田克則社長)は20日、伊良部高校を訪ね、同校ICT部保護者会(友利康貴代表)に「全国大会に出場するICT部員のために役立てください」と金一封を寄付した。

(全文を表示…)

2017年7月20日(木) 09:06 [社会・全般]

宮島小の再利用計画提案

地域住民代表が市教委に/廃校手続き前倒しで調整


花城代表(奥左から2人目)と3自治会の会長らが学校施設の再利用計画を市教育委員会に提案した=19日、市役所城辺庁舎

花城代表(奥左から2人目)と3自治会の会長らが学校施設の再利用計画を市教育委員会に提案した=19日、市役所城辺庁舎

 今年4月から休校となっている宮島小学校の再利用計画について、施設利用共同事業体の花城周作代表と島尻、狩俣、大神の3自治会の会長らが19日、市役所城辺庁舎に宮國博教育長を訪ね学校施設の再利用に向けた事業計画案を提案するとともに、同計画を早期に進める上でも早めの廃校手続きを求めた。市教育委員会側もその求めに応じて、廃校に向けた作業を前倒しで進めていくとしている。

(全文を表示…)

2017年7月20日(木) 09:03 [地域・暮らし, 社会・全般]

「大きく育ってね」

サクラ苗木植樹/伊良部地域づくり協


児童たちは大きく育つよう願って植樹した=19日、伊良部の牧山公園

児童たちは大きく育つよう願って植樹した=19日、伊良部の牧山公園

 伊良部地区地域づくり協議会(比嘉臣雄会長)は19日、伊良部の牧山公園でカンヒザクラ50本を植樹した。伊良部小学校(池村敏弘校長)の6年生24人が参加し、大きく成長し美しい花を咲かすよう願った。

(全文を表示…)

2017年7月19日(水) 09:03 [社会・全般]

博愛の心を子々孫々へ/佐良浜漁師顕彰碑10周年祝賀会

地元の人や関係者が参加し顕彰碑の建立10周年を祝った=17日、伊良部前里添多目的施設

地元の人や関係者が参加し顕彰碑の建立10周年を祝った=17日、伊良部前里添多目的施設

 佐良浜漁師顕彰碑建立10周年記念祝賀会(主催・同実行委)が17日、伊良部前里添多目的施設で開かれた。地元の人や関係者が大勢参加し、節目を祝うとともに博愛の史実を子々孫々に伝えていくことを改めて確認した。

(全文を表示…)

2017年7月18日(火) 09:05 [社会・全般]

飲酒運転の恐怖体感/実体験型講習会開く

参加者「通常とはまったく違う」/宮古島署など


参加者たちが酒を飲んだ状態で車を運転。その怖さと危険性を体感した=16日、宮古自動車学校

参加者たちが酒を飲んだ状態で車を運転。その怖さと危険性を体感した=16日、宮古自動車学校

 「大丈夫だろう思ったけど、怖かった」-。16日に宮古自動車学校で行われた飲酒運転実体験型講習会で、参加者から聞かれたコメントだ。この講習会では関係機関や団体のメンバーら6人が1時間ほどの飲酒を経て、同校内のコースで車を運転し、安全運転のチェックを受けた。ほろ酔い気分で挑んだ参加者からは「やっぱり飲酒運転は怖いということが実感できた」との声が多く聞かれた。

(全文を表示…)

2017年7月16日(日) 09:02 [地域・暮らし, 社会・全般]

買い物客へ保健指導/県看護協会宮古地区

スーパーで「まちの保健室」開催


血圧測定や保健指導を行う「まちの保健室」=15日、マックスバリュ宮古南店入口

血圧測定や保健指導を行う「まちの保健室」=15日、マックスバリュ宮古南店入口

 保健師、助産師、看護師、准看護師からなる看護の専門職能団体である県看護協会の宮古地区(上地成人地区長)は15日午前、「まちの保健室」をマックスバリュ宮古南店入口で開催。買い物客の血圧測定や保健指導などを行った。

(全文を表示…)

2017年7月15日(土) 09:06 [社会・全般]

定数17に41人応募/農業委員

用推進委は27人が希望


 農業委員会委員の市民公募が14日締め切られ、定数17に女性4人を含む41人が申し込んだ。内訳は現委員が17人、新規は24人。今後、市の各課長で構成する「評価委員」がポイント制で順位付けを行い、下地敏彦市長に報告する。下地市長は、市議会9月定例会に提案し、議会の同意を得て任命する。農地利用最適化推進委員は定数21に27人が希望した。うち、16人は農業委にも申し込んでいる。

(全文を表示…)

2017年7月15日(土) 09:02 [社会・全般]

詐欺被害に遭わないで/社協城辺支所

高齢者対象に防止講話


交通安全や詐欺被害未然防止などの講話を熱心に聞く参加者ら=14日、社協城辺支所

交通安全や詐欺被害未然防止などの講話を熱心に聞く参加者ら=14日、社協城辺支所

宮古島市社会福祉協議会(社協)城辺支所(大城博紀支所長)で14日、城辺生きいきデイサービスの利用者20人を対象に、交通安全と詐欺被害未然防止などに関する講話が行われた。参加した高齢者は、正しい道路の横断方法や、還付金、架空請求やオレオレ詐欺被害未然防止のための注意点などを学んだ。

(全文を表示…)

2017年7月14日(金) 09:07 [社会・全般]

レンタカー事故178件/宮古島署上半期

前年同期比30%増/夏場に急増、注意促す


レンタカーによる交通事故が急増していることから、宮古島まもる君も観光客に注意を呼び掛けている=13日、宮古空港

レンタカーによる交通事故が急増していることから、宮古島まもる君も観光客に注意を呼び掛けている=13日、宮古空港

 今年上半期(1~6月)の宮古島署管内のレンタカーによる交通事故件数は178件となり、前年同期に比べ54件(30・3%)増えていることが13日、同署のまとめで分かった。特に6月は前月に比べて倍増。今後、夏の観光シーズンに伴い、観光客もさらに増えることから同署が注意を呼び掛けている。

(全文を表示…)

2017年7月14日(金) 09:05 [社会・全般]

高波、うねりに注意を/水難事故防止推進協

気象台の松尾さん講演会


 

松尾さんの講演を聞く来場者ら=13日、市中央公民館研修室

松尾さんの講演を聞く来場者ら=13日、市中央公民館研修室

宮古島市水難事故防止推進協議会主催の2017年度気象講演会が13日、市中央公民館研修室で開かれた。宮古島地方気象台の松尾有希子さんが講師を務め「安全に海とつきあうために~気象要因での水難事故を防ぐには」をテーマに高波やうねりへの注意の必要性などを語った。

(全文を表示…)

2017年7月13日(木) 09:05 [政治・行政, 社会・全般]

電気料金は民間負担/防犯カメラ

市内12基、市と協定結ぶ


防犯カメラの管理運営に関し市と結んだ協定内容を報告する関係4団体の代表ら=12日、宮古島商工会議所

防犯カメラの管理運営に関し市と結んだ協定内容を報告する関係4団体の代表ら=12日、宮古島商工会議所

 宮古島市が2016年度に設置した防犯カメラの管理で、市と宮古島商工会議所など民間4団体は12日までに、6カ所12基分の電気料を民間4団体が負担する協定書を結んだ。年間14万4000円を支払う。防犯カメラの修理費は市が負担する。協定の効力は22年3月31日までの5年間。

(全文を表示…)

2017年7月12日(水) 09:05 [社会・全般]

就職へ高3生が情報収集/地区県立学校長会主催

生徒120人、企業38社参加/県内・県外企業合同説明会


高校3年生が参加企業の担当者から業務内容などについて話を聞く企業合同説明会=11日、市中央公民館大ホール

高校3年生が参加企業の担当者から業務内容などについて話を聞く企業合同説明会=11日、市中央公民館大ホール

 市内の高校3年生を対象とした2017年度宮古地区県立学校県内・県外企業合同説明会(主催・宮古地区県立学校長会)が11日、市中央公民館大ホールで開かれた。県内と関東、中京、関西地区などから38社が出展。就職を検討している市内の高校3年生約120人が参加し、関心を持った企業のブースで担当者から会社の特徴や業務内容などについて話を聞いた。

(全文を表示…)

2017年7月12日(水) 09:04 [社会・全般]

「大人が青少年の模範に」/一斉行動市民大会

深夜はいかい未成年者飲酒 パレードで防止呼び掛け


パレードでは地域全体で青少年の健全育成に取り組むことを呼び掛けた=11日、市内

パレードでは地域全体で青少年の健全育成に取り組むことを呼び掛けた=11日、市内

 2017年度「青少年の深夜はいかい防止・未成年者飲酒防止」県民一斉行動宮古島市民大会(主催・宮古島市、市教育委員会、市青少年育成市民会議)が11日、マティダ市民劇場で行われ、児童・生徒や青少年健全育成にかかわる団体など多数の市民が参加し、健全育成に向け大人が模範となる行動を示すことなどを呼び掛ける6項目の大会宣言を採択するとともに、街頭パレードで市民に協力と理解を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2017年7月11日(火) 09:05 [社会・全般]

飲酒運転の根絶を/宮古地区

夏の交通安全運動出発式


飲酒運転の根絶や交通事故防止を確認した出発式=10日、県宮古合同庁舎

飲酒運転の根絶や交通事故防止を確認した出発式=10日、県宮古合同庁舎

 2017年夏の交通安全県民運動(7月11~20日)に合わせ、宮古地区出発式(主催・県宮古事務所、市、宮古島署、宮古地区交通安全協会)が10日、県宮古合同庁舎で開かれた。27の推進機関・団体から約150人が参加し、飲酒運転の根絶や交通事故防止を確認した。平良の目抜き通りでは、パトカーを先頭に車両パレードを実施し、交通事故のない安全・安心の地域づくりを訴えた。

(全文を表示…)

2017年7月9日(日) 09:03 [社会・全般]

120人がヘリ体験搭乗/空自宮古島分屯基地

東平安名崎上空など遊覧


市民120人が基地内を訪れ、ヘリに体験搭乗した=8日、空自宮古島分屯基地

市民120人が基地内を訪れ、ヘリに体験搭乗した=8日、空自宮古島分屯基地

 航空自衛隊宮古島分屯基地は8日、航空機体験搭乗を実施した。市民120人が基地を訪れ、ヘリに体験搭乗して東平安名崎や南海岸の上空を遊覧した。

(全文を表示…)

2017年7月8日(土) 09:03 [社会・全般]

奉仕の理念、世界と共有/宮古ライオンズクラブ

100周年国際大会に参加


国際大会に参加した(左から)理事の友利さん、前会長の新山さん、理事の羽地さん、理事の新城さん=7日、宮古ライオンズクラブ事務局

国際大会に参加した(左から)理事の友利さん、前会長の新山さん、理事の羽地さん、理事の新城さん=7日、宮古ライオンズクラブ事務局

 ライオンズ国際協会100周年記念国際大会がこのほど、米国シカゴで開催され、宮古ライオンズクラブから前会長の新山広明さんら5人が参加した。世界200余の国と地域から参加した5万人のクラブ会員と奉仕の理念を共有。新山さんは「ライオンズクラブが世界で果たすべき役割の大きさを改めて実感した」と参加報告を行い、さらなる活動の充実を誓った。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2017年7月
    « 6月   8月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2