2017年9月30日のニュース一覧

2017年9月30日(土) 09:07 [教育・文化]

創造の祭典始まる/市民文化祭が開幕

展示部門 市民の力作ずらり


初日から会場には多くの来場者が訪れ、市民の力作に見入っていた=29日、市中央公民館

初日から会場には多くの来場者が訪れ、市民の力作に見入っていた=29日、市中央公民館

 第12回宮古島市民総合文化祭一般の部(展示)が29日、市中央公民館で始まった。開会式では下地敏彦市長らがテープカットを行い、創造の祭典の開幕を祝った。会場には初日から多くの来場者が訪れ、感性豊かな市民の力作約500点を鑑賞した。一般の部の展示は10月1日までで、絵画や書、盆栽、生け花、写真、織物、郷土料理、写真などが展示されている。

(全文を表示…)

2017年9月30日(土) 09:06 [スポーツ]

来月2日から選手募集/第34回トライアスロン

定員は1700人/レースは4月22日開催


多くの選手の応募を呼び掛ける実行委員会の下地会長(中央)。右は長濱競技委員長、左は垣花事務局長=29日、市役所平良庁舎

多くの選手の応募を呼び掛ける実行委員会の下地会長(中央)。右は長濱競技委員長、左は垣花事務局長=29日、市役所平良庁舎

 宮古島トライアスロン実行委員会(会長・下地敏彦市長)は29日、市役所平良庁舎で会見を開き、第34回大会の出場選手の募集を来月2日に開始すると発表した。定員は1700人。下地会長は多くのアスリートに応募を呼び掛け、「万全な態勢で運営に当たる」と決意を語った。第34回大会は来年4月22日開催。

(全文を表示…)

2017年9月30日(土) 09:05 [政治・行政]

「高率補助の継続必要」/県議会9月定例会

振興特別措置で県当局


一般質問で登壇する座喜味一幸県議=29日、県議会

一般質問で登壇する座喜味一幸県議=29日、県議会

 【那覇支社】県議会9月定例会で29日、宮古島市区選出の座喜味一幸氏(沖縄・自民党)が一般質問で登壇し、沖縄振興特別措置における高率補助の必要性や尖閣諸島問題、台風18号の被害状況などについて質問した。高率補助に関し、県は「継続が必要」との見解を示した。

(全文を表示…)

2017年9月30日(土) 09:04 [産業・経済]

国際クルーズ拠点整備へ/平良港

きょう起工式とシンポジウム


 「平良港国際クルーズシンポジウム」と「平良港国際クルーズ拠点整備事業起工式」が30日行われる。


 シンポジウムは午後1時30分からマティダ市民劇場で開催される。基調講演としてカーニバルアジア副社長のポール・チョン氏が「クルーズ観光による宮古島の成長可能性について」と題して講演する。

(全文を表示…)

2017年9月30日(土) 09:03 [産業・経済]

産業まつり11月25、26日/実行委

節目の40回、JTAドーム


開催日など産業まつりの実施要項を確認した実行委員会=29日、宮古島商工会議所

開催日など産業まつりの実施要項を確認した実行委員会=29日、宮古島商工会議所

 宮古の産業まつり実行委員会が29日、宮古島商工会議所で開かれ、節目となる第40回の産業まつりを11月25、26両日に開催することを決めた。会場はJTAドーム宮古島。県産品の展示即売ほか織物展、ロボット展、農業展などを行う。織物ファッションショーは7年ぶりに実施する。

(全文を表示…)

2017年9月30日(土) 09:02 [イベント]

親子で折り紙ヒコーキ/あすJTAドームで開催

大会長の波照間支社長(左から2人目)らが折り紙ヒコーキと大会の魅力をアピールし、多くの参加を呼び掛けた=28日、宮古空港

大会長の波照間支社長(左から2人目)らが折り紙ヒコーキと大会の魅力をアピールし、多くの参加を呼び掛けた=28日、宮古空港

 来月1日にJTAドーム宮古島で開催される「第13回親子折り紙ヒコーキ大会」に向け、共催するNPO宮古活性化委員会と折り紙ヒコーキ協会宮古支部のメンバーらが28日、大会を協賛するJTA宮古支社で会見を開き、多くの来場を呼び掛けた。また、今月30日に同ドームで午前9時から開催される紙ヒコーキ教室への参加も呼び掛けた。

(全文を表示…)

2017年9月30日(土) 09:01 [美ぎスマ]

【美ぎスマ】歴史にロマン秘める/城辺地区新城集落

 新城集落北の海浜砂丘にあるアラフ遺跡には2900~1900年前(紀元後80年)まで約1000年間、シャコ貝の貝殻で作った斧などを使う人々が住んでいた。同所の人々は移住先が分からないまま、謎を残してどこかに去って行った。新城海岸上方(大牧)の小高い嶺には美貌で歌の上手な女性主長「プナイ按司」が住み、集落を形成していたと伝えられる。同集落が新城の発祥という。新城は周りに広大な畑が広がる農業の盛んな集落。2016~2017年期のサトウキビ生産高は7300㌧と城辺の24部落中上位。和牛飼育農家は35戸で母牛211頭(2016年末現在)が飼われている。新城は優秀な人材を多く輩出した「ピトゥンマリスマ」としても知られている。

(全文を表示…)

2017年9月30日(土) 09:01 [行雲流水]

【行雲流水】(彼岸)

 9月26日、秋の彼岸が明けた。20日の彼岸入りから「秋分の日」を中に挟んでの先祖供養と精進の七日間であった。秋分の日に先祖の供養をするのは涅槃・悟りの世界である彼岸と煩悩と欲の現世である此岸(しがん)の間が渡りやすくなるからだといわれる。此岸に住むものにとって彼岸の期間の行為は善であれ、悪であれ「過大な果報」となることから善い行いをするよう勧められる

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年9月1日現在

    宮古島市 54,132 人
    27,095 人
    27,037 人
    世帯数 26,730 軒
    多良間村 1,172 人
    628 人
    544 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2017年9月
    « 8月   10月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2