「行雲流水」 2017年10月のニュース一覧

2017年10月31日(火) 09:01 [行雲流水]

【行雲流水】(快適な生活環境を)

 観光客が増えて喜ばしい。観光産業は他の職種への波及効果も大きいので、経済効果は大きい

(全文を表示…)

2017年10月28日(土) 09:01 [行雲流水]

【行雲流水】(秋葉原でおきたこと)

 10月22日、衆議院議員選挙の投開票日。その前日、東京は雨であった。午後7時半、安倍総理は選挙戦の最後の演説を秋葉原で行った。総理にとって因縁の場所と言われる秋葉原である。雨の中に大勢の人々が集まっている様子が動画に映し出されている。画面を通して会場のざわめきが伝わる

(全文を表示…)

2017年10月24日(火) 09:01 [行雲流水]

【行雲】(「私から始める。世界が変わる」)

 世界食料デー第26回宮古大会が10月19日、開催された。主催の日本国際飢餓対策機構は「わたしから始める、世界が変わる」をスローガンに飢餓・貧困のない世界を目指して活動している

(全文を表示…)

2017年10月20日(金) 09:01 [行雲流水]

【行雲】(今年度上半期の観光収入)

 今年度上半期(4月~9月)に宮古を訪れた観光客は60万人だという。内訳は空路客34万人、クルーズ船客26万人だ。その経済効果はいかほどか。空路客34万人について試算してみた

(全文を表示…)

2017年10月17日(火) 09:01 [行雲流水]

【行雲流水】(○○君へ)

 ○○君、高校に入学して半年、親しい友人もできて、授業は新鮮で、部活動に勢を出したり、アルバイトを試みたりと、高校生活を謳歌(おうか)しているとのこと、素敵だ

(全文を表示…)

2017年10月14日(土) 09:01 [行雲流水]

【行雲流水】(お前)

 お前、二人称代名詞。日常よく耳にする相手に対する呼び方であるが、対する相手によっては使ってはいけない言葉である。古くは神仏や高貴な人に対して敬意をもって使われていたのだが、いまでは同輩や目下の者に親しみをもって使われる、反面相手を見下したり弱者に対するさげすみの意味で使われるようになった言葉だ

(全文を表示…)

2017年10月10日(火) 09:01 [行雲流水]

【行雲流水】(サシバ渡る)

 節気は寒露。秋の使者サシバがやって来る


▼サシバはその精悍な姿と飛翔の美しさで人を魅了する。また、小さい身体で、風雨に耐えて旅を続ける姿が感情移入を誘う。大群が空を覆っていた子どもの頃を思い出させる。「人はみな旅せむ心鳥渡る」(石田波郷)。「鷹渡るわれ幼名で呼ばれたし」(平良雅景)

(全文を表示…)

2017年10月5日(木) 09:01 [行雲流水]

【行雲流水】(政治の季節到来)

 「政治の季節」到来だ。今月は、衆議院議員と市議会議員を選ぶダブル選挙がある。住民が直接投票で住民代表を選ぶ唯一の機会だ。立候補者の公約やこころざしをじっくり吟味したいものだ

(全文を表示…)

2017年10月3日(火) 09:01 [行雲流水]

【行雲流水】(文化の光、満ちる島)

 そう遠くない昔、人々は、「トウガニ・アヤグ」の旋律に乗せて、歌詞を即興、お祝いの席でも、恋愛の場でも、互いの想いを歌で交わし合った。このような豊かな文化の伝統を根底に、今や百花繚乱、多彩な文化創造が花開いている。「~創造する市民の文化~文化の光、満つる島」をテーマに第12回宮古島市民総合文化祭が開催され、多彩な作品が展示され、観衆を魅了した

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年7月1日現在

    宮古島市 54,698 人
    27,554 人
    27,144 人
    世帯数 27,615 軒
    多良間村 1,141 人
    608 人
    533 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2017年10月
    « 9月   11月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2