「産業・経済」 2017年11月のニュース一覧

2017年11月30日(木) 09:07 [産業・経済]

生産量35万㌧見込む/17-18年産サトウキビ

サトウキビ生産見込み量

サトウキビ生産見込み量

 宮古地区の2017-18年産サトウキビの生産量は34万9000㌧前後になる見通しだ。日本分蜜糖工業会のまとめで分かった。大豊作の前期と比べて約8万6000㌧の減産だが、台風の直撃や干ばつに見舞われながらも平年以上の収量になる。株出し栽培の普及に伴う収穫面積の拡大が要因だが、その一方で全体の反収(10㌃当たり収量)は5・7㌧(前期実績比2・3㌧減)と低い。株出しの反収アップが課題だ。

(全文を表示…)

2017年11月29日(水) 08:59 [政治・行政, 産業・経済]

キビ肥料購入費を助成/台風被害で市とJA

1袋当たり25%以内


台風被害に伴う支援策を告知する下地市長(左)と大城理事長=28日、市役所平良庁舎

台風被害に伴う支援策を告知する下地市長(左)と大城理事長=28日、市役所平良庁舎

 今年9月の台風災害に伴うサトウキビ生産農家への支援策として、宮古島市とJAおきなわが肥料購入費の一部を助成する。1袋当たり25%以内を補助するもので、今月30日まで受け付ける。下地敏彦市長とJAおきなわの大城勉代表理事理事長が28日会見し、制度の活用を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2017年11月29日(水) 08:58 [産業・経済]

農水大臣賞受賞を祝う/県共進会

上位入賞者たたえる


宮古からの上位入賞を祝し乾杯する参加者=27日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

宮古からの上位入賞を祝し乾杯する参加者=27日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 第43回県畜産共進会上位入賞・農林水産大臣賞祝賀会(主催・宮古和牛改良組合)が27日、JAおきなわ宮古地区本部大ホールで開かれた。宮古からは16年ぶりとなる農林水産大臣賞を獲得した「ともこ号」出品者の荷川取衛さんの栄誉をたたえるとともに、上位入賞を果たした出品個人、団体3者を祝福した。

(全文を表示…)

2017年11月25日(土) 09:07 [産業・経済]

車エビを初出荷/宮古島漁協

本土の市場へ200㌔/今期30㌧余、1億4000万円見込む


参加者らは万歳三唱を行い、安全輸送と高値取引を願った=24日、宮古島漁協が運営する車エビ養殖場

参加者らは万歳三唱を行い、安全輸送と高値取引を願った=24日、宮古島漁協が運営する車エビ養殖場

 今回で23周年を迎える宮古島漁協(渡真利一夫組合長)の車エビ初出荷式が24日、同漁協車エビ養殖場(高野漁港)で行われた。式には県や市の担当職員など関係者が参加。この日、東京の築地や名古屋、大阪、福岡、京都の市場に向けて出荷される200㌔の車エビをバンザイ三唱で見送った。

(全文を表示…)

2017年11月25日(土) 09:06 [産業・経済]

城辺保良にコテージ47棟/オーシャンズリゾート

「ヴィラボーラ」来月開業


12月開業向け急ピッチで工事が進められているコテージ型宿泊施設「ヴィラボーラ」=24日、城辺保良

12月開業向け急ピッチで工事が進められているコテージ型宿泊施設「ヴィラボーラ」=24日、城辺保良

 オーシャンズリゾート(市城辺保良、島尻千洋社長)が運営するコテージ型の宿泊施設「ヴィラボーラ」が12月に開業する。1戸建てで全47棟。同社では「宮古島の東海岸線のリゾート施設として、島の観光振興に貢献していきたい」と話している。

(全文を表示…)

2017年11月25日(土) 09:05 [産業・経済]

黒糖の香港輸出で覚書/県黒砂糖共同組合

沖縄黒糖の販売促進に関する覚書を締結した(左から)県黒砂糖協同組合の西村代表理事とタイクーシュガーのラウ代表

沖縄黒糖の販売促進に関する覚書を締結した(左から)県黒砂糖協同組合の西村代表理事とタイクーシュガーのラウ代表

 【那覇支社】県黒砂糖協同組合(西村憲代表理事)と香港のタイクーシュガー(マックス・ラウ代表)は24日、那覇市の沖縄総合事務局で「沖縄黒糖(純黒糖)のプロモーションに関する覚書」の締結を行った。今後5年を目途に、少なくとも年間30㌧の沖縄黒糖を香港へ輸出する。輸出額は、1年で1500万円以上を見込んでいる。今回の締結を機に、アジア地域でのさらなるブランド構築と販路拡大を目指す。

(全文を表示…)

2017年11月17日(金) 09:06 [産業・経済]

17年産 マンゴー生産量730㌧/前期不作を挽回

過去最高に迫る実績/価格は市場出しで値崩れ


過去最高量に迫る730㌧が生産された宮古島産マンゴー(資料写真)

過去最高量に迫る730㌧が生産された宮古島産マンゴー(資料写真)

 2017年宮古島産マンゴーの生産量が730㌧になることが地区園芸技術員会のまとめで分かった。15年の過去最高量765㌧に迫る実績で、前期の不作を挽回した。ただ、価格の面では、市場出し(出荷)や店頭に並ぶ一部のマンゴーで値崩れが起きた。中元時期の供給不足が要因。開花のずれに伴う収穫・出荷の遅れが価格に響いた。

(全文を表示…)

2017年11月17日(金) 09:05 [産業・経済]

輸出拡大目指し連携協定/県、JA沖縄中央会など

県産農畜産物輸出拡大に係る連携協定を締結した(左より)JAおきなわの大城理事長、JA沖縄中央会の砂川会長、浦崎副知事、農林中央金庫の戸高常務=16日、県庁

県産農畜産物輸出拡大に係る連携協定を締結した(左より)JAおきなわの大城理事長、JA沖縄中央会の砂川会長、浦崎副知事、農林中央金庫の戸高常務=16日、県庁

 【那覇支社】県とJA沖縄中央会(砂川博紀会長)、JAおきなわ(大城勉理事長)、農林中央金庫(河野良雄理事長)は16日、県庁で「県産農畜産物輸出拡大」に係る連携協定を締結した。県産農産品の海外輸出拡大と普及を目指す。農産物の輸出をテーマに県とJAなど4者が連携協定を締結するのは、全国で初めて。 

(全文を表示…)

2017年11月16日(木) 09:08 [産業・経済]

株出し栽培6割超/17-18年期キビ

労働力の減退顕著に/主流だった夏植えは急減


宮古地区作型別収穫ほ場面積の推移表

宮古地区作型別収穫ほ場面積の推移表

 宮古地区のサトウキビ栽培で、2017-18年期の6割が株出しで栽培されていることが製糖各社や市のまとめで分かった。生産者の高齢化に伴う労働力の減退が顕著に表れた。4~5年前まで主流だった夏植えは急減し、3割強にとどまる。次期作はさらに減少する見通しだ。干ばつや台風などの自然災害に強く、安定生産の夏植えが全体の5割を割り込んだ現状に関係者は危機感を強める。

(全文を表示…)

2017年11月15日(水) 09:04 [産業・経済]

乗客2367人乗せ初寄港/コスタ・フォーチュナ号

副船長らを花束で歓迎


ミス宮古から花束を受け取るロベルト副船長(右から2人目)とピラリノスホテルディレクター(同3人目)=14日、平良港ターミナルビル前

ミス宮古から花束を受け取るロベルト副船長(右から2人目)とピラリノスホテルディレクター(同3人目)=14日、平良港ターミナルビル前

 イタリアのクルーズ会社コスタ・クルーズが運航するコスタ・フォーチュナ号(10万2587㌧)が14日朝、2367人の乗客を乗せ宮古島に初寄港した。乗客は出航までの時間、宮古島の観光や買い物などを楽しんだ。歓迎セレモニーも行われ、副船長らにミス宮古から花束が贈られた。

(全文を表示…)

2017年11月15日(水) 09:03 [産業・経済]

貨物積載最多は宮古/JTA貨物販売会議

当職員が現状説明


大きな箱にマンゴーを入れてから積み込むことで作業時間の短縮につながったことなどを説明する長嶺チーフマネジャー(中央)=14日、JTAドーム宮古島会議室

大きな箱にマンゴーを入れてから積み込むことで作業時間の短縮につながったことなどを説明する長嶺チーフマネジャー(中央)=14日、JTAドーム宮古島会議室

 日本航空(JAL)の貨物関係者と日本トランスオーシャン航空(JTA)販売促進担当らによる「2017年度下期JTA貨物販売会議」が14日、JTAドーム宮古島会議室で開かれた。離島での開催は今回が初となる。JTAの担当職員が同社路線でピーク時に1便当たりの貨物積載量が最も多いのは宮古空港であることなどを紹介した。

(全文を表示…)

2017年11月11日(土) 09:02 [産業・経済]

キビ操業の安全を祈願/2017ー18年産

宮糖多良間工場で火入れ式


ボイラー火入れ式で期間中の無事故、無災害を祈願する関係者ら=9日、宮糖多良間工場

ボイラー火入れ式で期間中の無事故、無災害を祈願する関係者ら=9日、宮糖多良間工場

 【多良間】宮古製糖(安村勇社長)多良間工場で9日、「ボイラー火入れ式」が行われた。宮古製糖の森川史一常務を初め、伊良皆光夫村長、村議会の豊見山正副議長や関係者らが参加し、2017ー18年期産のサトウキビ製糖操業の安全を祈願した。

(全文を表示…)

2017年11月10日(金) 09:06 [産業・経済]

バルクローリー車運用開始/沖縄協同ガス

宮古初導入、関係者集い式典/サービスの向上に意欲


関係者による安全祈願と充填式が行われた式典。奥右がバルク貯槽で同左がバルクローリー車=9日、JAおきなわ平良支店ひらら生産資材センター構内

関係者による安全祈願と充填式が行われた式典。奥右がバルク貯槽で同左がバルクローリー車=9日、JAおきなわ平良支店ひらら生産資材センター構内

 「農協プロパン宮古地区バルクローリー車運用開始式典」(主催・沖縄協同ガス)が9日、JAおきなわ平良支店ひらら生産資材センター構内で行われた。式典には関係者が出席し、これまでのLPガスボンベに比べ、省スペースでガス容量が確保できるバルク貯槽の宮古初導入と同貯槽にガスを充填する同車の運用開始を祝った。

(全文を表示…)

2017年11月10日(金) 09:05 [産業・経済]

宮古島市は横ばい/18年度基準地価格

多良間村5・2%下落


 【那覇支社】県固定資産評価審議会(大城直哉会長)は8日、県内市町村の固定資産(土地)に係る2018年度基準地価格について、県の諮問通りとすることを適正と認め、答申した。市町村内で最も高い評価の土地を示す「宅地」の基準値価格では、宮古島市の「平良字西里根間246」が1平方㍍当たり5万8800円で前回(15年度)と変わらず横ばいとなった。多良間村の宅地は、「塩川古川里122」が同5190円で、前回から5・2%下落した。

(全文を表示…)

2017年11月9日(木) 09:03 [産業・経済]

10月観光客は9万1644人/市観光商工局

前年同月比2万8688人増


 市観光商工局は7日、10月の宮古島への入域観光客数は9万1644人だったと発表した。前年同月比で2万8688人(45・57%)の大幅増となった。

(全文を表示…)

2017年11月8日(水) 09:06 [産業・経済]

大臣賞の喜び共有/県畜産共進会

荷川取さん「一生の思い出」/市長「農家の励みになる」


市長に入賞を報告する(左から)砂川さん、上地さん、荷川取さん=7日、市役所平良庁舎

市長に入賞を報告する(左から)砂川さん、上地さん、荷川取さん=7日、市役所平良庁舎

 第43回県畜産共進会で農林水産大臣賞を受賞した荷川取衛さん(83)らが7日午後、下地敏彦市長に受賞報告を行った。荷川取さんは「大臣賞は一生の思い出になった」と感慨深げに報告。下地市長は「素晴らしい快挙だ。宮古の農家の励みになる」と話し、最高賞の喜びを分かち合った。荷川取さんら3人の上位入賞者は次回団体賞の獲得に向けて決意を新たにした。

(全文を表示…)

2017年11月8日(水) 09:03 [産業・経済]

予算の満額確保を要請/おきなわ農業農村整備の集い

農業整備予算の満額確保などを求めた「おきなわ農業農村整備の集い」=6日、南風原町

農業整備予算の満額確保などを求めた「おきなわ農業農村整備の集い」=6日、南風原町

 【那覇支社】「おきなわ農業農村整備の集い」が6日、南風原町の土地改良会館で開催され、2018年度予算で農業農村整備事業概算要求額の満額確保などを柱とする要望書を決議した。県土地改良事業団体連合会で副会長を務める下地敏彦宮古島市長のほか、伊良皆光夫多良間村長も出席した。

(全文を表示…)

2017年11月8日(水) 09:02 [産業・経済]

日々の運動で体型づくり/県畜産共進会大臣賞

荷川取さんと「ともこ」号


県畜産共進会で最高賞を受賞した「ともこ」号と生産者の荷川取さん=7日、城辺西里添

県畜産共進会で最高賞を受賞した「ともこ」号と生産者の荷川取さん=7日、城辺西里添

 畜産業に45年以上携わる荷川取衛さん(83)が、県の畜産共進会で宮古島市に16年ぶりの農林水産大臣賞をもたらした。「夢のようだよ」と照れくさそうに笑いながらも「自信はあったけどね」と話す表情に牛飼いの誇りをにじませた。

(全文を表示…)

2017年11月4日(土) 09:06 [産業・経済]

荷川取さん農林水産大臣賞/県畜産共進会

宮古から16年ぶり快挙/ほか2頭も優秀賞3席


県畜産共進会肉用牛部門で農林水産大臣賞の荷川取さん(左)、3席の上地さん(中央)と砂川さん=3日、糸満市の南部家畜市場

県畜産共進会肉用牛部門で農林水産大臣賞の荷川取さん(左)、3席の上地さん(中央)と砂川さん=3日、糸満市の南部家畜市場

 【那覇支社】県内各地区から選抜された和牛の品質を競う第43回県畜産共進会(主催・同協議会)の種畜部門(肉用牛・乳用牛)が3日、糸満市の南部家畜市場で開催され、宮古島市の荷川取衛さん=城辺西里添=が所有する若雌第1類の「ともこ」号が優秀賞1席に入り、宮古から16年ぶりの農林水産大臣賞に輝いた。

(全文を表示…)

2017年11月3日(金) 09:02 [産業・経済]

宮古で新たに2店舗/おきなわ食材の店

県産食材活用で認定


植田所長(後列左)らと記念撮影する根間さん(前列左)と飯田さん(同右)=1日、宮古合同庁舎

植田所長(後列左)らと記念撮影する根間さん(前列左)と飯田さん(同右)=1日、宮古合同庁舎

 県農林水産部はこのほど、県産食材を積極的に活用した料理を提供し、その食材の魅力を発信する2017年度「おきなわ食材の店」に宮古関係では「三線ライブ居酒屋美琉太陽」「飯田麻里子店長)と、「畑の中のジュース屋さん」(根間良光代表)を新たに認定した。

(全文を表示…)

2017年11月2日(木) 09:02 [産業・経済]

TPP対策や予算措置要請/県農業代表者大会「宣言」採択

さとうきび政策確立県農業代表者大会でガンバロー三唱で気勢を上げる生産農家ら=1日、南風原町立中央公民館

さとうきび政策確立県農業代表者大会でガンバロー三唱で気勢を上げる生産農家ら=1日、南風原町立中央公民館

 【那覇支社】2017年度産さとうきび価格・政策の確立に向けた「県農業代表者大会」(主催・県さとうきび対策本部)が1日、南風原町立中央公民館で行われ、TPP(環太平洋経済連携協定)、日EU・EPA(日本欧州連合経済連携協定)などの影響を最小限に食い止める万全な国内対策を政府・与党に強く求める大会宣言を採択した。

(全文を表示…)

2017年11月1日(水) 09:05 [産業・経済]

融資額は20億6500万円/沖縄公庫宮古支店17年度上期

安里支店長「ほぼ前年度並みに」


融資実績の推移

融資実績の推移

 沖縄振興開発金融公庫宮古支店(安里高志支店長)はこのほど、2017年度上半期(4~9月)の融資実績をまとめた。それによると融資金額は20億6500万円で、前年同期(29億7400万円)に比べ30・6%(9億900万円)減少した。設備資金の申し込みが10月にずれ込んだのが要因。安里支店長は、近々に約10億8000万円の契約を見込んでいることを挙げ「これらを勘案すると、上半期の資金需要はおおむね前年度並み(29億7400万円)と捉えている」と述べた。前年度の上期・下期を合わせた全体の融資実績は69億7100万円だった。

(全文を表示…)

2017年11月1日(水) 09:02 [産業・経済]

マリオットと協業へ/森トラスト

伊良部のホテルを第1号に


 森トラスト(伊達美和子社長)はこのほど、伊良部島で建設しているホテルに同社の新ブランド「翠 SUI(スイ)」を冠することを決めた。同ブランド第1号ホテルとなる。併せてマリオット・インターナショナルの最高級カテゴリーブランド「ラグジュアリーコレクション」を導入することも発表。ホテル名は「イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古」となる。2018年中に開業する。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2017年11月
    « 10月   12月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2