「イベント」 2017年11月のニュース一覧

2017年11月29日(水) 08:56 [イベント]

最高賞に西澤由佳子さん/宮古島フォトコンテスト

宮古島フォトコンテストの入賞者。前列中央は一般部門グランプリの西澤さん=25日、宮古島漁協

宮古島フォトコンテストの入賞者。前列中央は一般部門グランプリの西澤さん=25日、宮古島漁協

 海族まつりの一環「宮古島フォトコンテスト」の表彰式が25日、宮古島漁協で行われた。一般部門のグランプリは西澤由佳子さんが撮影した水中写真の「Amazing」。海中で揺れる小さなエビを幻想的な光の中でとらえた。審査したプロカメラマンのむらいさちさんは「まるでエビが踊っているようで、見ていて心に残る」と絶賛した。

(全文を表示…)

2017年11月28日(火) 08:58 [イベント]

市長賞に「オムそばめし」/第1回宮古島うまむぬ杯

たまご家おかんが受賞


宮古島うまむぬ杯で入賞した皆さん(前列)と関係者(後列)=26日、JTAドーム宮古島

宮古島うまむぬ杯で入賞した皆さん(前列)と関係者(後列)=26日、JTAドーム宮古島

 「宮古島うまむぬ(おいしい料理)杯」(宮古島調理師会主催、宮古島BBcom共催)の表彰式が26日、宮古の産業まつり会場のJTAドーム宮古島で行われ、たまご家おかん(平良東仲宗根)の「ふわとろオムそばめし」がグランプリとなる市長賞に輝いた。

(全文を表示…)

2017年11月27日(月) 23:38 [【特集】イベント・行事, イベント]

島産品が一堂に/第40回宮古の産業まつり写真特集

「みゃーくぬすぐりぬ」ずらり
「出会い・ふれあい・感動!みゃーくぬすぐりむぬ」をテーマに、第40回宮古の産業まつりが25日にJTAドーム宮古島で開幕した。会場には島産品が一堂に会し、2日間の日程で宮古圏域の産業の魅力を発信する。初日から農林水産物の加工品ほか野菜や花、果樹の苗などが展示即売されたほか、7年ぶりとなる宮古のファッションショーや宮古の宝物グランプリなども行われた。また、特産品コーナーでは、宮古島市の姉妹・交流都市の特産品も販売されて好評を博した。初日の模様を写真で紹介する。

7年ぶりに開催されたファッションショーでは宮古上布などの魅力を発信した

青々と育った野菜の苗の販売は朝から人気を博した

 

初のドーム開催となり、会場には多くの市民、観光客が訪れて島産品の魅力を満喫した=25日、JTAドーム宮古島で

試食して「これ、おいしいね」と親子で笑顔に

 

多良川が限定発売するエヴァンゲリオンボトルに来場者も興味津々

パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」と会話とやり取りを楽しむ子供たち

 

おいしい宮古島のマンゴーは加工品でも大人気


姉妹都市の特産品が購入できるのも産業まつりの魅力の一つ

椎茸詰め放題は、詰めれば詰めるほど笑顔に

会場では、いろいろな種類のサトウキビが展示され、来場者もその特性などについて担当者に質問していた

上越市のおいしいお酒を飲んで下地市長も満面の笑み

オープニングは、子供たちの元気な踊りで幕開けした

 

三線に使われる蛇の皮に子供たちは「怖いけど、触りたい」

松ぼっくりを使ったクリスマスツリーづくりに挑戦。

いろいろな種類の三線を弾いて、音色を確認

大漁?に満面の笑み

宮古島漁業協同組合のブースで販売される熱々の天ぷらは大人気で長蛇の列となった。

宮古島のカマボコはおいしくて最高だよー

好天恵まれプレー満喫

2017年11月26日(日) 09:07 [イベント]

〝すぐりむぬ〟求めにぎわい/宮古の産業まつりが開幕

きょうまでJTAドーム/農産物や加工品を展示即売


大勢の来場者でにぎわいを見せた第40回宮古の産業まつり=25日、JTAドーム宮古島

大勢の来場者でにぎわいを見せた第40回宮古の産業まつり=25日、JTAドーム宮古島

 第40回宮古の産業まつり(主催・同まつり実行委員会)が25日、JTAドーム宮古島で開幕した。約80業者が出店し、農林水産物の加工品や野菜、花、果樹の苗などを展示即売した。26日まで行われる。

(全文を表示…)

2017年11月26日(日) 09:05 [イベント]

グランプリに「パンナコッタ」/宮古島の宝物を発掘・審査

マンゴー素材、砂川さん考案


宮古の宝物グランプリで入賞した皆さん。グランプリを受賞した砂川和枝さん(中央)と商品製造に携わった與那覇翔太郎さん(右から3人目)=25日、JTAドーム宮古島

宮古の宝物グランプリで入賞した皆さん。グランプリを受賞した砂川和枝さん(中央)と商品製造に携わった與那覇翔太郎さん(右から3人目)=25日、JTAドーム宮古島

 宮古の特産品などを発掘し商品として開発、発信するプロジェクト「宮古の宝物グランプリ2017」が25日、宮古の産業まつり会場のJTAドーム宮古島で行われた。11の事業者が自慢の商品を出品。審査の結果、グランプリには徳洲会伊良部診療所の管理栄養士、砂川和枝さんが考案した「マンゴー村のパンナコッタ」が選ばれた。

(全文を表示…)

2017年11月26日(日) 09:02 [イベント]

宮古通し交流の輪/香港フラ協会10周年

太平洋文化交流協が参加


香港国際フラ協会10周年記念イベントで交流を深めた=香港ウォーターパーク(太平洋文化交流協会提供)

香港国際フラ協会10周年記念イベントで交流を深めた=香港ウォーターパーク(太平洋文化交流協会提供)

 香港国際フラ協会の設立10周年記念イベントが今月11日、香港ウォーターパークで開催され、カギマナフラin宮古島実行委員の太平洋文化交流協会が参加して交流を深めた。香港国際フラ協会のイアン・チュウ会長は「宮古島のカギマナフラを通して各国との交流が広がった」と喜んだ。

(全文を表示…)

2017年11月21日(火) 09:06 [イベント]

菊まつり、心に刻む40年/鏡原中学校

継承と発展誓い合う/関係者集い記念式典


菊の花に包まれて「菊まつり」40周年の節目を祝った記念式典=19日、鏡原中学校

菊の花に包まれて「菊まつり」40周年の節目を祝った記念式典=19日、鏡原中学校

 「小さな思いやりの種に大輪の花」-。鏡原中学校(宮城克典校長)で1977年にスタートした「菊まつり」の40周年を祝う記念式典が19日、同校体育館で行われた。宮國博教育長や下地政昭宮古教育事務所長のほか、同校の生徒、地域住民、卒業生らが詰め掛けこの取り組みが40年の歴史を刻んだことを喜びながら、さらなる継承発展を誓い合った。

(全文を表示…)

2017年11月18日(土) 09:06 [イベント]

島の特産品を一堂に/離島フェアが開幕

黒糖や泡盛なまり節など/宮古から27社が出品


開幕初日から多くの来場者でにぎわいを見せる離島フェア2017=17日、那覇市奥武山の沖縄セルラーパーク那覇

開幕初日から多くの来場者でにぎわいを見せる離島フェア2017=17日、那覇市奥武山の沖縄セルラーパーク那覇

 【那覇支社】「島々の彩り みなに拡がる」をキャッチフレーズに、離島フェア2017(主催・同実行委員会)が17日、那覇市奥武山の沖縄セルラーパーク那覇で開幕した。会場では、宮古島市や多良間村を含む県内18の離島市町村から117社が出店し、各地の魅力ある特産品を展示販売する。同フェアの期間は、19日まで。

(全文を表示…)

2017年11月18日(土) 09:05 [イベント]

宮古袋ものを表彰/離島フェア2017

伊良部トーガニまつり実行委も


離島フェアで表彰された(左から)川満さん、安里さん、立津君、中村さん=17日、那覇市の奥武山公園

離島フェアで表彰された(左から)川満さん、安里さん、立津君、中村さん=17日、那覇市の奥武山公園

 【那覇支社】離島フェア2017(主催・同実行委員会)で17日、優秀な離島特産品を表彰する「優良特産品」、離島振興に積極的に取り組む団体への「島おこし奨励賞」、県内の小中学生を対象に募集した同フェアの「ポスター図案コンクール」の各表彰式が行われた。宮古島市からは、伊良部トーガニまつり実行委員会(中村雅弘委員長)が島おこし奨励賞に、宮古袋もの(川満久代表)が優良特産品特別賞を、それぞれ獲得した。

(全文を表示…)

2017年11月15日(水) 09:02 [イベント]

特産物でスイーツ開発/最優秀に「シークワサー水ようかん」

最優秀金賞を受賞した堀田さん(右から3人目)と金賞受賞者ら=12日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

最優秀金賞を受賞した堀田さん(右から3人目)と金賞受賞者ら=12日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 宮古島スイーツコンテスト(主催・宮古島地域雇用創造協議会)の最終審査会が12日、JAおきなわ宮古地区本部大ホールで開かれた。最終エントリー作品5品を特別審査員人と一般審査員300人で審査を行った結果、平良西里で居酒屋を営む堀田悟さんの「シークワサーの水ようかん」が最優秀金賞を獲得した。

(全文を表示…)

2017年11月14日(火) 18:16 [【特集】イベント・行事, イベント, スポーツ]

島に笑顔と交流の輪/第20回たらま島一周マラソン

【多良間】たらま島一周マラソン大会(主催・同村、共催・同村体育協会)は11日、村役場前を発着点とする島内全域をコースに行われた。四つのコースに342人が出場。あいにくの天候だったが、島民の大声援を受けながらゴールを目指した。ゴールの役場前には、家族や友人らが出迎え。笑顔がと交流の輪が広がった。

最長Aコース24・3㌔には112人が出場。ピストルの合図で笑顔でスタートするランナー=11日、多良間村役場前

走り終えたランナーの空腹感を満たしたヤギそばと牛そば

 

沿道ではお年寄りたちがランナーに惜しみない声援を送った

レース後、完走証を手に健闘をたたえ合うランナー

 

家族で一緒に自然豊かな多良間路を満喫



 

号砲一発、元気に飛び出す多良間小の子供たち



好天恵まれプレー満喫

2017年11月14日(火) 09:04 [イベント]

初防衛戦の熱気を再現/県合同庁舎

比嘉大吾写真展始まる


比嘉大吾さんの初防衛戦写真展をスタートさせた沖縄後援会宮古支部の皆さん=13日、県宮古合同庁舎

比嘉大吾さんの初防衛戦写真展をスタートさせた沖縄後援会宮古支部の皆さん=13日、県宮古合同庁舎

 WBC世界ボクシング評議会フライ級王者の比嘉大吾(宮工卒、白井・具志堅スポーツ)が初防衛に成功した試合を再現する写真展が13日、県宮古合同庁舎1階ロビーで始まった。激しい打ち合いの様子やベルトを掲げる王者の勇姿が拡大写真で展示されている。この写真展は17日まで。

(全文を表示…)

2017年11月12日(日) 09:05 [イベント]

アンパンマンに大歓声…/ドリーミングコンサート

ドリーミングの歌とアンパンマンとばいきんまんの踊りが会場を盛り上げた=11日、JTAドーム宮古島

ドリーミングの歌とアンパンマンとばいきんまんの踊りが会場を盛り上げた=11日、JTAドーム宮古島

 「はっぴぃはあとプロジェクト~島の子供たちに楽しい時間を!」の第1弾イベント「ドリーミングコンサート・アンパンマンのマーチをみんなで歌おう!」が11日、JTAドーム宮古島で開催された。

(全文を表示…)

2017年11月8日(水) 15:18 [【特集】イベント・行事, イベント, スポーツ]

第25回宮古毎日新聞杯全宮古少年サッカー大会

本社杯サッカー ドリブルで前進、決めたぞゴール

第25回宮古毎日新聞杯全宮古少年サッカー大会は4、5日、城辺総合運動公園で行われた。小学校低学年、中学年、高学年の3部門に計29チームが出場。2日間にわたり予選リーグと決勝トーナメントで熱戦を繰り広げた。初日は時折横殴りの雨が降るあいにくの天気だったが、2日目は秋晴れが広がる絶好のコンディションの中で行われた。熱戦の模様を写真で紹介する。

 

体を張ってボールをキープ=5日


最終ライン突破を試みる女子選手。男子に混じって力強いプレーを見せた=4日

ゴール前でヘディングでボールをクリアー=5日

激しくボールを奪い合う高学年の選手=5日

中央での競り合う高学年の選手=4日

 

3部門に計29チームが出場して熱戦を繰り広げた本社杯サッカー=4日



コーナーキックを止めるゴールキーパー=4日、城辺総合運動公園

ディフェンスを振り切ってゴールを決める=4日

 

選手宣誓をする宮古南FCの島袋快主将=4日



「どうだ!」ミドルレンジから強烈なシュート=4日

保護者らが見守る中、真剣にボールを追う選手=5日

ゴールを決め喜ぶ選手=5日

 

相手ディフェンスの間を狙ってシュート=4日


 

低学年の試合も白熱。ボールを取り合う子供たち=4日


男子にも引けを取らない巧みなボールコントロールを見せる女子選手=4日

2017年11月7日(火) 09:03 [イベント]

「BP」が観客賞獲得/世界エイサー大会

ソロ演舞、Jrも特別賞


ソロ演舞で特別賞を受賞したTEAM BPの前里玲毅さん(前列右)=5日、浦添市

ソロ演舞で特別賞を受賞したTEAM BPの前里玲毅さん(前列右)=5日、浦添市

 【那覇支社】国内外の創作エイサー団体が競い合う「世界エイサー大会2017」が4~5日、浦添市の国立劇場おきなわで開催され、宮古地区から出場した「Drum&Dance TEAM BP」がグランプリ部門で観客賞を受賞した。また、BPの前里玲毅さんがソロ演舞で、「男塾 武-Doo Jr」はジュニア部門で、それぞれ特別賞を獲得した。

(全文を表示…)

2017年11月5日(日) 09:06 [イベント]

アジア各国の代表が競う

JAL折り紙ヒコーキ大会開幕


韓国、タイなどのアジア各国代表が参加して行われた開会式=4日、JTAドーム宮古島

韓国、タイなどのアジア各国代表が参加して行われた開会式=4日、JTAドーム宮古島

 第1回JAL折り紙ヒコーキアジア大会(共催・市、折り紙ヒコーキ協会)が4日、2日間の日程でJTAドーム宮古島で開幕した。開会式では、タイ、香港、ベトナム、韓国、フィリピンなどの国からの代表と、地元参加者らが互いの健闘を誓い合った。

(全文を表示…)

2017年11月5日(日) 09:05 [イベント]

小学対抗は佐良浜が優勝/室内距離競技

折り紙ヒコーキアジア大会


小学校対抗で優勝した佐良浜チームの6年生=4日、JTAドーム宮古島

小学校対抗で優勝した佐良浜チームの6年生=4日、JTAドーム宮古島

 JAL折り紙ヒコーキアジア大会(市、折り紙ヒコーキ協会共催)初日の競技が4日、JTAドーム宮古島で行われ、小学校対抗トーナメント(室内滞空時間競技)で佐良浜小学校チーム佐良浜が優勝した。室内距離競技は小学生以下の部はタイから参加のサンパヤー・ケンナーク君(11)が40・92㍍、一般の部(中学生以上)は韓国から参加のシン・ムー・チュンさん(34)が49・67㍍の記録で、それぞれ優勝した。3位までは全て外国人勢が入った。

(全文を表示…)

2017年11月1日(水) 18:33 [イベント, スポーツ]

強風に苦しむも 声援に笑顔/第8回エコアイランド宮古島マラソン

第8回エコアイランド宮古島マラソンが29日、市陸上競技場をゴールに行われた。フルマラソン、ハーフ、10㌔の3部門に1558人が出場。伊良部大橋は3部門のコースに設定され、ランナーは島の自然と景色を楽しみながら、宮古路をひた走った。その模様を写真で紹介する。


前回大会フル女子1位の我那覇昭子さんが選手宣誓

潮風を受けながら伊良部大橋をひた走る

水、ありがとうー

ピカチュウとドラえもんも参戦

ミニオンキャラも出場

コスプレと笑顔がベストマッチ

「水、気持ちいい!」

いろいろなキャラでレース楽しむ

 

自然と景色を楽しみながら宮古路をひた走る参加者



「みんな頑張れ!」とかわいい声援が飛ぶ


宮高吹奏楽部がランナーを音楽で応援

かわいい笑顔と太鼓で、出場者を応援

完走目指して「頑張るぞー」

伊良部大橋をひた走る大勢のランナー

好天恵まれプレー満喫
  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2017年11月
    « 10月   12月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2