2017年11月のニュース一覧

2017年11月26日(日) 09:01 [ニュースウィークリー]

【ニュースウィークリー】11月19日~11月25日

中学男子は平良制す/本社杯剣道大会


 宮古毎日新聞杯第34回全宮古青少年健全育成剣道大会が18日、東小学校体育館で開かれた。中学生男子の部に9人、同女子の部に3人、小学生試合形式の部に10人、小学生競技形式の部に9人、初心者対象の幼・小学生基本形式の部に15人の計46人が出場し、日ごろの稽古の成果を競い合った。その結果、中学生男子の部では延長戦の末、平良律稀君(平良2年)が優勝を果たした。(11月19日掲載)

(全文を表示…)

2017年11月26日(日) 09:01 [人(ひと)]

【ひと】市議会副議長に就任した/上地 廣敏氏(64歳)

議長の良き補佐役に決意


上地 廣敏氏(64歳)

上地 廣敏氏(64歳)

 市議会臨時会で、議員による選挙で選ばれた。「副議長という立場をよく理解し、議長の良き補佐役に徹したい」。言葉数こそ少ないが、決意の強さをにじませた。

(全文を表示…)

2017年11月25日(土) 09:07 [産業・経済]

車エビを初出荷/宮古島漁協

本土の市場へ200㌔/今期30㌧余、1億4000万円見込む


参加者らは万歳三唱を行い、安全輸送と高値取引を願った=24日、宮古島漁協が運営する車エビ養殖場

参加者らは万歳三唱を行い、安全輸送と高値取引を願った=24日、宮古島漁協が運営する車エビ養殖場

 今回で23周年を迎える宮古島漁協(渡真利一夫組合長)の車エビ初出荷式が24日、同漁協車エビ養殖場(高野漁港)で行われた。式には県や市の担当職員など関係者が参加。この日、東京の築地や名古屋、大阪、福岡、京都の市場に向けて出荷される200㌔の車エビをバンザイ三唱で見送った。

(全文を表示…)

2017年11月25日(土) 09:06 [産業・経済]

城辺保良にコテージ47棟/オーシャンズリゾート

「ヴィラボーラ」来月開業


12月開業向け急ピッチで工事が進められているコテージ型宿泊施設「ヴィラボーラ」=24日、城辺保良

12月開業向け急ピッチで工事が進められているコテージ型宿泊施設「ヴィラボーラ」=24日、城辺保良

 オーシャンズリゾート(市城辺保良、島尻千洋社長)が運営するコテージ型の宿泊施設「ヴィラボーラ」が12月に開業する。1戸建てで全47棟。同社では「宮古島の東海岸線のリゾート施設として、島の観光振興に貢献していきたい」と話している。

(全文を表示…)

2017年11月25日(土) 09:05 [産業・経済]

黒糖の香港輸出で覚書/県黒砂糖共同組合

沖縄黒糖の販売促進に関する覚書を締結した(左から)県黒砂糖協同組合の西村代表理事とタイクーシュガーのラウ代表

沖縄黒糖の販売促進に関する覚書を締結した(左から)県黒砂糖協同組合の西村代表理事とタイクーシュガーのラウ代表

 【那覇支社】県黒砂糖協同組合(西村憲代表理事)と香港のタイクーシュガー(マックス・ラウ代表)は24日、那覇市の沖縄総合事務局で「沖縄黒糖(純黒糖)のプロモーションに関する覚書」の締結を行った。今後5年を目途に、少なくとも年間30㌧の沖縄黒糖を香港へ輸出する。輸出額は、1年で1500万円以上を見込んでいる。今回の締結を機に、アジア地域でのさらなるブランド構築と販路拡大を目指す。

(全文を表示…)

2017年11月25日(土) 09:04 [政治・行政]

宮島幼小、来年4月廃校へ/市教委定例会

12月議会に議案提出


宮島小学校の来年4月の廃校に向けて手続きをスタートさせた市教育委員会の定例会=24日、市役所城辺庁舎

宮島小学校の来年4月の廃校に向けて手続きをスタートさせた市教育委員会の定例会=24日、市役所城辺庁舎

 市教育委員会(宮國博教育長)の第8回定例会が24日、市役所城辺庁舎で行われ、今年4月から休校となっている宮島小学校と休園となっている同幼稚園の廃止に向けた市立学校措置条例の一部を改正する条例の議案提出依頼について審議し、可決した。同議案については市議会の12月定例会に提案され、可決されれば来年4月1日に廃校、廃園となる。

(全文を表示…)

2017年11月25日(土) 09:03 [教育・文化]

記念品に手づくりネクタイ/宮古工高

創立50周年で生徒が製作


生徒たちが製作した記念品のネクタイ=宮古工業高

生徒たちが製作した記念品のネクタイ=宮古工業高

 宮古工業高校(伊志嶺秀行校長)は、きょう創立50周年記念式典を行うが、式典で功労者に贈呈する記念品のネクタイを生徒たちが製作した。

(全文を表示…)

2017年11月25日(土) 09:02 [社会・全般]

多良間、仲宗根さんら表彰/県社会福祉大会

宮古から29人


県社会福祉大会で県知事表彰された多良間さん(前列右)と仲宗根さん(同左)ら=24日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター劇場棟

県社会福祉大会で県知事表彰された多良間さん(前列右)と仲宗根さん(同左)ら=24日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター劇場棟

 【那覇支社】「おおきな輪で支える社会、地域の力をひとつにして」をスローガンに、第60回県社会福祉大会(主催・県、県社会福祉協議会など)が24日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター劇場棟で開催された。長年にわたり地域の社会福祉の発展に貢献した266人と33団体に、県知事・大会長表彰などが贈られた

(全文を表示…)

2017年11月25日(土) 09:01 [行雲流水]

【行雲流水】(認知バイアス)

 君の考え方は偏っている、と言うことはあっても偏向しているとは日常会話では言わない。話し言葉と書き言葉の違いだ。書き言葉は複合語として偏向報道や政治的偏向といった簡潔にして幅広く使える

(全文を表示…)

2017年11月25日(土) 09:01 [人(ひと)]

【ひと】市議会議長に就任した/嵩原 弘氏(63歳)

市民負託に応える議会運営を


嵩原 弘氏

嵩原 弘氏

 「経験豊かな議員と農業や福祉など専門分野を持った新人が当選した。そういったメンバーと一緒に特色ある議会をつくっていきたい」と抱負を語った。

(全文を表示…)

2017年11月24日(金) 09:07 [社会・全般]

増加する犬収容件数/宮古保健所管内

県全体では減少傾向/殺処分は宮古が2割占める


犬の収容状況

犬の収容状況

 県全体で犬の収容件数が減少傾向で推移している中、宮古保健所管内では年々、増加傾向で推移している。県全体では過去10年間で収容件数が約3分の1に減少する一方で、宮古はここ数年右肩上がりで推移。現状で県全体と宮古保健所管内が比較できる2015年度で見ると、宮古は383頭が収容された。県全体の収容数が2314頭となっていることから、約17%が宮古で捕獲されている。さらに、殺処分件数についても宮古は325頭で、県全体(1533頭)の21%を占めている。

(全文を表示…)

2017年11月24日(金) 09:06 [教育・文化]

力強い四股描く/大相撲宮古島場所ポスターコン表彰式

東の横綱賞 まつだあまなさん(福嶺小2年)
西の横綱賞 やすもとはんなさん(鏡原幼稚園)


東の横綱賞・まつだあまなめ

東の横綱賞・まつだあまなめ

まつだあまなさん

まつだあまなさん

 大相撲宮古島場所実行委員会(中尾忠作委員長)は23日、市内の宮古青年会議所(JC)会館で「大相撲宮古島場所ポスターコンクール」の表彰式を行った。中尾委員長が、まつだあまなさん(福嶺小2年)に東の横綱賞、やすもとはんなさん(鏡原幼稚園)に西の横綱賞を授与した。力士が四股(しこ)を踏む姿などが力強く描かれ迫力に満ちている。

(全文を表示…)

2017年11月24日(金) 09:06 [地域・暮らし]

“たらいかみリレー”で歓声

佐良浜で漁民大運動会/伊良部漁協主催


宮古民謡「大世栄」で格調高い舞いが奉納された=23日、宮古神社

宮古民謡「大世栄」で格調高い舞いが奉納された=23日、宮古神社

 23日の「勤労感謝の日」に合わせ、第23回漁民大運動会(主催・伊良部漁協、主管・同漁協青壮年部)が同日、佐良浜中学校グラウンドで開催された。曇り空の下、たらいを頭上に乗せた「たらいかみリレー」や「ワーガニ(鉄の輪)回し」競技など、趣向を凝らした種目で競い合った。観客らはユニークな競技に歓声を上げ「頑張れ」と大きな声援で盛り上げていた。

(全文を表示…)

2017年11月24日(金) 09:05 [教育・文化]

さらなる良作創出に期待/JA共済書道ポスターコン

入賞者に賞状授与


書道、交通安全ポスターコンクールの入賞者一人一人に賞状が手渡された=23日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

書道、交通安全ポスターコンクールの入賞者一人一人に賞状が手渡された=23日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

 第39回JA共済全国小・中学校書道、交通安全ポスター宮古地区コンクールの表彰式(主催・JAおきなわ宮古地区本部)が23日、JAおきなわ宮古地区本部ホールで行われた。式では、下地保造本部長が書道、ポスターの部の入選者をたたえ一人一人に賞状を手渡した。あいさつで下地本部長は「次の世代を担う小、中学生の皆さんが将来、立派な社会人となることを期待している」と激励の言葉を掛け、来年もさらなる作品が応募されることに期待を寄せた。

(全文を表示…)

2017年11月24日(金) 09:04 [教育・文化]

五穀豊穣に感謝/宮古神社で新嘗祭

亀浜さんが「大世栄」を舞う


宮古民謡「大世栄」で格調高い舞いが奉納された=23日、宮古神社

宮古民謡「大世栄」で格調高い舞いが奉納された=23日、宮古神社

 宮古神社で23日、豊かな実りの五穀豊穣に感謝する新嘗祭(にいなめさい)が営まれた。穂花会亀浜律子練舞場代表の亀浜律子さんが美しい衣裳を身にまとい、稲穂を手に宮古民謡を代表する一つ「大世栄」を舞い奉納した。

(全文を表示…)

2017年11月24日(金) 09:02 [教育・文化]

宮国愛さん(東小3年)が銀賞/おはなし創作コン

家出少年の気持ちを表現


おはなし子供創作コンクールで銀のエンジェル賞を受賞した宮国愛さん=23日、宮古島市内

おはなし子供創作コンクールで銀のエンジェル賞を受賞した宮国愛さん=23日、宮古島市内

 日本児童文芸家協会、日本児童文学者協会、公文教育研究会が実施する「おはなしエンジェル子ども創作コンクール」の授賞式がこのほど、都内であり、銀のエンジェル賞を受賞した東小学校3年の宮国愛さんが表彰を受けた。宮国さんは家出する少年の気持ちを創造して文章にまとめた。

(全文を表示…)

2017年11月24日(金) 09:01 [私見公論]

【私見公論】「みなとまちづくりへの対応」/林 輝幸

 前稿では、「平良港の長期的課題と対応」として、国際クルーズの拠点形成や平良港での防災対策等について触れ、物流と観光支援での平良港の長期的な役割について述べました。そして、去った9月30日には、「平良港国際クルーズ拠点整備事業起工式」の開催に併せて「国際クルーズシンポジウム」を開催しました。これには多くの市民が参加し、宮古島の将来の観光ビジョンと課題について共感したことと考えています。内容については、先ず基調講演として、カーニバル社のポール副社長より、カリブ海のグランドターク島について紹介がありました。同島は人口約4000人の島ですが、カーニバル社の港湾開発で、同時2隻寄港で約6000人の観光客が来島するようになり、島のGDPが約300億円増加する経済効果が発現し、クルーズセンターでの直接雇用は400人を超えています。2020年以降は宮古島でも同様な経済効果があることを示唆しました。

(全文を表示…)

2017年11月23日(木) 09:07 [政治・行政]

市議会議長に嵩原弘氏/副議長は上地廣敏氏

「初議会」投票で決定


 宮古島市議会は22日、改選後初議会となる臨時会を開いた。正副議長の投票が行われ、嵩原弘氏(63)が選出された。副議長には上地廣敏氏(64)が選ばれた。嵩原氏は「議会は行政のチェック機関だけでなく、行政への提言も重要。活発な議論を展開することにより市民生活の向上、市の発展につながる。活力ある二元代表制の議会をしっかりと運営していきたい」と決意を表明した。

(全文を表示…)

2017年11月23日(木) 09:06 [社会・全般]

税の意義を再認識/考えるつどい

貢献者や団体を表彰/「消費税完納宣言」も採択


2017年度税を考えるつどいで表彰された個人、団体と関係者=22日、平良港ターミナルビル

2017年度税を考えるつどいで表彰された個人、団体と関係者=22日、平良港ターミナルビル

 税を考える宮古島連絡会(会長・野津武彦沖縄宮古法人会会長)は22日、2017年度税を考えるつどいを平良港ターミナルビルで開いた。申告納税制度の普及発展に貢献した個人や団体に感謝状などを贈ったほか、税に関する絵はがきや作文コンクールで入選した子供たちを表彰。租税の意義や役割を再認識するとともに納税意識の高揚に努めていくことに決意を示した。

(全文を表示…)

2017年11月23日(木) 09:05 [教育・文化]

砂川君(砂川中2年)が県教育長賞/県青少年育成大会

「深夜はいかい防止」ポスター


県青少年育成大会で表彰された砂川君=21日、県庁講堂

県青少年育成大会で表彰された砂川君=21日、県庁講堂

 【那覇支社】「守り育てよう 美ら島の子」をテーマに、第38回県青少年育成大会(主催・県、県教育委員会、県警本部など)が21日、県庁講堂で行われ、宮古島市からは砂川竜志君(砂川中2年)が「青少年の深夜はいかい防止県民一斉行動」ポスターで、県教育長賞を受賞した。

(全文を表示…)

2017年11月23日(木) 09:04 [地域・暮らし]

「太平号」と40年ぶり対面/当銘由親さん(元具志川市長)

宮古馬の保存、増頭に尽力


40年ぶりに宮古馬と対面した当銘さん(左端)と関係者=22日、市総合博物館

40年ぶりに宮古馬と対面した当銘さん(左端)と関係者=22日、市総合博物館

 40年前、当時の具志川市(現うるま市)で在来馬の宮古馬「太平号」を飼育していた名護宏明さんの厚意で平良市(現宮古島市)に無償譲渡された「太平号」の仲立ちに尽力した、元具志川市長の当銘由親(とうめゆうしん)さん(86)ら7人が22日、市博物館で剥製展示されている栗毛の「太平号」に初めて対面した。当銘さんは、凜とした姿と再会し「立派に展示され、感無量」と満足の様子で語った。

(全文を表示…)

2017年11月23日(木) 09:03 [社会・全般]

患者の作品を展示販売/宮古病院でハートフェア

精神保健福祉普及月間ちなみ


利用者や入院患者が作製した作品を展示販売するハートフェア=22日、宮古病院

利用者や入院患者が作製した作品を展示販売するハートフェア=22日、宮古病院

 11月が県の精神保健福祉普及月間であることに合わせ、宮古病院は精神科デイ・ナイトケア利用者や入院患者が手作りした作品の展示販売などを行う第14回ハートフェアを22日、同病院で開催した。多くの人が訪れ、利用者や患者が作製した木工品や手工芸品などを買い求めた。

(全文を表示…)

2017年11月23日(木) 09:02 [社会・全般]

県知事表彰に長浜建設/県建設雇用改善優良事業所表彰式

表彰を受けた(左から)大米建設の黒石さん、善平さん、長浜建設の長濱代表、先嶋建設の大嶺さん、共和産業の久貝さん=22日、県庁

表彰を受けた(左から)大米建設の黒石さん、善平さん、長浜建設の長濱代表、先嶋建設の大嶺さん、共和産業の久貝さん=22日、県庁

 【那覇支社】県は22日、2017年度県建設雇用改善優良事業所表彰式を県庁で開催した。宮古関係では、長浜建設(長濱忠盛代表)が県知事表彰を、先嶋建設の大嶺正志さん(27)、大米建設の善平光貴さん(26)と黒石武利さん(27)、共和産業の久貝俊貴さん(25)の4人が優良若年建設従事者表彰をそれぞれ受賞した。今年度は、全体で6事業所と17個人が表彰された。

(全文を表示…)

2017年11月23日(木) 09:01 [お母さんと一緒]

【おとうさんといっしょ】「小さなお母さん」

▽島袋 さくらさん(5歳)
▽   ももこさん(3歳)
▽お父さん・雅也さん


島袋さくらさん(5歳)ももこさん(3歳)お父さん・雅也さん

島袋さくらさん(5歳)ももこさん(3歳)お父さん・雅也さん

 4人兄弟で3番目のももこちゃん。ちょっとひとみしり?はずかしかったのか大好きなおとうさんにべったりとくっついて少しづつ話をしてくれる。先日おねえちゃんになったももこちゃんは赤ちゃんの面倒をよくみてくれるという。泣き出すとだっこしてあげたり優しくあやしてくれる小さなお母さん役。さくらおねえちゃんはもうすぐ一年生。ランドセルの色をきくと「わからない、まだきめてない」と恥ずかしそうに話してくれた。

(全文を表示…)

2017年11月22日(水) 09:07 [政治・行政]

建設費89億円、21年開庁へ/市総合庁舎整備事業

3階建て、保健セ併設
市長に基本計画を報告/策定委


市総合庁舎整備事業基本計画書を下地市長に手渡す策定委員会の池田委員長(左)=21日、市長室

市総合庁舎整備事業基本計画書を下地市長に手渡す策定委員会の池田委員長(左)=21日、市長室

 宮古島市総合庁舎整備事業基本構想・基本計画策定委員会の池田孝之委員長(琉球大学名誉教授)は21日、下地敏彦市長に総合庁舎整備事業の基本計画を報告した。建物は3階建て、保健センターを併設するほか、憩いの場となる市民広場も盛り込んだ。年内にも実施設計を発注。造成工事や建設工事を経て移転し、2021年4月開庁を目指す、建設費は概算で89億700万円。財源は合併特例債57億6530万円(約65%)、庁舎等基金28億円(31%)、一般財源3億4170万円(3・8%)をそれぞれ充てる。

(全文を表示…)

2017年11月22日(水) 09:06 [教育・文化]

宮古島文学賞 応募総数は229点/地元からも36作品

市文化協 予想を大幅に上回る/入賞作品、来年1月26日発表


予想を大幅に上回る229作品の応募があったことを発表する大城会長(右)と下地敏彦市長(同2人目)=21日、市役所平良庁舎

予想を大幅に上回る229作品の応募があったことを発表する大城会長(右)と下地敏彦市長(同2人目)=21日、市役所平良庁舎

 宮古島市文化協会(大城裕子会長)は21日、市役所平良庁舎で会見を開き、新たに創設した「宮古島文学賞」の中間報告を行った。応募作品は先月末で締め切られた結果、同協会の予想を大幅に上回る229点となった。大城会長は「当初は、100作品を予想していたが反響が大きく予想を大幅に上回る作品が応募されとてもうれしい」と話した。入賞作品は来年1月26日に発表される。

(全文を表示…)

2017年11月22日(水) 09:05 [社会・全般]

長濱副市長を証人尋問/不法投棄ごみ訴訟

市長は来月27日


 【那覇支社】宮古島市が2014年度に行った不法投棄ごみ撤去事業をめぐり、市民ら6人が提起している住民訴訟で、長濱政治副市長に対する証人尋問が21日、那覇地裁(森鍵一裁判長)で行われた。来月27日に下地敏彦市長の証人尋問を行うことも確認された。同尋問は、宮古島市の同地裁平良支部で非公開で行われる見通し。

(全文を表示…)

2017年11月22日(水) 09:04 [社会・全般]

デイゴ害虫の天敵放飼/きょう下地島で県内初

害虫防除で期待されるデイゴカタビロコバチ(雌成虫)(県森林資源研究センター提供)

害虫防除で期待されるデイゴカタビロコバチ(雌成虫)(県森林資源研究センター提供)

 【那覇支社】県農林水産部は21日、県花であるデイゴに深刻な被害を与えているデイゴヒメコバチを防除するため、天敵のデイゴカタビロコバチを活用する取り組みを下地島で始めたと発表した。県内初の取り組みで、既に10月26日にデイゴカタビロコバチの第1回放飼を実施している。きょう22日と来月上~中旬も放飼する予定で、県は明確な防除効果が出るのは2~3年後と予想している。

(全文を表示…)

2017年11月22日(水) 09:03 [社会・全般]

農業の基礎知識を習得/新規就農サポート講座閉講

受講生に修了証書


新規就農サポート講座の閉講式で記念撮影する受講生ら=21日、宮古農村青少年教育センター

新規就農サポート講座の閉講式で記念撮影する受講生ら=21日、宮古農村青少年教育センター

 新規就農サポート講座の閉講式が21日、宮古農村青少年教育センターで行われ、受講生に修了証書が授与された。受講生たちは、講座で習得した知識を農業に生かそうと気持ちを新たにしていた。

(全文を表示…)

2017年11月22日(水) 09:02 [社会・全般]

接客の注意点など紹介/中国人客対応セミナー

インバウンド観光で王氏講演


接客での注意点などについて話を聞く参加者=21日、市内ホテル

接客での注意点などについて話を聞く参加者=21日、市内ホテル

 沖縄県産業振興公社主催の「中華圏インバウンド観光客対応力向上セミナー~中国人のものの考え方・行動原理を理解する!」が21日、市内のホテルで開かれた。那覇で中国語教室を主宰する王冬艶(オウ・トーエン)氏が講師を務め、中国人を接客する際の注意点や沖縄を訪れる中国人観光客の変化などを紹介した。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成31年4月1日現在

    宮古島市 54,060 人
    26,868 人
    27,192 人
    世帯数 27,148 軒
    多良間村 1,164 人
    626 人
    538 人
    世帯数 523 軒
  • 天気


  •  

    2017年11月
    « 10月   12月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2