2018年1月のニュース一覧

2018年1月31日(水) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

生乳の出荷停止決定/酪農牧場が廃業に

給食は2月から加工乳


関係者の協議も折り合わず、島内の乳牛は島外に売却される可能性が高まっている(資料写真)

関係者の協議も折り合わず、島内の乳牛は島外に売却される可能性が高まっている(資料写真)

 宮古で唯一、酪農牧場を運営する農事組合法人が酪農事業を廃業することが決定的な状況となった。30日には同法人側と島で唯一の牛乳加工業者側で生乳生産継続に向けて最終の調整が図られたが、協議はまとまらなかった。これにより、同法人から加工業者への生乳の出荷は31日をもって終了。これを受けて、2月以降の学校給食は生乳から加工乳になる。さらに、同法人が所有する約100頭の乳牛は島外に売却される予定となっている。

(全文を表示…)

2018年1月31日(水) 08:59 [社会・全般]

伊良部大橋きょう開通3年

官民一体の開発進む/幹線道路 観光けん引


きょう開通3年を迎える伊良部大橋=30日、伊良部島

きょう開通3年を迎える伊良部大橋=30日、伊良部島

 宮古本島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋は、きょう31日で開通から3年を迎える。すっかり島の幹線道路として定着した大橋だが、宮古地区全体で飛躍的な伸びを示す観光産業のけん引役として内外の注目を集める。伊良部島、下地島では官民一体の開発行為が進んでおり、今後の集客力は確実に増す。伊良部大橋の開通が与えたインパクトは、すこぶる大きい。

(全文を表示…)

2018年1月31日(水) 08:58 [環境・エコ]

地域での再エネ事業学ぶ/市フォーラム

専門家2氏が講演


講師の話に聞き入る参加者ら=30日、エコパーク宮古研修室

講師の話に聞き入る参加者ら=30日、エコパーク宮古研修室

 地域での再生エネルギービジネスの展望や取り組み事例などを学ぶミニフォーラム(主催・宮古島市)が30日、下地上地のエコパーク宮古の研修室で開かれた。地域貢献型再生可能エネルギー事業への法的助言や政策提言などを行っている弁護士の水上貴央氏と、地域貢献型再生可能エネルギー事業の企画運営を行う会社の最高財務責任者を務める野池雅人氏が講演を行った。

(全文を表示…)

2018年1月31日(水) 08:57 [社会・全般]

有効求人倍率1・61倍/宮古12月

県内最高「人手不足続く」


 ハローワーク宮古(宮古公共職業安定所、知念宏和所長)は30日、2017年12月の「雇用の動き」を発表した。それによると、有効求人倍率(求職者1人当たりの求人数)は1・61倍で、前年同月と同倍率で変動はなかった。

(全文を表示…)

2018年1月31日(水) 08:56 [教育・文化]

読書の魅力に触れて/前里さん

砂川小に図書90冊贈る


訪問看護ステーションサンライズの前里管理者(前列左から2人目)から30冊の本が寄贈された=30日、砂川小学校

訪問看護ステーションサンライズの前里管理者(前列左から2人目)から30冊の本が寄贈された=30日、砂川小学校

 訪問看護ステーションサンライズ(前里直也管理者)は30日、砂川小学校に図書90冊を寄贈した。前里代表は全校児童に読書を通して多くのことを学び、考えることを呼び掛けた。

(全文を表示…)

2018年1月31日(水) 08:55 [教育・文化]

最高賞に西里弘美さん/琉球古典芸能コンクール

粟国南さんは優秀賞


最高を賞受賞した西里さん(左)と優秀賞を受賞した粟国さん=30日、市内の玉城流國瑞会宮古支部

最高を賞受賞した西里さん(左)と優秀賞を受賞した粟国さん=30日、市内の玉城流國瑞会宮古支部

 琉球古典芸能の保存・継承と後継者養成を目的とした第52回琉球古典芸能コンクール(主催・琉球新報社)の審査発表がこのほどあり、琉球舞踊部門で玉城流國瑞会宮古支部大稽古の西里弘美さん(57)=平良=が最高賞を受賞、玉城流國瑞会家元の國吉吉次子さんの門下生、粟国南さん(18)=同=が優秀賞を受賞した。

(全文を表示…)

2018年1月31日(水) 08:54 [がんずううやき]

【がんすううやき】下地 廣さん(82歳)ヨシ子さん(82歳)(浦添市在)

社員や家族に感謝


下地さん夫婦

下地さん夫婦

 「廣組」創業50周年の節目を迎え、28日に那覇市内で祝賀会を催した。一代で会社を築き上げた、下地さんは「この50年間は、山あり谷あり、いろいろあった。ここまで来れたのも従業員や家族のお陰。心から感謝したい」と、頭を深く下げた。

(全文を表示…)

2018年1月30日(火) 09:00 [産業・経済]

サヤインゲンで農水大臣賞/花食フェス品評会

上地さん「土作り工夫」/仲宗根さんは事務局長賞


浦崎副知事(前列中央)と農林水産大臣賞を受賞した上地さん(同右から3人目)=29日、県庁

浦崎副知事(前列中央)と農林水産大臣賞を受賞した上地さん(同右から3人目)=29日、県庁

 【那覇支社】「地産地消」をテーマに27、28日の両日、那覇市の奥武山公園で開催された「おきなわ花と食のフェスティバル2018」で、宮古島市下地与那覇の上地宏明さん(56)が出品したサヤインゲンが「花卉・野菜・果樹品評会、フラワーデザインコンテスト 野菜の部」で農林水産大臣賞を受賞した。宮古島市からは仲宗根稔さんのトウガンも内閣府沖縄総合事務局長賞に輝いた。

(全文を表示…)

2018年1月30日(火) 08:59 [社会・全般]

「射撃訓練場が必要」/海上保安本部

テロ対策など強化で/建設地の保良住民に説明


射撃訓練場の概要などについて説明を受ける保良住民=28日、保良公民館

射撃訓練場の概要などについて説明を受ける保良住民=28日、保良公民館

 第11管区海上保安本部は28日、海上保安官の射撃訓練場を城辺保良の旧ロラン局に建設する計画の概要を地元住民に明らかにした。テロや密輸・密航、外国漁船による違法操業への対策強化および、宮古島海上保安部の巡視船艇の増強に伴う海上保安官の増員などを理由に上げ「時によっては拳銃を使用することがあるが、間違いがないようにするためには持続的に行う自前の訓練施設が必要」と説明した。

(全文を表示…)

2018年1月30日(火) 08:58 [イベント]

海上ウオークを満喫/伊良部大橋開通3周年

島内外から1100人参加


朝陽を浴びて景色を楽しみながらウオーキングする参加者ら=28日、伊良部大橋橋上

朝陽を浴びて景色を楽しみながらウオーキングする参加者ら=28日、伊良部大橋橋上

 第3回宮古島伊良部大橋ウオーク(主催・同運営委員会)が28日、開通3周年を記念して行われた。島内外、県内外から約1100人が参加し、無料で渡れる日本一長い橋でウオーキングを楽しんだ。参加者らは思い思いのペースで、初春の朝陽を浴びながら、同橋久松側を出発。約4・3㌔先のゴール、伊良部島側の橋詰めを目指し、美しい海や景色を楽しみながら歩いた。

(全文を表示…)

2018年1月30日(火) 08:57 [スポーツ]

デンソーが2連勝/バスケWリーグ

高いレベルで観客魅了


観客を魅了したデンソーアイリスと新潟アルビレックスの第2戦=28日、JTAドーム宮古島

観客を魅了したデンソーアイリスと新潟アルビレックスの第2戦=28日、JTAドーム宮古島

 バスケットボール女子日本リーグ(WJBL、通称Wリーグ)のデンソーアイリス(愛知)と新潟アルビレックスBBラビッツ(新潟)の試合が28日、JTAドーム宮古島で前日に引き続き行われ77-64でデンソーが勝利した。

(全文を表示…)

2018年1月30日(火) 08:56 [スポーツ]

みんなで比嘉の応援を/ボクシング世界戦来月4日

下地市長が呼び掛け


ポスターを手に比嘉大吾さんの応援を呼び掛ける下地市長(右から3人目)ら=29日、市役所平良庁舎

ポスターを手に比嘉大吾さんの応援を呼び掛ける下地市長(右から3人目)ら=29日、市役所平良庁舎

 来月4日に県立武道館で開催されるボクシングのWBC世界フライ級王者・比嘉大吾さん(22、浦添市出身、宮古工業高校卒、白井・具志堅スポーツジム)と元2階級制覇王者・モイセス・フエンテス(30、メキシコ)とのWBC世界フライ級タイトルマッチを控え、比嘉大吾沖縄後援会宮古支部長の本村繁信さん、白井・具志堅スポーツジム宮古島応援会副会長の長間誠作さんらが29日、市役所平良庁舎を訪ね、下地敏彦市長にタイトルマッチの応援協力を申し入れた。下地市長は「皆で応援に行きましょう」と述べ喜ばせた。

(全文を表示…)

2018年1月30日(火) 08:55 [スポーツ]

クイーンズVへ始動/ヤマダ電機陸上部

6年目の宮古合宿


宮古島合宿のため来島したヤマダ電機陸上競技部の皆さん。歓迎を受けた=29日、宮古空港

宮古島合宿のため来島したヤマダ電機陸上競技部の皆さん。歓迎を受けた=29日、宮古空港

 昨年の全日本実業団女子駅伝(クイーンズ駅伝)7位入賞のヤマダ電機陸上競技部が29日午後、強化合宿のため宮古島入りした。森川賢一監督は「全日本駅伝で優勝することがチーム最大の目標。宮古島から出発したい」と力を込めた。

(全文を表示…)

2018年1月30日(火) 08:54 [行雲流水]

【行雲流水】(アジアに開かれた沖縄を)

 NHKの戦争に関する番組が放送された。そのひとつは、「インパール作戦」である


▼日本軍は、イギリス軍の拠点インパールの攻略を目指して、食料の補給を度外視、川幅600㍍の大河と2000㍍級の山々を470㌔も進行するというものだが、誰一人その地を踏むことはできず、3万人の将兵が命を落とした。撤退路に倒れた兵士が多く、その道は白骨街道と呼ばれた

(全文を表示…)

2018年1月28日(日) 09:58 [政治・行政]

新支援制度について学ぶ/認定こども園連絡協

宮古で沖縄支部研修会
 

県内外から多くの参加者が認定こども園のこれまでの成果と課題を確認した研修会=27日、県宮古合同庁舎

県内外から多くの参加者が認定こども園のこれまでの成果と課題を確認した研修会=27日、県宮古合同庁舎

 一般社団法人全国認定こども園連絡協議会(木村義恭会長)の沖縄支部会研修会が27日、県宮古合同庁舎で行われた。会場には県内だけでなく全国から関係者が参加し、認定こども園を取り巻く課題のほか、子ども・子育て支援新制度の見直しについて学んだ。また、研修会の前には「はなぞのこどもえん」の園舎見学も行われ、宮古で展開されている取り組みを視察した。
 

(全文を表示…)

2018年1月28日(日) 09:00 [イベント]

新鮮な農水産物そろう

那覇で花食フェス開幕


 

「おきなわ花と食のフェスティバル2018」が関係者12人によるテープカットで開幕した=27日、那覇市の奥武山公園

「おきなわ花と食のフェスティバル2018」が関係者12人によるテープカットで開幕した=27日、那覇市の奥武山公園

【那覇支社】「地産地消」をテーマに、県産農水産物の消費拡大と生産振興に向けた「おきなわ花と食のフェスティバル2018」(主催・同推進本部)が27日、那覇市の奥武山公園で開幕した。沖縄の新鮮な農林水産物や加工食品を使った料理の試食会・展示即売など多彩なイベントが催され、大勢の家族連れや観光客などでにぎわいを見せた。28日まで。
 

(全文を表示…)

2018年1月28日(日) 08:59 [教育・文化]

地域の方言 継承しよう/方言お話パフォーマンス大会

中学校文化連盟主催


北中の生徒たちは狂言の方言劇で笑いの世界に誘った=27日、市中央公民館

北中の生徒たちは狂言の方言劇で笑いの世界に誘った=27日、市中央公民館

 「文化をつなぐ若い力島に生まれた誇りを胸に」をテーマに第23回宮古地区中学校総合文化祭のイベントの一つ「第7回方言お話パフォーマンス大会」(主催・宮古地区中学校文化連盟)が27日午後、市中央公民館で開催された。11校から総勢約70人が出演。各校の代表らが合同三線、宮古民謡、創作方言劇、古典狂言「附子(ぶす)」宮古方言版などを披露。地域の方言を再発見し、再確認するプログラムに、観客らは奥深い方言の世界に笑顔と感動で大きな拍手を送っていた。
 

(全文を表示…)

2018年1月28日(日) 08:57 [イベント]

迫力のプレーに歓声/初戦はデンソー勝利

女子バスケWリーグ
 

デンソーが終盤に底力を発揮して新潟を退けた宮古島大会の初戦=27日、JTAドーム宮古島

デンソーが終盤に底力を発揮して新潟を退けた宮古島大会の初戦=27日、JTAドーム宮古島

 バスケットボールの女子日本リーグ(Wリーグ)2017-18レギュラーシーズンは27日、JTAドーム宮古島でデンソーアイリス-新潟アルビレックスBBラビッツ戦が行われ、76-54でデンソーが勝利した。きょう28日は第2戦が午後2時から行われる。会場にはバスケットファンらが詰め掛け、スピード感あふれる迫力のプレーを堪能した。
 

(全文を表示…)

2018年1月28日(日) 08:56 [スポーツ]

東A、堂々2連覇/全宮古小学駅伝

2位は北、3位は南A
 


2連覇のゴールに飛び込む東Aのアンカー・平良成矢君=27日、市陸上競技場

2連覇のゴールに飛び込む東Aのアンカー・平良成矢君=27日、市陸上競技場

第36回全宮古小学校駅伝競走大会が27日、宮古島市陸上競技場周辺を周回する男女10区間14㌔の駅伝コースで行われ、東Aが52分51秒で優勝し、大会2連覇を達成した。チームの平均タイムに優れた安定感抜群の走力が光った。
 

(全文を表示…)

2018年1月28日(日) 08:55 [教育・文化]

たんでぃーがたんでぃを考察/ケナンさん

創立20周年講演会
 

本土の人と沖縄本島の人に童話「桃太郎」の宮古方言バージョンを聞かせて相互理解の可能性を探ったケナンさん(右)=27日、平良港ターミナルビル

本土の人と沖縄本島の人に童話「桃太郎」の宮古方言バージョンを聞かせて相互理解の可能性を探ったケナンさん(右)=27日、平良港ターミナルビル

 沖縄宮古法人会女性部会(上地克江部会長)創立20周年記念講演会が27日、平良港ターミナルビルで開かれた。フランス人で京都大学非常勤講師のセリック・ケナンさんが「宮古方言の魅力について」と題し講演。独自の研究成果を披露しながら、宮古方言の持つ素朴さや味わい深さなどを紹介した。
 

(全文を表示…)

2018年1月28日(日) 08:54 [ニュースウィークリー]

【ニュースウィークリー)1月22日~1月27日

宮古でシンポジウム
 

 沖縄空手振興ビジョンの策定に向けたシンポジウムが20日、市中央公民館で開かれた。同ビジョン策定委員会のメンバーが提言を交えて協議内容を報告。空手の現状と課題を共有するとともに、沖縄を発祥の地とする空手の普及・啓発に向けて決意を新たにした。
(1月22日掲載)

100㌔の部で/大林僚が優勝
ワイドーマラソン
 

 第28回宮古島100㌔ワイドーマラソン大会が21日に開催された=写真。各部門に合計991人が出場し、記録更新や完走などそれぞれの目標達成に向けゴールを目指した。100㌔の部総合では初出場の大林僚(33)=愛知県=がこれまでの記録を3分17秒更新する7時間0分23秒の大会新記録で今大会を制した。
(1月22日掲載)

葉タバコの/定植始まる
農家、豊作期待
 

2018年産葉タバコの本畑への定植が23日、市内の一部地域で始まった=写真。久しぶりの快晴の下、伊良部の農家は管理作業車に乗り、順調に育つ苗の植え付け作業に精を出していた。 
(1月24日掲載)

166万人余/過去最多更新
17年宮古空港乗降客数
 

 2017年の1年間で宮古空港を利用した乗降客数は166万4038人となり、過去最多を記録した16年の153万281人を13万3757人上回り、最多記録を更新したことがこのほど、市空港課のまとめで分かった。
(1月24日掲載)

刑法犯305件/過去最少
17年宮古島署管内
 

 宮古島署はこのほど、2017年(1月1日~12月31日)の管内刑法犯認知件数のまとめを発表した。それによると刑法犯の総認知件数は、前年比36件減の305件となった。復帰後最も多かった02年の792件の38・51%まで漸減し、過去最少となった。
(1月25日掲載)

生乳の島内/生産困難に
唯一の酪農牧場廃業へ
 

 宮古で唯一、酪農牧場を運営する農事組合法人が酪農事業を廃業するとの文書を23日までに島で唯一の牛乳加工業者に通知していたことが分かった。通知文書では「今月31日をもって、生乳の出荷を終了する運びとなった」としている。廃業となれば島内での牛乳生産は終了することになる。
(1月25日掲載)

標語と川柳最優秀
丸塚君ら3人表彰
市教委「教育の日」向け
 2月18日の「宮古島市教育の日」に向け、市教育委員会は25日、市役所平良庁舎で2017年度標語・川柳表彰式を行った=写真。小学校の標語部は丸塚翔也君(鏡原小5年)、中学校の標語部は平良りんさん(狩俣中1年)が最優秀賞をそれぞれ受賞。高校生・一般の川柳部は菅間雅子さん(一般)が最優秀賞と二つの優秀賞を受賞した。
(1月26日掲載)

ふるさと納税前年比の5倍/宮古島市
 

 宮古島市へのふるさと納税額が急伸している=写真。2017年4月から18年1月までの10カ月の税収は約3億円。前年同月と比べて2億3700万円の増額(約5倍)となる。返礼品の充実に加え、全国的に高まった返礼品競争の抑制が増額の要因とみられる。
(1月26日掲載)

市へ条例制定/請求書を提出
学校統廃合での住民投票
 

 市内の幼稚園、小学校、中学校の統廃合計画に関する住民投票条例の制定を目指す請求代表者の岸本邦弘さんが26日、条例制定を求める署名のうち市選挙管理委員会が有効と認めた1962人分の署名とともに、下地敏彦市長宛の住民投票条例の制定申請書を市総務課に提出した=写真。正式に受理が認められれば、下地市長が20日以内に議会を招集して、住民投票条例案を提出する。
(1月27日掲載)

一席は神津/キリカさん
第1回宮古島文学賞
 

 第1回宮古島文学賞の入賞作品の発表が26日午前、市役所平良庁舎で行われ、一席には神津キリカさん(34)=東京都=の「水靴(すいか)と少年」、二席には小池昌代さん(58)=東京都=の「匙(かひ)の島」がそれぞれ選ばれた。宮古島市在住の森田たもつさん(58)の「蝉衣(せみごろも)に吹く風」、宮古島市出身で北中城村在住の玉元清さん(71)の「笛吹川」、鹿児島県出身の長野和夫さん(75)=千葉県=の「笹舟」の3作が佳作になった。
(1月27日掲載)

2018年1月28日(日) 08:54 [ニュースウィークリー]

【ニュースウィークリー)1月22日~1月27日

空手振興へ課題を共有/宮古でシンポジウム
  沖縄空手振興ビジョンの策定に向けたシンポジウムが20日、市中央公民館で開かれた。同ビジョン策定委員会のメンバーが提言を交えて協議内容を報告。空手の現状と課題を共有するとともに、沖縄を発祥の地とする空手の普及・啓発に向けて決意を新たにした。(1月22日掲載)

  (全文を表示…)

2018年1月27日(土) 09:00 [教育・文化]

一席は神津キリカさん/佳作に宮古2人

第1回宮古島文学賞発表


第1回宮古島文学賞の入賞者を発表する選考委員長の椎名誠氏(中央)、選考委員のもりおみずき氏(左)、頭木弘樹氏=26日、市役所平良庁舎

第1回宮古島文学賞の入賞者を発表する選考委員長の椎名誠氏(中央)、選考委員のもりおみずき氏(左)、頭木弘樹氏=26日、市役所平良庁舎

 第1回宮古島文学賞(市文化協会主催、市、市教育委員会共催)の入賞作品の発表が26日午前、市役所平良庁舎で行われ、一席には神津キリカさん(34)=東京都=の「水靴(すいか)と少年」、二席には小池昌代さん(58)=東京都=の「匙(かひ)の島」がそれぞれ選ばれた。宮古島市在住の森田たもつさん(58)の「蝉衣(せみごろも)に吹く風」、宮古島市出身で北中城村在住の玉元清さん(71)「笛吹川」、鹿児島県出身の長野和夫さん(75)=千葉県=の「笹舟」の3作が佳作になった

 

(全文を表示…)

2018年1月27日(土) 08:59 [政治・行政]

消防活動に協力

5人に市長賞と感謝状
 

下地市長(右から3人目)が根間さん(中央)に市長賞贈呈後、関係者らは記念撮影した=26日、市役所平良庁舎

下地市長(右から3人目)が根間さん(中央)に市長賞贈呈後、関係者らは記念撮影した=26日、市役所平良庁舎

 市(下地敏彦市長)と市消防本部(来間克消防長)は26日、今月16日に狩俣集落で発生した建物火災現場での人命救助や火災の早期発見通報・初期消火活動などに貢献したとして市長賞表彰状贈呈式、消防協力感謝状贈呈式を実施した。
 

(全文を表示…)

2018年1月27日(土) 08:58 [スポーツ]

きょうデンソーvs新潟/アルビレックスが宮古入り

女子バスケWリーグ
 

空港で歓迎を受ける新潟アルビレックスBBラビッツの選手ら=26日、宮古空港

空港で歓迎を受ける新潟アルビレックスBBラビッツの選手ら=26日、宮古空港

 バスケットボールの女子日本リーグ(Wリーグ)2017-18レギュラーシーズンは27日、JTAドーム宮古島でデンソーアイリス-新潟アルビレックスBBラビッツ戦を行う。日までの2連戦。26日には新潟の選手が来島、バスケットボール協会が歓迎した。
 

(全文を表示…)

2018年1月27日(土) 08:57 [地域・暮らし]

地球温暖化、気候とビジネスなど学ぶ

17年度気候講演会
 

講演を熱心に聞く参加者ら=26日、県宮古合同庁舎

講演を熱心に聞く参加者ら=26日、県宮古合同庁舎

 2017年度気候講演会in宮古島(宮古島地方気象台、宮古島観光協会など主催)が26日、県宮古合同庁舎で行われた。約100人の市民らが参加し、地球温暖化による海への影響や、ビジネスに気象データを活用することなどを学んだ。
 

(全文を表示…)

2018年1月27日(土) 08:56 [地域・暮らし]

新成人4人が決意新た

JAおきなわで祝う会
 

JAおきなわ新成人を祝う会に出席した大城理事長(後列中央)らと新成人の(左から)伊芸紅映さん、具志絵里咲さん、徳原一仁さん、儀保利季弥さん

JAおきなわ新成人を祝う会に出席した大城理事長(後列中央)らと新成人の(左から)伊芸紅映さん、具志絵里咲さん、徳原一仁さん、儀保利季弥さん

 【那覇支社】JAおきなわ(大城勉理事長)の「新成人を祝う会」が26日、那覇市壺川の新JA会館で開かれた。新たに成人を迎えた職員4人が、大城理事長や普天間朝重専務ら役員幹部から祝福され決意を新たにした。
 

(全文を表示…)

2018年1月27日(土) 08:55 [社会・全般, 視点・焦点]

【視点・焦点】政権、誤算と勝算/竹中 明洋

安倍政権にとって誤算だったのではないか。南城市と石垣市の市長選挙のことだ。首長選挙で勝利を重ね、天王山の知事選挙を制して沖縄の政治地図を塗り替えようと躍起になっていただけに頭が痛いはずだ。


(全文を表示…)

2018年1月27日(土) 08:54 [美ぎスマ]

【美ぎスマ】力を合わせ島おこし/池間島

 NPO法人いけま福祉支援センター(前泊博美理事長)は、高齢者が安心して「今日も楽しいね」と笑って暮らせる島づくりを目指す。事業は介護福祉に止まらず高齢者宅への民泊受け入れをコーディネートする「島おこし」事業など幅広く発展した。職員数は33人。島の雇用や経済活性化にも貢献してきた。今後の「島おこし」計画には池間湿原の再生などを描き、自治会や漁協、老人クラブ、池間島観光協会など各団体と一緒に歩き出した。

 

高齢者主役に民泊受け入れ/NPO法人いけま福祉支援センター
「今日も楽しいね」と暮らせる島目指す


(全文を表示…)

2018年1月26日(金) 09:00 [政治・行政]

ふるさと納税 前年比5倍の3億円

全国から「宮古応援」/返礼品充実など背景に


ふるさと納税に関する市の返礼品パンフレット。17年度の税額が急伸している

ふるさと納税に関する市の返礼品パンフレット。17年度の税額が急伸している

 宮古島市へのふるさと納税額が急伸している。2017年4月から18年1月までの10カ月の税収は約3億円。前年同月と比べて2億3700万円の増額(約5倍)となる。返礼品の充実に加え、全国的に高まった返礼品競争の抑制が増額の要因とみられる。それまで高い返礼率の自治体に納税していた人が分散し、同等の返礼率の別の自治体に着目。選択肢の広がりで宮古島市の返礼品にも注目が集まり、納税額を押し上げたと見る向きが強い。
 

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年8月1日現在

    宮古島市 54,111 人
    27,053 人
    27,038 人
    世帯数 26,689 軒
    多良間村 1,176 人
    631 人
    545 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2018年1月
    « 12月   2月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2