「政治・行政」 2018年1月のニュース一覧

2018年1月28日(日) 09:58 [政治・行政]

新支援制度について学ぶ/認定こども園連絡協

宮古で沖縄支部研修会
 

県内外から多くの参加者が認定こども園のこれまでの成果と課題を確認した研修会=27日、県宮古合同庁舎

県内外から多くの参加者が認定こども園のこれまでの成果と課題を確認した研修会=27日、県宮古合同庁舎

 一般社団法人全国認定こども園連絡協議会(木村義恭会長)の沖縄支部会研修会が27日、県宮古合同庁舎で行われた。会場には県内だけでなく全国から関係者が参加し、認定こども園を取り巻く課題のほか、子ども・子育て支援新制度の見直しについて学んだ。また、研修会の前には「はなぞのこどもえん」の園舎見学も行われ、宮古で展開されている取り組みを視察した。
 

(全文を表示…)

2018年1月27日(土) 08:59 [政治・行政]

消防活動に協力

5人に市長賞と感謝状
 

下地市長(右から3人目)が根間さん(中央)に市長賞贈呈後、関係者らは記念撮影した=26日、市役所平良庁舎

下地市長(右から3人目)が根間さん(中央)に市長賞贈呈後、関係者らは記念撮影した=26日、市役所平良庁舎

 市(下地敏彦市長)と市消防本部(来間克消防長)は26日、今月16日に狩俣集落で発生した建物火災現場での人命救助や火災の早期発見通報・初期消火活動などに貢献したとして市長賞表彰状贈呈式、消防協力感謝状贈呈式を実施した。
 

(全文を表示…)

2018年1月26日(金) 09:00 [政治・行政]

ふるさと納税 前年比5倍の3億円

全国から「宮古応援」/返礼品充実など背景に


ふるさと納税に関する市の返礼品パンフレット。17年度の税額が急伸している

ふるさと納税に関する市の返礼品パンフレット。17年度の税額が急伸している

 宮古島市へのふるさと納税額が急伸している。2017年4月から18年1月までの10カ月の税収は約3億円。前年同月と比べて2億3700万円の増額(約5倍)となる。返礼品の充実に加え、全国的に高まった返礼品競争の抑制が増額の要因とみられる。それまで高い返礼率の自治体に納税していた人が分散し、同等の返礼率の別の自治体に着目。選択肢の広がりで宮古島市の返礼品にも注目が集まり、納税額を押し上げたと見る向きが強い。
 

(全文を表示…)

2018年1月26日(金) 08:56 [政治・行政]

本土企業6社、開設へ意欲/サテライトオフィス視察ツアー

 

長濱副市長(左)を表敬訪問する視察ツアー参加者=25日、市役所平良庁舎

長濱副市長(左)を表敬訪問する視察ツアー参加者=25日、市役所平良庁舎

 宮古島へサテライトオフィスを開設することに関心を示す本土企業を招き島について知ってもらう視察ツアーが22日から行われていて、参加している6社12人が25日、市役所平良庁舎に長濱政治副市長を表敬訪問した。多くの企業がオフィス開設に意欲を示した。
 

(全文を表示…)

2018年1月24日(水) 08:59 [政治・行政, 社会・全般]

インフルエンザ警報発令/県宮古保健所

週明け患者急増/幼少中で11の学級閉鎖


今週に入り患者が一気に増加。23日も朝から多くの患者が訪れた=23日、市内の小児科医院

今週に入り患者が一気に増加。23日も朝から多くの患者が訪れた=23日、市内の小児科医院

 県宮古保健所は23日、同所管内にインフルエンザの流行警報を発令した。同所管内では15~21日(第3週)における四つの定点医療機関からの患者報告数が143人となった。これにより、1医療機関あたりで35・75人となったことで警報基準(30・00人)を超えて「警報」が発令された。学級閉鎖も19日~23日までの間に幼稚園で6学級、小学校で4学級、中学校で1学級となっている。

(全文を表示…)

2018年1月23日(火) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

男女とも肥満傾向/市の3歳児健診

「朝食抜き」県平均の2.5倍/大人の意識改善など課題


朝食をぬくことがある

朝食をぬくことがある

 今月17日に行われた市健康増進計画推進会議(会長・下地敏彦市長)で示された2015年度の「乳幼児健康診査報告書」によると、宮古の3歳児は男女とも肥満割合が県平均を上回っている。特に女児は県平均の約2倍となっていることが示された。そのほかのアンケート結果でも宮古は3歳児の朝食を摂らない割合が県内他市に比べて多く、県平均の2・5倍となっていることも示された。

(全文を表示…)

2018年1月23日(火) 08:58 [政治・行政]

瑞慶覧氏が初当選/南城市長選

古謝氏に65票差


南城市長選に当選し万歳する瑞慶覧長敏氏=22日午前0時13分、南城市

南城市長選に当選し万歳する瑞慶覧長敏氏=22日午前0時13分、南城市

 【那覇支社】任期満了に伴う南城市長選挙は21日に投開票され、市政刷新を訴えた新人で元衆院議員の瑞慶覧長敏氏(59)=無所属、社民、共産、社大、自由、民進推薦=が1万1429票を獲得し、現職の古謝景春氏(62)=無所属、自民、公明、維新推薦=を票差の少差で破って初当選を果たした。昨年は県内の市長選を保守系が制してきただけに、県市長会の会長も務める重鎮を破った瑞慶覧氏の勝利は、翁長雄志知事を支える「オール沖縄」勢力にとって大きな一勝となった。

(全文を表示…)

2018年1月20日(土) 08:58 [政治・行政, 産業・経済]

昨年は939万6200人/入域観光客数

5年連続で過去最高


定例記者会見で発言する翁長雄志知事=19日、県庁

定例記者会見で発言する翁長雄志知事=19日、県庁

 【那覇支社】翁長雄志知事は19日の定例会見で、2017年(暦年)の県入域観光客数が対前年比9・1%の939万6200人となり、5年連続で過去最高を更新したと発表した。各月が過去最高を更新するのも50カ月続いている。翁長知事は、「2021年度に観光収入1・1兆円、観光客数1200万人の目標達成に向けて取り組んでいく」と語った。

(全文を表示…)

2018年1月20日(土) 08:57 [政治・行政]

普天間飛行場の運用停止求める/県議会、抗議決議可決


 【那覇支社】県議会(新里米吉議長)は19日に臨時会を開き、米軍普天間飛行場所属のヘリコプターの相次ぐ不時着・事故に対して、普天間飛行場を2019年2月末までに運用停止することや日米地位協定の抜本的改定を行うことなどを求める抗議決議と意見書を全会一致で可決した。

(全文を表示…)

2018年1月19日(金) 08:58 [政治・行政]

意見書と抗議決議を採択/市議会臨時会

相次ぐ米軍ヘリ事故で


佐久本議会運営委員長が米軍の相次ぐヘリコプター不時着・事故等に対する意見書と抗議決議を提案する市議会臨時会=18日、市議会議場

佐久本議会運営委員長が米軍の相次ぐヘリコプター不時着・事故等に対する意見書と抗議決議を提案する市議会臨時会=18日、市議会議場

 宮古島市議会(嵩原弘議長)は18日に開催された臨時会で、議会運営委員会から提案された米軍の相次ぐヘリコプター不時着・事故等に対する意見書と抗議決議も全会一致で採択した。意見書と抗議決議では相次ぐ事故に「県民の不安は極限」と訴え、事故原因の究明と再発防止、事故原因が明らかになるまで民間地上空での米軍機飛行訓練中止などを求めている。

(全文を表示…)

2018年1月18日(木) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

保良に弾薬庫配備を伝達/福田防衛政務官

陸自ミサイル部隊施設/市長「地元の理解に努力を」


下地市長(右)に弾薬庫や射撃場などミサイル部隊関連施設を「保良鉱山」に配備することを伝える福田防衛政務官(左から2人目)=17日、市役所平良庁舎

下地市長(右)に弾薬庫や射撃場などミサイル部隊関連施設を「保良鉱山」に配備することを伝える福田防衛政務官(左から2人目)=17日、市役所平良庁舎

 福田達夫防衛大臣政務官は17日、市役所平良庁舎で下地敏彦市長と会談し、防衛省の宮古島への陸上自衛隊配備計画で、弾薬庫や射撃場などのミサイル部隊関連施設を城辺保良の採石場「保良鉱山」に配備することを伝えた。配備するのは地対空や地対艦誘導弾を保管する弾薬庫、射撃訓練場など。同鉱山は、水道水源保全地域外であるとし「今後、住民説明会を行い、施設配置案に基づき、必要な手続きを進めていきたい」と理解を求めた。下地市長は「保良の皆さんの理解と協力を得られるように努力してほしい」と述べた。「容認」「反対」の明確な考えは示さなかった。

(全文を表示…)

2018年1月18日(木) 08:59 [政治・行政, 社会・全般]

「市民の安全守る施設」

地域の理解が「第一義」とも/弾薬庫配備で防衛政務官


下地市長との会談後、記者の質問に答える福田防衛政務官=17日、市役所平良庁舎

下地市長との会談後、記者の質問に答える福田防衛政務官=17日、市役所平良庁舎

 福田達夫防衛政務官は17日、市役所平良庁舎で下地敏彦市長と会談し、陸上自衛隊配備計画で、弾薬庫や射撃場などのミサイル部隊関連施設を城辺保良の「保良鉱山」に整備する方針を伝えた後、記者の質問に答えた。福田防衛政務官は弾薬庫などの配備理由について「宮古島市民の安心をつくりたい。その設備をもって、この国の安全ひいては地域の安定をしっかりと支えていきたいとの思いがある」と述べた。「地域の理解を少しでも進めることが第一義」と話し、地元住民を対象にした説明会を開催する考えを示した。

(全文を表示…)

2018年1月18日(木) 08:57 [政治・行政]

下地島空港など視察/江崎沖縄担当相

利活用計画で説明聞く


空港の概要や利活用計画などについて説明を聞く江崎大臣=17日、下地島空港会議室

空港の概要や利活用計画などについて説明を聞く江崎大臣=17日、下地島空港会議室

 16日から2日間の日程で来島している江崎鉄磨内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)は最終日の17日、下地島空港などを視察した。同空港管理事務所の澤岻淳所長らから同空港の概要や利活用計画などについて説明を聞いた。

(全文を表示…)

2018年1月18日(木) 08:55 [政治・行政]

メディアと連携し広報強化/市健康増進計画推進会議

宮古の現状に危機感共有


キャッチフレーズや今後の取り組みなどについて活発な意見が交換された=17日、市平良保健センター

キャッチフレーズや今後の取り組みなどについて活発な意見が交換された=17日、市平良保健センター

 2017年度の「健康増進計画推進会議~平均寿命最下位脱出プロジェクト~」(会長・下地敏彦市長)が17日、市平良保健センターで開かれた。委員に対する委嘱状が長濱政治副市長から交付されたほか、平均寿命などで厳しい結果となっている宮古島市の健診データについての報告が行われ、健康に対する市民の問題意識高揚のために行政とメディアが連携して、多くの情報を発信していくことなどが確認された。

(全文を表示…)

2018年1月17日(水) 09:00 [政治・行政]

江﨑沖縄担当相が来島

平良港など視察/国の積極支援を約束


平良港の整備状況について担当者から説明を受ける江﨑担当相(中央)=16日、平良港

平良港の整備状況について担当者から説明を受ける江﨑担当相(中央)=16日、平良港

 江﨑鐵磨内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)が16日、来島し平良港やJTAドーム宮古島などを視察した。日程は17日まで。17日は下地島空港、伊良部大橋、地下ダム資料館などの視察を予定している。初日の視察を終えた江﨑大臣は「平良港の整備がすごい。国としても一生懸命支援したい」と述べた。

(全文を表示…)

2018年1月17日(水) 08:59 [政治・行政]

保良への弾薬庫配備伝達へ/防衛政務官

きょう市長と面談


 福田達夫防衛政務官が17日来島し、同日午後3時に市役所平良庁舎で下地敏彦市長と面談する。防衛省の宮古島への陸上配備計画で、弾薬庫や射撃場などミサイル部隊関連施設を保良鉱山に整備することを伝えるものと見られる。地元の反発は必至で、計画に反対する市民団体などは福田防衛政務官の来庁時間に合わせて、市役所平良庁舎前で抗議行動を行う予定だ。

(全文を表示…)

2018年1月16日(火) 09:00 [政治・行政]

給与引き上げ条例提出へ

18日に臨時会/人事院勧告で市


提出議案について市長局から説明を聞く議員=15日、市役所平良庁舎

提出議案について市長局から説明を聞く議員=15日、市役所平良庁舎

 宮古島市議会の議員全員協議会が15日、市役所平良庁舎で開かれ、今月18日に開催される市議会臨時会に市当局から提出される議案の説明が行われた。今回は計11件が提案される。議会運営委員会からは米軍ヘリコプター事故などに対する意見書案と抗議決議案も提出される。

(全文を表示…)

2018年1月12日(金) 09:00 [政治・行政]

関連施設の候補地伝達へ/ミサイル部隊

福田防衛政務官が17日来島


ミサイル部隊の関連施設建設の候補地となっている保良鉱山(資料写真)

ミサイル部隊の関連施設建設の候補地となっている保良鉱山(資料写真)

 防衛省の福田達夫政務官が17日午後、宮古島市を訪問、下地敏彦市長に弾薬庫や射撃訓練場などミサイル部隊の関連施設を城辺保良の採石場に整備する方針を伝達する。これは、一部全国紙が11日付紙面で報道した。福田政務官の宮古島訪問は宮古島市にも伝えられている。

(全文を表示…)

2018年1月12日(金) 08:59 [政治・行政]

県の発展へ連携誓う/市長会・町村長会合同年始会


合同年始会で乾杯する下地市長(左)と伊良皆村長=10日、那覇市の自治会館

合同年始会で乾杯する下地市長(左)と伊良皆村長=10日、那覇市の自治会館

 【那覇支社】県市長会・町村長会主催の「合同年始会」が10日、那覇市の自治会館で開かれ、下地敏彦宮古島市長や伊良皆光夫多良間村長など県内の市町村長をはじめ、来賓の浦崎唯昭副知事、仲程倫由沖縄総合事務局次長らが出席し、県全体の発展に連携して取り組むことを誓った。

(全文を表示…)

2018年1月10日(水) 09:00 [政治・行政]

前浜、新城など規制/ビーチ内営業活動

安全管理者を条件/管理条例、来年4月施行へ


ビーチ内での営業活動を規制、管理する条例の制定に向けて本格的な検討が始まる=城辺・新城海岸(資料写真)

ビーチ内での営業活動を規制、管理する条例の制定に向けて本格的な検討が始まる=城辺・新城海岸(資料写真)

 市内ビーチでの営業活動を規制、管理する市の条例が2019年4月にも施行される。適用する海浜は平良の砂山、下地与那覇の前浜、城辺の吉野と新城、伊良部の中之島を予定している。営業活動においては許認可制度を導入する方針。ライフセーバーの配置など諸条件を満たした事業所を認可する。その上で活動範囲を仕切り、違法占有や無秩序な営業の解消を図る。

(全文を表示…)

2018年1月10日(水) 08:59 [政治・行政]

今月から生乳確保できず

学校給食 加工乳に/5800人の児童生徒らに影響


 市内小、中学校の学校給食で飲まれている牛乳(生乳)が、3学期始業式の9日から、一斉に加工乳に変更されたことが分かった。市教育委員会によると、乳用牛が体調不良で生乳の確保が困難になり、しばらくは加工乳中心になるという。乳用牛の回復を待つことから、生乳の安定供給はめどが立っていない状況だ。

(全文を表示…)

2018年1月10日(水) 08:55 [政治・行政]

泥酔者通報が15%強/宮古島署管内110番

通報などを処理する通信室=9日、宮古島署

通報などを処理する通信室=9日、宮古島署

 1月10日は「110番の日」。昨年1年間の宮古島署管内の110番通報件数(有効受理件数)は3836件。宮古島署の代表電話(72・0110)への直接通報件数3579件と合わせて、7475件だった(数値は全て暫定値)。宮古島署管内では前年の2017年からは151件減少した。県内全体の総受理件数は19万1339件(1日平均524・2件)だった。回線試験などを除く18万9240件のうち約12・9%に当たる2万4445件が誤報などが占めており、宮古島署は「110番は生命・財産を守る大切な緊急通報用電話。いたずら電話などはしないように」と適切な通報を呼び掛けている。

(全文を表示…)

2018年1月9日(火) 08:58 [政治・行政]

キビ植え 機械化へ/市が助成検討

全茎式で労力軽減


植え付け作業の機械化が進む。写真の苗は切られているが新たに導入した植え付け機は全茎のまま使用できる(資料写真)

植え付け作業の機械化が進む。写真の苗は切られているが新たに導入した植え付け機は全茎のまま使用できる(資料写真)

 宮古地区にサトウキビの全茎式植え付け機が導入されている。サトウキビを全茎のまま使用できる点が最大のメリットで、苗を切る手間が省けて労力が大幅に軽減される。作業の効率化も図れる。本格的な運用は今年の夏植え以降になる見通しで、利用状況を見ながら導入台数を増やす。市は助成制度の検討に入る。

(全文を表示…)

2018年1月9日(火) 08:56 [政治・行政]

EV充電器 新たに2カ所/市が城辺と伊良部に設置

Aコープ城辺店に設置された急速充電器

Aコープ城辺店に設置された急速充電器

 市エコアイランド推進課はこのほど、電気自動車(EV)用急速充電器をあらたに城辺と伊良部に設置して供用を開始している。新たに設置されたのは、Aコープ城辺店とファミリーマート宮古伊良部店の2カ所。

(全文を表示…)

2018年1月8日(月) 09:00 [政治・行政]

一斉放水で防火祈念

消防任務に決意新た/団員130人参加し出初め式


1年間の平穏を祈念して、一斉放水が行われた=7日、市消防本部

1年間の平穏を祈念して、一斉放水が行われた=7日、市消防本部

 2018年宮古島市消防出初め式が7日、多くの関係者が出席して市消防本部(来間克消防長)で、消防職員、団員約130人が参加して行われた。式典では消防職員の展示訓練やポンプ車による一斉放水が行われ、消防任務への決意を新たにした。一斉放水後は、昨年導入された「屈折はしご付き消防自動車」からつるしたくす玉を割り、火の用心を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2018年1月8日(月) 08:56 [政治・行政]

伊良部大橋が一望に/橋詰広場

造成工事進む


橋詰め広場の造成工事が進められている伊良部大橋たもと=6日、伊良部島側

橋詰め広場の造成工事が進められている伊良部大橋たもと=6日、伊良部島側

 伊良部大橋の伊良部側たもとの空間を整備する橋詰め広場の造成工事が着々と進んでいる。県が昨年末に着手。完了は2019年度をめどにしている。市は進ちょく状況を見ながら、農水産物販売所やレストランなどを配置する「地域振興施設」を整備する計画だ。市によると、全体の事業費は用地買収費も含め約8億6000万円。

(全文を表示…)

2018年1月5日(金) 08:58 [政治・行政]

「この2、3年が勝負」/仕事始めで市長訓示

市長訓示を聞く職員=4日、市役所平良庁舎1階ロビー

市長訓示を聞く職員=4日、市役所平良庁舎1階ロビー

 市は4日、市役所平良庁舎で2018年の仕事始め式を開いた。下地敏彦市長による訓示が行われ、予想を上回る入域観光客数増加に対応する基盤整備や市役所の総合庁舎新設に伴う新しいまちづくりの必要性などを訴え、「この2、3年が勝負」との認識を示し職員に協力を呼び掛けた。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年9月1日現在

    宮古島市 54,132 人
    27,095 人
    27,037 人
    世帯数 26,730 軒
    多良間村 1,172 人
    628 人
    544 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2018年1月
    « 12月   2月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2