2018年5月20日のニュース一覧

2018年5月20日(日) 09:00 [地域・暮らし]

タイムリミット迫る/市の最終処分場

残余容量残りわずか 新施設建設向け調整へ


 宮古島市における一般廃棄物最終処分場の残余容量が残りわずかとなってきている。現在、平良と川満にある最終処分場は平良の残余容量が約30%程度、川満は約5%程度となっており、早急に新たな最終処分場建設の検討が必要となっている。垣花和彦生活環境部長は「新たな処分場建設に向け、現在の残余容量がどれくらい持つのかなど現状を精査しながら、本年度中には事業スケジュールの調整を図っていきたい」と述べた。


(全文を表示…)

2018年5月20日(日) 08:59 [産業・経済]

伊良部に格安ホテル建設へ

4階建24室、19年6月完成予定
仙台市の深松組


 【那覇支社】仙台市で土木建築業や不動産業を営む深松組(深松努社長)が、伊良部に低価格ホテルと賃貸マンションの建設を計画していることが19日までに分かった。建設予定地(860坪)は購入済みで、マンションは2019年3月、ホテルは同年6月の完成を目指す。


(全文を表示…)

2018年5月20日(日) 08:58 [環境・エコ]

「緑を大切に育てる」

県植樹祭で決議


第69回県植樹祭で大会決議を読み上げる石川君と宜野座さん=19日、宜野座村

第69回県植樹祭で大会決議を読み上げる石川君と宜野座さん=19日、宜野座村

 【那覇支社】「宜野座発!水と緑のハーモニー」をテーマに、第69回県植樹祭(主催・県、宜野座村、県緑化推進委員会)が19日、道の駅ぎのざ・観光拠点施設で開催され、自治体関係者のほか、市民や小中学生などが参加し、クロトンやコバノサンダンカなど1000本を植樹した。県森林組合会長の下地敏彦宮古島市長も出席した。


(全文を表示…)

2018年5月20日(日) 08:57 [産業・経済]

同友会宮古支部/重点に会員相互協力の強化

上地氏が新支部長


上地和彦支部長

上地和彦支部長

 県中小企業家同友会宮古支部は19日、市内ホテルで第26回総会を開き、会員相互の協力を強化し参加しやすい同友会づくりに取り組むことなどを重点にした2018年度活動方針など計5議案を原案通り承認した。新支部長には、上地和彦氏(農事組合法人まるごと宮古島代表)を選出した。任期は1年。


(全文を表示…)

2018年5月20日(日) 08:56 [社会・全般]

小綱編みがスタート/宮古島夏まつり

伝統文化、歴史継承


7月22日に開催される宮古島夏祭り東西大綱引きに向け、決意を新たにする池間理事長(右から3人目)ら=18日、宮古青年会議所会館

7月22日に開催される宮古島夏祭り東西大綱引きに向け、決意を新たにする池間理事長(右から3人目)ら=18日、宮古青年会議所会館

 宮古青年会議所の池間正樹理事長らは18日、同所会館で宮古島夏祭り東西大綱引き決起の記者会見を行った。7月22日に開催される大綱引きに向け、伊良部商工会青年部がきょう20日午後2時から、伊良部南区にあるホテルサウスアイランドで小綱編みをスタートさせる。


(全文を表示…)

2018年5月20日(日) 08:55 [未分類]

伸びある歌声で魅了/オペラや宮古民謡披露

ソプラノ歌手・曽根さん


大勢の観客の前で歌声を披露する曽根さん(左)=19日、喫茶ブルーメ

大勢の観客の前で歌声を披露する曽根さん(左)=19日、喫茶ブルーメ

 静岡県出身で、静岡と東京、浦添市で音楽教室を主宰するソプラノ歌手の曽根妙子さんによる「こころうたコンサートin宮古島」が19日、平良東仲宗根の喫茶ブルーメで開かれた。オペラの曲を中心にオリジナル曲や沖縄民謡など多彩な楽曲を透き通った伸びのある声で歌い上げ観客を魅了した。


(全文を表示…)

2018年5月20日(日) 08:54 [求人情報]

20日の求人情報

20日の求人情報

20日の求人情報

  • 宮古島の人口

    平成30年6月1日現在

    宮古島市 54,017 人
    27,022 人
    26,995 人
    世帯数 26,606 軒
    多良間村 1,175 人
    630 人
    545 人
    世帯数 520 軒
  • 天気


  •  

    2018年5月
    « 4月   6月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2