2018年5月31日のニュース一覧

2018年5月31日(木) 09:00 [社会・全般]

花火ショー開催へ/宮古島夏まつり

7月20日から3日間
歩行者天国、大綱引きなど多彩に


今年のまつりの日程などを決定した実行委員会=30日、宮古島商工会議所

今年のまつりの日程などを決定した実行委員会=30日、宮古島商工会議所

 宮古島夏まつり実行委員会(実行委員長・下地義治宮古島商工会議所会頭)は30日、今年の宮古島夏まつりを7月20、21、22日の3日間開催することを決定した。今年は最終日に初の花火ショーも開催され、1000発の色とりどりの花火が夏本番を迎えた宮古島の夜空を彩る。


(全文を表示…)

2018年5月31日(木) 08:58 [教育・文化]

10月から作品募集/第2回宮古島文学賞

文化協が応募呼び掛け


第2回宮古島文学賞への応募を呼び掛ける大城会長(右から3人目)、下地市長(中央)、宮國教育長(左から3人目)ら=30

第2回宮古島文学賞への応募を呼び掛ける大城会長(右から3人目)、下地市長(中央)、宮國教育長(左から3人目)ら=30

 一般社団法人宮古島市文化協会(大城裕子会長)は30日、市役所平良庁舎で会見し、第2回宮古島文学賞の応募要項を発表した。募集するのは短編小説で、テーマは第1回と同じ「島」。応募期間は10月1~31日。一席の副賞は50万円。二席は10万円。大城会長は、前回は島で生きることとはどういうことなのか。または、島の可能性や魅力をつづった作品が多く見られたとして「今回も島を掘り下げるようなテーマにした」と述べ、応募を呼び掛けた。


(全文を表示…)

2018年5月31日(木) 08:57 [政治・行政]

かん水態勢を確認/市干ばつ対策会議

天候見極め実施へ


 宮古島市の干ばつ対策会議が30日午後、市役所上野庁舎で開かれ、県、市、JAのほか製糖各社や気象台の代表らが参加してかん水時の態勢を確認した。かん水は今後の天候を見極めて実施する。サトウキビへのかん水料金は大型トラック1台3900円、農家負担は2000円となる。


(全文を表示…)

2018年5月31日(木) 08:56 [地域・暮らし]

10億円販売達成へ一丸/JA野菜・果樹生産出荷連絡協総会

会長に伊志嶺さん 優績農家を表彰


事業計画を決めて優績農家を表彰した野菜・果樹生産出荷連絡協議会の総会=30日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

事業計画を決めて優績農家を表彰した野菜・果樹生産出荷連絡協議会の総会=30日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

 JAおきなわ宮古地区野菜・果樹生産出荷連絡協議会(池間義光会長)は30日午後、JAおきなわ宮古地区本部ホールで第16回定期総会を開き、販売額10億円達成を柱とする新年度の事業計画と予算を決めた。役員改選では新会長に伊志嶺一之さんを選任した。優績農家の表彰もあった。


(全文を表示…)

2018年5月31日(木) 08:55 [地域・暮らし]

土壌保全にリュウノヒゲ/城辺長間

「保全の日」で植え付け作業


炎天下、リュウノヒゲを植栽する参加者ら=30日、城辺長間地区

炎天下、リュウノヒゲを植栽する参加者ら=30日、城辺長間地区

 「次代へ残そう農地の恵み」をスローガンにした「土壌保全の日」関連行事(宮古地域農林水産業推進会議主催)が30日、城辺長間で行われた。生産農家や関係機関から約100人が参加。土壌の流出防止を図ろうと、リュウノヒゲ1000本を畑と農道の境界付近に植え、土壌保全の重要性をアピールした。


(全文を表示…)

2018年5月31日(木) 08:53 [行雲流水]

【行雲流水】/中学生の悩み

 漫画「君たちはどう生きるか」(マガジンハウス社刊)を読んだ。児童文学者吉野源三郎が昭和12年に書いた小説の漫画版だ。いじめあり、ひきこもりありで現代でも通用する。悩める主人公(中学生)が生きる目的にめざめていく物語だ


(全文を表示…)

2018年5月31日(木) 08:52 [お母さんと一緒]

【おかあさんといっしょ】あいさつができる子に

濱川 琉希くん(2つ)
お母さん・美乃さん


濱川 琉希くんお母さん・美乃さん

濱川 琉希くんお母さん・美乃さん

 琉希くんは車がとても大好きで、朝から晩までずっと車のおもちゃで遊んでいるという。


(全文を表示…)

2018年5月31日(木) 08:29 [政治・行政]

ごみ散乱にあぜん/大規模野外焼却も確認

不法投棄防止パトロール


野外焼却現場を確認するパトロールの参加者。監視活動を強化する方針を確認した=30日、平良の島尻漁港

野外焼却現場を確認するパトロールの参加者。監視活動を強化する方針を確認した=30日、平良の島尻漁港

 毎年5月30日は語呂合わせで「ごみゼロの日」。県や宮古島市、多良間村、警察、消防、海保など関係機関が同日、不法投棄等一斉パトロールを実施した。参加者は、道路や原野に散乱するごみにあぜん。平良の島尻漁港では大規模な野外焼却の現場も確認した。市民のモラルが問われる中、県や市は警察と連携して監視活動を強化する。


(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2018年5月
    « 4月   6月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2