2018年5月のニュース一覧

2018年5月17日(木) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

断水要因は「複合的」/伊良部南区で説明会

使用量増を否定せず
当局陳謝 不満示す住民も


伊良部南区で発生した断水について陳謝する市上下水道部の大嶺部長(中央)ら=16日、東地区構造改善センター

伊良部南区で発生した断水について陳謝する市上下水道部の大嶺部長(中央)ら=16日、東地区構造改善センター

 伊良部南地区で発生した断水で、宮古島市上下水道部は16日夜、伊良部の東地区構造改善センターで住民説明会を開いた。大嶺弘明部長は最大4日間続いた断水を陳謝し、原因については水道施設の損傷による可能性が高いと説明した。ただ、南区における使用水量増加の影響を否定せず、「複合的な要因と考えている」と主張して特定を避けた。こういった当局の対応に不満を示す参加者も。「はっきりしてほしい」と詰め寄る場面もあった。

(全文を表示…)

2018年5月17日(木) 08:59 [社会・全般]

浮上したサンゴ礁群に歓声/八重干瀬遊覧クルージング

海中展望型客船「モンブラン」


八重干瀬を形成するサンゴ礁の一つ「キジャカ干瀬」を観賞する観光客ら=16日、客船「モンブラン」から

八重干瀬を形成するサンゴ礁の一つ「キジャカ干瀬」を観賞する観光客ら=16日、客船「モンブラン」から

 はやて(本社・伊良部、川平三秀代表)が運営する海中展望型レストラン客船「モンブラン」(総トン数650㌧、1500馬力、佐久川清修船長)は16日、八重干瀬(やびじ)遊覧クルージングを開催した。本土からの観光客ら約120人が参加。干潮で浮上したサンゴ礁群の褐色と青い海のコントラストに目を奪われ「きれい!」と感嘆の声を上げていた。

(全文を表示…)

2018年5月17日(木) 08:58 [政治・行政]

畜産物輸出量100㌧超/一括交付金事業が効果

畜産物輸出量

畜産物輸出量

 【那覇支社】県農林水産部(島尻勝広部長)は15日、2017年度の県産畜産物の輸出量が前年度比14・7%(13㌧)増の101・5㌧となり、初めて100㌧を超えたと発表した。県は一括交付金での輸出促進事業が効果を挙げていると分析しており、沖縄ブランド構築で、さらなる輸出拡大を目指す。

(全文を表示…)

2018年5月17日(木) 08:57 [政治・行政]

指定管理で提案漏れ/荷川取漁港製氷施設

市議会臨時会で提出へ


市当局から議会提出議案について説明を聞く議員ら=16日、市役所平良庁舎

市当局から議会提出議案について説明を聞く議員ら=16日、市役所平良庁舎

 宮古島市議会(佐久本洋介議長)の議員全員協議会が16日、市役所平良庁舎で開かれ、21日に開催される市議会臨時会へ提出される議案について市当局が説明した。今臨時会には、本来は3月定例会での提案が必要ながら提案が漏れていた荷川取漁港製氷冷蔵施設指定管理者の指定についての議決案をはじめ、市職員が公務中に起こした4件の交通事故の和解を市長の専決処分で行ったことの報告、一般会計補正予算案など計8件が提出される。

(全文を表示…)

2018年5月17日(木) 08:56 [イベント]

宮古の伝統芸能楽しむ

八重干瀬クイチャー貸切鑑賞会/クラブツーリズム


獅子が観客席に入り、会場を盛り上げた=16日、トゥリバー海浜公園

獅子が観客席に入り、会場を盛り上げた=16日、トゥリバー海浜公園

 宮古島・八重干瀬クイチャー貸切鑑賞イベント(主催・クラブツーリズム)が16日、トゥリバー海浜公園で行われた。ツアー客約100人が伊良部大橋をバックに設けられた特設舞台で演じられた宮古の技能を満喫した。男塾武-Dooによる獅子舞は、獅子が観客席に入る場面もあり、演者と観客が一体となって、会場の雰囲気を盛り上げた。

(全文を表示…)

2018年5月17日(木) 08:55 [産業・経済]

農林水畜産部会など設置/検証委員会

アジア経済戦略構想推進


3専門部会の設置などを決めた県アジア経済戦略構想推進・検証委員会=16日、県庁

3専門部会の設置などを決めた県アジア経済戦略構想推進・検証委員会=16日、県庁

 【那覇支社】県アジア経済戦略構想推進・検証委員会(委員長・安里昌利県経営者協会会長)は16日、県庁で第1回会合を開いた。農林水畜産物の輸出拡大などの特定テーマを専門的に検討する「農林水畜産部会」「那覇空港機能・国際物流部会」「IT・スマートハブ部会」の3専門推進部会の設置を了承した。

(全文を表示…)

2018年5月17日(木) 08:54 [行雲流水]

【行雲流水】(観光客と水需要)

 今年の大型連休は、伊良部南地区で起こった断水騒ぎであと味の悪いものとなった。「想定外」の水需要に対応できなかった南地区配水池のトラブルが原因だという。水道当局の大失態だ。空路観光客数が年間100万人を突破する日も近い。受け入れ態勢は大丈夫だろうか

(全文を表示…)

2018年5月17日(木) 08:54 [お母さんと一緒]

【おかあさんといっしょ】思いやりのある子に

▽下地 琢斗くん(6つ)
▽佳吾くん(3つ)
▽お母さん・ゆいさん


下地琢斗くん(6つ)佳吾くん(3つ)お母さん・ゆいさん

下地琢斗くん(6つ)佳吾くん(3つ)お母さん・ゆいさん

 琢斗くんと佳吾くんの兄弟は元気よく保育園から出てきた。家では戦いごっこやよくけんかもするというが、外では琢斗くんはお兄ちゃんらしく佳吾くんを守ってくれる。

(全文を表示…)

2018年5月16日(水) 09:00 [政治・行政]

翁長知事、膵がん公表

退院も当面静養/知事選出馬は明言避ける


退院後、県庁で記者会見する翁長雄志知事=15日、県庁

退院後、県庁で記者会見する翁長雄志知事=15日、県庁

 【那覇支社】翁長雄志知事は15日午前、浦添市の病院を退院し、同日午後には県庁で記者会見を開いた。会見では、膵臓(すいぞう)に見つかり手術で摘出した腫瘍が、ステージ2の膵がんだったことを明らかにした上で、早期の公務復帰に意欲を示した。11月に想定されている県知事選への出馬については、明言を避けた。

(全文を表示…)

2018年5月16日(水) 08:59 [社会・全般]

農業で県内初受章/旭日単光章の川満さん

下地市長「宮古の誇り」


下地市長(右から2人目)に叙勲の受章を報告する川満長英さん(中央右)と妻のヨシさん(同左)=15日、市役所平良庁舎

下地市長(右から2人目)に叙勲の受章を報告する川満長英さん(中央右)と妻のヨシさん(同左)=15日、市役所平良庁舎

 サトウキビの栽培で、2018年春の叙勲旭日単光章(農業振興功労)を受章した川満長英さん(73)が15日、市役所平良庁舎で下地敏彦市長に受章の喜びを報告した。川満さんは「光栄に思う。これからもキビの生産振興に努めたい」と喜びと決意を語った。下地市長は県内初となる農業振興功労を踏まえ、「川満さんは宮古島の誇りだ」と祝意を表し、その類いまれな技術と経験を生かした担い手の育成に期待を寄せた。

(全文を表示…)

2018年5月16日(水) 08:58 [産業・経済]

こし、粘りに高評価/宮古島産の新ソバ試食会

宮古島産の新ソバを味わう招待客の皆さん=15日、あらだてぃ

宮古島産の新ソバを味わう招待客の皆さん=15日、あらだてぃ

 宮古島産新ソバのお披露目会が15日、上野新里のファーマーズキッチン「あらだてぃ」であった。招待客40人が新ソバを食べ、宮古島産特有のこし、粘り、甘みを感じながら新鮮なソバの美味を堪能した。

(全文を表示…)

2018年5月16日(水) 08:57 [産業・経済]

アムロジェット宮古に初就航/JTA

安室さんが笑顔で歓迎


宮古に初就航した特別デザイン機「AMURO JET」=15日、宮古空港

宮古に初就航した特別デザイン機「AMURO JET」=15日、宮古空港

 沖縄県出身の人気歌手で、今年9月に引退する安室奈美恵さんの写真を塗装した日本トランスオーシャン航空(那覇市、丸川潔社長)の特別デザイン機「AMURO JET」が15日、宮古空港に初就航した。

(全文を表示…)

2018年5月16日(水) 08:56 [地域・暮らし]

サガリバナ咲き誇る/平良の添道群落地

辺りに甘い香り漂う


美しいピンクの花を咲かすサガリバナ=12日、平良の添道サガリバナ群生地(伊良波彌撮影)

美しいピンクの花を咲かすサガリバナ=12日、平良の添道サガリバナ群生地(伊良波彌撮影)

 サガリバナ(サガリバナ科)の花が12日早朝、平良の添道サガリバナ群生地で咲き誇っているのが確認された。一夜限りの花で甘い香りが辺りに漂っていた。これから見頃を迎える。

(全文を表示…)

2018年5月16日(水) 08:55 [社会・全般]

地主代表砂川さんに感謝状/北分館閉館式

図書館敷地無償提供


土地を無償貸与してきた地主代表の砂川さん(左から2人目)に宮国教育長から感謝状が贈呈された=14日、市役所平良庁舎

土地を無償貸与してきた地主代表の砂川さん(左から2人目)に宮国教育長から感謝状が贈呈された=14日、市役所平良庁舎

 市立平良図書館北分館の閉館式が14日、市役所平良庁舎で行われ、90年に及ぶ知の殿堂の歴史に幕を下ろした。式では約60年間、敷地を無償提供してきた地主を代表して、砂川恵昭さんに感謝状が贈呈されたほか、2010年から建物を無償貸与してきた県教育庁に建物の鍵が引き渡された。建物は夏ごろに取り壊される予定。

(全文を表示…)

2018年5月15日(火) 09:00 [政治・行政]

部品破損も一因か/伊良部地区断水

市長会見 時期不明で断定できず


伊良部地区での断水の原因について発表する下地市長(右)と大嶺部長(中央)兼島次長=14日、市長室

伊良部地区での断水の原因について発表する下地市長(右)と大嶺部長(中央)兼島次長=14日、市長室

 先月27日から伊良部島の伊良部地区(南地区)で発生した断水について下地敏彦市長らが14日に会見を開き、前回の会見で原因は増加した使用量に供給が追い付かなかったためと説明したが、国仲にある貯水池(タンク)内の水位の上下により注水量を調整する部品に破損が確認されたことを発表。断水の一因となったのではとの考えを示した。ただ破損時期は不明で、断水の原因とは断定できていない。市上下水道部は16日午後7時から東地区構造改善センターで、地域住民を対象に断水の原因についての説明会を開催する。

(全文を表示…)

2018年5月15日(火) 08:59 [産業・経済]

カツオ・マグロオブジェ寄贈/建設工事協が伊良部漁協に

きょう食堂開店


協力会長で先嶋建設の川満次長(左から2人目)らが漢那組合長(中央)にカツオ(左)とキハダマグロのオブジェを贈った=14日、伊良部漁協の「おーばんまい食堂」前

協力会長で先嶋建設の川満次長(左から2人目)らが漢那組合長(中央)にカツオ(左)とキハダマグロのオブジェを贈った=14日、伊良部漁協の「おーばんまい食堂」前

 きょう15日午前11時に開店する伊良部漁協(漢那一浩組合長)の「おーばんまい食堂」を祝し、伊良部漁協地区海業(うみぎょう)支援施設建築工事協力会(会長・川満喜和登先嶋建設建築部次長)は14日、食堂の天井から吊すカツオとキハダマグロのオブジェを寄贈した。

(全文を表示…)

2018年5月15日(火) 08:57 [産業・経済]

練習使用料の軽減要請/下地島空港

バニラエアの五島社長


謝花喜一郎副知事(右)に下地島空港の練習使用料低減を要請するバニラエアの五島勝也社長(左)=14日、県庁

謝花喜一郎副知事(右)に下地島空港の練習使用料低減を要請するバニラエアの五島勝也社長(左)=14日、県庁

 【那覇支社】下地島空港で実機訓練を行っている格安航空会社(LCC)バニラエアの五島勝也社長は14日、県庁に謝花喜一郎副知事を訪ね、同空港の練習使用料の引き下げを要請した。また、7月に成田-石垣線、那覇-石垣線を就航することも報告した。

(全文を表示…)

2018年5月15日(火) 08:56 [社会・全般]

初日は61人が協力/5月期移動献血スタート

きょうは市役所平良庁舎で


18年度5月期の移動献血が計10日間の日程でスタートした=14日、市役所上野庁舎に配置された献血バス

18年度5月期の移動献血が計10日間の日程でスタートした=14日、市役所上野庁舎に配置された献血バス

 2018年度宮古地区5月期の移動献血が14日からスタートした。初日の午前は市役所上野庁舎、午後からは宮古病院で実施され、この日は61人が献血に協力した。きょう15日は市役所平良庁舎で午前9時から同11時45分までと午後1時から同5時まで行われる。

(全文を表示…)

2018年5月15日(火) 08:55 [社会・全般]

記念パーティーでBGM演奏/マイティー・下地さん

日米要人勢ぞろい 「歴史の中にいた」


日本復帰記念パーティーの席でBGMを演奏したことがあるマイティー・下地さん。愛用のサックスを手に当時を振り返った=14日、本社

日本復帰記念パーティーの席でBGMを演奏したことがあるマイティー・下地さん。愛用のサックスを手に当時を振り返った=14日、本社

 46年前、日本復帰記念パーティーの席でBGMを演奏したことがある。当時の日米の政府要人が勢ぞろいしている中での演奏は、歴史の中にいるという感覚だったという。「40年以上も前だが、最近の出来事のように思える」

(全文を表示…)

2018年5月15日(火) 08:54 [行雲流水]

【行雲流水】(おかあさん)

 ♪『お母さん』。「お母さん、お母さん、お母さんてば、お母さん。何にもご用はないけれど、なんだか呼びたい、お母さん」。本紙「母の日」の特集号には、そんな大好きな母のほほ笑ましい似顔絵や母への感謝の手紙が多数掲載されていた。子供たちにとって、母親は生きていることの安定感や喜びの源泉である

(全文を表示…)

2018年5月13日(日) 09:00 [社会・全般]

平和な未来を子や孫に/宮古島5・15平和行進

軍事基地撤去を訴え/120人がシュプレヒコール


陸自配備に向け工事が進む旧千代田カントリークラブ周辺を行進する参加者たち=12日、宮古島市内

陸自配備に向け工事が進む旧千代田カントリークラブ周辺を行進する参加者たち=12日、宮古島市内

 宮古島5・15平和行進が12日に市内で行われ、市民団体や労働組合のほか一般市民の計120人(主催者発表)が参加。すべての軍事基地を撤去し平和な沖縄、宮古島を訴えた。また、行進後には平和とくらしを守る郡民大会を開催。先島への自衛隊配備や辺野古新基地建設反対を求めて闘い抜き、平和な未来を子や孫に引き継ぐとする大会宣言を採択した。

(全文を表示…)

2018年5月13日(日) 08:59 [スポーツ]

牧志侑武(平良)が2冠/本社杯小・中学生卓球

女子は宮国悠乃V/31人出場し練習成果競う


中学生のシングルスとダブルスを制し2冠を達成した平良の牧志侑武=12日、市総合体育館

中学生のシングルスとダブルスを制し2冠を達成した平良の牧志侑武=12日、市総合体育館

 宮古毎日新聞杯第20回全宮古小・中学生卓球大会(主催・宮古毎日新聞社、主管・宮古卓球連盟)が12日、宮古島市総合体育館で行われた。中学生の部では平良の牧志侑武(あつむ)が男子のシングルスとダブルスを制して2冠を達成、同女子シングルスは平良の宮国悠乃(はるの)が優勝した。小学生シングルスは宮古島ホープスの上地拓徳が頂点に立った。

(全文を表示…)

2018年5月13日(日) 08:58 [教育・文化]

クラシックの名曲を演奏/下里さんピアノリサイタル

クラシックの名曲などを披露し聴衆を引き付けた下里豪志さん=12日、マティダ市民劇場

クラシックの名曲などを披露し聴衆を引き付けた下里豪志さん=12日、マティダ市民劇場

 下里豪志(たけし)さんのチャリティーピアノリサイタル(主催・下里豪志後援会)が12日、マティダ市民劇場で開かれた。クラシックの名曲や宮古民謡などを表情豊かに演奏。ピアノを通して改めて作品の持つ魅力を伝えた。

(全文を表示…)

2018年5月13日(日) 08:58 [社会・全般]

きょう日本復帰46年/格差是正解消も課題多く

 沖縄県は15日、日本復帰から46年を迎えた。復帰後、宮古島市では道路や港湾、学校などの各種インフラ施設の整備が急激に進み、本土との格差是正は解消されつつある。しかし、少子高齢化やそれに伴う人口減少、農水産物などの輸送コストなど、離島ならではの課題を抱えている。陸上自衛隊の駐屯地建設が進む中、「国の防衛や抑止力を高めるため必要」との賛成派や「基地があると標的にされる」などの反対派で意見は分かれている。財政の強化や地方分権の推進、行政サービスの向上などを目的に5市町村が合併してから13年。目的は達成されているのか。復帰と絡めて、足元の見つめ直すことも大切だ。

(全文を表示…)

2018年5月13日(日) 08:57 [社会・全般]

塩川、本村さん功労者表彰/県、「看護の日」記念式典

砂川部長(中央)から表彰状を受け取った本村さん(左)と塩川さん(右)=12日、南風原町

砂川部長(中央)から表彰状を受け取った本村さん(左)と塩川さん(右)=12日、南風原町

 【那覇支社】「看護の心をみんなの心に」をテーマに、2018年度「看護の日」記念式典(主催・県、県看護協会)が12日、南風原町の県看護研修センターで催され、看護職員功労者として、県宮古保健所保健師の塩川明子さん(59)=城辺福里=や県立宮古病院元看護師の本村悠子さん(60)=平良西里=ら11人が県知事表彰された。

(全文を表示…)

2018年5月13日(日) 08:56 [教育・文化]

13世紀後半の交易探る/シンポ「伝説の争乱・与那覇原軍」

中国福州と宮古八重山諸島


多くの市民が参加していたシンポジウム=12日、市働く女性の家

多くの市民が参加していたシンポジウム=12日、市働く女性の家

 シンポジウム「伝説の争乱・与那覇原軍」が12日、市働く女性の家ゆいみなぁで開かれた。研究者3人が、これまでの研究の成果を発表。このうち、久貝弥嗣さんは、先行研究者の解釈を引用し「13世紀後半、中国の福州、台湾、宮古・八重山諸島、沖縄本島は交易範囲にあった。宮古・八重山諸島は沖縄本島より重要な位置を占めていたと考えられる」との見解を示した。市民ら約50人は興味津々に聞き入っていた。

(全文を表示…)

2018年5月13日(日) 08:55 [産業・経済]

宮古産アカバナ飲料を紹介/「はいさいフェスタ2018」

はなはな代表・斎藤正敏さん


アカバナ飲料をアピールする斎藤正敏さん=6日、神奈川県川崎市

アカバナ飲料をアピールする斎藤正敏さん=6日、神奈川県川崎市

 【那覇支社】5月2~6日の5日間、神奈川県川崎市で沖縄の文化や食を紹介する大型イベント「第15回はいさいフェスタ2018」が開催され、宮古島で咲いたハイビスカス科の沖縄在来種、あかばなぁ(以下、アカバナ)から作った飲料水「Beni」が出品された。グランディール(那覇市・田島理恵子社長)の商品で、本土での代理店業務を行っているのが、はなはな(東京都目黒区)の齋藤正敏代表(38)だ。

(全文を表示…)

2018年5月13日(日) 08:54 [花は島色]

【花は島いろ】安谷屋秀仁さん(49歳)OIST研究員

新型電子顕微鏡に挑む


安谷屋秀仁さん

安谷屋秀仁さん

 【那覇支社】恩納村にある沖縄科学技術大学院大学(OIST)で新型電子顕微鏡の開発に挑んでいるのは、平良下里出身の安谷屋秀仁さん。「電子顕微鏡でウイルスの行動を研究できるようにし、社会へ貢献したい」と静かに語る。

(全文を表示…)

2018年5月13日(日) 08:54 [ニュースウィークリー]

【ニュースウィークリー】5月6日~5月12日

GW、Uターンラッシュ始まる/空港に長い列

 今年のゴールデンウイークの最終日前日となった5日、長い休みを宮古島で過ごした観光客や里帰りしていた帰省客らのUターンラッシュが始まった。宮古空港では大きな荷物を持った人たちが搭乗手続きカウンターに長い列を作り順番を待っていた。(5月6日掲載)

(全文を表示…)

2018年5月12日(土) 09:00 [政治・行政, 環境・エコ]

「花いっぱい」事業108団体参加/市みどり推進課17年度実績

花や緑に対する関心が高まり、みどり推進課が実施する花苗の販売には大勢の市民が訪れる(写真は昨年11月の販売会の様子)

花や緑に対する関心が高まり、みどり推進課が実施する花苗の販売には大勢の市民が訪れる(写真は昨年11月の販売会の様子)

 市みどり推進課は、各団体などに花の苗を無料で提供する「花いっぱい推進事業」の2017年度実績をまとめた。それによると苗の提供を申し込んだのは108団体で、提供した苗は約13万本となった。市民の間で花や緑に対する関心が高まっており、同事業もすっかり定着している。花を育てる活動は環境美化だけでなく、人の繋がりを生み出すコミュニティーづくりにも役立つことから、同課ではさらに推進し運動の輪を広げていく考えだ。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和2年2月1日現在

    宮古島市 54,801 人
    27,611 人
    27,190 人
    世帯数 27,855 軒
    多良間村 1,126 人
    605 人
    521 人
    世帯数 513 軒
  • 天気


  •  

    2018年5月
    « 4月   6月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2