「政治・行政」 2018年7月のニュース一覧

2018年7月31日(火) 09:00 [政治・行政]

佐喜真氏、知事選立候補へ/県知事選

保守系選考委の要請受諾/「後継決定後に正式出馬」


保守系候補者選考委に対して、出馬の受諾を表明した佐喜真淳宜野湾市長=30日、那覇市

保守系候補者選考委に対して、出馬の受諾を表明した佐喜真淳宜野湾市長=30日、那覇市

 【那覇支社】11月18日に投開票の県知事選挙で、自民党沖縄県連などで構成する保守系の候補者選考委員会(國場幸一委員長)から出馬要請を受けていた宜野湾市の佐喜真淳市長(53)は30日、那覇市内のホテルで、同選考委に対して正式に要請を受諾した。宜野湾市で後継市長候補が決定し次第、県知事選への出馬を表明する。

(全文を表示…)

2018年7月29日(日) 08:59 [政治・行政]

5施設を指定管理へ/市の体育施設

旧町村部は「廃止」など/市教委定例会で方針確認


体育5施設で指定管理者制度を導入するための準備が進められている=市陸上競技場(奥は総合体育館)

体育5施設で指定管理者制度を導入するための準備が進められている=市陸上競技場(奥は総合体育館)

 来年4月に市の体育施設に指定管理制度の導入を目指す市教育委員会はこのほど行われた定例会で、指定管理する施設は旧平良市に所在していた市総合体育館など5施設とし、旧町村部の体育館や陸上競技場などは対象外とする方針を確認した。今後、市議会の12月定例会に5施設を民間管理とする議案を提案する予定。一方、指定管理から外れた旧町村部の6施設については今後、「廃止」か「用途変更」の方向で協議が進められる。

(全文を表示…)

2018年7月29日(日) 08:55 [政治・行政]

市議の山川氏出馬へ/豊見城市長選

「三つ巴戦」の公算


県と連携しアジアのダイナミズムを取り入れた市の経済振興などについて話す山川仁氏=28日、豊見城市

県と連携しアジアのダイナミズムを取り入れた市の経済振興などについて話す山川仁氏=28日、豊見城市

 【那覇支社】10月14日に投開票される豊見城市長選挙で、同市議会議員の山川仁氏(43)=無所属=は28日、8月第2週にも同市長選挙に出馬表明する予定であることを、本紙取材で明らかにした。同市長選挙には、与党系前市議の宜保安孝氏(41)が既に出馬表明しており、現職の宜保晴毅市長(50)も出馬の意向を示していることから、同選挙は「三つ巴戦」になる公算が高くなった。

(全文を表示…)

2018年7月28日(土) 09:00 [政治・行政]

辺野古埋立 承認撤回、手続き開始

防衛局への聴聞指示/翁長知事、会見で発表


埋め立て承認の撤回に向け手続きの開始を表明する翁長雄志知事=27日、県庁

埋め立て承認の撤回に向け手続きの開始を表明する翁長雄志知事=27日、県庁

 【那覇支社】翁長雄志知事は27日、普天間基地の辺野古移設について、埋め立て承認の撤回に向け、沖縄防衛局の意見を聞く「聴聞」手続きの開始を関係部局長に指示したと発表した。県は聴聞を経た上で、国が8月17日にも予定している土砂投入前に承認を撤回し、移設工事を停止させることを目指している。

(全文を表示…)

2018年7月27日(金) 09:00 [政治・行政]

時間帯で40度超えも/市の学校教室温度

16年度9月調査 文科省の基準上回る


小中学校空調設備設置予定

小中学校空調設備設置予定

 市が2019年度から2カ年で実施を予定している幼稚園、小・中学校への空調(冷房)設備設置計画の策定に伴い、16年度に実施した9月における幼稚園および小中学校の1教室における室温調査の結果が、26日に行われた市教育委員会の定例会で示された。各学校の時間帯別最高室温の平均は、ほとんどが30度を超えているほか、時間帯によっては40度を超えている教室もあるなど、子どもたちにとって夏場の教室は厳しい環境であることが分かった。

(全文を表示…)

2018年7月27日(金) 08:59 [政治・行政]

来年度は平良第一など8校/学校空調設置計画

20年度は旧町村部と幼稚園


 市が2019年度から20年度までの2カ年で実施を予定している幼稚園、小・中学校への空調(冷房)設備設置計画のスケジュールが26日に行われた市教育委員会の定例会で報告された。19年度は児童生徒数の多い平良第一小や平良中など8校で実施され、20年度は児童生徒数が少ない旧町村部の小中学校を中心に17校と各幼稚園で設置を予定している。

(全文を表示…)

2018年7月26日(木) 09:00 [政治・行政]

「沖縄振興推進に生かす」/福井沖縄担当相

離島の現状と課題確認/宮古視察が終了


視察を終え報道陣の質問に答える福井大臣=25日、JTAドーム宮古島

視察を終え報道陣の質問に答える福井大臣=25日、JTAドーム宮古島

 宮古島視察のため24日から来島している福井照沖縄北方担当大臣は25日、平良港や伊良部大橋、下地島空港などを視察し、帰路に就いた。視察終了後、報道陣の取材に応じ、インフラの整備、活用状況や離島産業の現場を視察し離島の現状や課題を確認できたとの考えを示し「視察で得た知見を沖縄振興の推進に生かしたい」との思いを述べた。

(全文を表示…)

2018年7月25日(水) 09:00 [政治・行政]

地下ダム資料館など視察/福井沖縄担当相が来島

きょうは平良港や下地島空港へ


地下ダムの構造などについて説明を聞く福井大臣(右手前)=24日、地下ダム資料館

地下ダムの構造などについて説明を聞く福井大臣(右手前)=24日、地下ダム資料館

 福井照沖縄北方担当大臣が24日、1泊2日の日程で宮古島を視察するため来島した。初日は地下ダム資料館やメガソーラー実証研究施設などを訪れ、担当者から施設の概要などについて説明を聞いた。2日目の25日は平良港や伊良部大橋、下地島空港などの視察を予定している。

(全文を表示…)

2018年7月25日(水) 08:59 [政治・行政, 環境・エコ]

県、10月に改正アセス条例施行/20㌶以上対象、宮古で説明会

活発な質疑応答があった説明会=24日、宮古保健所

活発な質疑応答があった説明会=24日、宮古保健所

 県は24日、宮古保健所で10月1日施行の改正県環境影響評価条例などについての説明会を開いた。改正条例では、「施行区域面積が20㌶以上の土地の造成を伴う事業」を新たに追加した。来年3月末までに実施される事業については経過措置として改正規定は適用されない。今後県内では、経過措置期間内の事業着手が予想される。参加者らは、熱心にメモを取りながら耳を傾けていた。

(全文を表示…)

2018年7月25日(水) 08:57 [政治・行政]

クルーズ船拠点整備へ支援要請/下地市長が謝花副知事に

謝花副知事への要請後、記者団の質問に答える下地敏彦市長=24日、県庁

謝花副知事への要請後、記者団の質問に答える下地敏彦市長=24日、県庁

 【那覇支社】宮古島市の下地敏彦市長は24日、県庁に謝花喜一郎副知事を訪ね、平良港で進むクルーズ船拠点整備に対して支援を求めた。要請後、下地市長は記者団に対し「(副知事から)力強い支援をいただけるという(趣旨の)発言があった」と述べた。

(全文を表示…)

2018年7月25日(水) 08:56 [政治・行政, 社会・全般]

「信頼損ね、深くおわび」/市教育委

男性教諭酒気帯び検挙で謝罪


謝罪会見でわびる(左から)砂川課長、宮國教育長と下地部長=24日、市役所城辺庁舎

謝罪会見でわびる(左から)砂川課長、宮國教育長と下地部長=24日、市役所城辺庁舎

 宮古島市立中学校の男性教諭(40代)が、酒気帯び運転で検挙された問題で、市教育委員会(宮國博教育長)は24日、市役所城辺庁舎の教育長室で謝罪会見を開いた。宮國教育長は「市民および関係各位に対し、ご迷惑と信頼を大きく損ねたことを深くおわび致します」と謝罪した。会見には市教育委員会の下地信男教育部長と砂川修学校教育課長が同席した。

(全文を表示…)

2018年7月24日(火) 09:00 [政治・行政]

54%が基準値より向上/市が進ちょく状況発表

第2次総合計画 
24%は改善必要


第2次総合計画の進ちょく状況を発表する下地市長(左)=23日、市役所平良庁舎

第2次総合計画の進ちょく状況を発表する下地市長(左)=23日、市役所平良庁舎

 市が2016年度に策定した第2次総合計画(17~26年度)について、下地敏彦市長は23日に市役所平良庁舎で会見を開き、17年度(現在値)における進ちょく状況を発表した。それによると、97の評価項目のうち52項目(54%)は基準値より向上。22項目(23%)についてはほぼ横ばいの実績で、23項目(24%)は現状において課題のある分野と位置づけて今後、手法の見直しなどの改善を行うとしている。


(全文を表示…)

2018年7月24日(火) 08:55 [政治・行政]

国に規制緩和を要請/観光振興で下地市長

菅官房長官(右)に要請書を手渡す下地市長=20日、首相官邸(市提供)

菅官房長官(右)に要請書を手渡す下地市長=20日、首相官邸(市提供)

3項目で特区化求める


 下地敏彦市長はこのほど、菅義偉官房長官や田中良生地方創生副大臣と面談し、今後見込まれる観光客の増加に対応するため、宮古においてホテル建設やタクシー事業における規制緩和を求めるとともに、国家戦略特区化を要望した。


(全文を表示…)

2018年7月23日(月) 09:00 [政治・行政]

翁長政俊氏、出馬表明 那覇市長選

出馬表明の会見でガンバローを三唱する翁長政俊氏(右から2人目)=22日、那覇市

 10月21日投開票の那覇市長選に向け、自民党県連代表代行で県議の翁長政俊氏(69)が正式に出馬を表明した。現職の城間幹子市長(67)も出馬に意欲を見せており、一騎打ちの公算が高まった。

 

 翁長氏は会見で、「城間市長が就任して4年間、那覇市は方向性が定っていない。リーダーシップが感じられない」と城間氏の市政運営を批判した。


 その上で、「(私は)那覇市議2期、県議5期を勤めたほか、自民党県連でも、政府との粘り強い交渉で沖縄のために制度や予算を勝ち取って来た。那覇市に責任ある政治を取り戻すとの思いが、出馬を決意した理由だ」と述べたほか、「無益な対立だけでは市民のためにならない。沖縄と国が対立する構図から脱却する時期に来ている」などと語った。


 記者団との質疑応答で、翁長氏は選挙の争点を「景気をどう持続させていくかが争点。観光産業だけがけん引する経済でなく、重層的な幅のある経済を作っていく。それが、生活向上にもつながる。厳しい所得格差(の改善)や全国最下位の県民所得を押し上げていく」と述べた。


 「普天間飛行場の辺野古移設は争点になるか」との質問には、「市長選なので、争点になるとは思っていない。経済や暮らし、子育てが争点になっていくと思う。那覇市長は直接的な当事者でないので(辺野古移設に)コメントする立場にはないが、地元名護市の判断が重要だと思っている」と答えた。


 会見には、県内の保守系9市長で構成する「チーム沖縄」から宮古島市の下地敏彦市長、宜野湾市の佐喜真淳市長、名護市の渡具知武豊市長らも同席した。

2018年7月15日(日) 08:59 [政治・行政]

市総合体育館 屋根の全面改修へ

豪雨と台風で再び雨漏り/来年度予算に計上予定


今年5月に行われた雨漏り防止の工事。しかし、工事後も雨漏りが発生し、今後は屋根部分の全面改修か建て替えのどちらかとなった=5月11日、市総合体育館

今年5月に行われた雨漏り防止の工事。しかし、工事後も雨漏りが発生し、今後は屋根部分の全面改修か建て替えのどちらかとなった=5月11日、市総合体育館

 雨漏り防止のため、屋上の補修工事を終えたばかりの市総合体育館で再び雨漏りが発生した。今回の雨漏りは5日の豪雨と10日の台風8号の際に確認された。市教育委員会は、耐力度調査の結果を踏まえ、施設強度が確保されていれば屋根の取り換えか、現在の屋根の上に新たな屋根を設けるなどの全面改修を実施する方針。しかし、施設強度が確保されていないと判断されれば建て替えになるとしている。

(全文を表示…)

2018年7月15日(日) 08:56 [政治・行政]

西銘副大臣が視察/台風被害のキビ畑など

視察後、マスコミの取材に応じる西銘副大臣=14日、宮古空港

視察後、マスコミの取材に応じる西銘副大臣=14日、宮古空港

 沖縄4区選出の衆院議員で経済産業副大臣を務める西銘恒三郎氏が14日朝、台風8号による被害視察のため来島し、サトウキビ畑の状態などを確認した。被害が出ているサトウキビについて、農家所得減少につながることに懸念を表明し、政府でできることは対応していく考えを示した。

(全文を表示…)

2018年7月13日(金) 09:00 [政治・行政, 教育・文化]

伊良部高校 来年度から募集停止/県教委が正式決定

平敷教育長「学習環境の観点から」


伊良部高校の2019年度からの募集停止を決定した県教育委員会会議=12日、県庁

伊良部高校の2019年度からの募集停止を決定した県教育委員会会議=12日、県庁

 【那覇支社】県教育委員会は12日、県立伊良部高校について、2019年度の入学生から募集を停止することを正式に決定した。募集停止は、実質的な廃校に向けた措置で、伊良部高校は現在の在校生が卒業すると同時に、1984年以来の歴史に幕を下ろすことになる。

(全文を表示…)

2018年7月12日(木) 08:55 [政治・行政]

県全体で軽傷者7人/県災害対策本部会議

被害状況を報告


台風8号の被害状況を確認した第2回県災害対策本部会議=11日、県庁

台風8号の被害状況を確認した第2回県災害対策本部会議=11日、県庁

 【那覇支社】県は11日、第2回県災害対策本部会議を開催し、各部局から台風第8号に関する被害状況が報告された。宮古・八重山の事務所長も、昨年度に整備した県総合行政情報通信ネットワークを活用し、モニターで参加した。会議では、県全体で軽傷者7人の人的被害が出たことなどが報告された。


(全文を表示…)

2018年7月10日(火) 08:56 [政治・行政]

村長就任5周年を祝う/多良間

伊良皆村政発展に期待


村長就任5周年激励会で花束を受け取る伊良皆村長と妻和枝さん=8日、村コミュニテイー施設

村長就任5周年激励会で花束を受け取る伊良皆村長と妻和枝さん=8日、村コミュニテイー施設

 【多良間】伊良皆光夫村長就任5周年激励会(実行委主催)が8日、村コミュニテイー施設で開かれた。多くの村民、関係者らが出席し、伊良皆村政のさらなる発展を期待した。

(全文を表示…)

2018年7月7日(土) 09:00 [政治・行政]

東添道で水道水源開発/需要水量の増加に対応

市長「安定供給確実に」


東添道水源開発工事に伴う建屋建築の安全を祈願した地鎮祭=6日、平良字西仲宗根の建設現場

東添道水源開発工事に伴う建屋建築の安全を祈願した地鎮祭=6日、平良字西仲宗根の建設現場

 市の上水道施設整備事業の東添道水源開発工事に伴う建屋建築の地鎮祭が6日、下地敏彦市長や建築を担当する垣花建設の職員らが参加し、平良字字西仲宗根の建設現場で行われた。工事は、大型リゾート施設開発が多数計画されていることや伊良部島への送水に伴い、需要水量の増加が予想されることから飲料水の安定確保が目的。工期は来年1月11日まで。下地市長は「水の供給を確実なものにするためにも今回の整備となった。これからも安定して水が供給できるよう取り組みたい」と述べた。

(全文を表示…)

2018年7月7日(土) 08:58 [政治・行政]

計20議案を可決し閉会/県議会6月定例会

酒税軽減延長も求める


 【那覇支社】県議会(新里米吉議長)は6日、6月定例会の最終本会議を開き、国営美ら海水族館と首里城地区内施設を国から県に移管する条例案や、県公安・収用・教育委員会人事への同意案など、計20件の議案を全会一致で可決し、閉会した。県内酒類に対する酒税軽減措置の延長を求める意見書なども可決された。今定例会では、補正予算案の提出はなかった。

(全文を表示…)

2018年7月6日(金) 08:58 [政治・行政]

佐喜真氏擁立を決定/県知事選

自民党候補者選考委


記者会見する候補者選考委員会の國場幸一委員長(中央)と、委員の宮古島市の下地敏彦市長(左)ら=5日、那覇市

記者会見する候補者選考委員会の國場幸一委員長(中央)と、委員の宮古島市の下地敏彦市長(左)ら=5日、那覇市

 【那覇支社】自民党県連などでつくる県知事選候補者選考委員会(國場幸一委員長)は5日、那覇市内のホテルで会合を開き、11月18日投開票の県知事選の候補者として宜野湾市長の佐喜真淳氏(53)を擁立することを決定した。これを受け、佐喜真氏は宜野湾市で記者団に対し「重く受け止める」と語った。

(全文を表示…)

2018年7月4日(水) 08:59 [政治・行政, 社会・全般]

募集停止、12日に結論/伊良部高校

次年度の入学生ゼロへ/県教育庁が地元で説明会


教育庁が父母らを対象に説明会を開いた=3日、伊良部高校

教育庁が父母らを対象に説明会を開いた=3日、伊良部高校

 県教育庁は3日、県立伊良部高校の生徒の父母や地元2団体に対し、改めて2019年度の入学生の募集を停止せざるを得ないとする意向を伝えた。取材に応じた教育庁の担当者は、募集の停止に係る議案を12日に開く教育委員会の会議に提出する方針を示した。募集を停止するか否かの判断は、ここで下される。

(全文を表示…)

2018年7月4日(水) 08:58 [政治・行政]

安里氏が立候補を表明/県知事選

「自民推薦が前提」とも


 【那覇支社】シンバホールディングス会長で、沖縄観光コンベンションビューロー元会長の安里繁信氏(48)は3日、那覇市内の「新しい沖縄を創る会」の事務所で会見し、11月18日投開票の県知事選挙に立候補する決意を表明した。一方で安里氏は「自民党の推薦が得られることが前提」とも述べた。

(全文を表示…)

2018年7月3日(火) 08:59 [政治・行政, 産業・経済]

キャッシュレス決済で実証へ

外国人観光客誘客で/市やドコモなど8者で実施


会見で実証実験開始を発表した下地市長(右から4人目)や各団体、企業の代表ら=2日、市役所平良庁舎

会見で実証実験開始を発表した下地市長(右から4人目)や各団体、企業の代表ら=2日、市役所平良庁舎

 宮古島市、宮古島商工会議所、宮古タクシー事業協同組合、沖縄銀行、琉球銀行、銀聯国際、リンク・プロセシング、NTTドコモの8者は、宮古島への外国人観光客誘客を目的としてクレジットカードによるキャッシュレス決済の拡大に向けた実証実験に取り組む。タクシーや小売店などへクレジットカード決済を試験導入するもので、関係者が2日、市役所平良庁舎で会見し概要を発表した。

(全文を表示…)

2018年7月3日(火) 08:58 [政治・行政]

農家に節水呼び掛け/土地改良区、市

砂川ダム貯水率52%


地下ダムの水の節水を呼び掛ける(右から)下地市長、松原部長、多良間専務理事、石嶺事務局長=2日、市役所平良庁舎

地下ダムの水の節水を呼び掛ける(右から)下地市長、松原部長、多良間専務理事、石嶺事務局長=2日、市役所平良庁舎

 宮古土地改良区と宮古島市は2日、市役所平良庁舎で会見を開き、地下ダムの水を使用する際の節水を呼び掛けた。具体的にはスプリンクラーの散水量を現在の10㌃当たり30㌧から15㌧にするほか、夜間の散水停止などを求めている。砂川地下ダムの貯水率は2日現在で52%。40%まで落ち込む事態になればファームポンドごとに給水停止措置を取る方針も示した。

(全文を表示…)

2018年7月1日(日) 08:58 [政治・行政, 社会・全般]

今月から違反者に罰則/条例改正規則施行

個人情報保護を厳格化


 個人情報の取り扱いを厳格化させるため、市職員や市からの事業受託者らが業務上で入手した個人情報などを不正に流出させた場合に罰則を科す、宮古島市個人情報保護条例の一部改定に伴う規定が7月1日から施行となる。違反した者は懲役または罰金が科せられることになる。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年9月1日現在

    宮古島市 54,132 人
    27,095 人
    27,037 人
    世帯数 26,730 軒
    多良間村 1,172 人
    628 人
    544 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2018年7月
    « 6月   8月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2