「美ぎスマ」 2018年7月のニュース一覧

2018年7月29日(日) 08:54 [美ぎスマ]

【美ぎ島】人頭税廃止運動ゆかりの地/下地地区入江集落

 115年前の明治中期、入江集落には宮古島の農民を苦しめた「人頭税」の廃止に燃える男たちがいた。城間正安(那覇市久茂地出身)と中村十作(新潟県出身)、川満亀吉(入江出身、嘉手苅村総代)らのリーダーたちだ。正安の住居跡や亀吉の生誕地には功績をたたえる碑が建つ。入江橋のたもとには宮古中の村総代(農民代表)が集まって、国会への人頭税廃止直訴などについて密談を重ねた、ゆかりの地「パチャガ崎」がある。集落周辺には宮古島の製糖業の産みの親・正安の思いが息づくサトウキビ畑が広がる。入江では與儀達敏(故人、元琉球立法院議長)や川満廣俊旧下地町議会議長らも誕生し、沖縄や宮古、下地地域の発展に尽くした。6月末現在の人口は177人(男性88人、女性89人)、世帯数は88戸。入江集落は嘉手苅集落の区域だったが、1948年に下地村から上野村が分村した時に、嘉手苅から分離した。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成31年1月1日現在

    宮古島市 54,229 人
    27,165 人
    27,064 人
    世帯数 26,857 軒
    多良間村 1,172 人
    628 人
    544 人
    世帯数 523 軒
  • 天気


  •  

    2018年7月
    « 6月   8月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2