2018年10月のニュース一覧

2018年10月31日(水) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

棒振りで繁栄願う/来間ヤーマスプナカ2日目

3年ぶりにパレード/「雨乞い座」では祝宴


3年ぶりに開催されたパレード。五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄を願って勇ましい棒振りが披露された=30日、来間島

3年ぶりに開催されたパレード。五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄を願って勇ましい棒振りが披露された=30日、来間島

 下地来間島の伝統行事「ヤーマスプナカ」は2日目の30日、集落内を練り歩くパレードが3年ぶりに行われ、島の人々が棒踊りや奉納踊りで、向こう1年間の無病息災や五穀豊穣(ごこくほうじょう)などを祈願した。パレード後は「雨乞い座」と呼ばれる広場で、3兄弟の一族が島の繁栄を祈願する棒振りを披露するなど盛大に祝宴を催し、島の発展と子孫繁栄を願った。

(全文を表示…)

2018年10月31日(水) 08:59 [地域・暮らし, 教育・文化]

五穀豊穣を祈願/西原ミャークヅツ

スーツ姿でパレード/男性らクイチャー踊り


西原のクイチャーを踊りながら集落内の道路を練り歩く男性たち=30日、平良西原

西原のクイチャーを踊りながら集落内の道路を練り歩く男性たち=30日、平良西原

 平良西原のミャークヅツは「中日」の30日、集落の男性が参加し、集落内を力強く厳かに練り歩くパレードが行われた。五穀豊穣や自治会ののぼり旗や日の丸を掲げ「うやきーゆなうらしよー(裕福な世にしてくれよ)とはやしながら踊り五穀豊穣と子孫繁栄を祈願した。

(全文を表示…)

2018年10月31日(水) 08:58 [産業・経済]

キビ交付金の確保要請/県農業代表者大会 「大会宣言」採択

さとうきび政策確立県農業代表者大会でガンバロー三唱で気勢を上げる参加者ら=30日、南風原町立中央公民館

さとうきび政策確立県農業代表者大会でガンバロー三唱で気勢を上げる参加者ら=30日、南風原町立中央公民館

 【那覇支社】2018年度さとうきび価格・政策の確立に向けた「県農業代表者大会」(主催・県さとうきび対策本部、JA沖縄中央会)は30日、南風原町立中央公民館で行われ、TPP11(米国を除く環太平洋経済連携協定参加11カ国の新協定)や日EU・EPA(日本欧州連合経済連携協定)などの影響を最小限に食い止める万全な国内対策を政府・与党に強く求める大会宣言を採択した。

(全文を表示…)

2018年10月31日(水) 08:58 [地域・暮らし, 教育・文化]

兄弟6人が「ウヤ」に/池間ミャークヅツ

前里ムトゥ初、特別表彰


特別表彰を受けた兄弟6人組の皆さん=30日、前里ムトゥ

特別表彰を受けた兄弟6人組の皆さん=30日、前里ムトゥ

 池間島ミャークヅツで、参加対象となる55歳以上(ウヤ)の兄弟6人が勢揃いし、地元の話題になっている。230年前から続く前里ムトゥでは初めてといわれ、祭り中日の30日には6人を特別表彰した。

(全文を表示…)

2018年10月31日(水) 08:56 [スポーツ]

宮高男子が団体初優勝/県新人卓球

個人単は兼島V


県新人大会で初優勝した宮高卓球部のメンバーら=30日、宮古空港

県新人大会で初優勝した宮高卓球部のメンバーら=30日、宮古空港

 県高校新人体育大会の卓球競技が29日、団体戦の決勝まで行われ、宮古高校男子卓球部が初優勝する活躍を見せた。12月に北九州市で開催される九州大会への出場権を獲得。個人戦シングルスでは兼島研斗君(1年)が制した。30日、選手らが帰島し、宮古空港で報告会を行った。

(全文を表示…)

2018年10月31日(水) 08:55 [社会・全般]

機体にウルトラマン/JTA 宮古に初運航

宮古に初運航した「ウルトラマンJET」=30日、宮古空港

宮古に初運航した「ウルトラマンJET」=30日、宮古空港

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は30日、特別デザイン機「ウルトラマンJET」を就航させた。同日午前には宮古に初運航。空港利用者らがカメラや携帯電話で撮影するなど、注目を集めていた。運航期間は来年4月30日までの6カ月間。運航スケジュールは特設サイトで告知している。

(全文を表示…)

2018年10月31日(水) 08:54 [時事]

【時事】辺野古工事あすにも再開

国交相、承認撤回の効力停止


 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設をめぐる政府と沖縄県の対立が30日、一段と深まった。県による辺野古沿岸部埋め立て承認撤回の効力を一時停止することを石井啓一国土交通相が決定。これを受け、政府は8月末から中断している工事を11月1日にも再開する方針だ。沖縄県は猛反発しており、対抗措置の検討に入った。

(全文を表示…)

2018年10月30日(火) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

ミャークヅツ始まる/クイチャーで豊年祈願

池間、佐良浜、西原祭り一色


 池間系の伝統行事「ミャークヅツ(宮古節)」が旧暦9月の甲午(きのえうま)の日に当たる29日、池間島、佐良浜、西原の3地域で始まった。旧年中の五穀豊穣(ほうじょう)・大漁に感謝し、向こう1年間の豊作・豊漁を祈願する豊年祭。初日の池間島と佐良浜では躍動的なクイチャーで大地を強く踏み、掛け声の「ヒヤサッサ、ヒヤサッサ」が響いた。池間島と西原では3日間、佐良浜では4日間繰り広げられる。


佐良浜地区


酒を酌み交わしながら踊るミーウヤら=29日、池間添

酒を酌み交わしながら踊るミーウヤら=29日、池間添

 佐良浜地区のミャークヅツは池間添、前里添で行われた。午後4時ごろから「ミーウヤ」と呼ばれる男性らがクイチャーを踊り、「ヒヤサッサ」と掛け声を集落内に響かせ、五穀豊穣と島の発展を祈願した。
 池間添では数え年47歳から、前里添では50歳からミャークヅツに参加。今年は池間添に14人、前里添に25人が新入生として加わった。
 池間添のミーウヤは、おそろいのピン

法被姿で力強くクイチャーを踊るミーウヤら=29日、前里添

法被姿で力強くクイチャーを踊るミーウヤら=29日、前里添

ク色のポロシャツ姿で、地面を力強く蹴り上げて豪快に乱舞した。上地勝彦さんは「久しぶりの同窓にも会え、楽しかった。伝統行事は大事にしていきたい」と笑顔で語った。
 前里添のミーウヤは、頭にタオルを巻き、黄色の法被をまとって掛け声とともに跳び上がり、手をたたいて堂々と踊った。神奈川県から参加した仲村渠英明さんは「小さい頃に見て雰囲気は分かっていた。1回きりなので参加して良かった」と話した。


池間島


ダイナミックにクイチャーを踊る参加者=29日、池間島の水浜広場

ダイナミックにクイチャーを踊る参加者=29日、池間島の水浜広場

 池間島では、水浜広場で二重の輪をつくって行われた。女性が内側で優雅に舞い、男性が外側でダイナミックに踊った。
 今年の数え55歳の新会員のミーウヤ(新親)は1964(昭和39)生まれの男性18人。
 新親の仲間正弘さんは「緊張して寝れなかった。私は前ぬ家ムトゥの新会員となった。29日午前5時から参加した」と語った。
 那覇から里帰りして参加した浜元保さんは「今年米寿を迎える。これからも健康長寿でミャークツヅに参加したい」と気持ちを新たにした。


平良西原


祭祀の始まりを神に報告しながら酒を酌み交わす男性ら=29日、平良西原・仲間御嶽

祭祀の始まりを神に報告しながら酒を酌み交わす男性ら=29日、平良西原・仲間御嶽

 平良西原では早朝から地域の男性らが仲間御嶽(ないかに)に集まり、祭祀の始まりを報告するとともに、五穀豊穣と子孫繁栄を祈願した。
 男性らはスーツ姿で御嶽周辺で車座になり泡盛を酌み交わした。
 参加した高嶺貞久さん(56)は「池間民族はみんな兄弟」と赤ら顔で話した。
 30日は今年誕生した子供を神に報告する「マスムイ」や集落を練り歩くパレードほか、ジャー(座)ではクイチャーや奉納相撲が行われる。

2018年10月30日(火) 08:59 [地域・暮らし, 教育・文化]

子の誕生 先祖に報告/神酒回し、神詩歌い

来間島で「ヤーマスプナカ」/きょうパレード


5人の誕生が報告され、島のさらなる発展と子孫繁栄を願ったヤーマスプナカの初日=29日、下地来間島のウプヤーブナカ(砂川さん宅)

5人の誕生が報告され、島のさらなる発展と子孫繁栄を願ったヤーマスプナカの初日=29日、下地来間島のウプヤーブナカ(砂川さん宅)

 旧暦9月の甲午の日に行われる下地来間島最大の伝統行事ヤーマスプナカが29日、2日間の日程で始まった。初日は3兄弟の家元で子孫の繁栄を祈願する「サラピャース」と「マスムイ」の儀礼が行われた。この1年間に誕生した子供を先祖に報告するとともに、健やかな成長を祝って島民が神酒を回し飲み、子孫繁栄と島のさらなる発展を願った。30日は島内を練り歩くパレードのほか、「雨乞い座」と呼ばれる広場で島の子供たちも参加した棒振りや奉納の踊りが行われ、島民の無病息災と五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する。

(全文を表示…)

2018年10月30日(火) 08:58 [スポーツ]

トライキャンプ候補に

豪州チームが東京五輪向け/来年4月調印


長濱副市長(左)にアトキンスヘッドコーチから意向表明書が手渡された=29日、市役所平良庁舎

長濱副市長(左)にアトキンスヘッドコーチから意向表明書が手渡された=29日、市役所平良庁舎

 2020年の東京オリンピックに向け、オーストラリアのトライアスロンチームの関係者が29日、市役所平良庁舎を訪れ、事前のキャンプ地として宮古を候補地とする意向証明書がダン・アトキンスヘッドコーチから長濱政治副市長に手渡された。来年4月に正式調印を予定しており、調印されれば宮古が正式にキャンプ地となる。


 アトキンスヘッドコーチは「宮古の状況を現在、見て回っているが宮古の環境は素晴らしい。今後、今回のテストを踏まえた要望点などをまとめたレポートを提出するので検討してほしい」と求めた。


 長濱副市長は「要望に対してしっかり準備を行い、予算も確保して万全の態勢で皆さんを迎え入れたい」と、笑顔で歓迎の意を表した。


 今後、レポートを踏まえた調整を経て来年4月に正式調印が予定されている。


 同チームは、来年4月下旬から5月上旬に2回目のテストで来島し、本番1年前となる8月にも合宿を予定している。


 同チームは現在、選手とスタッフが来島して宮古島での合宿に向けた各種テストを実施している。

2018年10月30日(火) 08:57 [スポーツ]

家族連れ笑顔のラン/東平安名崎マラソン

最長21㌔は前門さんV


岬入口をスタートし笑顔でジョギングを楽しむ参加親子=28日、東平安名崎

岬入口をスタートし笑顔でジョギングを楽しむ参加親子=28日、東平安名崎

 第5回東平安名崎がんずうマラソン大会(主催・城辺地区地域づくり協議会)が28日、東平安名崎をゴールとする城辺路であった。4部門に合わせて375人が出場して全員が完走。雄大な自然を楽しみながらさわやかな汗を流した。最長21㌔のAコースは宮古島市の前門孟紀さん(36)が1時間26分24秒で優勝した。

(全文を表示…)

2018年10月30日(火) 08:56 [社会・全般]

たまご家おかん連覇/うまむぬ杯

島豆腐スープカレー好評


うまむぬ杯で2年連続グランプリに輝いた「たまご家おかん」の神原知明さん(前列中央右)と紀美代さん(同左)=28日、JTAドーム宮古島

うまむぬ杯で2年連続グランプリに輝いた「たまご家おかん」の神原知明さん(前列中央右)と紀美代さん(同左)=28日、JTAドーム宮古島

 宮古島ならではのB級グルメ開発と普及を狙う「宮古島うまむぬ杯」の審査結果が28日発表され、「たまご家おかん」の「和風島豆腐スープカレー」がグランプリに当たる宮古島市長賞を受賞した。前回に続き2年連続の最高賞。表彰式が同日開かれ、グランプリと準グランプリ受賞店舗に賞状と副賞が贈られた。

(全文を表示…)

2018年10月30日(火) 08:55 [イベント]

絶景パノラマ満喫/平安名埼灯台

灯台記念日で無料公開


灯台頂部から広大な海を見下ろす子どもたち=28日、平安名埼灯台

灯台頂部から広大な海を見下ろす子どもたち=28日、平安名埼灯台

 東平安名崎突端にある平安名埼灯台が28日、一般無料公開された。合わせて519人が頂部に登り、眼下に広がる東シナ海、太平洋の絶景を満喫した。

(全文を表示…)

2018年10月30日(火) 08:54 [行雲流水]

【行雲流水】発見の喜び

 「スミレはただスミレらしく咲けばいい。春の野への影響はスミレのあずかり知らぬことである。ただ、咲いているといないとではおのずから違うというだけである」と数学者岡潔は『春宵十話』に書いている

(全文を表示…)

2018年10月28日(日) 09:00 [イベント, 産業・経済]

やはり地元産おいしい/宮古の産業まつりが開幕

農産物や加工品を即売/JTAドームきょうまで


大勢の来場者でにぎわいを見せた第回宮古の産業まつり=27日、JTAドーム宮古島

大勢の来場者でにぎわいを見せた第回宮古の産業まつり=27日、JTAドーム宮古島

 第41回宮古の産業まつり(主催・同まつり実行委員会)が27日、JTAドーム宮古島で開幕した。約70業者が出店し、農林水産物の加工品や野菜、花、果樹の苗などを展示即売した。会場には島の特産物や交流都市の特産品を求めて初日から多くの市民、観光客らが訪れてにぎわった。28日まで行われる。

(全文を表示…)

2018年10月28日(日) 08:59 [スポーツ]

東男子が3連覇達成/全宮古小学陸上

女子は北2連覇/19校の代表児童が健脚競う


学校対抗の男子総合の部で大会3連覇を達成した東小の児童たち=27日、市陸上競技場

学校対抗の男子総合の部で大会3連覇を達成した東小の児童たち=27日、市陸上競技場

 第29回全宮古小学校陸上競技大会(主催・宮古地区小学校体育連盟)が27日、市陸上競技場で行われた。この日は強い風が吹く悪条件だったが、19校の代表児童はトラック、フィールドの各種目で日ごろの練習の成果を競い合った。学校対抗の男子総合の部は東が3度目の3連覇を達成、女子は北が2連覇を飾った。

(全文を表示…)

2018年10月28日(日) 08:58 [産業・経済]

519万人で過去最高/県18年度上半期観光客

県18年度上半期観光客はクルーズ船の寄港回数増などで過去最高となった(資料写真)

県18年度上半期観光客はクルーズ船の寄港回数増などで過去最高となった(資料写真)

 【那覇支社】県文化観光スポーツ部は27日までに、2018年度上半期の入域観光客数が前年同期比3・0%増の519万7300人で過去最高を更新したと発表した。クルーズ船の寄港回数増や、宮古-名古屋便、宮古-福岡便を含めた離島直行便の拡充、海外航空路線の増加などが寄与した。

(全文を表示…)

2018年10月28日(日) 08:57 [スポーツ]

宮高、逆転で4強入り/県高校サッカー

地元開催 大応援後押し


会場の声援を受け力強くプレーする宮古の選手

会場の声援を受け力強くプレーする宮古の選手

 第97回全国高校サッカー選手権沖縄県大会の準々決勝、宮高-コザ戦が27日、多目的前福運動場で行われた。試合はコザに先制されたが、宮高はすぐさま逆転に成功。2-1のスコアで振り切ってベスト4に勝ち進んだ。

(全文を表示…)

2018年10月28日(日) 08:56 [イベント]

11人の功績たたえる/産業まつり

実行委「産業振興賞」表彰


農林水産部門と商工観光部門の合計11人に賞状が贈られた=27日、JTAドーム宮古島

農林水産部門と商工観光部門の合計11人に賞状が贈られた=27日、JTAドーム宮古島

 第41回宮古の産業まつりの「産業振興賞」表彰式が27日、JTAドーム宮古島で行われ、農林水産部門の8人と商工観光部門の3人の合計11人に賞状が贈られた。

(全文を表示…)

2018年10月28日(日) 08:55 [イベント]

ステージと観客一体に/Mコンベンション

会場変更も盛り上がり


アーティストと一体になって音楽を満喫する観客=27日、市総合体育館

アーティストと一体になって音楽を満喫する観客=27日、市総合体育館

 宮古島ミュージックコンベンション2018(主催・同実行委員会)が27日、市総合体育館で開催された。この日は午前10時30分ごろに北北東の風9・6㍍を観測するほどの強風で、同実行委は急きょ会場を市総合体育館に移動し、開演時刻を午後3時30分に変更し、終了時刻も延長した。体育館に詰めかけた多くの市民や観光客らは、ステージ上のパフォーマンスに合わせ、体全体で音楽を感じ、会場に溢れた音楽に酔いしれた。28日も同体育館で行われる。開場は正午。

(全文を表示…)

2018年10月28日(日) 08:54 [ニュースウィークリー]

【ニュースウィークリー】10月21日~10月27日

集落の歴史など学ぶ/総合文化祭史跡巡り

 第13回市民総合文化祭に伴う郷土史部会の「松原・久貝両集落と来間集落の史跡巡り」が20日、3集落で行われた。宮古郷土史研究会の久貝春陽さんがそれぞれの集落におけるその成り立ちや歴史、伝承などを分かりやすく紹介した。(10月21日掲載)

(全文を表示…)

2018年10月27日(土) 09:00 [教育・文化]

小中全校にタブレット/市教委

情報化推進計画を策定
無線LANは次年度にも


タブレットや電子黒板などを活用するICT教育の充実が図られる(資料写真)

タブレットや電子黒板などを活用するICT教育の充実が図られる(資料写真)

 宮古島市教育委員会は26日までに、ICT(情報通信技術)教育の校内環境を整える市教育情報化推進計画を策定した。2020年度に小学校、21年度には中学校に相当数のタブレット端末を配布して運用を開始する計画だ。19年度内には無線LAN環境を整える検討が進められており、ICT教育の充実に向けた動きが本格化する。


(全文を表示…)

2018年10月27日(土) 08:59 [産業・経済]

団体賞目指し一丸/県畜産共進会

宮古代表牛生産者を激励
「期待に応えたい」と決意


県畜産共進会での全頭上位入賞と団体賞を誓って乾杯をする生産者と関係者=26日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

県畜産共進会での全頭上位入賞と団体賞を誓って乾杯をする生産者と関係者=26日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

 来月2日の県畜産共進会に挑む宮古代表牛の生産者を激励する会が26日、JAおきなわ宮古地区本部ホールで開かれた。畜産関係者が多数参加し、6個人1法人の生産者を激励。全頭上位入賞に伴う念願の団体賞に期待を寄せた。生産者の下地史彦さんは「万全の体制で臨み、皆さんの期待に応えたい」と決意を語った。


(全文を表示…)

2018年10月27日(土) 08:58 [政治・行政]

県民投票条例案を可決/県議会

辺野古移設の是非問う


県民投票条例案を可決した県議会10月定例会=26日、県議会

県民投票条例案を可決した県議会10月定例会=26日、県議会

 【那覇支社】県議会(新里米吉議長)10月定例会は26日、最終本議会を開き、米軍普天間飛行場の名護市移設に伴う埋め立ての是非を問う県民投票条例案を賛成多数(賛成26、反対18、退席2)で可決、成立した。条例では公布から6カ月以内の投票実施を定めており、来春までに県民投票が行われる見通し。投票は、辺野古移設の賛否について「賛成」「反対」の2択で実施する。


(全文を表示…)

2018年10月27日(土) 08:57 [教育・文化]

創造の文化 華やかに/中学校文化祭

郷土芸能、ダンスなど多彩


「肝高の阿麻和利」を踊り総合文化祭を盛り上げた砂川中の生徒=26日、マティダ市民劇場

「肝高の阿麻和利」を踊り総合文化祭を盛り上げた砂川中の生徒=26日、マティダ市民劇場

 第24回宮古地区中学校総合文化祭(主催・宮古地区中学校文化連盟)の舞台発表の部が26日、マティダ市民劇場で行われた。生徒たちは地域文化の担い手としての自覚と誇りを胸にステージで躍動、郷土芸能やダンス、吹奏楽を堂々と発表した。県大会に派遣する代表校は後日発表する。


(全文を表示…)

2018年10月27日(土) 08:56 [スポーツ]

南風原君(宮工1年)が全国大会へ/県高校新人体育大会

自転車競技で総合4位入賞


全国、九州大会への出場を決めた南風原君=25日、宮古工業高校

全国、九州大会への出場を決めた南風原君=25日、宮古工業高校

 県高等学校新人体育大会の自転車競技がこのほど、大宜味村で行われ、宮古工業高校の南風原凜之介君(1年)が総合4位に入賞する活躍を見せた。11月の全九州高校新人大会と来年3月の全国高校選抜大会の出場権を獲得。25日、同校で報告会が開かれ、南風原君は「九州大会では最低でも完走して、できれば上位入賞を狙いたい。全国大会には今後練習メニューを考えて調整したい」と意気込みを語った。


(全文を表示…)

2018年10月27日(土) 08:55 [未分類]

繁栄と平安願う/宮古神社で例大祭

舞踊や獅子舞など奉納


久田さんによる「大世栄」の舞踊が奉納された=26日、宮古神社

久田さんによる「大世栄」の舞踊が奉納された=26日、宮古神社

 宮古神社は26日、年に一度の祭礼行事である例大祭を執り行った。参拝者らは宮古島の繁栄と平安などを願った。神前では、舞踊や獅子舞、歌謡などが奉納された。


(全文を表示…)

2018年10月27日(土) 08:54 [美ぎスマ]

【美ぎスマ】「和み栄えて幸あれ」/上野地区・豊原集落

 仲元銀太郎さん(1911年~1998年)の生家は豊原公民館のシバラ(後ろ隣)にある。沖縄師範学校を卒業後、40年間教師の道を歩んだ。定年後、故郷に帰り近所の人と一緒に農作業に汗を流し、班長や旧上野村の社会教育委員を務めるなど地域に溶け込んだ。1972年には故郷へ愛を込め新しい公民館の記念碑に「豊原は我が故郷ぞ美しく和み栄えて永遠に幸あれ」と刻んだ。名歌「えんどうの花」を作詞した金城栄治は小学6年生の時の担任だった。このころ、金城先生から詩心の感化を受けた。銀太郎さんは「新宮古建設の歌」や「宮古中体連の歌」「上野村歌」「上野中」「砂川中」「大神校」の校歌などを世に残している。1992(平成4)年勲五等瑞宝章(教育功労)を受章した。 (全文を表示…)

2018年10月27日(土) 08:54 [行雲流水]

【行雲流水】(新聞週間)

 2018年10月15日から始まった新聞週間は21日で幕を閉じた。その間に宮古毎日新聞が掲載した「新聞週間企画・読者の声」を振り返ってみた。中学生から60代までの読者の新聞に対する思いがつづられている。読者の声には地域という言葉が繰り返し出てくる。地域と一体となっているお年寄りや子供、島を離れて活躍する人たちへの思いが語られる


(全文を表示…)

2018年10月26日(金) 09:00 [産業・経済]

温浴施設事業化へ一歩/天然ガス利活用検討委

事業主体者を公募/年度内に優先権者確定へ


今年度に事業計画などについて事務局から説明を聞く委員ら=25日、市役所平良庁舎

今年度に事業計画などについて事務局から説明を聞く委員ら=25日、市役所平良庁舎

 2018年度第1回宮古島市天然ガス資源利活用事業化検討委員会(委員長・長濱政治副市長)が25日、市役所平良庁舎で開かれた。今年度の事業計画などを事務局が説明。天然ガスに付随する温泉水を活用した温浴施設の事業化実現を目指す最初の具体的な取り組みとして、事業主体者の公募を11月に実施し、年度内に優先権者を確定させることなどを確認した。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年11月1日現在

    宮古島市 54,209 人
    27,144 人
    27,065 人
    世帯数 26,779 軒
    多良間村 1,173 人
    629 人
    544 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2018年10月
    « 9月   11月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2