「政治・行政」 2018年10月のニュース一覧

2018年10月27日(土) 08:58 [政治・行政]

県民投票条例案を可決/県議会

辺野古移設の是非問う


県民投票条例案を可決した県議会10月定例会=26日、県議会

県民投票条例案を可決した県議会10月定例会=26日、県議会

 【那覇支社】県議会(新里米吉議長)10月定例会は26日、最終本議会を開き、米軍普天間飛行場の名護市移設に伴う埋め立ての是非を問う県民投票条例案を賛成多数(賛成26、反対18、退席2)で可決、成立した。条例では公布から6カ月以内の投票実施を定めており、来春までに県民投票が行われる見通し。投票は、辺野古移設の賛否について「賛成」「反対」の2択で実施する。


(全文を表示…)

2018年10月25日(木) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

保育士集まらず/宮古島市

復職事業に参加少なく/賃金、ブランク要因か


 「潜在保育士」の復職を支援する市の事業が軌道に乗り切れていない。有資格者で保育業務に就いていない人(潜在保育士)の復職を狙う事業だが、過去3回のイベントへの参加はわずか4人にとどまる。市が案内を出した潜在保育士68人は1人も参加していないのが現状だ。市は「保育士の処遇改善や、復職に向けての優遇措置を伝えたい」と訴え、今年度最後のイベントへの参加を呼び掛けている。

(全文を表示…)

2018年10月23日(火) 08:58 [政治・行政]

「振興予算確保」に意欲/県議会一般質問

座喜味氏に対し県当局


一般質問で登壇する座喜味一幸県議=22日、県議会

一般質問で登壇する座喜味一幸県議=22日、県議会

 【那覇支社】県議会(新里米吉議長)10月定例会で22日、宮古島市区選出の座喜味一幸氏(沖縄・自民党)が一般質問で登壇し、来年度の沖縄振興予算や先島への陸自配備、離島振興などで県の見解を求めた。玉城デニー知事は振興予算について「沖縄振興予算の確保に向けて関係機関との連携を密にし、概算要求額の満額確保ともに、沖縄振興一括交付金については概算要求額以上の額が確保されるよう取り組んでいく」と語った。

(全文を表示…)

2018年10月20日(土) 08:59 [政治・行政, 教育・文化]

クーラー 来年度設置へ/市教委

1年前倒し、全校に/政府方針受け緊急対応


 市内の小学校と中学校の普通教室に空調(冷房)設備を整備する計画で、市教育委員会は19日、当初2年かけて設置するとした計画を見直し、2019年度の1年で全校に取り付ける方向で本格検討に入った。熱中症対策を強化する政府の方針を受けての緊急措置。

(全文を表示…)

2018年10月20日(土) 08:55 [政治・行政]

両陣営が最後の追い込み

那覇市長選 きょう打ち上げ


1期4年の実績を強調する城間幹子氏=19日、那覇市

1期4年の実績を強調する城間幹子氏=19日、那覇市

市政奪還を訴える翁長政俊氏=19日、那覇市

市政奪還を訴える翁長政俊氏=19日、那覇市

 【那覇支社】任期満了に伴う那覇市長選は20日、選挙戦の最終日を迎える。一騎打ちを繰り広げている無所属新人で前県議の翁長政俊氏(69)=自民、公明、維新、希望推薦=と「オール沖縄」側が推す無所属現職の城間幹子氏(67)の両陣営は19日、市内の各地でスポット演説など行い、票の上積みを目指して最後の追い込みを開始した。

(全文を表示…)

2018年10月17日(水) 09:00 [政治・行政]

辺野古移設反対を明言/玉城新知事が所信表明

県議会10月定例会が開会


所信表明を行う玉城デニー知事=16日、県議会

所信表明を行う玉城デニー知事=16日、県議会

 【那覇支社】玉城デニー新県政が発足して初めての県議会となる10月定例会(新里米吉議長)が16日、開会した。玉城知事は所信表明で「新時代沖縄の到来」「誇りある豊かさ」「沖縄らしい優しい社会の構築」を県政の柱とする方針を示したほか、政府が進める米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する意向を改めて表明した。一般会計予算を28億9422万8000円増額する補正予算案など45議案も提出された。

(全文を表示…)

2018年10月14日(日) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

宮古島市は196万円で33位/15年度県民所得

多良間176万円38位


1人当たり市町村民所得

1人当たり市町村民所得

 【那覇支社】県企画部は10日、県内市町村の2015年度「市町村民所得」(県民所得)を発表した。一人当たり所得は、宮古島市が前年度比2・4%増の196万2000円で41市町村中33位、多良間村は同2・0%減の176万5000円で38位。同時に発表された15年度の「市町村内総生産」では、多良間村が前年度比27・3%増で伸び率が41市町村中2位、宮古島市は同0・4%減で30位となった。

(全文を表示…)

2018年10月13日(土) 09:00 [政治・行政]

給水量が大幅増/市水道事業

来年度に計画変更へ
ホテル建設増など要因


近年大幅に増えている水の給水量に対応している袖山浄水場(市上下水道部提供)

近年大幅に増えている水の給水量に対応している袖山浄水場(市上下水道部提供)

 リゾートホテルの建設ラッシュや入域観光客が近年急激に増加している宮古島市。それに伴い使用する水の量(給水量)が大幅に増加している。これは、市が2年前の2016年度に変更した市水道事業計画の想定を大きく上回っており、市では同計画を来年度に前倒しで再度変更する予定であることが分かった。


(全文を表示…)

2018年10月12日(金) 09:00 [政治・行政]

財源確保、厳しさ増す/市19年度予算編成

“将来負担考慮”に重点/職員へ危機意識共有促す


市職員を対象に行われた2019年度予算編成方針の説明会=11日、下地農村環境改善センター

市職員を対象に行われた2019年度予算編成方針の説明会=11日、下地農村環境改善センター

 市財政課は11日、下地農村環境改善センターで2019年度の予算編成方針を市職員に説明した。普通交付税の段階的な減額や公債費の支出が増加に転じること、さらには社会保障経費の伸びが引き続き増加していくことが予想されると指摘。行政サービスの水準を確保しながら、将来負担を考慮した予算編成を呼び掛けるとともに、職員一人一人に一般財源の確保がさらに厳しくなることを認識し危機感を持って取り組むよう促した。

(全文を表示…)

2018年10月12日(金) 08:58 [政治・行政]

補正予算案など提出へ/16日から県議会10月定例会

 【那覇支社】県は11日、庁議で16日開会予定の県議会10月定例会に提出する一般会計補正予算案など45議案を決定した。同補正予算案は、一般会計予算を28億9422万8000円を増額補正するもの。県議会で可決された場合、一般会計予算額は7339億4222万8000円となる。


 補正予算案では、県内の中小企業への融資に必要な資金として20億8200万円を計上したほか、県立学校や警察施設のブロック塀改修に必要な経費として、合計5722万2000円を盛り込んだ。


 沖縄振興特別推進交付金事業では、国際流通ハブ機能を活用して全国の農林水産物等の流通拠点化を推進する「全国特産品流通拠点化推進事業」を1億1435万3000円増額。製糖設備の整備等に要する「分蜜糖振興対策支援事業費」では、入札契約の完了に伴う執行残を受け4850万7000円減額した。


 また、国庫補助事業では、農業水利施設を補修・更新する「農業水利施設保全合理化事業」を3億9573万9000円増額したほか、農業用用排水施設等を整備する「農業基盤整備促進事業」も1億800万円増額となっている。


 補正予算案以外では、▽宮古空港・下地島空港に空港用医療資器材車を購入する議案▽県下地島空港特別会計決算認定議案▽県迷惑行為防止条例の一部を改正する条例議案などを決定した。


 10月定例会は、玉城デニー知事の就任後初の県議会となる。玉城知事は、初日に行う就任あいさつで県政運営の方針を表明する方針。また、同定例会では先月20日の臨時議会に提出された県民投票条例案についても審議される。

2018年10月12日(金) 08:57 [政治・行政]

新副会長に佐久本氏/県離島振興議会議長会

新役員就任のあいさつをする副会長の佐久本氏(中央)=11日、那覇市

新役員就任のあいさつをする副会長の佐久本氏(中央)=11日、那覇市

 【那覇支社】県離島振興市町村議会議長会の臨時総会が11日、那覇市内のホテルで開かれ、新副会長に宮古島市の佐久本洋介氏らを選任した。総会には、佐久本氏や多良間村の森山実夫氏を含め、県内離島16市町村の議会議長が出席した。

(全文を表示…)

2018年10月11日(木) 09:00 [政治・行政]

条例制定 年度内に/空き家対策で宮古島市

所有者の責務など条文化


空き家の適切管理に関する条例案を確認する市空家等対策協議会=10日、市役所下地庁舎

空き家の適切管理に関する条例案を確認する市空家等対策協議会=10日、市役所下地庁舎

 空き家の適切管理を促進する宮古島市の管理条例が年度内にも制定される。特定空き家の発生を防ぐ市民の責務や、撤去作業における行政代執行の手順等が条文化される。10日に発足した市空家等対策協議会の第1回会合で条例案の骨格が示された。委員の指摘を踏まえて加筆修正し、3月の市議会定例会に提出する。

(全文を表示…)

2018年10月11日(木) 08:57 [政治・行政]

新会長に識名氏(与那原町議会議長)/県町村議会議長会総会

多良間村議会の森山議長も参加


新会長などを選出した県町村議会議長会の定期総会=10日、那覇市

新会長などを選出した県町村議会議長会の定期総会=10日、那覇市

 【那覇支社】県町村議会議長会の定例総会が10日、那覇市内のホテルで開かれ、多良間村議会議長の森山実夫氏ら県内29の町村議会議長が出席した。総会では、任期満了に伴う正副会長選挙で、会長に与那原町議会議長の識名盛紀氏、副会長には竹富町議会議長の新田長男氏ら3氏が選出された。会長、副会長とも任期は2年。

(全文を表示…)

2018年10月6日(土) 08:58 [政治・行政]

「全身全霊で取り組む」/玉城新知事

庁内放送で職員訓示


庁内放送で職員に訓示する玉城新知事=5日、県庁

庁内放送で職員に訓示する玉城新知事=5日、県庁

 【那覇支社】玉城デニー(本名・康裕)新知事は5日、県庁の庁内放送を通して職員に訓示し、「職員の先頭に立って、県政運営に全身全霊で取り組んでいく」と強調した。

(全文を表示…)

2018年10月5日(金) 09:00 [政治・行政]

「県民の声受け職責全う」/玉城新知事が初登庁

県選管 当選証書を交付


県庁に初登庁し、笑顔で花束を受け取る玉城知事=4日、県庁

県庁に初登庁し、笑顔で花束を受け取る玉城知事=4日、県庁

 【那覇支社】9月30日投開票の県知事選で初当選した玉城デニー氏(58)は4日、県庁に初登庁した。玉城氏は午前10時すぎ県庁に到着。正面玄関で出迎えた富川盛武、謝花喜一郎両副知事らと握手して県庁へと入った。県庁のロビーで花束が贈られ、集まった職員や支持者らの大きな拍手で迎えられた。

(全文を表示…)

2018年10月3日(水) 08:59 [政治・行政, 産業・経済]

圃場整備率が6割に/宮古農業基盤

かんがい整備率は63%


 県宮古農林水産振興センター農林水産整備課はこのほど、宮古地区の2017年度農業基盤整備状況(実績見込み)をまとめた。圃場整備率は前年度比1ポイント増の60・6%と要整備量の6割に達している。畑地かんがい整備率は63・6%。各地で作業効率を高める農地の集約化が進んでいる。

(全文を表示…)

2018年10月3日(水) 08:56 [政治・行政]

文言修正など確認/第2回市国民保護協

国民保護計画変更で


修正を行った変更計画素案について事務局から説明を聞く委員ら=2日、平良港ターミナルビル大研修室

修正を行った変更計画素案について事務局から説明を聞く委員ら=2日、平良港ターミナルビル大研修室

 2008年に策定された宮古島市国民保護計画の変更について審議する2018年度宮古島市国民保護協議会(会長・下地敏彦市長)の第2回が2日、平良港ターミナルビル大研修室で開かれた。第1回協議会で事務局が提示した変更計画素案に対し、関係機関から提出された意見を基に修正した部分の審査を行い、一部文言の修正や文章の追加などを確認した。

(全文を表示…)

2018年10月2日(火) 09:00 [政治・行政]

「生活安定に支援策」/新知事の玉城氏

当選から一夜明け、宮古毎日新聞の記事に目を通し、笑顔で取材に応じる玉城氏=1日、那覇市の宮古毎日新聞那覇支社

当選から一夜明け、宮古毎日新聞の記事に目を通し、笑顔で取材に応じる玉城氏=1日、那覇市の宮古毎日新聞那覇支社

 【那覇支社】第13回県知事選挙で初当選した玉城デニー氏(58)は1日、宮古毎日新聞社など宮古・八重山メディアの取材に応じた。過去最多となる39万6632票を獲得した玉城氏は「これまでにない多くの票をいただけて非常に光栄」と述べた上で「宮古・八重山に暮らしている方々の生活が安定できるように、さまざまな支援策を届けたい」と意欲を語った。


(全文を表示…)

2018年10月2日(火) 08:58 [政治・行政]

市が完成予想図公表/市総合庁舎

市長「島の中心拠点に」


総合庁舎の完成予想図

総合庁舎の完成予想図

 宮古島市(下地敏彦市長)は1日、2021年度に開庁を目指す市総合庁舎の完成予想図を公表するとともに、今後のスケジュールについても発表した。公表された総合庁舎の予想図はシンプルなデザインで、保健センターを併設。正面玄関近くには路線バスが運行するバス停留所も設けられている。下地市長は「建物のイメージもこうして公表できた。新しい宮古島市の街づくりの中心拠点になることを期待している」と述べた。


(全文を表示…)

2018年10月1日(月) 09:00 [政治・行政]

玉城デニー氏が初当選/県知事選

「オール沖縄」県政継続/佐喜真氏に8万票の大差


県知事選で当選確実となり、支援者らと万歳する玉城デニー氏(中央)=30日午後9時35分頃、那覇市

県知事選で当選確実となり、支援者らと万歳する玉城デニー氏(中央)=30日午後9時35分頃、那覇市

 【那覇支社】第13回県知事選挙は30日、投票が行われ、即日開票の結果、無所属新人で「オール沖縄」が推す前衆院議員の玉城デニー氏(58)が39万6632票を獲得し、無所属新人で保守系が推す前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=を8万174票差の大差で破り初当選を果たした。これで「オール沖縄」は県知事選2連勝となり、翁長雄志知事の県政を引き継ぐ結果となった。投票率は63・24%で、台風24号の影響もあり前回選挙の64・13%を0・89ポイント下回った。

(全文を表示…)

2018年10月1日(月) 08:59 [政治・行政]

玉城さん当選に歓喜/県知事選

「新時代の沖縄つくる」/故翁長知事へ勝利報告


支持者に囲まれながらカチャーシーを踊る玉城さん=30日、那覇市古島の教育会館

支持者に囲まれながらカチャーシーを踊る玉城さん=30日、那覇市古島の教育会館

 【那覇支社】「新時代の沖縄をつくる」-。第13回沖縄県知事選挙は30日投開票され、前衆院議員で新人の玉城デニーさん(58)が初めての当選を決めた。当確の報を受けて玉城さんの陣営は興奮のるつぼに。多くの支持者が歓喜の声を上げた。玉城さんは「これ以上基地は造らせない」と約束。「翁長知事が築いた礎を積み上げ、県民と共に進んでいく」と話し、万感の思いを込めて急逝した前知事に勝利を報告した。

(全文を表示…)

2018年10月1日(月) 08:57 [政治・行政]

「バンザイ三唱」で喜び

玉城選対本部宮古支部/県知事選


「バンザイ三唱」で玉城新知事誕生を喜ぶ支持者ら=30日、玉城選挙対策本部宮古支部事務所

「バンザイ三唱」で玉城新知事誕生を喜ぶ支持者ら=30日、玉城選挙対策本部宮古支部事務所

 投票終了時間の午後8時、テレビのニュース速報で「玉城デニー氏当選確実」のテロップが流れると、玉城デニー選対本部宮古支部の事務所には多くの支持者が続々と駆け付け、故翁長雄志前知事の遺志を継ぐ玉城新知事誕生を祝い、全員で「バンザイ三唱」を行い喜びを分かち合った。

(全文を表示…)

2018年10月1日(月) 08:57 [政治・行政]

保革の差大幅縮小/県知事選宮古票 2353票差に

 30日に投開票が行われた県知事選挙における宮古島市の保革の得票数は4年前の前回選挙に比べ、大幅に縮小した。


 前回知事選の宮古におけるそれぞれの獲得票は、保守票が仲井真弘多氏と最多の票を獲得した現衆議院議員の下地幹郎氏を合わせて約18000票で、故翁長雄志前知事の6800票を約1万1200票上回っていた。


 しかし、今回選挙では保守系の佐喜真氏が1万3314票。翁長県政の継承を掲げ当選した玉城デニー氏は1万961票を獲得。その票差は一気に2353票差にまで縮まった。


 佐喜真氏の敗戦を受けたインタビューで、「沖縄の未来をひらく県民の会」宮古支部の下地敏彦支部長は「宮古では佐喜真さんに期待を寄せる声が多かったので、どういう結果になるか見てみたい」と話していた。


 一方の玉城選挙対策本部「平和・誇りある豊かさを!ひやみかちうまんちゅの会」宮古支部の亀濱玲子共同代表はこれまでの取材に「今回選挙は十分に勝負になっていると思う。票差は確実に縮められる」と自信を見せていた。


 結果的に投票率が3ポイントほど低かったが、保守票は前回から約5000票目減りし、逆に革新票は約4000票増えた。

2018年10月1日(月) 08:56 [政治・行政]

「弔い合戦になってしまった」/佐喜真宮古連合支部・下地市長

佐喜真氏の敗戦についてコメントを述べる下地市長=30日、自民党宮古支部

佐喜真氏の敗戦についてコメントを述べる下地市長=30日、自民党宮古支部

 30日午後9時35分ごろ、テレビで玉城デニー氏の「当確」が報道されると、自民党宮古支部の事務所に訪れていた佐喜真淳氏の支持者らからは「信じられない」「本当に負けたの」など、驚きと落胆の声が聞かれた。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2018年10月
    « 9月   11月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2