「社会・全般」 2018年12月のニュース一覧

2018年12月29日(土) 08:56 [社会・全般]

有効求人倍率は1・78倍/宮古管内11月

過去2番の高水準


 宮古公共職業安定所(ハローワーク宮古、渡真利直人所長)は28日、宮古管内11月の雇用情勢を発表した。有効求人倍率は1・78倍で、過去最高を更新した前月の1・84倍を0・06ポイント下回ったものの過去2番目に高い値となり、全国の有効求人倍率1・63倍を上回った。宮古管内の有効求人倍率が1倍を超えるのは31カ月連続となった。

(全文を表示…)

2018年12月27日(木) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

県への回答を28日に延期/県民投票

下地市長「実施の要請など検討」


記者団の質問に答える下地敏彦市長=26日、県庁

記者団の質問に答える下地敏彦市長=26日、県庁

 延期の理由として下地市長は、25日に市民団体から県民投票を行うよう要請があったことなどを挙げた上で、「それも踏まえてもう少し考えてみたい。(要請を)総務部長が受けたので、総務部長からも事情を聞いて、最終の判断をしたい」と述べた。

(全文を表示…)

2018年12月27日(木) 08:56 [社会・全般]

新崎さんに叙勲伝達/教育への功労たたえる

秋の叙勲伝達式で勲記・勲章を受章した新崎さん(後列中央)と家族ら=26日、那覇市

秋の叙勲伝達式で勲記・勲章を受章した新崎さん(後列中央)と家族ら=26日、那覇市

 【那覇支社】2018年秋の叙勲(教育功労)伝達式が26日、県庁で行われた。元北小校長で瑞宝双光章の新崎治さん(71)ら4人が出席し、平敷昭人教育長が勲記・勲章を伝達した。

(全文を表示…)

2018年12月27日(木) 08:55 [社会・全般]

アートの島訪問へ/ガイア・アート協

宮高生4人が出発


直島訪問プロジェクトに参加する生徒と関係者。(左から)砂川理事長、下地さん、長濱さん、濱川さん、平良さん、伊東さん=26日、宮古空港

直島訪問プロジェクトに参加する生徒と関係者。(左から)砂川理事長、下地さん、長濱さん、濱川さん、平良さん、伊東さん=26日、宮古空港

 NPO法人ガイア・アート協会(砂川恵助理事長)の「瀬戸内海に浮かぶアートの島『直島』訪問プロジェクト」の出発式が26日、宮古空港で行われ、宮古高校の生徒4人が現地に向かった。3泊4日の日程で瀬戸内海の離島、直島や豊島を訪れ、さまざまな芸術作品に触れながら地域振興について考える。

(全文を表示…)

2018年12月26日(水) 08:59 [社会・全般]

県民投票へ参加を/みゃーくの会

大会決議文を市へ提出


奥平共同代表(右)から大会決議文を受け取る宮国総務部長=25日、市役所平良庁舎

奥平共同代表(右)から大会決議文を受け取る宮国総務部長=25日、市役所平良庁舎

 辺野古米軍基地建設のための埋立の賛否を問う県民投票の実現を目指し23日に「投票権を奪うな!市民集会」を開催した「県民投票実現!みゃーくの会」の奥平一夫共同代表らが25日、市役所平良庁舎を訪れ、集会で採択した県民投票への参加を求める下地敏彦市長宛の大会決議を宮国高宣総務部長に手渡し、県民投票への参加を求めた。

(全文を表示…)

2018年12月26日(水) 08:58 [社会・全般]

1年間のほこり払う/新年に備え、宮古神社

1年間のほこりを払い新年に備える恒例の神事「すす払い」=25日、宮古神社

1年間のほこりを払い新年に備える恒例の神事「すす払い」=25日、宮古神社

 宮古神社は25日、社殿にたまった1年間のほこりを払い落として新年を迎える準備を行った。これは、年末に社殿を大掃除し、新年に向けて清める恒例神事の「すす払い」で、年の瀬の風物詩になっている。

(全文を表示…)

2018年12月25日(火) 09:00 [社会・全般]

県民投票への参加要求/下地市長に翻意促す

市民集会開き決議採択
みゃーくの会


県民投票の実現を目指し「ガンバロウ三唱」で気勢を上げる参加者=23日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

県民投票の実現を目指し「ガンバロウ三唱」で気勢を上げる参加者=23日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票の実現を目指す「県民投票実現!みゃーくの会」(奥平一夫、亀濱玲子共同代表)は23日、JAホールで市民集会を開いた。約200人が参加。速やかに県民投票の事務経費を認め、県民投票に参加するよう求める大会決議を採択した。25日に下地敏彦市長に手渡す。一方、県は義務的経費として予算支出を求める「勧告」を提出しており、下地市長に26日までの回答を求めている。


(全文を表示…)

2018年12月23日(日) 08:57 [社会・全般]

偏見や誤解の解消を

ひきこもり対応で講演会/市障がい福祉課主催


ひきこもりの理解と対応をテーマにした講演に耳を傾ける市民=21日、JTAドーム宮古島

ひきこもりの理解と対応をテーマにした講演に耳を傾ける市民=21日、JTAドーム宮古島

 「ひきこもりの理解と対応~地域と家族にできること~」と題した講演会が21日、JTAドーム宮古島で行われた。講師で和歌山県精神保健福祉センター所長の小野善郎氏が、ひきこもりになる原因や家族、地域の人たちの接し方などを紹介。「支援されるべきは当事者だが、家族も支援を必要としている。家族の負担を軽くするのも支援だ」と述べ、早い段階で相談につながる仕組みづくりを呼び掛けた。偏見や誤解を持たずに、居場所づくりを設けることも指摘。「孤立をふせぐことが自殺防止につながる」と話し、地域活動の推進と支援ネットワークづくりを訴えた。

(全文を表示…)

2018年12月22日(土) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

沖縄振興費3010億円/増額認めず、前年度同額

製糖業体制強化に12億円


主な要求事項

主な要求事項

 政府は21日、2019年度予算案を閣議決定した。沖縄振興費は前年度と同額の3010億円となった。9月に初当選した玉城デニー知事は概算要求通り3190億円を求めていたが、増額は認めなかった。製糖業の体制強化を推進するための人材確保や、市町村による季節工の宿舎整備などを支援する事業に11億7300万円、離島市町村の先導的な事業を支援する離島活性化推進事業に12億円をそれぞれ計上した。

(全文を表示…)

2018年12月22日(土) 08:59 [政治・行政, 社会・全般]

「城東」「城辺」「ぐすくべ」/統合中計画策定委

校名、3案に絞る


統合中学校の校名について協議と投票が行われた計画策定委=20日、市役所城辺庁舎

統合中学校の校名について協議と投票が行われた計画策定委=20日、市役所城辺庁舎

 城辺地区4中学校(福嶺、城辺、西城、砂川)の統合に向け、各種諸課題を協議する「城辺地区統合中学校実施計画策定委員会」の第2回委員会が20日、市役所城辺庁舎で行われた。統合中学校の校名について委員による投票が行われ「城東」のほか、「城辺」「ぐすくべ」の3案に絞られた。今後、市教育委員会で3案のうちどちらかを選定。選定された校名は来年3月の市議会定例会に提案され正式決定となる。

(全文を表示…)

2018年12月22日(土) 08:56 [社会・全般]

15個人団体をたたえる/県更生保護大会表彰伝達式

社明作文入賞者も表彰


15の個人と団体に表彰状と感謝状が伝達された=21日、市勤労青少年ホーム

15の個人と団体に表彰状と感謝状が伝達された=21日、市勤労青少年ホーム

 県更生保護大会表彰伝達式および県社会を明るくする運動作文入賞者の表彰伝達式が21日、市勤労青少年ホームで行われ、長年にわたり社会奉仕の精神をもって犯罪者の改善更生と地域社会の浄化に尽くしたとして、那覇保護観察所の松尾昭彦所長から13人に表彰状と感謝状が、2団体に感謝状がそれぞれ手渡された。また、社会を明るくする運動県作文コンテスト小学生の部優秀賞の嘉手苅咲良さん(南小6年)にも松尾所長が賞状を伝達した。

(全文を表示…)

2018年12月22日(土) 08:56 [社会・全般]

最優秀の立津さんら表彰/精神保健福祉

スローガンと文化作品展


スローガンの部最優秀賞の立津さんら入賞者を表彰した=21日、市役所平良庁舎

スローガンの部最優秀賞の立津さんら入賞者を表彰した=21日、市役所平良庁舎

 2018年度精神保健福祉普及月間スローガン及び障害者週間文化作品展の表彰式が21日、市役所平良庁舎で開かれ、スローガンの部最優秀賞の立津徳幸さんらに賞状が贈られた。立津さんのスローガンは「1人1人 つながる心、感じてみよう みんなの心」

(全文を表示…)

2018年12月21日(金) 08:57 [地域・暮らし, 社会・全般]

1月からの本放送を報告/エフエム沖縄

宮古からの生放送も


来年1月23日からの本放送スタートを報告する長濱社長(奥)=20日、市役所平良庁舎

来年1月23日からの本放送スタートを報告する長濱社長(奥)=20日、市役所平良庁舎

 来年1月から宮古地区での放送を予定しているエフエム沖縄の長濱弘真社長と安冨祖忠行総務部次長が20日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、本放送が1月23日にスタートすることを報告した。

(全文を表示…)

2018年12月21日(金) 08:55 [社会・全般]

交通事故ゼロに決意新た/交通安全運動出発式

飲酒運転根絶など訴え


参加者らは交通事故ゼロに向け決意を新たにした=20日、市中央公民館

参加者らは交通事故ゼロに向け決意を新たにした=20日、市中央公民館

 2018年「年末年始の交通安全県民運動宮古地区出発式」(主催・宮古島市交通安全推進協議会)が20日、関係機関や団体から約150人が参加して、市中央公民館で行われた。同運動は「飲酒運転ダメなの わかるよね?!」をスローガンに▽飲酒運転の根絶▽子供と高齢者の交通事故防止▽二輪車の交通事故防止▽早めのライト点灯(原則ハイビーム)による夜間の交通事故防止-を運動の重点に21日から来月4日までの期間行われる。宮古島地区交通安全協会の新里孝行会長が決意文を読み上げ、参加者らは交通事故ゼロに決意を新たにした。

(全文を表示…)

2018年12月20日(木) 08:57 [社会・全般]

安全・安心を確保/年末・年始総合警戒実施

前花署長らを先頭に街頭パレードを行った=19日、市内の商店街

前花署長らを先頭に街頭パレードを行った=19日、市内の商店街

 宮古島署(前花勝彦署長)と宮古島地区防犯協会(前川尚誼会長)は19日夕、同署駐車場で年末・年始総合警戒出発式を実施した。出発式後、参加者は、平良交番へ移動し出発。前花署長と前川会長を先頭に街頭パトロールを行い、市民や観光客らに犯罪や事故のない安心で安心の地域社の実現をアピールした。来年1月3日までは「警戒強化期間」。

(全文を表示…)

2018年12月20日(木) 08:56 [社会・全般]

飲酒運転根絶宣言/宮古島警察署

陸自建設工事安全対策協


飲酒運転根絶宣言書を提出した権藤さん(中央)と関係者ら=19日、宮古島署

飲酒運転根絶宣言書を提出した権藤さん(中央)と関係者ら=19日、宮古島署

 旧千代田カントリークラブで陸上自衛隊建設工事を行っている「陸上自衛隊建設工事安全対策協議会」の代表幹事を務める熊谷組の現場代理人、権藤真寛さんらが19日、宮古島署(前花勝彦署長)で、建設作業員約1080人(28事業所)が署名した飲酒運転根絶宣言書を、前花署長と宮古島地区交通安全協会の新里孝行会長に提出した。署名した建設作業員は13、14日に飲酒運転根絶に関する交通安全講話を受講した作業員。提出式では新里会長と宮古島署から、「飲酒運転根絶事業所」ののぼり旗が贈呈された。

(全文を表示…)

2018年12月18日(火) 08:57 [社会・全般]

叙勲受章、盛大に祝う/新城さん「精進重ねる」

孫から花束の贈呈を受け笑顔を見せる新城元吉さん(中央右)と妻の悦子さん(同左)=16日、城辺公民館

孫から花束の贈呈を受け笑顔を見せる新城元吉さん(中央右)と妻の悦子さん(同左)=16日、城辺公民館

 秋の叙勲で、地方自治功労(旭日双光章)を受章した新城元吉さんを祝う会が16日夜、城辺公民館で開かれた。多くの関係者が参加して盛大に祝福し、さらなる活躍に期待を込めた。

(全文を表示…)

2018年12月16日(日) 08:58 [社会・全般]

建物鉄骨工事が完了/未来創造セ 来年7月開館

最後の梁を打ち込み、鉄骨工事を終えた市未来創造センター=15日、平良東仲宗根の建設工事現場

最後の梁を打ち込み、鉄骨工事を終えた市未来創造センター=15日、平良東仲宗根の建設工事現場

 来年7月オープンの市未来創造センター建設工事は15日、最後の梁(はり)の打ち込みを行い、鉄骨工事を完了させた。工事の主要構造部分は終わり、今後は仕上げ工事に入る。

(全文を表示…)

2018年12月16日(日) 08:56 [社会・全般]

会員の受賞をたたえる/更生保護女性会 設立記念日

各賞の表彰伝達と祝福を受けた会員の皆さん=15日、七原公民館

各賞の表彰伝達と祝福を受けた会員の皆さん=15日、七原公民館

 宮古更生保護女性会(砂川芳子会長)の2018年度設立記念日祝会・受賞伝達式が15日、平良の七原公民館であった。活動の充実を誓うとともに、今年度各種表彰・感謝状を受賞した会員の栄誉をたたえた。

(全文を表示…)

2018年12月16日(日) 08:55 [社会・全般]

海外たすけあいに協力を/下地中など3校が募金活動

募金を呼び掛ける下地中の生徒たち=15日、サンエーショッピングタウン宮古衣料館

募金を呼び掛ける下地中の生徒たち=15日、サンエーショッピングタウン宮古衣料館

 日本赤十字社沖縄県支部宮古島市地区(地区長・下地敏彦市長)は15日、「NHK海外たすけあい」の街頭募金活動を市内の大型スーパー前で行った。下地中、鏡原中、上野中の生徒計36人が市内3カ所に分かれ、買い物客らに協力を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2018年12月15日(土) 08:59 [政治・行政, 社会・全般]

映像依頼件数は75件/防犯カメラ

警察などから(11月末現在)/事件等の捜査に活用


市が設置した防犯カメラ

市が設置した防犯カメラ

 宮古島市が市内各地に44基設置している防犯カメラのデータについて、捜査機関からの映像提供依頼が今年は11月末現在で75件あったことが14日に行われた市議会12月定例会の一般質問で当局が示した。濱元雅浩氏の質問に答えた。

(全文を表示…)

2018年12月15日(土) 08:58 [社会・全般]

「農業者所得の増大」決議/JA沖縄大会開催

目標実現へ統一図る


第22回JA沖縄大会でガンバロー三唱をする参加者ら=14日、豊見城市

第22回JA沖縄大会でガンバロー三唱をする参加者ら=14日、豊見城市

 【那覇支社】JAグループ沖縄は14日、3年に1度の第22回JA沖縄大会(運営委員長・砂川博紀JA沖縄中央会会長)を豊見城市立中央公民館で開催し、JA各グループの代表者と関連組織の役職員ら約700人が出席した。大会では、▽農業者の所得増大・農業生産拡大へのさらなる実践▽連携による「地域の活性化」への貢献▽自己改革の実践を支える経営基盤の強化-など6項目について決議した。

(全文を表示…)

2018年12月15日(土) 08:57 [社会・全般]

来年1月23日に放送開始へ/エフエム沖縄

現在試験電波で調整中


来年1月23日の本放送開始を予定しているエフエム沖縄

来年1月23日の本放送開始を予定しているエフエム沖縄

 宮古地区におけるエフエム沖縄の本放送が来年1月23日からのスタートに向け、各種調整を行っている。同社によると先月30日から伊良部島に開設した中継局から77・4メガヘルツで試験電波を発信し、本放送に向けた準備を進めている。

(全文を表示…)

2018年12月14日(金) 08:56 [社会・全般]

作業の安全を確認/港湾労災防止協など

年末港湾荷役パトロール


参加者は指差呼称で安全作業を改めて確認した=13日、平良港第1埠頭

参加者は指差呼称で安全作業を改めて確認した=13日、平良港第1埠頭

 2018年度年末港湾荷役合同パトロール(主催・港湾労働災害防止協会沖縄総支部宮古支部)が13日、平良港第1埠頭(ふとう)、漲水埠頭で行われた。出発式で参加者約30人が「みんなで感謝の総点検 笑顔で迎える 年末年始」のスローガンを指差呼称し、物流が増加する年末年始の安全な荷役作業の決意を新たにした。この日は悪天候で船の入港が遅れたため、参加者は漲水埠頭、第1埠頭の荷役エリアのパトロールを実施した。

(全文を表示…)

2018年12月14日(金) 08:55 [社会・全般]

ひばり学童に表彰伝達/宮古島署

安全マップコンテスト


表彰状の伝達を受けた児童たちと関係者ら=13日、宮古島署

表彰状の伝達を受けた児童たちと関係者ら=13日、宮古島署

 宮古島署(前花勝彦署長)で13日、「第12回県子ども地域安全マップコンテスト」の表彰伝達式が行われた。「ひばりドラゴンチーム」に宜野湾地区安全なまちづくり推進協議会長賞(低学年の部)、入選した「仲良しひばりFive」(いずれもひばり放課後児童クラブ、下地宏幸代表)に、それぞれ表彰状が前花署長から伝達された。このコンテストは「ちゅらうちなー安全なまちづくり推進会議」の主催で、地区持ち回りで行われ、今回は10月20日に宜野湾市の宜野湾コンベンションセンターで行われた「防犯フェア2018」で表彰式が行われた。伝達式には宮古島地区こども110番の家連絡協議会の新城浩吉会長が同席した。

(全文を表示…)

2018年12月13日(木) 08:59 [社会・全般]

宮古馬飼養戸数 7戸から5戸へ/県天然記念物

劣悪環境の指摘も/保存会19日に説明会


適正な環境での飼養が困難として飼養戸数が減る宮古馬(資料写真)

適正な環境での飼養が困難として飼養戸数が減る宮古馬(資料写真)

 県の天然記念物に指定されている「宮古馬」を飼養している戸数が年度内に2カ所減る方向で調整していることが12日までに分かった。現在の飼養戸数は7戸(1カ所は八重瀬町)あり、そのうち宮古の2カ所が今年度末に契約を更新せずに宮古馬保存会に現在飼養している宮古馬を返還する方向で調整を進めている。

(全文を表示…)

2018年12月13日(木) 08:58 [社会・全般]

労働力不足の解消目指す/JA沖縄中央会とアジア人材育成が調印

契約書に調印したJA沖縄中央会の砂川会長(左)とアジア人材育成のアイン代表=12日、那覇市

契約書に調印したJA沖縄中央会の砂川会長(左)とアジア人材育成のアイン代表=12日、那覇市

 【那覇支社】JA沖縄中央会(砂川博紀会長)は12日、農業支援外国人の受け入れ事業に関する契約をベトナムのアジア人材育成(ファン・ティ・ハイ・アイン代表)と締結した。少子高齢化などにより労働力不足が指摘されている県内農家を支援することが目的で、来年7月と11月の農繁期に向け、それぞれ外国人40~60人の本格的な派遣を始める。今年度内は、16人の外国人材を派遣しモデル実証を行う。

(全文を表示…)

2018年12月13日(木) 08:55 [社会・全般]

「共に歩む社会を」/中学生人権作文コン県大会

最優秀賞に下地杏凛さん


「第38回全国中学生人権作文コンテスト県大会」表彰式で作文を朗読する下地杏凛さん=8日、那覇市

「第38回全国中学生人権作文コンテスト県大会」表彰式で作文を朗読する下地杏凛さん=8日、那覇市

 【那覇支社】第38回全国中学生人権作文コンテスト県大会(主催・那覇地方法務局、県人権擁護委員連合会)の表彰式が8日、那覇第一地方合同庁舎で行われた。最優秀賞には、下地中2年の下地杏凛さんの作品を含む6編が輝いた。下地さんは、県人権擁護委員連合会長賞を受賞し、金城正光会長から賞状と記念品が手渡された。

(全文を表示…)

2018年12月12日(水) 08:59 [社会・全般]

高裁、原告側の請求棄却/不法投棄ごみ訴訟

「各支出命令は違法と言えない」


 【那覇支社】宮古島市が2014年度に行った不法投棄ごみ撤去事業をめぐり、市に損害を与えたとして同事業の予算額2251万8000円などを市から下地敏彦市長らに請求するよう求めていた住民訴訟の控訴審判決が日、福岡高裁那覇支部であった。大久保正道裁判長は訴えを退けた一審判決を支持し、原告側の控訴を棄却した。


(全文を表示…)

2018年12月9日(日) 08:55 [社会・全般]

歴代会長らに感謝状/ひららスポーツクラブ

創立10周年の節目祝う


歴代会長・役員らに仲間会長(右)から感謝状が贈られた=7日、ホテルアトールエメラルド宮古島

歴代会長・役員らに仲間会長(右)から感謝状が贈られた=7日、ホテルアトールエメラルド宮古島

 総合型ひららスポーツクラブ(仲間源栄会長)は7日、市内のホテルで創立10周年記念式典・祝賀会を開催した。会員をはじめ、多くの関係者が集い、節目を祝った。歴代会長・役員に感謝状が贈呈されたほか、最高齢会員の砂川武一さん(84)に特別賞が贈られた。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成31年4月1日現在

    宮古島市 54,060 人
    26,868 人
    27,192 人
    世帯数 27,148 軒
    多良間村 1,164 人
    626 人
    538 人
    世帯数 523 軒
  • 天気


  •  

    2018年12月
    « 11月   1月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2