「社会・全般」 2018年12月のニュース一覧

2018年12月14日(金) 08:56 [社会・全般]

作業の安全を確認/港湾労災防止協など

年末港湾荷役パトロール


参加者は指差呼称で安全作業を改めて確認した=13日、平良港第1埠頭

参加者は指差呼称で安全作業を改めて確認した=13日、平良港第1埠頭

 2018年度年末港湾荷役合同パトロール(主催・港湾労働災害防止協会沖縄総支部宮古支部)が13日、平良港第1埠頭(ふとう)、漲水埠頭で行われた。出発式で参加者約30人が「みんなで感謝の総点検 笑顔で迎える 年末年始」のスローガンを指差呼称し、物流が増加する年末年始の安全な荷役作業の決意を新たにした。この日は悪天候で船の入港が遅れたため、参加者は漲水埠頭、第1埠頭の荷役エリアのパトロールを実施した。

(全文を表示…)

2018年12月14日(金) 08:55 [社会・全般]

ひばり学童に表彰伝達/宮古島署

安全マップコンテスト


表彰状の伝達を受けた児童たちと関係者ら=13日、宮古島署

表彰状の伝達を受けた児童たちと関係者ら=13日、宮古島署

 宮古島署(前花勝彦署長)で13日、「第12回県子ども地域安全マップコンテスト」の表彰伝達式が行われた。「ひばりドラゴンチーム」に宜野湾地区安全なまちづくり推進協議会長賞(低学年の部)、入選した「仲良しひばりFive」(いずれもひばり放課後児童クラブ、下地宏幸代表)に、それぞれ表彰状が前花署長から伝達された。このコンテストは「ちゅらうちなー安全なまちづくり推進会議」の主催で、地区持ち回りで行われ、今回は10月20日に宜野湾市の宜野湾コンベンションセンターで行われた「防犯フェア2018」で表彰式が行われた。伝達式には宮古島地区こども110番の家連絡協議会の新城浩吉会長が同席した。

(全文を表示…)

2018年12月13日(木) 08:59 [社会・全般]

宮古馬飼養戸数 7戸から5戸へ/県天然記念物

劣悪環境の指摘も/保存会19日に説明会


適正な環境での飼養が困難として飼養戸数が減る宮古馬(資料写真)

適正な環境での飼養が困難として飼養戸数が減る宮古馬(資料写真)

 県の天然記念物に指定されている「宮古馬」を飼養している戸数が年度内に2カ所減る方向で調整していることが12日までに分かった。現在の飼養戸数は7戸(1カ所は八重瀬町)あり、そのうち宮古の2カ所が今年度末に契約を更新せずに宮古馬保存会に現在飼養している宮古馬を返還する方向で調整を進めている。

(全文を表示…)

2018年12月13日(木) 08:58 [社会・全般]

労働力不足の解消目指す/JA沖縄中央会とアジア人材育成が調印

契約書に調印したJA沖縄中央会の砂川会長(左)とアジア人材育成のアイン代表=12日、那覇市

契約書に調印したJA沖縄中央会の砂川会長(左)とアジア人材育成のアイン代表=12日、那覇市

 【那覇支社】JA沖縄中央会(砂川博紀会長)は12日、農業支援外国人の受け入れ事業に関する契約をベトナムのアジア人材育成(ファン・ティ・ハイ・アイン代表)と締結した。少子高齢化などにより労働力不足が指摘されている県内農家を支援することが目的で、来年7月と11月の農繁期に向け、それぞれ外国人40~60人の本格的な派遣を始める。今年度内は、16人の外国人材を派遣しモデル実証を行う。

(全文を表示…)

2018年12月13日(木) 08:55 [社会・全般]

「共に歩む社会を」/中学生人権作文コン県大会

最優秀賞に下地杏凛さん


「第38回全国中学生人権作文コンテスト県大会」表彰式で作文を朗読する下地杏凛さん=8日、那覇市

「第38回全国中学生人権作文コンテスト県大会」表彰式で作文を朗読する下地杏凛さん=8日、那覇市

 【那覇支社】第38回全国中学生人権作文コンテスト県大会(主催・那覇地方法務局、県人権擁護委員連合会)の表彰式が8日、那覇第一地方合同庁舎で行われた。最優秀賞には、下地中2年の下地杏凛さんの作品を含む6編が輝いた。下地さんは、県人権擁護委員連合会長賞を受賞し、金城正光会長から賞状と記念品が手渡された。

(全文を表示…)

2018年12月12日(水) 08:59 [社会・全般]

高裁、原告側の請求棄却/不法投棄ごみ訴訟

「各支出命令は違法と言えない」


 【那覇支社】宮古島市が2014年度に行った不法投棄ごみ撤去事業をめぐり、市に損害を与えたとして同事業の予算額2251万8000円などを市から下地敏彦市長らに請求するよう求めていた住民訴訟の控訴審判決が日、福岡高裁那覇支部であった。大久保正道裁判長は訴えを退けた一審判決を支持し、原告側の控訴を棄却した。


(全文を表示…)

2018年12月9日(日) 08:55 [社会・全般]

歴代会長らに感謝状/ひららスポーツクラブ

創立10周年の節目祝う


歴代会長・役員らに仲間会長(右)から感謝状が贈られた=7日、ホテルアトールエメラルド宮古島

歴代会長・役員らに仲間会長(右)から感謝状が贈られた=7日、ホテルアトールエメラルド宮古島

 総合型ひららスポーツクラブ(仲間源栄会長)は7日、市内のホテルで創立10周年記念式典・祝賀会を開催した。会員をはじめ、多くの関係者が集い、節目を祝った。歴代会長・役員に感謝状が贈呈されたほか、最高齢会員の砂川武一さん(84)に特別賞が贈られた。

(全文を表示…)

2018年12月8日(土) 08:59 [社会・全般]

功労者の功績たたえ表彰/宮古地区老人クラブ大会

「健康・友愛・奉仕」を推進/芸能大会では交流深める


クラブ発展に尽力した個人・団体をたたえ表彰した第53回宮古地区老人クラブ大会=7日、マティダ市民劇場

クラブ発展に尽力した個人・団体をたたえ表彰した第53回宮古地区老人クラブ大会=7日、マティダ市民劇場

 宮古地区老人クラブ連合会(喜屋武盛吉会長)の第53回宮古地区老人クラブ大会が7日、マティダ市民劇場で行われた。今年も「伸ばそう健康寿命、担おう地域づくりを」をスローガンに、老人クラブ育成功労者や優良老人クラブを表彰したほか、「健康・友愛・奉仕」の推進などを盛り込んだ大会宣言を全会一致で採択した。また、芸能大会も開催し、交流の輪を広げるとともに誰もが安心して暮らせる福祉社会の実現を誓い合った。

(全文を表示…)

2018年12月8日(土) 08:56 [社会・全般]

市に建て替え、存続を要請/砂川保育所

城辺地区 24自治会・区長会など


要請団が下地市長(手前右)に砂川保育所の建て替え存続を要請した=7日、市役所

要請団が下地市長(手前右)に砂川保育所の建て替え存続を要請した=7日、市役所

 建物の老朽化を理由に市が休園する方針となっている砂川保育所について、城辺地区24自治会・区長会(砂川雅一郎会長)と同地区の4学区の自治会・区長会の代表は7日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね同保育所を建て替えて存続するよう要請した。

(全文を表示…)

2018年12月8日(土) 08:56 [社会・全般]

笑顔カレンダー発売/うむい宮古島

福島支援に協力を


笑顔カレンダーの完成、発売を発表する藤井理事(左)と下地会長=7日、市内の印刷会社

笑顔カレンダーの完成、発売を発表する藤井理事(左)と下地会長=7日、市内の印刷会社

 東日本大震災で被災し、放射能被害の影響のないところで子どもたちを過ごさせたいという福島県の親子を、宮古島保養に招くプロジェクトを続けている「うむい宮古島」の下地昌伸会長と藤井一郎理事が7日、市内の印刷会社で会見を開き、収益が保養プロジェクトの資金の一部となっている福島支援「笑顔カレンダー2019年版」が完成し、販売を市内の各書店で8日から開始すると発表した。同カレンダーは一部500円(税込み)で「笑顔カレンダー」のホームページからも購入できる。下地会長は「多くの皆さんの協力を」と会見で呼び掛けた。

(全文を表示…)

2018年12月7日(金) 08:59 [社会・全般]

友情の花咲かせたよ/狩俣小 人権の花開花式

開花式で「ありがとうの花」を歌う児童たち=6日、狩俣小体育館

開花式で「ありがとうの花」を歌う児童たち=6日、狩俣小体育館

 思いやりの心できれいな花咲かす-。2018年度「人権の花運動」における開花式(主催・市、共催・宮古島人権啓発活動地域ネットワーク協議会)が6日、狩俣小学校(友利健誠校長)で行われた。会場には全校児童で育てた人権の花が展示され、児童たちは、花を育てながら学んだ人権と思いやりの心の大切さを胸に刻んだ。

(全文を表示…)

2018年12月7日(金) 08:56 [社会・全般]

川満さんに法務大臣表彰/県更生保護大会

作文では嘉手苅さん(南小)優秀賞


県更生保護大会で表彰された宮古保護区保護司会会員の皆さん=6日、那覇市

県更生保護大会で表彰された宮古保護区保護司会会員の皆さん=6日、那覇市

 【那覇支社】2018年度県更生保護大会(主催・県保護司会連合会など9団体)が6日、那覇市内のホテルで開催された。宮古関係では、川満忍さんが法務大臣表彰されるなど、28個人・団体が受賞した。「第68回社会を明るくする運動」の県作文コンテストの表彰式も行われ、宮古地区からは嘉手苅咲良さん(南小6年)の作品「自分にできることから」が優秀賞(県保護司会連合会長賞)に選ばれた。

(全文を表示…)

2018年12月6日(木) 08:55 [社会・全般]

宮古老連から14人が参加/全国老人クラブ大会

研究発表や功労者表彰


全国大会に出席した宮古地区老連会員の皆さん=5日、沖縄コンベンションセンター(宜野湾市)

全国大会に出席した宮古地区老連会員の皆さん=5日、沖縄コンベンションセンター(宜野湾市)

 【那覇支社】第47回全国老人クラブ大会(主催・全国老人クラブ連合会、県老人クラブ連合会)が4日から2日間の日程で宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開催された。全国の老人クラブに所属する会員ら約1600人が一堂に会し、功労者表彰などの式典に出席した。宮古地区老人クラブ連合会(喜屋武盛吉会長)からも14人のメンバーが参加した。

(全文を表示…)

2018年12月6日(木) 08:55 [社会・全般]

無事故歳末で正月を

官民合同パトロール/労基署など


宮古島市未来創造センターの建設現場をパトロールする関係者ら=5日、平良東仲宗根

宮古島市未来創造センターの建設現場をパトロールする関係者ら=5日、平良東仲宗根

 建設業年末年始無災害運動(1~15日)の一環で、宮古労働基準監督署(宮國浩署長)と建設業労働災害防止協会沖縄県支部宮古分会(建災防宮古分会、長田幸夫分会長)は5日、平良東仲宗根で建設中の宮古島市未来創造センターなど2カ所で官民合同パトロールを実施した。署員と同分会の関係者計9人が参加。建設現場の安全衛生水準の向上などを指導し、ゼロ災害を願った。

(全文を表示…)

2018年12月5日(水) 08:59 [社会・全般]

心を込めた力作一堂に/市平良庁舎1階で

来場者は熱心に鑑賞していた=4日、市役所平良庁舎1階ロビー

来場者は熱心に鑑賞していた=4日、市役所平良庁舎1階ロビー

 市内の障がい者が手掛けた手芸品や工芸品などを紹介する文化作品展(主催・市福祉部障がい福祉課)が3日から市役所平良庁舎1階ロビーで開かれている。市民らが来場し、一つ一つの作品を感心しながら熱心に鑑賞していた。7日まで。


(全文を表示…)

2018年12月5日(水) 08:57 [社会・全般]

「年賀状をいっぱい出そう」/市内郵便局

小中学校に1980枚贈る


 市内の郵便局(10局)は3日、市役所城辺庁舎で「次世代を担う子供たちへ年賀はがき贈呈式」を行った。平良西里郵便局の古謝進局長から宮國博教育長に年賀はがきが手渡された。この取り組みに市内67社が賛同し、代表して訪問看護事業「縁(えにし)」の前里直也社長と仲宗根アルミの仲宗根弘憲さんが出席した。


(全文を表示…)

2018年12月4日(火) 08:59 [イベント, 社会・全般]

動物との共存考える/愛護団体

保護犬、猫と触れ合い/殺処分ゼロへ初のフェス


保護犬と触れ合う子どもたち=2日、JTAドーム宮古島

保護犬と触れ合う子どもたち=2日、JTAドーム宮古島

 宮古島アニマルレスキューチーム(MART、呉屋順子代表)は2日、保護犬や保護猫について知り、触れ合うことができるイベント「第1回ズミッ! わんにゃんフェス」をJTAドーム宮古島で開催した。会場には500人を超える市民らが集まり、保護された犬や猫と触れ合ったほか、殺処分数を減らすために個人でできる活動や行動について考えた。

(全文を表示…)

2018年12月4日(火) 08:56 [社会・全般]

下地氏の功績たたえる/叙勲受章、大勢が祝福

下地氏のこれまでの功績をたたえ盛大に行われた祝賀会=2日、JAおきなわ宮古地区本部

下地氏のこれまでの功績をたたえ盛大に行われた祝賀会=2日、JAおきなわ宮古地区本部

 前市議会議員の下地明氏「秋の叙勲旭日双光章」受章祝賀会(主催・同実行委)が2日、JAおきなわ宮古地区本部で行われた。会場には、下地敏彦市長や市議会議員らが多数詰め掛け、下地氏の功績をたたえながらさらなる活躍にも期待を寄せた。

(全文を表示…)

2018年12月2日(日) 08:58 [社会・全般]

有効求人倍率1・84倍/宮古10月雇用

過去最高値2カ月連続更新


 宮古公共職業安定所(ハローワーク宮古、渡真利直人所長)は11月30日、宮古管内10月の雇用状況を発表した。有効求人倍率は1・84倍で、過去最高となった前月を0・10ポイント上回り、2カ月連続での更新となった。県内5カ所のハローワークの中で最も高く、全国の有効求人倍率1・62倍を上回る結果となった。

(全文を表示…)

2018年12月2日(日) 08:57 [社会・全般]

ツリー点灯 師走に彩り

イルミネーションで歓迎/上野のホテル


クリスマスのイルミネーションツリーがロビーを彩った=1日、ホテルブリーズベイマリーナ

クリスマスのイルミネーションツリーがロビーを彩った=1日、ホテルブリーズベイマリーナ

 上野宮国のホテルブリーズベイマリーナに1日、イルミネーションツリーが設置された。青と白の幻想的な光が一足早いクリスマスを演出、観光客や地元の市民を歓迎している。

(全文を表示…)

2018年12月1日(土) 08:59 [政治・行政, 社会・全般]

26日から本格稼働/市リサイクルセンター

今月からごみ収集一部変更/市、理解と協力呼び掛け


ごみの分別方法の一部変更について理解と協力を求める垣花部長(右)=30日、市クリーンセンター

ごみの分別方法の一部変更について理解と協力を求める垣花部長(右)=30日、市クリーンセンター

 缶や瓶、ペットボトルなどを再資源化する(仮称)宮古島市リサイクルセンター工場棟が26日からの本格稼働を予定している。それに伴い、今月からごみの収集方法が一部変更となることから、市では市民に理解と協力を呼び掛けている。変更内容は、これまで収拾が「カン」と同じ第1、3、5週だった「金物類・針金・金属類・コード類など」が「ビン」「危険ごみ」「乾電池」と同じ第2、4週へと変更になる。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2018年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2