「産業・経済」 2018年12月のニュース一覧

2018年12月15日(土) 09:00 [産業・経済]

機械刈り 独禁法に抵触か/サトウキビ

公取室が口頭注意/運営協 統一4500円を解消


ハーベスターによるサトウキビ機械刈りの様子。統一された料金が独禁法に抵触する可能性を指摘された(資料写真)

ハーベスターによるサトウキビ機械刈りの様子。統一された料金が独禁法に抵触する可能性を指摘された(資料写真)

 サトウキビの機械刈り料金が独占禁止法に抵触する恐れがあるとして、宮古地区ハーベスター運営協議会が沖縄総合事務局公正取引室から口頭注意を受けていたことが分かった。1㌧当たり4500円に統一している料金が競争を制限しているという指摘を受けたものとみられる。これを受けて運営協議会は統一料金を解消。今後は生産法人の裁量で料金を設定することができる。ただ、今期は従来の4500円が水準になるという見方が強い。

(全文を表示…)

2018年12月9日(日) 08:57 [産業・経済]

入域観光客数7万4000人/宮古11月

前年同月比1万8000人増


 市観光商工部は7日、11月の宮古島への入域観光客数について、前年同月比1万8015人(32・02%)増の7万4284人だったと発表した。

(全文を表示…)

2018年12月7日(金) 09:00 [産業・経済]

キビ交付金1万6630円/政府・自民党

6年ぶりの値上げ/TPP11発効日に改定


19-20年産のサトウキビ代金にかかる国の交付金単価の6年ぶり値上げが決まった(資料写真)

19-20年産のサトウキビ代金にかかる国の交付金単価の6年ぶり値上げが決まった(資料写真)

 2019-20年産サトウキビ代金にかかる国の交付金単価が、前年度比210円増の1トン当たり1万6630円に決まった。11カ国による環太平洋連携協定(TPP11)の影響で国内産が下落する懸念があり、6年ぶりの値上げとなった。18-19年産もTPP11の発効日(30日)に、来期と同額の1万6630円に改定される。基準糖度は現行の13・1~14・3度が維持する。6日の自民党の野菜・果樹・畑作物等対策委員会で報告、了承された。

(全文を表示…)

2018年12月7日(金) 08:57 [産業・経済]

来月17日から操業/沖糖 品質の上昇期待

 沖縄製糖宮古工場は6日までに、2018-19年期サトウキビ製糖操業を来月17日から始めることを決めた。三つの台風で受けた被害が大きいと判断。回復と品質の上昇を期待して例年より後ろにずらした。

(全文を表示…)

2018年12月7日(金) 08:55 [産業・経済]

10カ月ぶりアギヤー漁/国吉組

伝統追い込みでグルクン500㌔


漁師は大漁で水揚げ作業にも力が入る=6日、佐良浜漁港

漁師は大漁で水揚げ作業にも力が入る=6日、佐良浜漁港

 伊良部漁協所属の国吉組(国吉正雄代表)が6日、約10カ月ぶりに伝統のアギヤー(大型追い込み漁)を展開し、約500㌔を水揚げした。大部分が空輸で那覇へ運ばれ、7日に開かれる泊魚市場の競りに掛けられる。漢那一浩組合長は「大漁で良かった。泊魚市場の高値に期待する」と笑顔で語った。

(全文を表示…)

2018年12月6日(木) 08:59 [産業・経済]

上野支部が団体優勝/12月期子牛共進会

各地区代表牛57頭を審査/「せいこ」号など優等6頭


団体優勝した上野支部の皆さん=5日、JAおきなわ宮古家畜市場

団体優勝した上野支部の皆さん=5日、JAおきなわ宮古家畜市場

 2018年度12月期宮古地区子牛共進会(主催・宮古和牛改良組合)が5日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。各地区の代表牛57頭を審査した結果、最高賞に当たる県農業協同組合理事長賞は新里仁栄さん所有の「せいこ」号が受賞した。改良組合の支部(旧市町村)対抗で争う団体戦は上野支部が優勝した。

(全文を表示…)

2018年12月6日(木) 08:57 [産業・経済]

1億円超え目標に/多良間村

葉たばこ生産農家が播種式


豊作を願って種をまく関係者ら=4日、JA葉たばこ育苗施設

豊作を願って種をまく関係者ら=4日、JA葉たばこ育苗施設

 【多良間】多良間村葉たばこ振興会(知念三雄総代)は4日、同村JA葉たばこ育苗施設で2019年度播種式を行った。伊良皆光夫村長をはじめ、村議会の豊見山正副議長、JAたらま、生産農家らが参加。1億円超えを目標に、決意を新たにしながら種をまいた。

(全文を表示…)

2018年12月2日(日) 08:55 [産業・経済]

宮古路線ジェット化40周年/JTA

節目祝い記念品配布


同社2代目、3代目の客室乗務員制服を着て記念品を配布するスタッフ=1日、宮古空港

同社2代目、3代目の客室乗務員制服を着て記念品を配布するスタッフ=1日、宮古空港

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は1日、宮古路線へのジェット機導入40周年を迎えた。同日午前、宮古空港では記念セレモニーが行われ、ジェット化した当時の客室乗務員の制服を着たスタッフらが乗客に記念品を配布した。

(全文を表示…)

2018年12月1日(土) 08:56 [産業・経済]

豊作祈念し播種式/城辺葉タバコ生産振興会

豊作を願って種をまく城辺地区の生産農家ら=30日、城辺の育苗ハウス

豊作を願って種をまく城辺地区の生産農家ら=30日、城辺の育苗ハウス

 宮古地区の2019年期作葉タバコの栽培が30日、始まった。城辺地区では播種(種まき)式で豊作を祈願。生産農家が収量アップと品質向上に決意を示した。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2018年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2