2019年1月1日のニュース一覧

2019年1月1日(火) 09:00 [【特集】新年号, 特集]

新年を迎えて

伊志嶺幹夫社長

伊志嶺幹夫社長

 2019年の新年を迎えるにあたり謹んでご挨拶を申し上げます。今年は全国的に歴史に残る大きな動きのある年となりそうですが、宮古圏域も新時代に羽ばたく大きなステップの年と期待されます。

(全文を表示…)

2019年1月1日(火) 09:00 [【特集】新年号, 特集]

2019年 羽ばたけ新時代へ/下地島空港が始動

亥年生まれの伊良部小5年生の皆さん。今年も飛躍の1年にしたい

亥年生まれの伊良部小5年生の皆さん。今年も飛躍の1年にしたい

 干支は亥年。2019年が幕を開けた。5月には新元号となり、まさに新しい時代が始まる。宮古島の経済はかつてないほど活況ぶりを見せる。爆発的な観光需要を背景に、ホテル、共同住宅建設に投資する勢いはとどまるところを知らない。大型公共工事も着々と進んでいる。3月には下地島空港ターミナルビルが開業し、人とモノはますます動く。新しい年も、躍動の一年になりそうだ。

2019年1月1日(火) 08:59 [【特集】新年号, 特集]

世界に認められた伝統行事/宮古島のパーントゥ

ユネスコ無形文化遺産登録


 「宮古島のパーントゥ」など8県10行事からなる「来訪神 仮面・仮装の神々」は昨年11月、国連教育科学文化機関(ユネスコ」で無形文化遺産登録に決定した。その朗報を受け、平良の島尻や上野の野原では、住民らが喜びに包まれていた。両地域とも「先祖代々継承された民俗行事が評価され誇り、今後は地域活性化の起爆剤として発展させたい」と展望する。文化庁では新年度に認定証伝達式を行う見通し。

(全文を表示…)

2019年1月1日(火) 08:59 [【特集】新年号, 特集]

伊良部地区 小中一貫校4月開校/結の橋学園

313人が新たな歴史刻む/校舎は回廊型2階建


伊良部地区の四つの小、中学校を統合して建設する小中一貫校「結の橋学園」の校舎予想図

伊良部地区の四つの小、中学校を統合して建設する小中一貫校「結の橋学園」の校舎予想図

 伊良部地区にある四つの小、中学校を統合する伊良部島小学校・中学校(愛称・結の橋学園)が、宮古島市初の小中一貫校として4月に開校する。児童・生徒313人が新しい歴史をスタートさせる。基本理念や校章、校歌、制服などの準備はすでに完了。開校に向けて着々と準備が進められている。

(全文を表示…)

2019年1月1日(火) 08:59 [【特集】新年号, 特集]

島の空から広がる未来/下地島空港旅客ターミナル

3月30日供用開始へ/大都市圏と海外が身近に


みやこ下地島空港ターミナルの外観完成予想図

みやこ下地島空港ターミナルの外観完成予想図

 三菱地所が整備を進める下地島空港旅客ターミナル施設がいよいよ3月30日に供用開始となる。昨年11月にはLCCのジェットスター・ジャパンが下地島-成田間で1日最大1往復2便の定期運航を発表。運賃も安価に設定された。今後も国内の国内大都市圏と海外を結ぶ便は増える予定で、新たな島の玄関口は宮古圏域と大都市圏、世界の距離感を確実に縮めてくれそうだ。

(全文を表示…)

2019年1月1日(火) 08:58 [【特集】新年号, 特集]

ダンスで絆深める/下地中女子「下地ガールズ」

全宮古フェスでグランプリ獲得


ダンスを通じて絆を深めた女子生徒たち。メンバーは岸本彩美▽石嶺花南▽村吉梨子▽島尻茉莉▽川平ゆい▽上地華奈▽前里寧音▽川平奈穂▽宮國乃愛▽平良沙姫▽荷川取知華▽大内芽衣▽国仲聖華▽川満光珠(以上3年)▽横田依璃▽狩俣萌音(以上2年)▽仲地亜緒▽洲鎌恋新▽上地明日香▽大内柚衣▽上地あん▽川平沙葵▽与那覇せいな▽川平歩実▽洲鎌姫雛▽洲鎌千綾(以上1年)=下地中学校

ダンスを通じて絆を深めた女子生徒たち。メンバーは岸本彩美▽石嶺花南▽村吉梨子▽島尻茉莉▽川平ゆい▽上地華奈▽前里寧音▽川平奈穂▽宮國乃愛▽平良沙姫▽荷川取知華▽大内芽衣▽国仲聖華▽川満光珠(以上3年)▽横田依璃▽狩俣萌音(以上2年)▽仲地亜緒▽洲鎌恋新▽上地明日香▽大内柚衣▽上地あん▽川平沙葵▽与那覇せいな▽川平歩実▽洲鎌姫雛▽洲鎌千綾(以上1年)=下地中学校

 第16回全宮古中学校ダンスフェスティバルでグランプリを獲得した下地中学校の「下地ガールズ」。女子ばかりの26人による息の合ったリズミカルな踊りで観客を魅了したが、3年生を中心としたダンスフェスティバルに向けた取り組みを通じて女子生徒同士の絆が深まり、これまでになかった一体感が生まれ、学校生活が一層、楽しいものになったという。

(全文を表示…)

2019年1月1日(火) 08:58 [【特集】新年号, 特集]

市の文化財に国指定へ弾み/新城海岸

宮古島の無土器期代表するアラフ遺跡/貝斧など多数出土


市の文化財に指定されることが決まったアラフ遺跡がある新城海岸。先史時代をひもとく貴重な資料が数多く出土した=城辺新城

市の文化財に指定されることが決まったアラフ遺跡がある新城海岸。先史時代をひもとく貴重な資料が数多く出土した=城辺新城

 宮古島の先史時代をひもとく貴重な資料として注目される「アラフ遺跡」が昨年末、市の文化財に指定されることが決まった。シャコ貝製の斧など先島諸島の無土器期を代表する遺跡として重要視されており、国の文化財指定も視野に入った。今も謎が多い無土器期の人々への関心が高まる。

(全文を表示…)

2019年1月1日(火) 08:58 [【特集】新年号, 特集]

県緑化コンで特選受賞/伊良部高

花と緑で潤い、安らぎ/学校・保護者・地域が連携


特選を喜ぶ生徒と教職員ら=2018年11月、伊良部高校

特選を喜ぶ生徒と教職員ら=2018年11月、伊良部高校

 伊良部高校(大宮廣子校長)は昨年11月、2018年度の県緑化コンクールの学校環境緑化の部で最高賞にあたる特選(県知事賞)を受賞し、全生徒46人と教職員らは笑顔に包まれていた。校庭は一鉢運動による美しい花々や傘状形に丸く刈り込んだ樹形が環境美化を彩る。花と緑に包まれた学校は潤いと安らぎに満ちあふれている。

(全文を表示…)

2019年1月1日(火) 08:58 [【特集】新年号, 特集]

島豆腐で農水大臣賞/「まごとうふ」下地直哉さん

おばあの味をアレンジ


商品を前にして新年に希望をかける下地さん(中央)とスタッフ=平良下里

商品を前にして新年に希望をかける下地さん(中央)とスタッフ=平良下里

 昨年9月に北海道札幌市内ホテルで行われた第4回全国豆腐品評会(主催・全国豆腐連合会)で「まごとうふ」(下地直哉代表)の濃厚おぼろ豆腐が全体の最優秀賞に当たる農林水産大臣賞を受賞した。

(全文を表示…)

2019年1月1日(火) 08:58 [【特集】新年号, 特集]

初の快挙!! 上野小中そろって県大会出場/全沖縄学校音楽発表会

県大会への出場を決めた児童と波夛野教諭=上野中学校

県大会への出場を決めた児童と波夛野教諭=上野中学校

 上野小学校(本村晃則校長)の6年生と上野中学校(友利和広校長)3年生が、昨年11月にマティダ市民劇場で行われた「第40回宮古地区小・中学校音楽発表会で、宮古地区代表に選ばれ全沖縄学校音楽発表会に出場する。上野小中学校がそろって県大会に出場するのは初めて。小学校は12年ぶりの県大会出場になった。第40回という節目の大会で小中両校が宮古島を代表して県大会出場を決めたことで、両校の生徒を始め、

宮古を代表して出場する生徒と宮国教諭と担任の神山教諭=上野中学校

宮古を代表して出場する生徒と宮国教諭と担任の神山教諭=上野中学校

本村校長、友利校長や小学校6年担任の波夛野瑞恵教諭、中学で音楽を指導している宮国貴子教諭らは、出場する児童生徒には貴重な経験になると喜んでいる。

(全文を表示…)

2019年1月1日(火) 08:58 [【特集】新年号, 特集]

仲間と大切な時間共有/多良間中3年生13人

平成最後「十五の島立ち」


十五の島立ちを迎える生徒たちと担任の美里真帆教諭(後列右)、副担任の宜保暢子教諭(同左)=多良間中

十五の島立ちを迎える生徒たちと担任の美里真帆教諭(後列右)、副担任の宜保暢子教諭(同左)=多良間中

 今年、「十五の島立ち」で島を離れる生徒は13人。仲間や家族、地域の人たちとの残りわずかな時間を大切にしようと、一生懸命に活動を展開している。3月には高校受験が控えている。全員合格に向け、昼休みや放課後は村主催の学習塾で自主学習に励んでいる。

(全文を表示…)

2019年1月1日(火) 08:57 [【特集】新年号, 特集]

課題乗り越え発展/サトウキビ、肉用牛、野菜好調

銀色の穂が出るサトウキビ畑は今では少なくなった

銀色の穂が出るサトウキビ畑は今では少なくなった

 宮古の農業は「雨乞い農業」の解消やウリミバエの根絶(1988年)など、課題を一つ一つ乗り越えて発展してきた。2016年の宮古地区の農業産出額は203億1000万円と200億円の大台を突破した。市町村別には宮古島市が182億4000万円(県内1位)。多良間村は20億7000万円だった。作物別にはサトウキビが102億円と全体の半分を占めた。

(全文を表示…)

2019年1月1日(火) 08:57 [【特集】新年号, 特集]

ハンドボールが大好き/宮古島市ジュニアチーム

毎週1回、ハンドボールを学んでいる市ジュニアハンドボールチーム=市総合体育館

毎週1回、ハンドボールを学んでいる市ジュニアハンドボールチーム=市総合体育館

 ボールを手に、走り、跳んで、投げる-。そんな動作を繰り返すハンドボールの魅力にひかれる子どもたちがいる。

(全文を表示…)

2019年1月1日(火) 08:57 [【特集】新年号, 特集]

陸上界に期待の新星

全国大会決勝に照準/砂川慎太郎(宮高2年)


全国インターハイファイナリストを目指す砂川慎太郎=市陸上競技場

全国インターハイファイナリストを目指す砂川慎太郎=市陸上競技場

 期待の新星だ。100メートル11秒03、200メートルは宮古記録の21秒77を持つ。スプリンターに多く見られる筋骨隆々の力強さはない。しなやかに、滑るように駆ける姿が見る者を魅了する。今年の目標は「全国インターハイの決勝で走ること」だ。

(全文を表示…)

2019年1月1日(火) 08:57 [【特集】新年号, 特集]

亥年生まれ大集合 明るく活発な23人/城辺小5年生

励まし合って高め合う


元気いっぱいにポーズを決める城辺小5年生23人の児童たち

元気いっぱいにポーズを決める城辺小5年生23人の児童たち

 城辺小学校(久高三彦校長)の5年生23人の児童たちは、男女の仲が良い。ほぼ全員がスポーツクラブに所属するほど活発だ。習い事に取り組む児童も多く、スポーツ面だけでなく、文化面でも活躍が光る。

(全文を表示…)

2019年1月1日(火) 08:57 [【特集】新年号, 特集]

島みどぅんパワーはズミ

女子大運動会が大盛況/ぱんだる50㏄(上里勝美さん・宮平恭子さん)


ぱんだる50ccの上里さん(右)と宮平さん

ぱんだる50ccの上里さん(右)と宮平さん

 「勝つなー、こけろー」「笑いが優先だぞー」-。マイクを通して会場に響く司会の激しいコメントも魅力となっている「宮古島女子大運動会」。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成31年3月1日現在

    宮古島市 54,225 人
    27,176 人
    27,049 人
    世帯数 26,929 軒
    多良間村 1,169 人
    628 人
    541 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2019年1月
    « 12月   2月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2