「産業・経済」 2019年1月12日のニュース一覧

2019年1月12日(土) 09:00 [産業・経済]

宮糖城辺 キビ搬入開始/2018-19年産

平均糖度は13・35度/セレモニーで豊作祈願


サトウキビの束を投げ入れて製糖期の開始を告げる安村勇社長(左から4人目)ら関係者=11日、城辺砂川の宮古製糖城辺工場

サトウキビの束を投げ入れて製糖期の開始を告げる安村勇社長(左から4人目)ら関係者=11日、城辺砂川の宮古製糖城辺工場

 宮古製糖(安村勇社長)城辺工場は11日、2018-19年産サトウキビの搬入を開始した。初日に搬入した原料(サトウキビ)は187トン、平均糖度は13・35度と基準糖度帯(13・1~14・3度)に達し、上々のスタートを切った。1トン当たりの農家平均手取額は2万1267円。圧搾作業は15日に開始する予定だ。

(全文を表示…)

2019年1月12日(土) 08:59 [産業・経済]

伊良部工場きょう再稼働/宮糖

年末から停止、14日ぶり


キビ山が確保され12日午後から再稼働する=11日、宮古製糖伊良部工場

キビ山が確保され12日午後から再稼働する=11日、宮古製糖伊良部工場

 雨続きの影響でハーベスターが稼動せず、原料キビの確保が困難になったため、稼働を停止している宮古製糖伊良部工場は12日午後1時40分から、天候に関係なく圧搾を再び始める。昨年12月29日に停止して以降、14日ぶりの稼働となる。

(全文を表示…)

2019年1月12日(土) 08:58 [産業・経済]

宮古で2ホテル建設へ/日建ハウジング計画

伊良部大橋と空港近くに


 不動産業の日建ハウジング(那覇市、眞保榮薫代表取締役会長)が宮古島市内の2カ所にホテル建設を計画していることがこのほど分かった。伊良部大橋のたもとにラグジュアリーホテル「伊良部島ホテル」(仮称)、宮古空港近くにシティホテル「宮古島エアポートホテル」(仮称)をそれぞれ予定している。下地島空港の3月30日開港に伴い、さらなる観光客増加を見込んで両ホテルとも計画当初より規模の拡大を検討している。

(全文を表示…)

2019年1月12日(土) 08:56 [産業・経済]

マグロなど3㌧水揚げ/佐良浜漁港、活気づく

キハダマグロの幼魚などが久しぶりに大量に水揚げされた活気づいた=11日、佐良浜漁港

キハダマグロの幼魚などが久しぶりに大量に水揚げされた活気づいた=11日、佐良浜漁港

 晴れた天気に恵まれた11日、佐良浜漁港では久しぶりにキハダマグロの幼魚(シビ)やカツオ、シイラが約3㌧水揚げされにぎわった。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年6月1日現在

    宮古島市 54,671 人
    27,526 人
    27,145 人
    世帯数 27,554 軒
    多良間村 1,141 人
    609 人
    532 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2019年1月
    « 12月   2月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2