「教育・文化」 2019年2月10日のニュース一覧

2019年2月10日(日) 09:00 [教育・文化]

組踊の世界を発信/重文保持者が華麗に

初演から300年の節目/県文化振興会主催


組踊初演から300年の節目の年に琉球芸能史に残る「二童敵討」が上演された=9日、マティダ市民劇場

組踊初演から300年の節目の年に琉球芸能史に残る「二童敵討」が上演された=9日、マティダ市民劇場

 組踊上演300周年を記念した2018年度県伝統芸能公演「重要無形文化財保持者等公演」(主催・県文化振興会)が9日、マティダ市民劇場で開催された。舞台では、古典音楽独唱や古典舞踊、組踊「二童敵討」などが上演され、会場に訪れた観客たちは歴史を積み重ねてきた沖縄芸能の魅力を堪能した。

(全文を表示…)

2019年2月10日(日) 08:58 [教育・文化]

宮高科学部に県教育長賞/青少年科学作品展

宮総実は佳作入賞


県教育長賞を受賞した宮高科学部の濱川さん(右)と羽路さん=9日、浦添市

県教育長賞を受賞した宮高科学部の濱川さん(右)と羽路さん=9日、浦添市

 【那覇支社】第41回沖縄青少年科学作品展(主催・沖縄電力)の表彰式が9日、浦添市民体育館で行われ、県教育長賞に輝いた宮古高校科学部の濱川詩織さん(2年)、羽路水結さん(同)に賞状が贈られた。宮古総合実業高校生物生産科は佳作に入賞した。

(全文を表示…)

2019年2月10日(日) 08:56 [教育・文化]

イノシシ飼育の可能性/市総合博物館文化講座

菅原さん 友利元島遺跡から考察


 市総合博物館で9日、文化講座が開かれた。講師に招かれた浦添市教育委員会文化財係主任で動物考古学に詳しい菅原広史さんが「イノシシのいた宮古島の遺跡」と題して講演した。菅原さんは5~8世紀の遺跡とされる城辺の友利元島遺跡から数多く出土したイノシシの資料から「イノシシを飼育していた可能性を示唆するもの」と説明した。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年8月1日現在

    宮古島市 54,728 人
    27,562 人
    27,166 人
    世帯数 27,657 軒
    多良間村 1,134 人
    605 人
    529 人
    世帯数 518 軒
  • 天気


  •  

    2019年2月
    « 1月   3月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2