「産業・経済」 2019年2月のニュース一覧

2019年2月23日(土) 08:57 [産業・経済]

中古EV車が安価に

普及拡大で留意点広報へ/検討委


次年度以降の取り組み内容などを確認した=日、市役所平良庁舎

次年度以降の取り組み内容などを確認した=日、市役所平良庁舎

 2018年度電気自動車普及促進事業に係る効果検証等事業の第2回検討委員会(委員長・千住智信琉球大学教授)が日、市役所平良庁舎で行われた。今後も継続してEV車の特性や重要性、正しい情報を発信していくことを確認。さらに、その普及拡大に向けて安価になってきた中古EV車の購入時におけるポイント集をホームページで掲載するなど、市民に広報していくことなどを確認した。

(全文を表示…)

2019年2月22日(金) 09:00 [産業・経済]

下地島に国際定期便/香港エクスプレス就航へ

7月から週3往復/2路線目、国際線は初


 下地島空港の旅客ターミナルを整備している三菱地所と、同ターミナルの管理運営を行う下地島エアポートマネジメント、香港を拠点とする格安航空会社(LCC)の香港エクスプレスは21日、香港エクスプレスが香港-下地島路線の国際定期便を7月19日から就航させると発表した。

(全文を表示…)

2019年2月20日(水) 09:00 [産業・経済]

レタス150㌔を収穫/天然ガス実証事業

温度管理し野菜栽培/事業化推進検討委で確認


今年度の実証事業の実績などを確認する委員ら=19日、平良港ターミナルビル

今年度の実証事業の実績などを確認する委員ら=19日、平良港ターミナルビル

 宮古島市天然ガス資源事業化推進検討委員会(委員長・長濱政治副市長)の第3回が19日、平良港ターミナルビルで開かれた。今年度、行われてきた農業利用実証事業でリーフレタスなど150㌔を収穫したことや、城辺保良の天然ガス試掘井戸「宮古R-1鉱区」の採掘権を次年度事業実施前までに取得予定であることなど確認した。

(全文を表示…)

2019年2月20日(水) 08:58 [産業・経済]

佐良浜漁港の利活用を/地元の3団体が県に要請

仲村会長(左から2人目)が大村センター長に要請書を手渡した=19日、宮古農林水産振興センター

仲村会長(左から2人目)が大村センター長に要請書を手渡した=19日、宮古農林水産振興センター

 佐良浜振興会(中村雅弘理事長)、伊良部池間添自治会(仲村淳会長)、伊良部前里添自治会(長嶺政二会長)の3団体は連名で20日、宮古農林水産振興センター(大村学センター長)に「佐良浜漁港施設用地等の利活用促進」を要請した。大村センター長は「新年度から伊良部漁協と具体的な意見交換が行えるように進める。伊良部大橋開通前に利用していたフェリーバースや旅客船用の浮き桟橋の再利用の絵を描きたい」と理解を求めた。

(全文を表示…)

2019年2月17日(日) 08:58 [産業・経済]

キビ搬入4万7000トン/沖糖1カ月

糖度14度に迫る勢い


搬入開始から1カ月を迎えた沖縄製糖宮古工場。品質の上昇が続く=16日、下地上地

搬入開始から1カ月を迎えた沖縄製糖宮古工場。品質の上昇が続く=16日、下地上地

 沖縄製糖宮古工場の2018-19年産サトウキビの搬入が16日、開始から1カ月を迎えた。これまでに4万7000トンと計画通りの原料(サトウキビ)を搬入している。品質も良く、糖度は14度に迫る勢いだ。

(全文を表示…)

2019年2月16日(土) 09:00 [産業・経済]

伊良部への送水開始/地下ダム事業

農業用水を牧山FPへ
4月から給水利用可能


伊良部島の牧山ファームポンドに注入される農業用水。宮古本島にある地下ダムからの送水が始まった=15日、伊良部牧山

伊良部島の牧山ファームポンドに注入される農業用水。宮古本島にある地下ダムからの送水が始まった=15日、伊良部牧山

 第2期国営地下ダム事業で、宮古本島の地下ダムと伊良部島の牧山ファームポンド(FP)を結ぶ農業用パイプラインがこのほど完成、15日までに送水が始まった。4月1日からは牧山ファームポンドに設置する給水施設(三型)を使って地下ダムの水を利用することが可能になる。伊良部島で、念願の農業用水の活用が始まる。


(全文を表示…)

2019年2月16日(土) 08:59 [産業・経済]

双子の雌牛が誕生/多良間

豊見城さん「二重の喜び」 受精卵移植で村内初


初の受精卵移植に成功した豊見城玄弘さんと産まれた雌牛。(左から)おおさかちゃん、なおみちゃん=13日、多良間村塩川

初の受精卵移植に成功した豊見城玄弘さんと産まれた雌牛。(左から)おおさかちゃん、なおみちゃん=13日、多良間村塩川

 【多良間】多良間村の畜産農家で人工授精師の豊見城玄弘さんがこのほど、受精卵移植で双子の雌牛を誕生させた。村内では初めての成功になる。移植した受精卵は、「隆之国」「安福久」「百合茂」という優れた血統が絡み、肉質の上物率が高くなる特級の掛け合わせだ。豊見城さんは「成功できて感激している。将来的には多良間で採卵までいけるように取り組み、ブランド化を図りたい」と畜産振興に意欲を見せた。


(全文を表示…)

2019年2月15日(金) 08:59 [産業・経済]

下地島にチャーター便/大韓航空

実績踏まえ定期便も検討


下地島空港への臨時便就航や定期便就航の可能性について語る金常務=14日、市役所平良庁舎

下地島空港への臨時便就航や定期便就航の可能性について語る金常務=14日、市役所平良庁舎

 大韓航空(韓国)が3月30日に供用開始する下地島空港に、韓国からのチャーター便就航を予定していることが分かった。3、4便の就航を予定しており、利用実績などを踏まえた上で定期便就航も検討する考えだ。大韓航空は昨年1月に韓国(仁川)-宮古チャーター便を3便就航させている。

(全文を表示…)

2019年2月13日(水) 08:58 [産業・経済]

平均糖度13・71度/宮糖城辺

開始1カ月 全体の3割搬入


原料搬入から1カ月を迎えた宮古製糖城辺工場。これまでに3万3400㌧を搬入した=12日、城辺砂川

原料搬入から1カ月を迎えた宮古製糖城辺工場。これまでに3万3400㌧を搬入した=12日、城辺砂川

 宮古製糖(安村勇社長)城辺工場の2018-19年産サトウキビ(原料)の搬入作業が11日、開始から1カ月を迎えた。累計の搬入量は3万3400㌧と全体搬入見込み量の3割に達している。品質は上昇を続けており、平均糖度は13・71度。搬入原料の7割が基準糖度帯に達している。1㌧当たりの農家平均手取額は2万1582円。

(全文を表示…)

2019年2月13日(水) 08:56 [産業・経済]

與座、渡嘉敷さん優秀賞/県家保業績発表会

牛白血病、山羊飼養発表


優秀賞を受賞した宮古家保の與座さん(左)と渡嘉敷さん=12日、県庁

優秀賞を受賞した宮古家保の與座さん(左)と渡嘉敷さん=12日、県庁

 【那覇支社】第45回県家畜保健衛生業績発表会(主催・県農林水産部)が12日、県庁講堂で開かれ、宮古家畜保健衛生所の與座明祥さんや渡嘉敷美波さんら5人が優秀賞を受賞した。発表会では、3部門で県内6機関が14演題を発表した。

(全文を表示…)

2019年2月13日(水) 08:55 [産業・経済]

反収、品質を競う/キビ競作会

池間さんの畑で調査


サトウキビ競作会に向けて全刈り調査が行われた=12日、上野宮国

サトウキビ競作会に向けて全刈り調査が行われた=12日、上野宮国

 サトウキビの反収(10アール当たりの収量)や品質を競う県競作会の全刈り調査が12日、上野宮国にある池間義光さん(68)の畑であった。昨年は第2位だった池間さん。刈り取り作業の参加者とともに、「今年こそ第1位に」と意欲を見せた。

(全文を表示…)

2019年2月7日(木) 08:58 [産業・経済]

県、輸送補助額を維持

流通条件不利性解消事業


農林水産物の輸送コスト低減の効果は宮古地区でも上がっている(資料写真)

農林水産物の輸送コスト低減の効果は宮古地区でも上がっている(資料写真)

 【那覇支社】県農林水産部(島尻勝広部長)は、県産農林水産物を本土市場へ出荷する輸送費の一部を補助する「農林水産物流通条件不利性解消事業」について2019年度も現状の補助額を維持する。4日に正式決定した19年度当初予算案では、同事業に28億5418万6000円(前年度比7134万2000円増)を計上した。


(全文を表示…)

2019年2月5日(火) 09:00 [産業・経済]

キビ品質、上昇の一途/18-19年産

製糖工場はフル稼働/天候恵まれ機械刈り順調


天候に恵まれ各製糖工場は連日のフル稼働が続く=4日、宮古製糖伊良部工場

天候に恵まれ各製糖工場は連日のフル稼働が続く=4日、宮古製糖伊良部工場

 2018-19年期サトウキビ製糖操業が順調だ。各地の製糖工場は天候に恵まれてフルに稼働、計画通りの圧搾作業が続く。本島内製糖2工場に搬入される原料(サトウキビ)の品質は上昇の一途で、累計の平均糖度は13度台後半と基準糖度(13・1~14・3度)帯に達している。島の基幹産業が、例年以上に活気付いている。

(全文を表示…)

2019年2月1日(金) 08:57 [産業・経済]

ターミナル建設着手へ

平良港、クルーズ客対応/検討委・幹事会で承認


平良港国際ターミナルが整備される予定地。荷川取集落西側に広がる=31日、平良港

平良港国際ターミナルが整備される予定地。荷川取集落西側に広がる=31日、平良港

 第3回みなとまち宮古再生プロジェクト検討委員会・幹事会(会長・下地敏彦市長)が31日、市中央公民館で開かれた。平良港国際ターミナル(仮称)が新年度に実施設計し、本格的な工事着工を承認した。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成31年2月1日現在

    宮古島市 54,258 人
    27,060 人
    27,198 人
    世帯数 26,888 軒
    多良間村 1,170 人
    628 人
    542 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2019年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2