2019年3月16日のニュース一覧

2019年3月16日(土) 09:00 [産業・経済]

ターミナル施設が完成/みやこ下地島空港

南国リゾートを演出/きょう竣工記念式典
島内外メディアに公開


施設の概要や魅力をメディア関係者に紹介した内覧会=15日、みやこ下地島空港ターミナル

施設の概要や魅力をメディア関係者に紹介した内覧会=15日、みやこ下地島空港ターミナル

 今月30日の開業に向けてみやこ下地島空港ターミナルのメディア内覧会が15日、同空港施設内で行われた。窓が開け放たれ心地よい風が吹き込み、さらに南国の陽の光りも取り込まれ、島内外から内覧会に参加したメディア関係者が施設のキーコンセプトである「空港から、リゾート、はじまる。」を体感した。16日には神事と竣工記念式典。17日には正午から午後2時まで一般向けの内覧会も予定されている。

(全文を表示…)

2019年3月16日(土) 08:59 [政治・行政]

新給水装置を導入/市上下水道部

非常時に威力発揮/病院や施設にも対応


初導入されたポンプ付きの給水タンク=15日、市上下水道部

初導入されたポンプ付きの給水タンク=15日、市上下水道部

 市上下水道部は15日、災害時や断水時に活躍するポンプ付き給水タンク(1500㍑)と組立式給水コンテナをそれぞれ一基ずつ初導入した。給水コンテナには1000㍑分のビニールに入った水が設置されて、給水タンクとして利用できる。

(全文を表示…)

2019年3月16日(土) 08:58 [政治・行政, 産業・経済]

宮古島発展に協力/JTA、RAC、JAL

市と包括的連携協定締結


協定書を交わす(左から)伊礼社長、下地市長、丸川社長=15日、市役所平良庁舎

協定書を交わす(左から)伊礼社長、下地市長、丸川社長=15日、市役所平良庁舎

 宮古島市と日本トランスオーシャン航空(JTA)、琉球エアーコミューター(RAC)、日本航空(JAL)は15日、宮古島の発展に協力するためさまざまな施策で連携して取り組む包括的連携について協定書を締結した。今後の具体的な取り組みとしてはサイクルツーリズムの推進などを行っていく。


 今回の包括的連携協定は、宮古島市とJALグループエアラインの3社が相互の緊密な連携と協力の下で、それぞれが持つ資源を有効活用することで、宮古島市の永続的な振興発展に寄与することを目的に締結された。


 市が総合計画に掲げる施策について連携、協力して取り組むもので、現在予定されている取り組みとしては、自転車サイクリングを通して地域振興を目指すサイクルツーリズムの推進や、高等教育機関誘致構想への協力、自然環境保護施策へのPR協力がある。


 市役所平良庁舎で行われた締結式には下地敏彦市長、JTAの丸川潔社長、RACの伊礼恭社長らが出席。それぞれが協定内容を確認した後、協定書を交わした。


 下地市長は「協定の締結によりこれまで以上に連携して取り組むことができ、さらなる地域活性化につながるものと期待している」。丸川社長は「宮古の皆さんと一体となって、しっかりと新しい価値を見いだして、いろいろなアクションをともに力を合わせて積み重ねていきたい」。伊礼社長は「この協定を通してさらにきめ細やかなサポートを行い、しっかり事業を行っていきたい」とそれぞれあいさつした。


 協定に基づく取り組みの一環として同日、市が検討している自転車専用道を整備する「ブルーライン構想」を支援するため、スタンドのついていない競技用自転車を置くことができる木製の「バイクラック」30台が市へ寄贈された。

2019年3月16日(土) 08:57 [政治・行政]

庁舎請負契約を可決/市議会総務財政委

バイオエタ施設無償譲渡も


 宮古島市議会総務財政委員会(山里雅彦委員長)は15日、付託された3月定例会上程議案の討論、表決を行い、市総合庁舎建設工事請負契約など12議案を可決した。海岸管理条例の制定案ほかバイオエタノール製造施設を無償譲渡する議案も可決した。審査結果は28日の本会議で表決する。

(全文を表示…)

2019年3月16日(土) 08:56 [政治・行政]

「尖閣専従体制」整う/宮古島海保

新巡視船2隻配備、計9隻


山戸部長(前列中央)らは新造巡視船の「まえはま」(左)と「ながやま」(右)をバックに記念撮影した=15日、伊良部の長山港

山戸部長(前列中央)らは新造巡視船の「まえはま」(左)と「ながやま」(右)をバックに記念撮影した=15日、伊良部の長山港

 尖閣諸島周辺の領海警備強化に向け、海上保安庁の規制能力強化型の新造巡視船2隻が宮古島海上保安部(山戸義勝部長)に新たに配備され15日、伊良部の長山港に入港した。巡視船は今回の2隻で計9隻となり「尖閣専従体制」が整った。入港式で、山戸部長は「海上保安官であるとの誇り、自覚、覚悟を持って任務を全うし、国民の負託に応えられるよう祈念する」と訓示した。

(全文を表示…)

2019年3月16日(土) 08:55 [社会・全般]

田中準備隊長が着任/陸自駐屯地警備隊創設で

田中隊長(前列左)を出迎える野津会長(同左から2人目)ら=15日、宮古空港

田中隊長(前列左)を出迎える野津会長(同左から2人目)ら=15日、宮古空港

 陸上自衛隊宮古島駐屯地警備隊創設に向け、宮古警備隊新編準備隊長の田中広明1等陸佐が15日、着任した。宮古空港では宮古地区自衛隊協力会(野津武彦会長)、同自衛隊家族会(池村英三会長)、隊友会宮古島支部(伊藤利也支部長)のメンバーや、すでに宮古島入りしている警備部隊の幹部らが出迎えた。

(全文を表示…)

2019年3月16日(土) 08:54 [イベント]

ミス宮古島の募集開始/宮古島観光協会

「勇気出して応募を」


応募を呼び掛ける(左から)大泊委員長、豊見山会長、青年部観光メディア推進部の平良勝丈副部長=15日、宮古島観光協会

応募を呼び掛ける(左から)大泊委員長、豊見山会長、青年部観光メディア推進部の平良勝丈副部長=15日、宮古島観光協会

 宮古島観光協会(豊見山健児会長)は15日、同協会で会見を開き、第代ミス宮古島の募集開始を発表した。募集するのはミスサンゴ、ミスティダ、ミスブーゲンビレアの3人。応募資格は、宮古島観光のPRに意欲がある宮古島在住の20歳以上の女性。活動期間中、宮古島に移住可能であれば島外からも応募を受け付ける。活動期間は宮古島夏まつり2019(7月開催予定)から約1年間。豊見山会長は「広く周知して多くの人に応募してもらいたい」と語った。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年7月1日現在

    宮古島市 54,698 人
    27,554 人
    27,144 人
    世帯数 27,615 軒
    多良間村 1,141 人
    608 人
    533 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2019年3月
    « 2月   4月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2