「政治・行政」 2019年3月のニュース一覧

2019年3月26日(火) 09:00 [政治・行政]

上野庁舎など解体計画/市議会一般質問

城辺図書館は廃止に/市の公共施設再配置案


建物の解体が計画されている市役所上野庁舎=25日、上野

建物の解体が計画されている市役所上野庁舎=25日、上野

 市は公共施設の再配置に向け、17施設についての計画案をこのほど了承した。それによると平良第2、上野、伊良部、水道の4庁舎、下地、上野両公民館、市立図書館は建物解体、伊良部支所佐良浜出張所と城辺図書館は機能を廃止する。25日に行われた開会中の市議会(佐久本洋介議長)3月定例会一般質問で、粟国恒広氏の質問に宮国高宣総務部長が答えた。

(全文を表示…)

2019年3月26日(火) 08:58 [政治・行政]

菅官房長官が来沖/「チーム沖縄」と会談

「チーム沖縄」との会談や島尻安伊子元沖縄担当相陣営の激励を行った菅義偉官房長官=24日、沖縄市

「チーム沖縄」との会談や島尻安伊子元沖縄担当相陣営の激励を行った菅義偉官房長官=24日、沖縄市

 【那覇支社】菅義偉官房長官は24日来県し、県内の保守系市長で構成する「チーム沖縄」と沖縄市で会談。「チーム沖縄」会長の下地敏彦宮古島市長も参加した。会談で菅氏は、沖縄での観光インフラ整備を適切に実施すると強調したという。

(全文を表示…)

2019年3月26日(火) 08:57 [政治・行政]

改修事業で市に落ち度/市議会一般質問

下地中グラウンド 予算全額を繰り越し


市の不手際で改修工事が遅れているグラウンド=25日、下地中学校

市の不手際で改修工事が遅れているグラウンド=25日、下地中学校

 下地中学校グラウンド改修事業の予算全額が2019年度に繰り越される。水はけの悪さを解消する事業で、18年度内に完了する予定だったが、県への補助事業申請業務にかかる市教育委員会の不手際で実施できなかった。25日にあった市議会の一般質問で、宮國博教育長は「深くおわび申し上げたい」と謝罪した。上地廣敏氏への答弁。

(全文を表示…)

2019年3月23日(土) 08:59 [政治・行政]

東添道水源地が竣工/市上水道施設整備事業

需要水量急増に対応/式典で安定供給へ期待


取水式で、スイッチを入れる下地市長(手前)=22日、平良字西仲宗根

取水式で、スイッチを入れる下地市長(手前)=22日、平良字西仲宗根

 市の上水道施設整備事業の東添道水源開発における同水源地竣工式典が22日、下地敏彦市長や関係者らが出席して平良字西仲宗根の同地で行われた。リゾートホテルなどの建設ラッシュや入域観光客の大幅な増加もあり、島内の需要水量は急激に増加している中、今回の新たな水源地の竣工で安定供給に期待が高まっている。

(全文を表示…)

2019年3月22日(金) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

観光客初の100万人突破/18年度宮古島市

2月末で106万1621人/クルーズ船、中部直行便など要因


クルーズ船の寄港回数が増加(資料写真)

クルーズ船の寄港回数が増加(資料写真)

 市観光商工部はこのほど、2019年2月の宮古島への入域観光客数について、前年同月比1万2546人(21・87%)増の6万9923人だったと発表した。18年4月から2月までの11カ月での累計では前年同期実績90万9093人を15万2528人上回る106万1621人となり、1カ月を残して年間入域観光客数が初めて100万人の大台を突破した。

(全文を表示…)

2019年3月22日(金) 08:59 [政治・行政]

県、観光目的税を導入へ/検討委が意見書提出

 【那覇支社】県が観光振興を目的に2021年度までの導入を目指す新税「観光目的税」について20日、有識者や業界代表者らによる検討委員会(委員長・下地芳郎琉大教授)が、これまで協議した内容をまとめた意見書を県に提出した。目的税の税率を宿泊料金に応じた2段階の定額制とすることや、名称を「宿泊税」にすることなどが盛り込まれた。新たな税収は約57億円が見込まれている。

(全文を表示…)

2019年3月22日(金) 08:58 [政治・行政]

保育士賃金 日額1万円に/宮古島市

現行より1200円アップ/県内最高水準に引き上げ


議会に認められれば保育士の賃金が4月から引き上げられる。写真は市立東保育所=21日、平良東仲宗根

議会に認められれば保育士の賃金が4月から引き上げられる。写真は市立東保育所=21日、平良東仲宗根

 宮古島市が公立保育所及び認定こども園で働く保育士(臨時職員)の賃金を引き上げる。改定後は日額1万円となり、現行と比べて1200円の大幅増。県内最高水準額となる。必要な予算を市議会3月定例会に提案しており、認められれば4月から適用される。不足する保育士の確保と子育て環境の充実を図る。

(全文を表示…)

2019年3月22日(金) 08:55 [政治・行政]

GW10連休は開場/市の体育施設

民間管理で利便性向上


ゴールデンウイークはすべて開場する市陸上競技場。奥は総合体育館=21日、平良東仲宗根

ゴールデンウイークはすべて開場する市陸上競技場。奥は総合体育館=21日、平良東仲宗根

 4月から市総合体育館や陸上競技場を管理・運営する市スポーツ協会(砂川恵助会長)は21日までに、最大10連休のゴールデンウイーク(GW)期間中、体育館及び競技場を開館・開場することを決めた。時間は午前9時から午後5時。これまで祝日は原則休日の取り扱い(この2年は実態把握で開場)だったが、祝日はすべて開場して市民の利便性向上に努める。

(全文を表示…)

2019年3月21日(木) 09:00 [政治・行政]

生活保護世帯にも影響/アパート家賃

扶助費上回る値上げも
市民の暮らしにずしり


一般質問2日目。アパートの家賃の値上げなどで質疑があった=20日、市議会議場

一般質問2日目。アパートの家賃の値上げなどで質疑があった=20日、市議会議場

 アパートなど市内の共同住宅で相次ぐ家賃の値上げが生活保護世帯にも影響が出ている。市福祉部によると、家賃の値上げは7件、退去を求められている相談は8件寄せられている。値上げ後の家賃では住宅扶助費の基準額内に収まらず、退去しても住宅不足で行き場がないため調整が難航しているという。急激な社会構造の変化に端を発する家賃の値上げが市民の暮らしに重くのしかかってきた。20日の市議会一般質問で、市福祉部が現状を説明した。


(全文を表示…)

2019年3月21日(木) 08:56 [政治・行政]

市、4月着工を堅持

総合庁舎建設
濱元氏 時期判断を提案


 4月に着工を予定している市総合庁舎の建設工事について、20日に行われた一般質問では濱元雅浩氏が昨今の建設コストの高騰や人手不足と合併特例債の発行期限が5年延長されたことを踏まえて、着工を急がずに2025年までに時期を判断して実施することを提案。これに対して、長濱政治副市長は現在のスケジュールを堅持するとの見解を示した。


(全文を表示…)

2019年3月21日(木) 08:55 [政治・行政]

建設遅れの可能性

トゥリバーホテル計画
三菱地所


 20日に行われた市議会3月定例会の一般質問で、下地康教建設部長は三菱地所がトゥリバー地区で計画しているリゾートホテル建設が遅れる見込みであることを報告した。島尻誠氏の質問に答えた。


(全文を表示…)

2019年3月20日(水) 08:55 [政治・行政]

幼稚園の定員見直しを

幼稚園の最低規定人数の見直しに関する要請が行われた=18日、市役所城辺庁舎

幼稚園の最低規定人数の見直しに関する要請が行われた=18日、市役所城辺庁舎

市民団体などが市に要請


 市立幼稚園の最低規定人数(定員)をめぐり、市民団体や福嶺、城辺の両学区部落会自治会長会、狩俣自治会など複数の団体が18日午前、市の教育委員会に宮國博教育長を訪ねて、定員を1学級「5人以上」とする今の幼稚園管理規則の見直しを求めた。宮國教育長は4月4日までの文書回答を約束したが、「幼稚園教育要領の目的を達成するためには一定数必要だと考えている」と述べ、現状の見直しには難色を示した。


(全文を表示…)

2019年3月17日(日) 08:59 [政治・行政]

中型導入を後押しへ/宮腰沖縄担当相

キビ振興で意見交換/製糖工場やFPなど視察


市と製糖工場の幹部らと農業振興について意見を交わす宮腰沖縄担当相(中央)=16日、宮糖伊良部工場

市と製糖工場の幹部らと農業振興について意見を交わす宮腰沖縄担当相(中央)=16日、宮糖伊良部工場

 宮腰光寛沖縄担当相が16日来島し、操業中の製糖工場や農業用水を一時貯水するファームポンド(FP)などを視察した。市や製糖工場の幹部らとも意見を交わし、サトウキビの品種に合わせた中型ハーベスターの計画的導入の後押しや、製糖工場の特殊性に合った使い勝手の良い予算化へ向け、関係省庁と調整を図りながら進めていく考えを示した。

(全文を表示…)

2019年3月16日(土) 08:59 [政治・行政]

新給水装置を導入/市上下水道部

非常時に威力発揮/病院や施設にも対応


初導入されたポンプ付きの給水タンク=15日、市上下水道部

初導入されたポンプ付きの給水タンク=15日、市上下水道部

 市上下水道部は15日、災害時や断水時に活躍するポンプ付き給水タンク(1500㍑)と組立式給水コンテナをそれぞれ一基ずつ初導入した。給水コンテナには1000㍑分のビニールに入った水が設置されて、給水タンクとして利用できる。

(全文を表示…)

2019年3月16日(土) 08:58 [政治・行政, 産業・経済]

宮古島発展に協力/JTA、RAC、JAL

市と包括的連携協定締結


協定書を交わす(左から)伊礼社長、下地市長、丸川社長=15日、市役所平良庁舎

協定書を交わす(左から)伊礼社長、下地市長、丸川社長=15日、市役所平良庁舎

 宮古島市と日本トランスオーシャン航空(JTA)、琉球エアーコミューター(RAC)、日本航空(JAL)は15日、宮古島の発展に協力するためさまざまな施策で連携して取り組む包括的連携について協定書を締結した。今後の具体的な取り組みとしてはサイクルツーリズムの推進などを行っていく。


 今回の包括的連携協定は、宮古島市とJALグループエアラインの3社が相互の緊密な連携と協力の下で、それぞれが持つ資源を有効活用することで、宮古島市の永続的な振興発展に寄与することを目的に締結された。


 市が総合計画に掲げる施策について連携、協力して取り組むもので、現在予定されている取り組みとしては、自転車サイクリングを通して地域振興を目指すサイクルツーリズムの推進や、高等教育機関誘致構想への協力、自然環境保護施策へのPR協力がある。


 市役所平良庁舎で行われた締結式には下地敏彦市長、JTAの丸川潔社長、RACの伊礼恭社長らが出席。それぞれが協定内容を確認した後、協定書を交わした。


 下地市長は「協定の締結によりこれまで以上に連携して取り組むことができ、さらなる地域活性化につながるものと期待している」。丸川社長は「宮古の皆さんと一体となって、しっかりと新しい価値を見いだして、いろいろなアクションをともに力を合わせて積み重ねていきたい」。伊礼社長は「この協定を通してさらにきめ細やかなサポートを行い、しっかり事業を行っていきたい」とそれぞれあいさつした。


 協定に基づく取り組みの一環として同日、市が検討している自転車専用道を整備する「ブルーライン構想」を支援するため、スタンドのついていない競技用自転車を置くことができる木製の「バイクラック」30台が市へ寄贈された。

2019年3月16日(土) 08:57 [政治・行政]

庁舎請負契約を可決/市議会総務財政委

バイオエタ施設無償譲渡も


 宮古島市議会総務財政委員会(山里雅彦委員長)は15日、付託された3月定例会上程議案の討論、表決を行い、市総合庁舎建設工事請負契約など12議案を可決した。海岸管理条例の制定案ほかバイオエタノール製造施設を無償譲渡する議案も可決した。審査結果は28日の本会議で表決する。

(全文を表示…)

2019年3月16日(土) 08:56 [政治・行政]

「尖閣専従体制」整う/宮古島海保

新巡視船2隻配備、計9隻


山戸部長(前列中央)らは新造巡視船の「まえはま」(左)と「ながやま」(右)をバックに記念撮影した=15日、伊良部の長山港

山戸部長(前列中央)らは新造巡視船の「まえはま」(左)と「ながやま」(右)をバックに記念撮影した=15日、伊良部の長山港

 尖閣諸島周辺の領海警備強化に向け、海上保安庁の規制能力強化型の新造巡視船2隻が宮古島海上保安部(山戸義勝部長)に新たに配備され15日、伊良部の長山港に入港した。巡視船は今回の2隻で計9隻となり「尖閣専従体制」が整った。入港式で、山戸部長は「海上保安官であるとの誇り、自覚、覚悟を持って任務を全うし、国民の負託に応えられるよう祈念する」と訓示した。

(全文を表示…)

2019年3月15日(金) 08:59 [政治・行政, 産業・経済]

製糖期、5月入りも/サトウキビ

雨天で原料不足深刻
初の調整会議/まくら刈り推奨へ


サトウキビの刈り取り作業に関する初めての調整会議が開かれた=14日、市役所平良庁舎

サトウキビの刈り取り作業に関する初めての調整会議が開かれた=14日、市役所平良庁舎

 雨天の影響で、2018-19年期のサトウキビ製糖操業が5月にずれ込む可能性が出てきた。雨で機械刈りがストップし、製糖工場に搬入される原料(サトウキビ)が不足していることが要因だ。事態を重く見た宮古島市は14日、初の調整会議を招集。原料の確保に向けて、機械刈りをスムーズにするまくら刈りの推奨や、雨天後速やかに機械刈りを実行に移す全体としての方向性を確認した。

(全文を表示…)

2019年3月15日(金) 08:58 [政治・行政]

バイオエタ施設、無償譲渡へ/総務財政委

宮古島市 資産価値2億4700万円


無償譲渡する方針が議会に提案されているバイオエタノール製造施設=14日、下地上地

無償譲渡する方針が議会に提案されているバイオエタノール製造施設=14日、下地上地

 宮古島市議会は14日、常任委員会を開き、3月定例会に上程された議案を審査した。総務財政委員会(山里雅彦委員長)では、市企画政策部がバイオエタノール製造施設を無償で譲渡する議案を説明したが、施設の資産価値や指定管理者と結んだ基本協定の条文をめぐって一部の委員が市の対応を疑問視した。市によると、施設の建物の資産価値は約2億4700万円。

(全文を表示…)

2019年3月15日(金) 08:57 [政治・行政]

「城東中」の名称承認/市議会文教社会委

一部議員は反対表明


市学校設置条例一部改正議案について挙手による採決を行う文教社会委員会=14日、市役所平良庁舎

市学校設置条例一部改正議案について挙手による採決を行う文教社会委員会=14日、市役所平良庁舎

 市議会文教社会委員会(平良敏夫委員長)が14日、市役所平良庁舎で開かれ、付託議案の審議と採決を行った。採決では城辺地区4中学校を統合する新しい学校の名称を城東中学校とするための条例改正案について、一部議員が反対を表明したことから挙手による採決を行った結果、賛成多数で条例改正は可決された。

(全文を表示…)

2019年3月14日(木) 09:00 [政治・行政]

駐車場を有料化へ

30分100円、今夏から
市公設市場


有料化が計画されている市公設市場の駐車場=13日、平良下里

有料化が計画されている市公設市場の駐車場=13日、平良下里

 市は無料だった市公設市場(平良下里)の駐車場を有料化する。駐車料金は営業時間内で買い物客の場合、最初の30分は無料でそれ以降は30分ごとに100円が加算される。食事で施設を利用する場合は、最初の1時間が無料でそれ以降は30分ごとに100円を加えていく。


(全文を表示…)

2019年3月14日(木) 08:57 [政治・行政]

「特定空家」判断へ

市議会経工委
適切管理条例案を審査


付託議案の審査を行う経済工務委員会=13日、市役所平良庁舎

付託議案の審査を行う経済工務委員会=13日、市役所平良庁舎

 市議会経済工務委員会(高吉幸光委員長)が13日、市役所平良庁舎で開かれ、市空家等の適切な管理に関する条例を制定するための条例案などについて審査を行った。同条例案について建設部の下地康教部長は、空き家適正管理のために放置することが不適切な「特定空家等」について判断するために制定させる条例との認識を示した。


(全文を表示…)

2019年3月13日(水) 08:57 [政治・行政]

業者との調停を説明/伊良皆村長

多良間村議会一般質問


一般質問で答弁する伊良皆村長=11日、多良間村議場

一般質問で答弁する伊良皆村長=11日、多良間村議場

 【多良間】多良間村議会(森山実夫議長)3月定例会は11日開会し、一般質問が行われた。6人が登壇し、村政全般に対し伊良皆光夫村長の考えを聞いた。新多良間製糖工場建設で、機械を納入した業者との追加費用をめぐり、村と業者双方が調停手続きに入っている。伊良皆村長は業者側が提示した追加費用3億円余の請求について「金額を証明する裏付け資料がないという疑問点などを指摘したところ、業者側が2億1582万円まで引き下げることになった」などと調停内容を説明した。調停は今後引き続き行われる見通しだが、追加費用を村がどれだけ支払うのか不透明な状況だ。同日行われた同村議会3月定例会一般質問で富原安則氏の質問に答えた。

(全文を表示…)

2019年3月12日(火) 09:00 [政治・行政]

U・Iターンを奨励/過疎対策「何でもやる」

伊良皆村長が施政方針/多良間村議会開会


多良間村議会3月定例会で2019年度の施政方針を表明する伊良皆光夫村長=11日、村議場

多良間村議会3月定例会で2019年度の施政方針を表明する伊良皆光夫村長=11日、村議場

 【多良間】多良間村議会(森山実夫議長)3月定例会が11日開会し、伊良皆光夫村長が2019年度の基本方針や政策についての姿勢を示す施政方針を表明した。伊良皆村長は過疎化対策について「U・Iターン奨励のためには『何でもやる』との姿勢で取り組んでいく」と強調。全国の成功事例を参考にしながら「子育て世代の支援や若者定住施策を推進し国営事業の実現など、雇用の創出を目指していく」と決意を示した。

(全文を表示…)

2019年3月12日(火) 08:58 [政治・行政]

建設計画案に同意/景観審が答申

ホテルと共同住宅5件


下地市長(右)に答申書を手渡す庄司副会長=11日、市長室

下地市長(右)に答申書を手渡す庄司副会長=11日、市長室

 市景観審議会(池田孝之会長)の庄司優副会長が11日、市役所平良庁舎で下地敏彦市長に対し、2月26日に下地市長から諮問を受けホテルや共同住宅の建設計画案計5件について、審議の結果、いずれも原案に同意すると決した審議結果を答申した。

(全文を表示…)

2019年3月11日(月) 08:55 [政治・行政, 社会・全般]

災害時の備え学ぶ/市障がい福祉課

共生社会実現で講演


多くの市民が参加して宮澤さんの講話に聞き入っていた=9日、ゆいみなぁ

多くの市民が参加して宮澤さんの講話に聞き入っていた=9日、ゆいみなぁ

 市障がい福祉課は9日、働く女性の家(ゆいみなぁ)で国立障害者リハビリテーション学院手話通訳学科教官で手話通訳士の宮澤典子さんを講師に招いて講演会を実施した。「共生社会の実現~だれもが守りあえる社会づくり~」という演題で行い、多くの市民が参加して被災当時の聴覚障がい者の現状や支援者の災害時の備えなどについて知識を深めた。

(全文を表示…)

2019年3月9日(土) 09:00 [政治・行政]

「財調」初の取崩しへ

市議会予算委 財源不足補う


財政調整基金の一般会計繰り入れについて宮国総務部長が答弁する市議会予算決算委員会=8日、市議会議場

財政調整基金の一般会計繰り入れについて宮国総務部長が答弁する市議会予算決算委員会=8日、市議会議場

 宮古島市は市の「貯金」に当たる財政調整基金から13億3757万円を取り崩して一般会計に繰り入れる方針だ。初の措置で、市では「事業規模に対する一般財源不足を補うため」と説明している。2019年度一般会計当初予算案に計上され、市議会3月定例会に提出されている。8日の市議会予算決算委員会(山里雅彦委員長)で、各議員の質問に市当局が理由などを説明した。


(全文を表示…)

2019年3月8日(金) 09:00 [政治・行政]

統合予定校にも設置へ/文教社会委員会

小中校への空調(冷房)設備/市教委、単費含め対応検討


教室への空調設置事業費について審議した文教社会委員会=7日、市役所平良庁舎

教室への空調設置事業費について審議した文教社会委員会=7日、市役所平良庁舎

 市議会の文教社会委員会(平良敏夫委員長)が7日に市役所平良庁舎で行われ、市の2018年度一般会計補正予算案などについて審議し可決した。市内の小学校(幼稚園含む)と中学校の教室に空調(冷房)設備整備に向けた事業費については、城辺地区の中学校が2年後に統合を予定していることから、今回の国庫補助事業においては整備が見送られたことについて、市では単費を含め別の方法での導入に向け検討していく方針を示した。

(全文を表示…)

2019年3月8日(金) 08:58 [政治・行政]

用地取得、一部で難航/市総合庁舎

本体工事への影響はなし


市総合庁舎建設事業で一部の用地の取得が難航している=7日、平良西里の建設地

市総合庁舎建設事業で一部の用地の取得が難航している=7日、平良西里の建設地

 宮古島市の総合庁舎建設事業で、一部用地の取得が難航している。民有地の相続人特定及び用地交渉に時間を要しているという。2018年度予算に計上していた約3300万円の用地取得費は次年度に繰り越して対応する。対象となる用地は駐車場や緑地帯の部分で、4月にも着工する本体工事に影響はない。

(全文を表示…)

2019年3月7日(木) 08:57 [政治・行政]

海岸管理者は公募へ

前浜など、権限移譲受け/条例案で副市長答弁


海岸管理のあり方について答弁する長濱副市長=6日、市議会議場

海岸管理のあり方について答弁する長濱副市長=6日、市議会議場

 開会中の宮古島市議会(佐久本洋介議長)3月定例会に条例制定案が提出されている市海岸管理条例に関連して長濱政治副市長は、海岸管理者は公募で募集し、海岸管理者の管理は市ではなく別団体に委託する方針であることを6日の市議会質疑で明らかにした。実質的な海岸管理の実施は2020年度からを目指す。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成31年3月1日現在

    宮古島市 54,225 人
    27,176 人
    27,049 人
    世帯数 26,929 軒
    多良間村 1,169 人
    628 人
    541 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2019年3月
    « 2月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2