「産業・経済」 2019年3月のニュース一覧

2019年3月31日(日) 09:00 [産業・経済]

成田ー下地島就航/ジェットスター・ジャパン

初便、往復とも満席/空の新玄関口スタート


ジェットスターの片岡社長(左から5人目)を中心に就航をPRする関係者=30日、みやこ下地島空港ターミナル

ジェットスターの片岡社長(左から5人目)を中心に就航をPRする関係者=30日、みやこ下地島空港ターミナル

 格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパン(本社千葉県成田市、片岡優社長)は30日、成田-下地島路線を就航させた。この日開業したみやこ下地島空港ターミナルで就航式典を実施し、同社をはじめ、市や県、観光関係者が多数出席した。同空港への定期便運航は24年ぶり。年間観光客数が初めて100万人を突破するなど、急激な成長を遂げる宮古観光の新たな空の玄関口としてスタートを切った。式典後には成田発の搭乗客を出迎えたほか、下地島発には下地敏彦市長が乗り込んだ。初便は往復共に満席(180席)の予約だったという。

(全文を表示…)

2019年3月31日(日) 08:59 [産業・経済]

新ターミナル開業/みやこ下地島空港

成田から初便迎える/経済振興、交流促進期待


くす玉を割りターミナルの開業を祝う式典参加者=30日、みやこ下地島空港ターミナル

くす玉を割りターミナルの開業を祝う式典参加者=30日、みやこ下地島空港ターミナル

 下地島空港にジェットスター・ジャパンの成田-下地島定期便の運航がスタートした30日、初便到着前の午前8時からみやこ下地島空港ターミナルの開業式典がターミナルビル入り口で開かれた。同ターミナルを運営する下地島エアポートマネジメントの伴野賢太郎社長をはじめ下地敏彦市長など関係者が多数、参加し、くす玉を割って新ターミナルの開業を祝った。

(全文を表示…)

2019年3月30日(土) 08:59 [産業・経済]

6400万円超の黒字/18年度決算

30年ぶりに累積赤字解消/宮古島漁協 経営状況が好転


今後安定した経営の基盤が期待されている=29日、宮古島漁協

今後安定した経営の基盤が期待されている=29日、宮古島漁協

 宮古島漁協(儀保正司組合長)の2018年度決算で、前年度までの繰越欠損金3800万円が解消され、6400円以上の黒字を計上することが見込まれている。累積赤字解消は約30年ぶり。6月に開かれる定期総会で収支決算は上程され、承認される見通し。28日に開かれた同漁協経営改善管理委員会(委員長・下地敏彦市長)で明らかにされた。

(全文を表示…)

2019年3月30日(土) 08:57 [産業・経済]

ジェットスターきょう就航

下地島空港 成田便が初フライト


 みやこ下地島空港ターミナルが30日、開業する。午前8時から開業式典を開き、初便の到着に備える。同日から就航するジェットスターの成田-下地島便の就航式典は、同9時15分から開催される。同空港への定期便運航は約25年ぶり。新たな空の玄関口として、年間観光客数が初めて100万人を突破した宮古観光に、さらなる弾みを付ける。

(全文を表示…)

2019年3月28日(木) 08:59 [産業・経済]

「見える活動」テーマ/商工会議所議員総会

重点に企業の活力強化
19年度事業計画、予算承認


2019年度事業計画と収支予算を原案通り承認した宮古島商工会議所通常議員総会=27日、宮古島

2019年度事業計画と収支予算を原案通り承認した宮古島商工会議所通常議員総会=27日、宮古島

 宮古島商工会議所(下地義治会頭)は27日、同所で第88回通常議員総会を開いた。議員60人中、49人(本人28人、委任21人)が出席し2議案を審議。「見える活動」の展開をテーマに、会員企業の活力強化に向けた交流・サービス事業充実など7項目を盛り込んだ2019年度事業計画や、事業収入などを計上した同年度一般会計予算(4200万円)をそれぞれ原案通り承認した。


(全文を表示…)

2019年3月28日(木) 08:56 [産業・経済]

計画を地元に説明

サンエー
「宮古島シティ」建設で


多くの住民らが集まり、計画内容に耳を傾けた=25日、JTAドーム宮古島

多くの住民らが集まり、計画内容に耳を傾けた=25日、JTAドーム宮古島

 サンエー(本社宜野湾市、上地哲誠社長)は25日、平良下里に計画している大型ショッピングセンター「(仮称)サンエー宮古島シティ」の地元説明会を実施した。地域住民ら約30人が参加。同社が計画内容や開業後の交通渋滞、騒音の予測を示した。渋滞に関しては「ピーク時は1時間に650台が訪れる。現況の交通量に上乗せした形で予測評価を行い、処理は可能との計算結果になった。現在経路として未設定の空港入り口の交差点を利用することで分散が図れる」との見解を示した。


(全文を表示…)

2019年3月27日(水) 08:58 [産業・経済]

葉タバコ収穫始まる/農家、良質作柄に期待

葉タバコの収穫作業に精を出す生産農家=26日、下地地区

葉タバコの収穫作業に精を出す生産農家=26日、下地地区

 2019年産葉タバコの収穫が今月中旬から始まっている。快晴に恵まれた26日、下地地区では収穫機に乗り、下葉の摘み取り作業に精を出す農家の姿が見られた。

(全文を表示…)

2019年3月27日(水) 08:55 [産業・経済]

米国、加などから624人

大型クルーズ船が初寄港/歓迎セレモニー


歓迎セレモニーでダミール・クルリッチ船長(左から3人目)らにミス宮古島から花束が贈られた=26日、平良港下崎埠頭

歓迎セレモニーでダミール・クルリッチ船長(左から3人目)らにミス宮古島から花束が贈られた=26日、平良港下崎埠頭

  大型客船インシグニア号(ダミール・クルリッチ船長、乗員411人、総トン数3万277トン)が26日、平良港下崎埠頭に初寄港し、乗客624人は美しい伊良部大橋などの景観地観光やスーパーでの買い物、街歩きを楽しんだ。

(全文を表示…)

2019年3月22日(金) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

観光客初の100万人突破/18年度宮古島市

2月末で106万1621人/クルーズ船、中部直行便など要因


クルーズ船の寄港回数が増加(資料写真)

クルーズ船の寄港回数が増加(資料写真)

 市観光商工部はこのほど、2019年2月の宮古島への入域観光客数について、前年同月比1万2546人(21・87%)増の6万9923人だったと発表した。18年4月から2月までの11カ月での累計では前年同期実績90万9093人を15万2528人上回る106万1621人となり、1カ月を残して年間入域観光客数が初めて100万人の大台を突破した。

(全文を表示…)

2019年3月22日(金) 08:58 [産業・経済]

県漁業産出額209億円

7年連続増 マグロ類など増える


7年連続で増加した漁業産出額(資料写真)

7年連続で増加した漁業産出額(資料写真)

 【那覇支社】沖縄総合事務局は21日までに、2017年の県漁業産出額が前年比7・4%増の209億3500万円になったと発表した。漁業産出額の増加は7年連続で、総合事務局は好調の理由を「海面漁業でマグロ類のメバチの漁獲量が大幅に増加し、海面養殖業でもモズク類や車エビの収穫量が増加したのが要因」と分析している。

(全文を表示…)

2019年3月21日(木) 08:59 [産業・経済]

販売額41億3400万円/18年度牛競り実績

前年度並み、高値維持
子牛平均は69万7000円


子牛平均価格

子牛平均価格

 JAおきなわ宮古地区畜産振興センターは20日、2018年度宮古、多良間の両家畜市場の肉用牛販売実績をまとめた。総販売額は前年度並みの41億3400万円。高値取引を印象付けた。主流となる子牛の1頭平均価格は69万7344円で、平均キロ単価は2616円と高かった。


(全文を表示…)

2019年3月20日(水) 08:58 [産業・経済]

イノシシ被害が深刻

城辺長北
保良ではクジャク目撃


イノシシが荒らしたとみられるサトウキビ畑。被害の広がりが懸念される=城辺長北(市農政課提供)

イノシシが荒らしたとみられるサトウキビ畑。被害の広がりが懸念される=城辺長北(市農政課提供)

 イノシシによる農作物被害の広がりが懸念されている。城辺長北の一部ほ場では、畑が掘り起こされ、サトウキビが根元から倒れてしまうという被害が見られる。今年度は2月末時点で前年度並みの35頭を捕獲したが、生息数は50頭を超えるという見方が強い。クジャクが野菜を食い荒らすといった被害報告もあり、より効果的な鳥獣駆除が求められそうだ。市は19日の市議会一般質問で、生息数調査や猟友会会員の増員に取り組む方針を示した。


(全文を表示…)

2019年3月20日(水) 08:57 [産業・経済]

大幅遅れの可能性も

市議会一般質問
クルーズ旅客ターミナル


 平良港で現在、工事が進められている平良港国際クルーズ拠点整備事業のうち、市と提携している船会社が建設する旅客ターミナルについて、建設位置が市と船会社で合意に至っておらず、このままでは完成が大幅に遅れる可能性があることが分かった。19日の市議会3月定例会一般質問で新里匠氏の質問に建設部の下地康教部長が答弁した。


(全文を表示…)

2019年3月19日(火) 09:00 [産業・経済]

開業日は再来年6月/サンエー「宮古島シティ」

県に届出、空港向いに/25日に住民説明会


2015年に発表されたサンエー「宮古島シティ」(仮称)の予想図。左の建物はJTAドーム宮古島

2015年に発表されたサンエー「宮古島シティ」(仮称)の予想図。左の建物はJTAドーム宮古島

 県は18日までに、サンエー(本社・宜野湾市、上地哲誠社長)が平良下里に計画している大型ショッピングセンター「(仮称)サンエー宮古島シティ」について、同社が大規模小売店舗立地法に基づき提出した届出書の内容を公表した。開業日にあたる店舗新設日は、2021年6月1日となった。

(全文を表示…)

2019年3月19日(火) 08:57 [産業・経済]

リゾート気分満喫/みやこ下地島空港ターミナル

一般市民対象に内覧会


飲食物を販売するカフェは大勢の親子連れでにぎわった内覧会=17日、みやこ下地島空港ターミナル

飲食物を販売するカフェは大勢の親子連れでにぎわった内覧会=17日、みやこ下地島空港ターミナル

 30日開業に向け、三菱地所(東京都、吉田淳一社長)が運営するみやこ下地島空港ターミナルで17日、一般向けの内覧会が行われた。大勢の市民や観光客が訪れ、リゾートホテルのロビーを演出したような豪華な雰囲気に「最高級の施設」と絶賛。「宮古の第2の空の玄関口」としての存在感を改めて実感した様子だった (全文を表示…)

2019年3月17日(日) 09:00 [産業・経済]

「第2の玄関」に期待大/下地島空港ターミナル竣工

吉田社長「宮古盛り上げる」/盛大に記念式典


空港ターミナルの竣工を祝い乾杯をする関係者。下地島空港を活用した一層の観光振興に期待を込めた=16日、みやこ下地島空港ターミナル

空港ターミナルの竣工を祝い乾杯をする関係者。下地島空港を活用した一層の観光振興に期待を込めた=16日、みやこ下地島空港ターミナル

 30日開業の「みやこ下地島空港ターミナル」の竣工記念式典が16日、ターミナル施設内で開かれた。各界各層から関係者多数が出席し、宮古空港に次ぐ「第2の玄関」の利活用に伴う観光振興に期待を寄せた。ターミナルを整備した三菱地所の吉田淳一社長は「皆さんと手を携え、宮古島、日本を盛り上げたい」と決意を語った。17日は一般向けの内覧会が行われる。時間は正午から午後2時。

(全文を表示…)

2019年3月16日(土) 09:00 [産業・経済]

ターミナル施設が完成/みやこ下地島空港

南国リゾートを演出/きょう竣工記念式典
島内外メディアに公開


施設の概要や魅力をメディア関係者に紹介した内覧会=15日、みやこ下地島空港ターミナル

施設の概要や魅力をメディア関係者に紹介した内覧会=15日、みやこ下地島空港ターミナル

 今月30日の開業に向けてみやこ下地島空港ターミナルのメディア内覧会が15日、同空港施設内で行われた。窓が開け放たれ心地よい風が吹き込み、さらに南国の陽の光りも取り込まれ、島内外から内覧会に参加したメディア関係者が施設のキーコンセプトである「空港から、リゾート、はじまる。」を体感した。16日には神事と竣工記念式典。17日には正午から午後2時まで一般向けの内覧会も予定されている。

(全文を表示…)

2019年3月16日(土) 08:58 [政治・行政, 産業・経済]

宮古島発展に協力/JTA、RAC、JAL

市と包括的連携協定締結


協定書を交わす(左から)伊礼社長、下地市長、丸川社長=15日、市役所平良庁舎

協定書を交わす(左から)伊礼社長、下地市長、丸川社長=15日、市役所平良庁舎

 宮古島市と日本トランスオーシャン航空(JTA)、琉球エアーコミューター(RAC)、日本航空(JAL)は15日、宮古島の発展に協力するためさまざまな施策で連携して取り組む包括的連携について協定書を締結した。今後の具体的な取り組みとしてはサイクルツーリズムの推進などを行っていく。


 今回の包括的連携協定は、宮古島市とJALグループエアラインの3社が相互の緊密な連携と協力の下で、それぞれが持つ資源を有効活用することで、宮古島市の永続的な振興発展に寄与することを目的に締結された。


 市が総合計画に掲げる施策について連携、協力して取り組むもので、現在予定されている取り組みとしては、自転車サイクリングを通して地域振興を目指すサイクルツーリズムの推進や、高等教育機関誘致構想への協力、自然環境保護施策へのPR協力がある。


 市役所平良庁舎で行われた締結式には下地敏彦市長、JTAの丸川潔社長、RACの伊礼恭社長らが出席。それぞれが協定内容を確認した後、協定書を交わした。


 下地市長は「協定の締結によりこれまで以上に連携して取り組むことができ、さらなる地域活性化につながるものと期待している」。丸川社長は「宮古の皆さんと一体となって、しっかりと新しい価値を見いだして、いろいろなアクションをともに力を合わせて積み重ねていきたい」。伊礼社長は「この協定を通してさらにきめ細やかなサポートを行い、しっかり事業を行っていきたい」とそれぞれあいさつした。


 協定に基づく取り組みの一環として同日、市が検討している自転車専用道を整備する「ブルーライン構想」を支援するため、スタンドのついていない競技用自転車を置くことができる木製の「バイクラック」30台が市へ寄贈された。

2019年3月15日(金) 09:00 [産業・経済]

路盤材用砕石が不足

大型工事などで大幅需要増/日々の生産追いつかず


大型工事や公共工事の集中など、大幅に増加した需要に生産が追いつけない状況が続いている砕石場=13日、市内

大型工事や公共工事の集中など、大幅に増加した需要に生産が追いつけない状況が続いている砕石場=13日、市内

 道路や駐車場工事などの路盤材に用いられる砕石の一種である粒度調整砕石などの需要が過去に例を見ないほど増加し、昨年末ごろから不足傾向が続き、現在は不足の状態となっている。陸上自衛隊の駐屯地建設などの大型工事のほか、年度末に例年増える公共工事の集中とも重なって、島内の砕石場ではストックしていた分をほぼ使い果たし、日々の生産もその需要に追いつかない状況が続いている。

(全文を表示…)

2019年3月15日(金) 08:59 [政治・行政, 産業・経済]

製糖期、5月入りも/サトウキビ

雨天で原料不足深刻
初の調整会議/まくら刈り推奨へ


サトウキビの刈り取り作業に関する初めての調整会議が開かれた=14日、市役所平良庁舎

サトウキビの刈り取り作業に関する初めての調整会議が開かれた=14日、市役所平良庁舎

 雨天の影響で、2018-19年期のサトウキビ製糖操業が5月にずれ込む可能性が出てきた。雨で機械刈りがストップし、製糖工場に搬入される原料(サトウキビ)が不足していることが要因だ。事態を重く見た宮古島市は14日、初の調整会議を招集。原料の確保に向けて、機械刈りをスムーズにするまくら刈りの推奨や、雨天後速やかに機械刈りを実行に移す全体としての方向性を確認した。

(全文を表示…)

2019年3月14日(木) 08:56 [産業・経済]

旅行サイトの活用を

インバウンド対策セミナー
伊良部商工会


多くの会員らが集まり高田社長(奥)の講話に耳を傾けた=13日、伊良部公民館

多くの会員らが集まり高田社長(奥)の講話に耳を傾けた=13日、伊良部公民館

 インバウンド(訪日外国人旅行)観光客対策セミナー(主催・市伊良部商工会)が13日、伊良部公民館で行われた。会場には多くの会員らが集まり、講話に耳を傾けた。海外で人気のある旅行サイトに宿泊施設や店舗を登録することで、集客が見込めることなどが紹介された。


(全文を表示…)

2019年3月13日(水) 09:00 [産業・経済]

関西-下地島線就航へ/ジェットスター・ジャパン

成田に続き2路線目


関西-下地島線の7月就航を発表した片岡社長(中央)、福里次長(右から4人目)、根間事務局長(同3人目)、伴野賢太郎下地島エアポートマネジメント社長(左から4人目)、久保田圭沖縄県大阪事務所長(同3人目)、ミス宮古島ミスブーゲンビレアの下地千都勢さん(右端)=12日、大阪市

関西-下地島線の7月就航を発表した片岡社長(中央)、福里次長(右から4人目)、根間事務局長(同3人目)、伴野賢太郎下地島エアポートマネジメント社長(左から4人目)、久保田圭沖縄県大阪事務所長(同3人目)、ミス宮古島ミスブーゲンビレアの下地千都勢さん(右端)=12日、大阪市

 【那覇支社】ジェットスター・ジャパン(千葉県成田市・片岡優社長)は12日、大阪市で会見し、7月3日から関西-下地島線を就航させると発表した。10月26日まで。夏休み期間中(7月20日~8月31日)は毎日1往復、その他の期間は週4往復(月・水・金・日)を予定している。運賃は片道5990円からで、同社が下地島空港に就航するのは成田線に次いで2路線目。下地島空港へはまた、香港エクスプレス(香港)が香港-下地島線の国際定期便を7月から週3往復就航させる予定となっている。

(全文を表示…)

2019年3月13日(水) 08:58 [産業・経済]

インゲン天ぷら人気

消費拡大でイベント開催/拠点産地認定を周知


観光客にサヤインゲンの天ぷらを振る舞う専門部会のメンバーら。積極的にアピールした=12日、あたらす市場

観光客にサヤインゲンの天ぷらを振る舞う専門部会のメンバーら。積極的にアピールした=12日、あたらす市場

 JA「あたらす市場」で12日、サヤインゲンの消費拡大イベントがあった。県の拠点産地認定に伴う告知キャンペーンで、生産農家がサヤインゲンの天ぷらを振る舞ってアピール。来店者が次々と試食し、ほんのり甘い宮古島産のサヤインゲンに舌鼓を打った。

(全文を表示…)

2019年3月12日(火) 08:57 [産業・経済]

パヤオ3基設置へ/県農水振興センター

豊かな漁場形成期待


中層型浮き魚礁3基を積み込んだバージ船は12日早朝出港する予定=11日、平良地区の池間漁港

中層型浮き魚礁3基を積み込んだバージ船は12日早朝出港する予定=11日、平良地区の池間漁港

 県宮古農林水産振興センターはきょう12日、宮古島北西沖に人工の浮力体でカツオやマグロ、シイラなどの回遊魚を集める効果を発揮する中層型浮き魚礁(パヤオ)3基を設置する予定。今後の豊かな漁場形成が期待されている。

(全文を表示…)

2019年3月9日(土) 08:56 [産業・経済]

キャッシュレス化推奨

NTTドコモ
セミナーで実証実験報告


多くの関係者が集まり、報告に耳を傾けた=8日、宮古島東急ホテル&リゾーツ

多くの関係者が集まり、報告に耳を傾けた=8日、宮古島東急ホテル&リゾーツ

 宮古島キャッシュレスセミナー(主催・NTTドコモ)が8日、宮古島東急ホテル&リゾーツで開催された。島内外から約60人が参加し、島内で実施された「訪日外国人送客およびキャッシュレス化」の実証実験について理解を深めた。NTTドコモの地域協創・ICT推進室の星伸寿室長らが、カード決済によるタクシーの売上高が約300万円にのぼり、一般店舗は売上高が約170%増となったと報告。「実証で培ったプロセス・ノウハウを生かし、他地域でも地方創生に貢献する」と強調した。


(全文を表示…)

2019年3月8日(金) 08:59 [産業・経済]

マンゴー生産量640㌧/18年産

豊作に迫る実績に/着果個数調整が奏功か


2018年は推定640㌧のマンゴーが生産された(資料写真)

2018年は推定640㌧のマンゴーが生産された(資料写真)

 2018年の宮古島産マンゴーの生産量が推定値で640㌧だったことが県や市のまとめで分かった。出蕾(しゅつらい)や着果の悪さから生産量の落ち込みが懸念されたが、各農園の着果個数調整などで盛り返したとみられ、最終的には豊作の基準となる700㌧に迫る実績となった。

(全文を表示…)

2019年3月6日(水) 08:58 [産業・経済]

光ファイバー網整備へ

伊良部・狩俣地区
20年に全地域で利用開始


 【那覇支社】県企画部(川満誠一部長)は2019年度予算案で、離島や過疎地域で光ファイバーケーブルを利用した高速大容量通信環境を整備する「超高速ブロードバンド環境整備促進事業」に11億1047万1000円を計上している。宮古地区では、来年度に伊良部と狩俣地区の整備が行われ、完了すると大神島を除く全地域で光ファイバー網が整備される。伊良部・狩俣両地区でのサービス開始は20年を見込む。


(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年7月1日現在

    宮古島市 54,698 人
    27,554 人
    27,144 人
    世帯数 27,615 軒
    多良間村 1,141 人
    608 人
    533 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2019年3月
    « 2月   4月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2