「教育・文化」 2019年3月のニュース一覧

2019年3月31日(日) 08:57 [教育・文化]

師範に与那覇、吉賀さん

宮古民謡保存協 教師には漢那さん合格


(写真右から)師範試験に合格した与那覇さん、吉賀さん、教師試験に合格した漢那さん(写真提供・宮古民謡保存協会)

(写真右から)師範試験に合格した与那覇さん、吉賀さん、教師試験に合格した漢那さん(写真提供・宮古民謡保存協会)

 宮古民謡保存協会(喜屋武稔会長)はこのほど、市働く女性の家で2018年度師範・教師試験を行った。師範には与那覇正秀さん、吉賀かおりさん、教師には漢那林さんがそれぞれ合格した。3人には同協会から免許状が授与された。

(全文を表示…)

2019年3月26日(火) 08:56 [教育・文化]

子どもたちが英検合格/WINDOWズ留学センター

小4城間さん2級、高卒水準


合格証明書を手に晴れ晴れとした表情を見せる合格者=23日、WINDOWズ留学センター

合格証明書を手に晴れ晴れとした表情を見せる合格者=23日、WINDOWズ留学センター

  実用英語技能検定試験がこのほど実施され、市内のWINDOWズ留学センター(アントリム・ミルトン代表)に通う城間碧さん(久松小4年)が高校卒業レベルに相当する2級に見事合格した。城間さんは合格証明書を手に「合格を知った時は、とてもうれしかった。次は準1級に挑戦する。将来の夢は薬剤師」と晴れ晴れとした表情で語った。

(全文を表示…)

2019年3月24日(日) 08:58 [教育・文化]

東大生講座に40人受講/伊良部限定 5日間集中

記念講演に聞き入る東大生の横山花さん(右端)ら=23日、市伊良部公民館

記念講演に聞き入る東大生の横山花さん(右端)ら=23日、市伊良部公民館

 第5回東大生講座in伊良部島2019(主催・同実行委員会、共催・東大NETアカデミー)が24~28日までの5日間、市伊良部公民館で実施される。東大生の講師4人が、伊良部島に限定した受講生40人を対象に講義する。講座開始を翌日に控えた23日、開講式が行われ、講師4人は「楽しい講座にしたい」と意欲を見せた。

(全文を表示…)

2019年3月24日(日) 08:56 [教育・文化]

音大生が演奏披露/宮高卒4人、学習の成果

サポートメンバーとともに演奏を披露する出演者=23日、市中央公民館大ホール

サポートメンバーとともに演奏を披露する出演者=23日、市中央公民館大ホール

 第1回宮古高校卒業生有志現役音大生による演奏会(主催・宮古高校卒業生有志)が23日、市中央公民館大ホールで開かれた。音楽大学の現役学生4人らが出演。日ごろから学び、練習に取り組んでいる楽器の演奏技術で地元の観客を魅了した。

(全文を表示…)

2019年3月23日(土) 09:00 [教育・文化]

1世紀余の歴史に幕/伊良部小、佐良浜小

校旗返納、閉校式/4月から小中一貫校に


大きな声で校歌を斉唱する児童たち=22日、伊良部小学校

大きな声で校歌を斉唱する児童たち=22日、伊良部小学校

 宮古島市立伊良部、佐良浜の両小学校で22日、閉校式が行われた。在校生や卒業生、保護者、地域住民らが出席。校旗の返納を見届け、1世紀余の歴史に幕を下ろした。伊良部島小中一貫校(結の橋学園)が4月に開校し、新しい歴史を刻み始める。

(全文を表示…)

2019年3月23日(土) 08:58 [教育・文化]

新調の獅子頭に入魂/松原自治会

神事のっとり100年ぶり


自治会役員らが出席し神事にのっとって行われた「入魂式」=22日、松原公民館

自治会役員らが出席し神事にのっとって行われた「入魂式」=22日、松原公民館

 平良松原自治会(松原正人会長)は獅子舞で踊る雌雄一対の獅子頭を約100年ぶりに新調し22日、同自治会公民館で「入魂式」を行った。関係者が見守る中、宮古神社の神主が神事にのっとって木彫りの獅子頭に魂を吹き込んだ。

(全文を表示…)

2019年3月23日(土) 08:57 [教育・文化]

平良さん、特別賞受賞/おきでん写真コンテスト

特別賞を受賞した平良さん(右)と友利校長=22日、北中学校

特別賞を受賞した平良さん(右)と友利校長=22日、北中学校

 第11回おきでん「ひかりの風景」デジタル写真コンテストで、北中学校2年の平良有里佳さんが特別賞を受賞した。平良さんの作品は、応募点数約1080点の中から特別賞に選ばれた。作品は沖縄電力の2019年カレンダーに掲載されている。

(全文を表示…)

2019年3月23日(土) 08:55 [教育・文化]

新学期に胸膨らせ/各校で3学期修了式

1年間の歩み振り返る


「よい子のあゆみ」を手に笑顔を見せる児童たち=22日、北小学校

「よい子のあゆみ」を手に笑顔を見せる児童たち=22日、北小学校

 宮古地区の小・中・高校で22日、3学期の修了式が行われた。児童生徒は通知表を受け取り、内容に一喜一憂した。この1年間の歩みを振り返るとともに、4月からの新学期に胸を膨らませた。

(全文を表示…)

2019年3月19日(火) 08:55 [イベント, 教育・文化]

一流の演奏間近に/青少年国際音楽祭

ジュニアオーケストラと共演も


宮古民謡などが演奏された音楽祭=17日、マティダ市民劇場

宮古民謡などが演奏された音楽祭=17日、マティダ市民劇場

 第5回みやこじま青少年国際音楽祭(主催・同実行委員会、共催・宮古島市)が17日、マティダ市民劇場で開催された。国内外で活躍する一流演奏家と宮古島市ジュニアオーケストラが息の合った重厚な演奏を披露し、観客を魅了した。

(全文を表示…)

2019年3月17日(日) 08:58 [教育・文化]

卒園9人、笑顔の巣立ち/砂川保育所

再会約束し休園へ


「幼稚園や子ども園でも頑張ります」と約束する卒園児=16日、砂川保育所

「幼稚園や子ども園でも頑張ります」と約束する卒園児=16日、砂川保育所

 市立砂川保育所(与那覇順子所長)の卒園式が16日開かれ、卒園する9人が楽しい思い出を胸に学びやを巣立った。同所は施設の老朽化で来年度の休園が決まっている。存続は約束されているが、しばらくの間は園児も保護者も園を離れることに。お別れ会では、園児が元気で、安全に遊べる園での再会を約束した。

(全文を表示…)

2019年3月15日(金) 08:55 [教育・文化]

国公立大に13人合格/宮古高校

報告会で喜び語る


一般入試で国公立大学に合格した生徒たち=14日、宮古高校

一般入試で国公立大学に合格した生徒たち=14日、宮古高校

 宮古高校(平良智枝子校長)の生徒13人がこのほど、一般入試(前期)で国公立大学に合格を果たした。同校で14日、報告会が開かれ、生徒たちは「地域活性化について学びたい」「人工知能に興味がある」などと夢を語った。

(全文を表示…)

2019年3月14日(木) 08:59 [教育・文化]

高校入試 宮古421人合格

合格番号を見つけて喜ぶ受験生。笑顔があふれた=13日、宮古高校

合格番号を見つけて喜ぶ受験生。笑顔があふれた=13日、宮古高校

“15の春”にサクラ咲く


 2019年度県立高校入学者選抜学力検査(高校入試)の合格発表が13日、各校であった。宮古地区では3校に421人が合格。共に学んだ仲間や保護者と喜びを分かち合った。


(全文を表示…)

2019年3月11日(月) 09:00 [教育・文化]

「さようなら わが母校」/伊良部、佐良浜中閉校

4月から伊良部島小中一貫校


伊良部中71年の歴史に幕。垣花校長(右)から宮國教育長に校旗が返納された=10日、伊良部中体育館

伊良部中71年の歴史に幕。垣花校長(右)から宮國教育長に校旗が返納された=10日、伊良部中体育館

 宮古島市立伊良部、佐良浜の両中学校で10日、閉校式があった。在校生や卒業生、保護者、地域住民の多数が出席し、校旗の返納を見届けるとともに、70年以上の歴史を刻んだ学びやに別れを告げた。4月からは伊良部島小中一貫校(結の橋学園)として新しい歴史の一歩を踏み出す。

(全文を表示…)

2019年3月11日(月) 08:57 [教育・文化]

感謝、笑顔で卒業 新生活へ

 宮古島市と多良間村の中学校で9、10日、卒業式が行われた。卒業生たちは在校生や保護者らに見守られながら4月から始まる新生活へ一歩を踏み出した。

(全文を表示…)

2019年3月8日(金) 08:57 [教育・文化]

緊張から解放され、笑顔/高校入試が終了

合格発表は13日


緊張から解放され、笑顔を見せる受験生たち=7日、宮古高校

緊張から解放され、笑顔を見せる受験生たち=7日、宮古高校

 2019年度県立高校入学者選抜学力検査(高校入試)2日目の7日、社会、数学、面接が実施され、全日程を終了した。宮古地区では宮古高校、宮古総合実業高校、宮古工業高校に計352人が挑んだ。受験生たちは緊張から解放され、互いの努力をたたえ合うなど笑顔で会場を後にした。合格発表は13日午前9時から各校で行われる。

(全文を表示…)

2019年3月7日(木) 08:59 [教育・文化]

高校入試 カツ食べて合格

受験生を料理で激励/家族、親戚一堂に昼食


家族らと会話を楽しみながら愛情弁当を頬張る受験生たち=6日、宮古高校体育館

家族らと会話を楽しみながら愛情弁当を頬張る受験生たち=6日、宮古高校体育館

 県立高校一般入試初日が行われた6日の昼、入試会場となった市内各高校の体育館などでは、家族や親戚らが一堂に集まり、手作りの愛情弁当で受験生を励ます、宮古ならではの光景が広がった。受験生は午後の試験に向け、家族からの激励の言葉を受けながら、験担ぎの定番「カツ」を使った料理を頬張り気力をみなぎらせていた。

(全文を表示…)

2019年3月7日(木) 08:58 [教育・文化]

「15の試練」始まる/高校入試

宮古3校352人が挑む


解答用紙の配布を待つ受験生たち=6日、宮古高校

解答用紙の配布を待つ受験生たち=6日、宮古高校

 2019年度の県立高校入学者選抜学力検査(高校入試)が6日、宮古地区の3高校で始まった。宮古高校、宮古総合実業高校、宮古工業高校に計352人が挑んだ。初日は国語、理科、英語の3教科を実施した。7日は社会、数学の2教科と面接が行われる。合格発表は13日。

(全文を表示…)

2019年3月6日(水) 08:56 [教育・文化]

星誕生の仕組み紹介

平一小で天文台出前授業


講師の渡邊さんは4年生を対象に講話。児童たちは興味津々に聞き入っていた。

講師の渡邊さんは4年生を対象に講話。児童たちは興味津々に聞き入っていた。

 国立天文台名誉教授の日江井(ひえい)榮二郎さんと渡邊鉄哉さんを講師に招いての出前授業「僕たちは星の子」が5日、平良第一小学校であった。日江井さんは3年生80人を対象に講話し「私たちは宇宙から命をもらっている。だから皆は星の子です」と述べた。


(全文を表示…)

2019年3月5日(火) 08:59 [教育・文化]

森田、佐鳥さんを祝福/第2回宮古島文学賞

「島」の魅力を発信/授賞・祝賀会で決意新た


授賞式で盛大な祝福を受けた一席の森田たもつさん(中央)と佳作の佐鳥理さん(右から2人目)。左から選考委員を務めた大城貞俊さん、椎名誠さん。右はもりおみずきさん=3日、市内ホテル

授賞式で盛大な祝福を受けた一席の森田たもつさん(中央)と佳作の佐鳥理さん(右から2人目)。左から選考委員を務めた大城貞俊さん、椎名誠さん。右はもりおみずきさん=3日、市内ホテル

 第2回宮古島文学賞(主催・市文化協会)の授賞式と祝賀会が3日、市内ホテルで開かれた。多くの関係者が出席し、最高賞の一席を受賞した宮古島市の森田たもつさんと佳作に入った東京都に住む佐鳥理さんを祝福。作品の完成度をたたえるとともに、島から発信される文化的才能の広がりと文学賞の充実、発展に向けて決意を新たにした。

(全文を表示…)

2019年3月5日(火) 08:58 [教育・文化]

池間六段が3連覇

第41期宮古本因坊戦/本社主催


優勝杯を手にする池間博美六段=3日、こすみ囲碁教室

優勝杯を手にする池間博美六段=3日、こすみ囲碁教室

 第41期宮古本因坊戦(主催・宮古毎日新聞社、主管・日本棋院平良支部、協賛・こすみ囲碁教室)の決勝リーグが3日午前10時から同囲碁教室で行われ、現本因坊の池間博美六段が3戦全勝で3連覇を果たした。通算の優勝回数は14回。長年積み重ねた棋力を十分に発揮した。

(全文を表示…)

2019年3月5日(火) 08:55 [教育・文化]

心一つに「かぎやで風」/さんしんの日

沖縄宮古民謡協が演奏会


ラジオの毎時報に合わせて「かぎやで風」を一斉に演奏した沖縄宮古民謡協会のメンバー=4日、豊見城市社会福祉センター

ラジオの毎時報に合わせて「かぎやで風」を一斉に演奏した沖縄宮古民謡協会のメンバー=4日、豊見城市社会福祉センター

 【那覇支社】第27回「さんしんの日」(主催・琉球放送)が開催された4日、沖縄宮古民謡協会(佐和田方恒会長)は、豊見城市社会福祉センターに会員ら多数が集い、全体合奏曲の「かぎやで風」を1時間おきに流れるラジオの時報を合図に演奏した。「とうがにあやぐ」「大世栄」「池間の主」などの宮古芸能も披露した。


 佐和田会長は「毎年開いている芸能祭では、宮古民謡と宮古の踊りが中心で、会員らは沖縄古典音楽を演奏するという機会がない」と述べ、「さんしんの日のイベント開催に合わせて、沖縄古典民謡の代表『かぎやで風』を会員全員が歌・三線で演奏できるようにしようということで、練習を積み重ねてきた。きょうも多くの会員が集まってくれた」と話した。


 現在、同協会には約400人の会員登録があり、このうち約120人が本土支部の会員。そのほとんどが本土出身の宮古民謡愛好家だという。この日も、九州支部から2人の愛好家がさんしんの日に合わせて来沖した。


 このうち、福岡市在住の今任啓子さん(65)は「砂川勝廣支部長の研究所で宮古民謡を練習している。練習を始めて5年目になるが、沖縄の会員の皆さんと、さんしんの日に合わせて演奏したいと望んでいた。実現できて、とてもうれしい」と話していた。


 同イベントは午後2時から4時半まで続けられ、フィナーレでは「漲水クイチャー」を参加者全員で踊って演奏会を締めくくった。

2019年3月3日(日) 08:56 [教育・文化]

花笠に鮮やか衣装

「琉宮の舞」観客魅了/亀浜律子練場


華やかな衣裳と花笠で「四つ竹」を舞う門下生=2日、マティダ市民劇場

華やかな衣裳と花笠で「四つ竹」を舞う門下生=2日、マティダ市民劇場

 第32回琉宮の舞~穂花いでぃ揃い、咲き揃い~(主催・琉球舞踊穂花会、宮古舞踊んまてぃだの会 亀浜律子練場)が2日、マティダ市民劇場で開催された。門下生27人が花笠と鮮やかな衣裳で「四つ竹」を舞い、公演を華やかに演出し、観客を楽しませた。

(全文を表示…)

2019年3月2日(土) 08:59 [教育・文化]

526人が学びや巣立つ/宮古4高校で卒業式

 市内の4高校で1日、卒業式が行われた。今年度は宮古高校で269人、宮古総合実業高校で170人、宮古工業高校で63人、伊良部高校で24人の計526人が、友と3年間過ごした学びやを巣立った。卒業式では在校生や教職員、父母らが見守る中、卒業生は校長から卒業証書を受け取った。式終了後、卒業生は後輩らに見送られながら、卒業を祝う花束をプレゼントされたり、菓子で作った首飾りを首に掛けてもらうなどの祝福を受けた。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年9月1日現在

    宮古島市 54,764 人
    27,606 人
    27,158 人
    世帯数 27,737 軒
    多良間村 1,131 人
    604 人
    527 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2019年3月
    « 2月   4月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2