2019年3月のニュース一覧

2019年3月14日(木) 08:56 [産業・経済]

旅行サイトの活用を

インバウンド対策セミナー
伊良部商工会


多くの会員らが集まり高田社長(奥)の講話に耳を傾けた=13日、伊良部公民館

多くの会員らが集まり高田社長(奥)の講話に耳を傾けた=13日、伊良部公民館

 インバウンド(訪日外国人旅行)観光客対策セミナー(主催・市伊良部商工会)が13日、伊良部公民館で行われた。会場には多くの会員らが集まり、講話に耳を傾けた。海外で人気のある旅行サイトに宿泊施設や店舗を登録することで、集客が見込めることなどが紹介された。


(全文を表示…)

2019年3月14日(木) 08:55 [行雲流水]

【行雲流水】(陸自配備)

 千代田の陸自宿舎が間もなく完成する。宮古島への陸上自衛隊配備をめぐっては、「軍事基地は敵の攻撃を招く」「軍事力の真空地帯は敵を吸い寄せる」との相反する二つの意見があった。どちらの見方が的を射ているのだろうか▼戦術論は時代とともに変わる。東西冷戦下では、「抑止力」が重視された。敵の攻撃に対する報復・反撃力を持つことによって敵の攻撃意欲を鈍らせ、戦争を防止するとの考え方だ


▼9・11以降は、非対称戦(政府軍対非政府組織)が主題になった。ニューヨークの世界貿易センタービルは軍事施設ではないが攻撃された。アルカイーダやISなどは非政府組織だが強力だった。予測不能の交通事故や自然災害と同様、対症療法を強いられてきた


▼最近は、サイバー攻撃(コンピューター・ネットワーク上の情報戦)や宇宙空間での攻防などを重視する考え方が台頭してきたようだ


▼だが、これらは類型化された戦術論にすぎないのかもしれない。実際は国力の大小、政治的意図あるいは地理的環境の違いによって戦術の態様はさまざまだ。たとえば中国首脳は「海洋覇権は中国の核心的利益である」として、南シナ海の岩礁群を強引に実効支配しつつある。攻勢的な戦略・戦術思想を持っているように見える


▼以上を織り込んで相手の意図をどのように忖度するか。冒頭の二つの命題は、「いずれとも言い難し」ではないだろうか。ただ、確実に言えることが一つだけある。中国が「海洋覇権」を唱えさえしなければ宮古島周辺は安泰だということだ。(柳)

2019年3月14日(木) 08:54 [お母さんと一緒]

【おかあさんといっしょ】優しい子になって

濱川 遥揮くん(4つ)采那ちゃん(1つ)
お母さん・梢さん


濱川 遥揮くん(4つ)采那ちゃん(1つ)お母さん・梢さん

濱川 遥揮くん(4つ)采那ちゃん(1つ)お母さん・梢さん

 采那ちゃんはお兄ちゃんの遥揮くんが大好き。いつも2人でじゃれあって遊んでいる。


(全文を表示…)

2019年3月13日(水) 09:00 [産業・経済]

関西-下地島線就航へ/ジェットスター・ジャパン

成田に続き2路線目


関西-下地島線の7月就航を発表した片岡社長(中央)、福里次長(右から4人目)、根間事務局長(同3人目)、伴野賢太郎下地島エアポートマネジメント社長(左から4人目)、久保田圭沖縄県大阪事務所長(同3人目)、ミス宮古島ミスブーゲンビレアの下地千都勢さん(右端)=12日、大阪市

関西-下地島線の7月就航を発表した片岡社長(中央)、福里次長(右から4人目)、根間事務局長(同3人目)、伴野賢太郎下地島エアポートマネジメント社長(左から4人目)、久保田圭沖縄県大阪事務所長(同3人目)、ミス宮古島ミスブーゲンビレアの下地千都勢さん(右端)=12日、大阪市

 【那覇支社】ジェットスター・ジャパン(千葉県成田市・片岡優社長)は12日、大阪市で会見し、7月3日から関西-下地島線を就航させると発表した。10月26日まで。夏休み期間中(7月20日~8月31日)は毎日1往復、その他の期間は週4往復(月・水・金・日)を予定している。運賃は片道5990円からで、同社が下地島空港に就航するのは成田線に次いで2路線目。下地島空港へはまた、香港エクスプレス(香港)が香港-下地島線の国際定期便を7月から週3往復就航させる予定となっている。

(全文を表示…)

2019年3月13日(水) 08:59 [社会・全般]

地域に根差した活動評価/心豊かなふるさとづくり

6個人2団体を表彰/市民運動実践協


第13回心豊かなふるさとづくりの受賞者と関係者のみなさん=11日、平良港ターミナルビル

第13回心豊かなふるさとづくりの受賞者と関係者のみなさん=11日、平良港ターミナルビル

 宮古島市市民運動実践協議会(前川尚誼会長)は11日、第13回心豊かなふるさとづくり表彰式を平良港ターミナルビルで開いた。クリーン賞、緑の街角賞、緑化推進賞などの各賞に輝いた6個人と2団体に賞状を授与し、日ごろの活動をねぎらうとともに地域に根差した行動の実践をたたえた。

(全文を表示…)

2019年3月13日(水) 08:58 [産業・経済]

インゲン天ぷら人気

消費拡大でイベント開催/拠点産地認定を周知


観光客にサヤインゲンの天ぷらを振る舞う専門部会のメンバーら。積極的にアピールした=12日、あたらす市場

観光客にサヤインゲンの天ぷらを振る舞う専門部会のメンバーら。積極的にアピールした=12日、あたらす市場

 JA「あたらす市場」で12日、サヤインゲンの消費拡大イベントがあった。県の拠点産地認定に伴う告知キャンペーンで、生産農家がサヤインゲンの天ぷらを振る舞ってアピール。来店者が次々と試食し、ほんのり甘い宮古島産のサヤインゲンに舌鼓を打った。

(全文を表示…)

2019年3月13日(水) 08:57 [政治・行政]

業者との調停を説明/伊良皆村長

多良間村議会一般質問


一般質問で答弁する伊良皆村長=11日、多良間村議場

一般質問で答弁する伊良皆村長=11日、多良間村議場

 【多良間】多良間村議会(森山実夫議長)3月定例会は11日開会し、一般質問が行われた。6人が登壇し、村政全般に対し伊良皆光夫村長の考えを聞いた。新多良間製糖工場建設で、機械を納入した業者との追加費用をめぐり、村と業者双方が調停手続きに入っている。伊良皆村長は業者側が提示した追加費用3億円余の請求について「金額を証明する裏付け資料がないという疑問点などを指摘したところ、業者側が2億1582万円まで引き下げることになった」などと調停内容を説明した。調停は今後引き続き行われる見通しだが、追加費用を村がどれだけ支払うのか不透明な状況だ。同日行われた同村議会3月定例会一般質問で富原安則氏の質問に答えた。

(全文を表示…)

2019年3月13日(水) 08:56 [社会・全般]

犯罪抑止で立て看板

西原集落入り口に設置/防犯協など


(左から)上運天署長、前川会長と関係者=12日、平良の西原集落入り口

(左から)上運天署長、前川会長と関係者=12日、平良の西原集落入り口

 宮古島署(上運天幸徳署長)と宮古島地区防犯協会(前川尚誼会長)、宮古かぎすま安全なまちづくり協議会(会長・下地敏彦市長)は12日、平良の西原集落入り口側にある空き地に犯罪抑止の立て看板と防犯のぼり旗を設置した。上運天署長、前川会長ら参加者は、地域住民や観光客らに啓発活動で防犯意識の高揚を図った。

(全文を表示…)

2019年3月13日(水) 08:55 [地域・暮らし]

将来に「幸」あれ/荷川取牧場 雌の宮古馬誕生

母馬に寄り添う「幸」=12日、荷川取牧場

母馬に寄り添う「幸」=12日、荷川取牧場

 平良山中の荷川取牧場で12日早朝、雌の宮古馬が誕生した。牧場主の荷川取明弘さんは「幸」と命名した。荷川取さんは「支援してくれる2人の名前から共通する一文字を取った。将来に幸あれとの願いも込めている」と目を細めた。

(全文を表示…)

2019年3月12日(火) 09:00 [政治・行政]

U・Iターンを奨励/過疎対策「何でもやる」

伊良皆村長が施政方針/多良間村議会開会


多良間村議会3月定例会で2019年度の施政方針を表明する伊良皆光夫村長=11日、村議場

多良間村議会3月定例会で2019年度の施政方針を表明する伊良皆光夫村長=11日、村議場

 【多良間】多良間村議会(森山実夫議長)3月定例会が11日開会し、伊良皆光夫村長が2019年度の基本方針や政策についての姿勢を示す施政方針を表明した。伊良皆村長は過疎化対策について「U・Iターン奨励のためには『何でもやる』との姿勢で取り組んでいく」と強調。全国の成功事例を参考にしながら「子育て世代の支援や若者定住施策を推進し国営事業の実現など、雇用の創出を目指していく」と決意を示した。

(全文を表示…)

2019年3月12日(火) 08:59 [社会・全般]

「3・11」忘れない/東日本震災から8年

合唱とフラで追悼/伊良部で祈りのハーモニー


合唱とフラダンスで犠牲者を追悼する参加者=11日、ホテルてぃだの郷

合唱とフラダンスで犠牲者を追悼する参加者=11日、ホテルてぃだの郷

 発生から8年を迎えた東日本大震災の犠牲者を追悼するとともに、被災地へストリートピアノを贈るためのチャリティーセレモニー「第8回ストリートピアノでつなぐ祈りのハーモニー」が11日、伊良部のホテルてぃだの郷で開かれた。約30人が参加し、合唱とフラダンスで犠牲者の冥福を祈るとともに、防災意識向上の必要性について思いを新たにした。

(全文を表示…)

2019年3月12日(火) 08:58 [政治・行政]

建設計画案に同意/景観審が答申

ホテルと共同住宅5件


下地市長(右)に答申書を手渡す庄司副会長=11日、市長室

下地市長(右)に答申書を手渡す庄司副会長=11日、市長室

 市景観審議会(池田孝之会長)の庄司優副会長が11日、市役所平良庁舎で下地敏彦市長に対し、2月26日に下地市長から諮問を受けホテルや共同住宅の建設計画案計5件について、審議の結果、いずれも原案に同意すると決した審議結果を答申した。

(全文を表示…)

2019年3月12日(火) 08:57 [産業・経済]

パヤオ3基設置へ/県農水振興センター

豊かな漁場形成期待


中層型浮き魚礁3基を積み込んだバージ船は12日早朝出港する予定=11日、平良地区の池間漁港

中層型浮き魚礁3基を積み込んだバージ船は12日早朝出港する予定=11日、平良地区の池間漁港

 県宮古農林水産振興センターはきょう12日、宮古島北西沖に人工の浮力体でカツオやマグロ、シイラなどの回遊魚を集める効果を発揮する中層型浮き魚礁(パヤオ)3基を設置する予定。今後の豊かな漁場形成が期待されている。

(全文を表示…)

2019年3月12日(火) 08:56 [環境・エコ]

花苗や肥料など配布/宮古森林組合

道路の美化活動を支援


配布された花の苗を軽トラックの荷台に積み込むボランティア=11日、宮古森林組合

配布された花の苗を軽トラックの荷台に積み込むボランティア=11日、宮古森林組合

 宮古森林組合(組合長・下地敏彦市長)は11日、同組合で宮古管内道路の美化活動を行っている道路ボランティア団体の支援をするため、花の苗や用具、肥料などを配布した。各ボランティア団体の代表らが、配布された資材等を受け取った。この配布は毎年度行われている。

(全文を表示…)

2019年3月12日(火) 08:55 [スポーツ, 地域・暮らし]

44年ぶり優勝を祝う/福嶺学区体協

全宮古駅伝「次は連覇だ」


大いに盛り上がった全宮古駅伝競走大会優勝祝賀会=9日、保良公民館

大いに盛り上がった全宮古駅伝競走大会優勝祝賀会=9日、保良公民館

 福嶺学区体育協会(砂川辰夫会長)は9日、城辺の保良公民館で、第68回全宮古駅伝競走大会優勝祝賀会を開いた。役員や選手、学区民、来賓ら約100人が参加。1974年(第回大会)以来となる44年ぶりの優勝を盛大に祝った。当時のレースの模様が大画面で放送されると会場は最高潮に。出席者は「古豪復活だ」「今年も優勝、連覇だ」などと歓声を上げた。

(全文を表示…)

2019年3月12日(火) 08:54 [行雲流水]

【行雲流水】(第2回宮古島文学賞)

 「島は海に囲まれた小さな宇宙。そして、無限の時空につながっている」。第2回宮古島文学賞は「島」をテーマに公募され、一席に森田たもつ氏の『みなさん先生』が選ばれ、その祝賀会が催された

(全文を表示…)

2019年3月11日(月) 09:00 [教育・文化]

「さようなら わが母校」/伊良部、佐良浜中閉校

4月から伊良部島小中一貫校


伊良部中71年の歴史に幕。垣花校長(右)から宮國教育長に校旗が返納された=10日、伊良部中体育館

伊良部中71年の歴史に幕。垣花校長(右)から宮國教育長に校旗が返納された=10日、伊良部中体育館

 宮古島市立伊良部、佐良浜の両中学校で10日、閉校式があった。在校生や卒業生、保護者、地域住民の多数が出席し、校旗の返納を見届けるとともに、70年以上の歴史を刻んだ学びやに別れを告げた。4月からは伊良部島小中一貫校(結の橋学園)として新しい歴史の一歩を踏み出す。

(全文を表示…)

2019年3月11日(月) 08:59 [社会・全般]

適正管理 義務に/空き家問題

正しい知識呼び掛け
セミナーで利活用示す/宮古島市主催


空き家の適正管理や利活用について認識を深めたセミナー参加者=10日、JTAドーム宮古島

空き家の適正管理や利活用について認識を深めたセミナー参加者=10日、JTAドーム宮古島

 空き家の適正管理や利活用についてのセミナー(主催・宮古島市)が10日、JTAドーム宮古島で行われた。NPO法人空家・空地管理センター代表理事の上田真一さんが講師となり、全国や宮古島市で増え続ける空き家の現状を報告するとともに、実例を示しながら空き家問題に対する正しい知識を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2019年3月11日(月) 08:58 [スポーツ]

比嘉、15年ぶり県勢優勝/ダイキンレディスゴルフ

新垣比菜は準V/県出身2人が快挙


優勝トロフィーを手に満面の笑顔をみせる比嘉真美子=10日、琉球ゴルフ倶楽部(南城市)

優勝トロフィーを手に満面の笑顔をみせる比嘉真美子=10日、琉球ゴルフ倶楽部(南城市)

 【那覇支社】女子プロゴルフの国内開幕戦、第32回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント(主催・ダイキン工業、琉球放送)は10日、南城市の琉球GC(6514ヤード・パー72)で決勝最終ラウンドを行い、本部町出身の比嘉真美子が優勝。同じく県勢の新垣比菜が2位タイで準優勝を果たした。

(全文を表示…)

2019年3月11日(月) 08:57 [教育・文化]

感謝、笑顔で卒業 新生活へ

 宮古島市と多良間村の中学校で9、10日、卒業式が行われた。卒業生たちは在校生や保護者らに見守られながら4月から始まる新生活へ一歩を踏み出した。

(全文を表示…)

2019年3月11日(月) 08:56 [イベント]

宮古方言で笑い誘う/マティダお笑い劇場

落語や漫談、コント披露


病院でのやり取りをユーモアたっぷりに演じる出演者=10日、マティダ市民劇場

病院でのやり取りをユーモアたっぷりに演じる出演者=10日、マティダ市民劇場

 第4回マティダお笑い劇場(主催・市教育委員会、同実行委員会)が10日、同劇場で開催された。6組の出演者が宮古方言や文化の大切さを落語や漫談、コントなどを通して紹介。会場に詰め掛けた多くの市民らを笑いの渦に巻き込んだ。

(全文を表示…)

2019年3月11日(月) 08:55 [政治・行政, 社会・全般]

災害時の備え学ぶ/市障がい福祉課

共生社会実現で講演


多くの市民が参加して宮澤さんの講話に聞き入っていた=9日、ゆいみなぁ

多くの市民が参加して宮澤さんの講話に聞き入っていた=9日、ゆいみなぁ

 市障がい福祉課は9日、働く女性の家(ゆいみなぁ)で国立障害者リハビリテーション学院手話通訳学科教官で手話通訳士の宮澤典子さんを講師に招いて講演会を実施した。「共生社会の実現~だれもが守りあえる社会づくり~」という演題で行い、多くの市民が参加して被災当時の聴覚障がい者の現状や支援者の災害時の備えなどについて知識を深めた。

(全文を表示…)

2019年3月11日(月) 08:54 [ニュースウィークリー]

【ニュースウィークリー】3月3日~3月9日

海面水温と平均気温最高/沖縄地方の12月~今年2月

 沖縄気象台は1日、冬(2018年12月~19年2月)の沖縄地方の平均気温と周年海域の海面水温が最も高くなったと発表した。それによると、沖縄地方の平均気温平年差は1・9度高く、統計を開始した1947年以来最も高い値を更新した。(3月3日掲載)

(全文を表示…)

2019年3月9日(土) 09:00 [政治・行政]

「財調」初の取崩しへ

市議会予算委 財源不足補う


財政調整基金の一般会計繰り入れについて宮国総務部長が答弁する市議会予算決算委員会=8日、市議会議場

財政調整基金の一般会計繰り入れについて宮国総務部長が答弁する市議会予算決算委員会=8日、市議会議場

 宮古島市は市の「貯金」に当たる財政調整基金から13億3757万円を取り崩して一般会計に繰り入れる方針だ。初の措置で、市では「事業規模に対する一般財源不足を補うため」と説明している。2019年度一般会計当初予算案に計上され、市議会3月定例会に提出されている。8日の市議会予算決算委員会(山里雅彦委員長)で、各議員の質問に市当局が理由などを説明した。


(全文を表示…)

2019年3月9日(土) 08:59 [地域・暮らし]

乗瀬橋16日供用開始/伊良部島-下地島

橋銘板の書体を書いた(左から)名嘉真さんと奥濱さん=8日、大政建設

橋銘板の書体を書いた(左から)名嘉真さんと奥濱さん=8日、大政建設

橋銘板2枚を設置
ひらがなと漢字で明記


 県が架け替え工事を進めている伊良部島と下地島を結ぶ乗瀬橋(ぬーしはし)は、16日から本格供用開始される。車両・歩行者の利用を控え、工事の一部を請け負う大政建設(伊良部、島尻典子社長)は8日、同社で橋銘板設置式を行った。橋の名前をひらがなで「ぬーしはし」と書いた奥濱美晴さん(伊良部小6年)と、漢字で「乗瀬橋」と書いた名嘉真萌衣さん(伊良部中2年)にそれぞれ感謝状と副賞を贈った。


(全文を表示…)

2019年3月9日(土) 08:58 [イベント]

海びらき4月7日

宮古島観光協
前浜で多彩なイベント


4月7日開催の海びらきを告知する(左から)山下委員長、豊見山会長、松本部長=8日、宮古島観光協会

4月7日開催の海びらきを告知する(左から)山下委員長、豊見山会長、松本部長=8日、宮古島観光協会

 宮古島観光協会(豊見山健児会長)は8日、事務局で会見を開き、今年の海びらきを4月7日に開催することを発表した。会場は下地与那覇の前浜ビーチ。盛りだくさんのプログラムで市民や観光客を迎える。


(全文を表示…)

2019年3月9日(土) 08:57 [社会・全般]

宮古馬保存に予算増額

市、餌代は月額6000円に


 宮古馬保存にかかる予算が倍増される見通しだ。宮古島市が2019年度当初予算案に615万円を計上しており、前年度と比べ300万円の増額となる。飼育者への餌代が月額5000円から6000円に増える。そのほか、診療費や手数料も新たに付ける。


(全文を表示…)

2019年3月9日(土) 08:56 [産業・経済]

キャッシュレス化推奨

NTTドコモ
セミナーで実証実験報告


多くの関係者が集まり、報告に耳を傾けた=8日、宮古島東急ホテル&リゾーツ

多くの関係者が集まり、報告に耳を傾けた=8日、宮古島東急ホテル&リゾーツ

 宮古島キャッシュレスセミナー(主催・NTTドコモ)が8日、宮古島東急ホテル&リゾーツで開催された。島内外から約60人が参加し、島内で実施された「訪日外国人送客およびキャッシュレス化」の実証実験について理解を深めた。NTTドコモの地域協創・ICT推進室の星伸寿室長らが、カード決済によるタクシーの売上高が約300万円にのぼり、一般店舗は売上高が約170%増となったと報告。「実証で培ったプロセス・ノウハウを生かし、他地域でも地方創生に貢献する」と強調した。


(全文を表示…)

2019年3月9日(土) 08:55 [地域・暮らし]

保安体制の強化図る

宮古空港保安委
訓練で緊急時の連携確認


設置された対策本部で関係機関の担当者が緊急時における対応について確認した=8日、宮古空港

設置された対策本部で関係機関の担当者が緊急時における対応について確認した=8日、宮古空港

 2018年度宮古空港不法侵入事案緊急対処訓練(主催・宮古空港保安委員会)が8日、宮古空港内で行われ、関係機関が緊急時における連携を確認したほか訓練を通して保安体制の強化を図った。


(全文を表示…)

2019年3月9日(土) 08:54 [行雲流水]

【行雲流水】(矛先は?)

 恩をうけておきながら感謝するどころか嫌がらせや害を及ぼすようなことを「恩をあだで返す」という。恩をあだで返すような人は「やってもらったことを忘れて」気に入らないことをされると「恨みとして忘れない」


(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年11月1日現在

    宮古島市 54,755 人
    27,586 人
    27,169 人
    世帯数 27,782 軒
    多良間村 1,126 人
    603 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2019年3月
    « 2月   4月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2