「社会・全般」 2019年5月のニュース一覧

2019年5月19日(日) 09:00 [社会・全般]

人と動物の共生を/宮古島セーブ・ザ・アニマルズ

避妊・去勢手術全額負担/全国からの寄付金活用し


飼い犬、飼い猫の去勢、避妊手術費を全額負担する取り組みを展開している宮古島セーブ・ザ・アニマルズ代表の中原さん=17日、上野宮国

飼い犬、飼い猫の去勢、避妊手術費を全額負担する取り組みを展開している宮古島セーブ・ザ・アニマルズ代表の中原さん=17日、上野宮国

 保護した犬や猫を里親に引き渡す活動を続ける宮古島セーブ・ザ・アニマルズ(旧宮古島アニマルレスキューチーム)では、4月から宮古島に住んで犬猫を飼っている人を対象に飼い犬や飼い猫の避妊、去勢出術を全額負担する取り組みを展開している。代表を務める中原絵梨奈さんは「この取り組みは殺されるために生まれる命をなくすことが目的なので、理解と協力をお願いしたい」と訴えた。

(全文を表示…)

2019年5月19日(日) 08:58 [社会・全般]

体育館は315人が利用/大型連休の体育施設

民間運営、好調な滑り出し


ゴールデンウイーク期間中、多くの市民が市の体育施設を利用した=1日、市総合体育館(資料写真)

ゴールデンウイーク期間中、多くの市民が市の体育施設を利用した=1日、市総合体育館(資料写真)

 市の体育5施設を管理する市スポーツ協会(砂川恵助会長)は18日までに、大型連休中の総合体育館と陸上競技場の施設利用状況をまとめた。総合体育館は315人、陸上競技場は421人が利用した。体育施設の祝日開場は今年度から本格的にスタートした民間ならではの取り組みで、利用する市民や関係団体の評判はすこぶる良いようだ。

(全文を表示…)

2019年5月19日(日) 08:57 [社会・全般]

ライトアップお花見

サガリバナテストツアー/MEC


ライトアップされたサガリバナに見入る女性=18日夜、平良添道の群生地

ライトアップされたサガリバナに見入る女性=18日夜、平良添道の群生地

 宮古島環境クラブ(MEC、下地邦輝会長)は18日夜、「サガリバナの花見テストツアー」を平良添道の群生地で開いた。サガリバナを発光ダイオード(LED)で照らし、幻想的な雰囲気を演出。柔らかな芳香も放ち、訪れたカップルや家族連れらを楽しました。19日は「朝の花見」と題して、午前7時30分(受付午前7時)から実施する。

(全文を表示…)

2019年5月19日(日) 08:56 [社会・全般]

ジュニアリーダー制度学ぶ/少年団体育成者研修会

ジュニアリーダー制度について理解を深めた研修会=17日、JTAドーム宮古島

ジュニアリーダー制度について理解を深めた研修会=17日、JTAドーム宮古島

 市少年団体育成者研修会(主催・市教育委員会)が17日、JTAドーム宮古島で行われた。子ども会の育成者や会員らが多数参加し、中学生らが活動の中心となるジュニアリーダー制度について理解を深めた。

(全文を表示…)

2019年5月18日(土) 09:00 [社会・全般]

宮古地域 県内初の徴収率100%達成/2018年自動車税

収入未済額も6万8000円に圧縮/県、滞納ゼロの島をPR


県内初の徴収率100%達成を喜ぶ稲福所長(右)と同事務所県税課の呉屋陽慈課長(左から2人目)、與那覇忠班長(左)=17日、県宮古事務所

県内初の徴収率100%達成を喜ぶ稲福所長(右)と同事務所県税課の呉屋陽慈課長(左から2人目)、與那覇忠班長(左)=17日、県宮古事務所

 県宮古事務所(稲福具実所長)は17日に会見を開き、2018年度(現年度)における宮古地域の自動車税の徴収率が100%を達成したことを発表した。同事務所によると、徴収率100%は県内初の快挙として、「滞納ゼロの島」をアピールしながら、徴収率100%の継続にも意欲を示した。

(全文を表示…)

2019年5月18日(土) 08:57 [社会・全般]

8団体、12個人を表彰/防犯協総会

宮古島地区 防犯活動に功労


防犯功労で表彰を受けた皆さんと前川会長(奥右)=17日、腰原公民館

防犯功労で表彰を受けた皆さんと前川会長(奥右)=17日、腰原公民館

 2019年度防犯功労者の表彰式が17日、宮古島地区防犯協会の総会に続き行われ、8団体、12個人に、防犯活動に功労があったとして、上運天幸徳署長、同防犯協会の前川尚誼会長連名の感謝状、表彰状が贈られた。

(全文を表示…)

2019年5月18日(土) 08:56 [社会・全般]

村推奨歌の衣装を寄贈/多良間

「ゆがぷう音頭」歌う仲本さん


福嶺会長(左)が伊良皆村長(右)らに衣装を寄贈した=17日、村役場

福嶺会長(左)が伊良皆村長(右)らに衣装を寄贈した=17日、村役場

 【多良間】村推奨歌の「多良間ゆがぷう音頭」を歌う仲本勝子さん=村出身、那覇在住=が同音頭の衣装16枚を村に寄贈した。仲本さんの後援会の福嶺常夫会長が17日、村役場を訪れ、伊良皆光夫村長に衣装を手渡した。

(全文を表示…)

2019年5月18日(土) 08:55 [社会・全般]

子供たちの未来のために/沖縄セルラー

「こどもみらい」へ支援金


渡具知執行役員(右から2人目)から新城理事長(同3人目)に目録が贈られた=17日、市ひらら児童館

渡具知執行役員(右から2人目)から新城理事長(同3人目)に目録が贈られた=17日、市ひらら児童館

 沖縄セルラー(湯淺英雄社長)は17日、市ひらら児童館で「沖縄セルラーこども基金」を一般社団法人沖縄こどもみらい創造支援機構に贈呈した。同社の渡具知武之執行役員から同機構の新城宗史理事長へ支援金が贈られた。

(全文を表示…)

2019年5月17日(金) 08:55 [社会・全般]

看護の魅力体感

高校生7人が参加
「看護週間」で宮古病院


車いすの扱い方や新生児の抱き方などを学び、看護師の魅力を体感した生徒たち=16日、県立宮古病院

車いすの扱い方や新生児の抱き方などを学び、看護師の魅力を体感した生徒たち=16日、県立宮古病院

 「看護週間」の関連事業として、県立宮古病院(本永英治院長)で16日、地域の高校生を対象とした「ふれあい看護体験」が行われた。宮古地区の2高校から女子7人が参加し、看護師の仕事の魅力を体感した。


(全文を表示…)

2019年5月16日(木) 09:00 [社会・全般]

宮古空港を増築整備/起工式で安全祈願

観光客増加に対応/待合室、荷物引渡場を拡張


起工式の神事でくわ入れを行う(左から)武富社長、下地専務、松前代表=15日、宮古空港

起工式の神事でくわ入れを行う(左から)武富社長、下地専務、松前代表=15日、宮古空港

 近年の観光客増加に対応するため、宮古空港ターミナル(下地義治社長)の搭乗待合室などを拡張する増築工事の起工式が15日、同空港で開かれた。安全を祈願する神事が行われ、関係者によるくわ入れなどで工事が無事故で完了することや工期内での完成を願った。供用開始は2020年9月からを予定している。

(全文を表示…)

2019年5月16日(木) 08:59 [社会・全般]

ネット閲覧が最多/18年度消費生活相談

家賃値上げ通知も/1100万円を回復・防止


相談受付件数

相談受付件数

 県消費生活センター宮古分室は15日、宮古地区の2018年度の消費生活相談状況を発表した。相談件数は218件でほぼ横ばい。最も多い相談は、アダルト・出会い系サイトの閲覧が絡む「放送・コンテンツ」の不正・架空請求などで42件。年度後半には家賃値上げについての相談が8件あった。あっせん・助言を通して回復できた契約金は769万円余、未然に防止した金額は325万円余の計1100万円に上った。同分室は「クーリングオフしたい場合は相談してほしい」と呼び掛けた。

(全文を表示…)

2019年5月16日(木) 08:58 [社会・全般]

岸壁の一部を据え付け/クルーズ専用バース工事

大型起重機船でつり上げ/平良港北防波堤


つり上げた岸壁ジャケットの据え付け作業を行う作業船=15日、平良港北防波堤

つり上げた岸壁ジャケットの据え付け作業を行う作業船=15日、平良港北防波堤

 現在、平良港北防波堤で進められている14万㌧級のクルーズ船が接岸可能となる専用バースの整備工事は15日、クルーズ船が接岸する岸壁の一部となる「岸壁ジャケット」を据え付ける工事が行われ、報道陣に公開された。あらかじめ海底に打ち込んだくいに作業船でつり上げたジャケットを差し込む形で設置された。

(全文を表示…)

2019年5月15日(水) 08:59 [社会・全般]

クジャク300羽捕獲/18年度鳥獣駆除実績

イノシシはわなで35匹/農産物被害の拡大懸念


生息数が増え続けているクジャク。18年度は300羽を駆除した(資料写真)

生息数が増え続けているクジャク。18年度は300羽を駆除した(資料写真)

 市農政課は14日までに、2018年度の有害鳥獣捕獲実績をまとめた。外来種のインドクジャクは前年度の157羽からほぼ倍増の300羽を捕らえ、増加する生息数を裏付けた。城辺の北海岸で増えているイノシシは35匹を捕獲した。これらの鳥獣は生態系に影響を及ぼすほか、農産物等を食い荒らしているとみられることから、被害の広がりが懸念される。市は駆除対策を強化する方針。

(全文を表示…)

2019年5月15日(水) 08:56 [社会・全般]

キビ苗圃に除草剤か/上野野原

市、警察に被害届提出


一部のサトウキビが枯れているほ場。除草剤がまかれたものとみられる=14日、上野野原

一部のサトウキビが枯れているほ場。除草剤がまかれたものとみられる=14日、上野野原

 上野野原地区で、サトウキビの苗を作る苗圃(びょうほ)のキビの一部が完全に枯れている被害が14日までに確認された。市や関係機関が調べたところ、除草剤が散布された可能性が高いという。市は宮古島警察署に被害届けを提出した。

(全文を表示…)

2019年5月14日(火) 09:00 [社会・全般]

咬傷事故件数は37件/18年度宮古

狂犬病予防接種率56%


宮古保健所管内の咬傷犬

宮古保健所管内の咬傷犬

 県宮古保健所管内の2018年度における犬による咬傷事故件数(速報値)は37件となり、咬傷犬は43匹となった。件数は前年度と同値となり、他の保健所の数値がまだまとまっていないことから比較はできないが、17年度の37件については沖縄本島の36件よりも多く、八重山の24件を13件上回り、高い数値となっている。狂犬病予防接種率は56%。12日からは市の2019年度狂犬病予防集合注射もスタートしており、関係機関では積極的な接種を呼び掛けている。

(全文を表示…)

2019年5月14日(火) 08:58 [社会・全般]

3人が夢に向け第一歩/FSOパイロット養成

下地島空港で訓練スタート


玉那覇社長(右)から襟章が訓練生の島袋さん(中央)と糸満さん(左)に贈呈された=13日、下地島空港FSOパイロット訓練センター

玉那覇社長(右)から襟章が訓練生の島袋さん(中央)と糸満さん(左)に贈呈された=13日、下地島空港FSOパイロット訓練センター

 下地島空港と周辺用地の利活用事業で、革新的航空パイロット養成事業を展開するFSO(北谷町、玉那覇尚也社長)は13日、同空港でのパイロット養成訓練をスタートさせた。

(全文を表示…)

2019年5月14日(火) 08:57 [社会・全般]

移動献血始まる/2019年度5月期

初日は55人が協力


積極的に協力する市民(右)=13日、市役所上野庁舎前の移動献血車

積極的に協力する市民(右)=13日、市役所上野庁舎前の移動献血車

 2019年度5月期の宮古地区移動献血が13日に始まり、55人が献血に協力した。初日は市役所上野庁舎前と宮古病院前で行われ、市民が積極的に訪れていた。14日は市役所平良庁舎前で実施する。

(全文を表示…)

2019年5月14日(火) 08:56 [社会・全般]

「7月にも人材確保にめど」/県がん診療連携協議会

がん診療院の再指定へ体制


「7月中にも人材確保が整う」と説明した宮古病院の松村敏信外科部長=13日、琉球大学医学部(西原町)

「7月中にも人材確保が整う」と説明した宮古病院の松村敏信外科部長=13日、琉球大学医学部(西原町)

 【那覇支社】「県がん診療連携協議会」(議長・大屋祐輔琉球大病院長)の今年度初会合が13日、西原町の琉球大医学部で開催された。会議では、4月に「地域がん診療病院」から除外された県立宮古病院(本永英治院長)の松村敏信外科部長が、「緩和ケアが充足していないことで指定を外された。7月中にも人材確保のめどが立つ見込み」と述べて、再指定に向けた体制が整うことを明らかにした。

(全文を表示…)

2019年5月13日(月) 08:55 [社会・全般]

基地ない平和な沖縄を/復帰47年目の5・15行進

シュプレヒコールを上げながら歩く参加者ら。写真左奥は航空自衛隊宮古島分屯基地のレーダー=11日、上野野原

シュプレヒコールを上げながら歩く参加者ら。写真左奥は航空自衛隊宮古島分屯基地のレーダー=11日、上野野原

 5・15平和行進(主催・平和運動センター宮古島)が11日、県内トップを切って上野野原の大嶽城址公園をスタートに行われた。沖縄は5月15日、47年目の復帰の日を迎える。基地のない沖縄を目指し、約50人が野原の集落内から陸上自衛隊宮古島駐屯地などを経由して、市役所平良庁舎までの約11キロの道のりを「宮古島の平和を守るぞ」などとシュプレヒコールを上げながら行進した。

(全文を表示…)

2019年5月11日(土) 09:00 [社会・全般]

実施日数が大幅減に/19年度特定集団健診

委託財団の撤退で/市、受診率低下を懸念


特定健診における集団健診の様子(資料写真)

特定健診における集団健診の様子(資料写真)

 宮古島市の2019年度特定健診の受診率が大幅に低下する可能性が出てきている。これまで市から委託を受けて集団健診を実施してきた県健康づくり財団宮古支所が昨年末に宮古から撤退。それに伴い、沖縄本島からのスタッフ派遣に伴う渡航費の増加や日程の調整も難しくなり、前年度よりも実施日数が大幅に減るほか、例年8月上旬にスタートしている集団健診は今年、約2カ月遅れの10月28日を予定している。

(全文を表示…)

2019年5月11日(土) 08:59 [社会・全般]

犬の殺処分大幅減/宮古保健所管内18年度

前年度の4分の1に/ボランティア団体が貢献


宮古保健所には野犬や飼い主の分からない犬が収容されている=10日、宮古保健所

宮古保健所には野犬や飼い主の分からない犬が収容されている=10日、宮古保健所

 県宮古保健所管内における2018年度の犬の収容状況(速報値)によると、終末処分(殺処分)の頭数は前年度の16頭から大幅に減って4頭になったことが分かった。同所によると、島内で収容された犬の譲渡活動を展開するボランティア団体の取り組みが大きく貢献しているという。一方で、同年度の収容頭数は増加していることから、野犬増加の要因の一つでもある「放し飼いをしない」など、飼い主に意識の高揚を呼び掛けている。

(全文を表示…)

2019年5月11日(土) 08:57 [社会・全般]

飲酒運転の根絶を/春の交通安全運動始まる

市民らにアピールするために車両パレードに出発した=10日、市中央公民館前

市民らにアピールするために車両パレードに出発した=10日、市中央公民館前

 「登下校 いつもの道こそ 要注意」をスローガンに全国一斉にスタートする春の全国交通安全運動(11~20日)の宮古地区出発式(主催・市交通安全推進協議会)が10日、市中央公民館大ホールで行われた。市や県、宮古島署、宮古島地区交通安全協会などの関係者らが多数参加。交通事故防止と飲酒運転の根絶に向けて、関係機関と連携した取り組みを誓った。車両パレードも行われ、市民らに同運動をアピールした。

(全文を表示…)

2019年5月11日(土) 08:07 [社会・全般]

誘導弾運び込みにおわび/防衛省

野原住民「信用できない」


住民説明会で謝罪する防衛省の関係者ら=9日、野原公民館

住民説明会で謝罪する防衛省の関係者ら=9日、野原公民館

 地域住民に事前説明がないまま陸自宮古島駐屯地に迫撃砲などが保管されていた問題で、防衛省は9日、野原公民館で住民説明会を開いた。同省防衛計画課の末永広課長は「今まで明示的に説明してこなかった中距離多目的誘導弾と迫撃砲弾を駐屯地に運び込んだことをおわびしたい。誠に申し訳ありませんでした」と住民に謝罪した。住民からは「謝って何になる」「全く誠意がない」などと怒りの声が上がった。

(全文を表示…)

2019年5月10日(金) 08:59 [社会・全般]

上地さんが最優秀賞/JAおきなわ女性部発表会

最優秀賞に輝き、JAおきなわの大城勉理事長からJA沖縄中央会会長賞も授与される上地洋美さん=9日、糸満市

最優秀賞に輝き、JAおきなわの大城勉理事長からJA沖縄中央会会長賞も授与される上地洋美さん=9日、糸満市

 【那覇支社】JAおきなわ女性部は9日、組織の活性化と強化を図ることを目的に、「JA女性部・組織活動体験発表&フレッシュミズの主張発表大会」を糸満市で開催した。宮古地区代表の上地洋美さんは「仲間と共に輝く明日へ」と題し、地元野菜の料理講習会を通した地産地消の推進、ワイドーマラソンでの宮古みそを使った豚汁供給、小学校での読み聞かせボランティアなどを報告して最優秀賞に輝いた。

(全文を表示…)

2019年5月10日(金) 08:56 [社会・全般]

きょうから「愛鳥週間」/宮古は重要な中継地

羽づくろい後に羽をのばすアカショウビン=4月28日、大野山林

羽づくろい後に羽をのばすアカショウビン=4月28日、大野山林

 宮古島市内の雑木林では夏鳥の代表格アカショウビンが「キョロロロロ-」とさえずり、鳥たちが島を彩る季節を迎えている。宮古諸島は、渡りの途中に利用する重要な中継地でもある。10日から16日までは「愛鳥週間」。

(全文を表示…)

2019年5月9日(木) 08:58 [社会・全般]

紙ヒコーキ全国準V/滞空時間14・78秒

平安山君「来年は1位になる」


折り紙ヒコーキ全国大会で準優勝した平安山君(中央)。前列左から小堀支社長、母親の恵利香さん。右は友利支部長。後列は宮國教育長ら市教育委員会委員=8日、市役所城辺庁舎

折り紙ヒコーキ全国大会で準優勝した平安山君(中央)。前列左から小堀支社長、母親の恵利香さん。右は友利支部長。後列は宮國教育長ら市教育委員会委員=8日、市役所城辺庁舎

 室内での滞空時間を競う第2回JAL(日本航空)折り紙ヒコーキ全国大会で城辺小5年生の平安山英劉(える)君が準優勝した。記録は14・78秒で、「来年は1位になれるように練習を頑張る」と話した。

(全文を表示…)

2019年5月9日(木) 08:56 [社会・全般]

「がん診療院」、指定外に/宮古病院

早期の復帰目指す


早期の「地域がん診療病院」の再指定を目指している宮古病院

早期の「地域がん診療病院」の再指定を目指している宮古病院

 厚生労働大臣が一定の要件に基づいて指定する「地域がん診療病院」から県立宮古病院が外されていたことが分かった。現在、早期の再指定に向けた作業を進めている宮古病院側は「指定を外れたことで補助金が支給されない問題はあるが、患者に対する診療や医療サービスの影響はないので安心してほしい」と話した。

(全文を表示…)

2019年5月9日(木) 08:55 [社会・全般]

全国空港でシステム障害/日航

宮古発着便の一部に遅延


 8日午前6時50分ごろ、日本航空やグループ航空会社の搭乗手続きなどを扱うサーバーに障害が発生し、全国の空港で約2時間、自動チェックインなどができなくなった。影響が及んだのは国内線のみで、この間、手続きを手作業に切り替えて対応したが、受付カウンターの混雑などで出発便に欠航や遅れが出た。日本トランスオーシャン航空(JTA)広報室によると、宮古空港発着便に欠航はなかったものの、午前の那覇発・宮古行きなどの一部の便で出発時間が最大約45分遅れた。

(全文を表示…)

2019年5月8日(水) 08:57 [社会・全般]

外での弁当おいしいね/幼稚園、小学校

GW後は遠足で満喫


園児たちが弁当を見せ合いながら「おいしそうでしょう」と笑顔でアピール=7日、パイナガマ海空すこやか公園

園児たちが弁当を見せ合いながら「おいしそうでしょう」と笑顔でアピール=7日、パイナガマ海空すこやか公園

 長かった10連休も終わり、日常が戻った7日、期間中にぎやかだった各行楽地は静けさを取り戻したかに思えたが、島内の各公園では遠足で訪れた子どもたちの笑顔と歓声が響いていた。

(全文を表示…)

2019年5月8日(水) 08:56 [社会・全般]

盲導犬同伴を拒否/市内の民宿や飲食店

補助犬を受け入れていることを知らせる「補助犬ステッカー」

補助犬を受け入れていることを知らせる「補助犬ステッカー」

 「盲導犬の受け入れをこんなに断られたことはない。宮古島では盲導犬への理解は進んでいるのか」。宮古島市にこのほど、このような訴えが寄せられた。視覚障害者が健常者と共に宮古島旅行を計画。盲導犬の同伴を申し入れたところ、多くの民宿や飲食店から予約を断られたという。宮古島観光協会の手配で、受け入れ可能な民宿と飲食店の予約はできたものの、盲導犬を受け入れる社会基盤が十分でないことが明らかになった。市と観光協会では、障害を持つ人の受け入れに理解と協力を呼び掛けている。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    令和元年5月1日現在

    宮古島市 54,579 人
    27,494 人
    27,085 人
    世帯数 27,537 軒
    多良間村 1,145 人
    615 人
    530 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2019年5月
    « 4月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2