「産業・経済」 2019年5月のニュース一覧

2019年5月30日(木) 09:00 [産業・経済]

前年度を18万立方㍍上回る

18年度は892万立方㍍
観光客増、建設ラッシュ影響


宮古島市の水道水配水量

宮古島市の水道水配水量

 市上下水道部のまとめによると、宮古島市の2018年度年間水道水配水量は892万2719立方㍍となり、前年度実績の874万2463立方㍍を18万256立方㍍上回っていたことが分かった。配水量増加の主要因としては、観光客の増加、建設ラッシュに伴う工事関係者の来島者数増の影響などが考えられる。


(全文を表示…)

2019年5月30日(木) 08:59 [産業・経済]

「日本一早い新そば」PR

市長「最高においしい」
宮古島産原料で試食会
7月に沖縄限定販売


おいしいそばを食べて喜ぶ下地市長(左)と新里組合長(右)=29日、上野新里のファーマーズキッチン「あらだてぃ」

おいしいそばを食べて喜ぶ下地市長(左)と新里組合長(右)=29日、上野新里のファーマーズキッチン「あらだてぃ」

 宮古島産のソバを原料にした「日本一早い新そば」をうたい文句に29日、上野新里のファーマーズキッチン「あらだてぃ」(立山和宏代表)で試食会が開かれ、下地敏彦市長らが舌鼓を打った。全員が「品質よし、こしよし、ねばりよし、味よし」と笑顔で高く評価した。令和元年での試食会は初めて。


(全文を表示…)

2019年5月30日(木) 08:56 [産業・経済]

アオドウガネ多発傾向

市、誘殺灯増で対策強化


今年度は1216基が設置されている誘殺灯=28日、宮古島市内

今年度は1216基が設置されている誘殺灯=28日、宮古島市内

 サトウキビの根を食害するアオドウガネが今年も多く発生している。誘殺灯を使った駆除で2~3年前まで減少の一途をたどってきたが、ここ数年は増加傾向にある。サトウキビ栽培の主流が株出しに変わったことや誘殺灯の減少が主な要因とみられる。市など関係団体は誘殺灯を増やして駆除対策を強化する。今年度の設置台数は1216基で前年度より400基多い。


(全文を表示…)

2019年5月29日(水) 09:00 [産業・経済]

融資額50億5800万円/18年度公庫宮古支店

前年度比17億円減/運転資金の需要鈍る


18年度の融資実績を発表する桑江賢支店長(中央)。左は宮城創業務課長、右は東健総務課長=28日、沖縄振興開発金融公庫宮古支店

18年度の融資実績を発表する桑江賢支店長(中央)。左は宮城創業務課長、右は東健総務課長=28日、沖縄振興開発金融公庫宮古支店

 沖縄振興開発金融公庫宮古支店(桑江賢支店長)は28日、2018年度の管内融資実績を発表した。融資額は50億5800万円と前年度と比べて16億9300万円減少し、7年ぶりに60億円を割り込んだ。活況を呈す管内経済を映し出すように企業の設備投資マインドは高まっているが、現場の人手不足を主因とする建設工事の遅れが常態化。相対的にセーフティネット資金(運転資金)の需要が鈍り、融資額に響いた。管内の好景気が背景にある。

(全文を表示…)

2019年5月25日(土) 09:00 [産業・経済]

キビ代金64億1700万円/18-19年産

前期比6億5000万円減
糖度上昇も収量減響く


サトウキビ生産実績

サトウキビ生産実績

 JAおきなわ宮古地区営農振興センターさとうきび対策室は24日までに、宮古地区の2018-19年産サトウキビ生産実績をまとめた。サトウキビ代金(農家に支払われた金額)は前期比6億5000万円減の64億1700万円。地区全体の平均糖度は14・04度と上昇したものの、原料代金の落ち込みで平均単価(トン当たりの農家手取り額)は2万1884円と前期作を下回った。これにサトウキビの減産が重なって全体の金額が押し下げられた。


(全文を表示…)

2019年5月25日(土) 08:56 [産業・経済]

良い環境づくりを宣言

電気事業安全衛生大会


指差し唱和で安全衛生標語を確認する参加者=24日、おきでん宮古ビル多目的ホール

指差し唱和で安全衛生標語を確認する参加者=24日、おきでん宮古ビル多目的ホール

 第35回宮古地区電気事業安全衛生大会(主催・宮古地区電気事業安全衛生連絡会議)が24日、おきでん宮古ビル多目的ホールで開かれた。沖縄電力離島カンパニー宮古支店や関係・協力会社などの社員が参加して安全、健康の確保と働きやすい職場環境づくりの促進へ組織一丸となって取り組むなどとする大会宣言を行った。


(全文を表示…)

2019年5月23日(木) 08:58 [産業・経済]

県協議会が設立総会/「和牛オリンピック」に向け

砂川和牛組合長ら参加


全国和牛能力共進会鹿児島大会に向けてガンバロー三唱する出席者=22日、那覇市

全国和牛能力共進会鹿児島大会に向けてガンバロー三唱する出席者=22日、那覇市

 【那覇支社】5年に1度の「和牛のオリンピック」ともいわれる全国和牛能力共進会(全共)が2022年度は鹿児島県で開催されるのに向け22日、県協議会設立総会が那覇市のJAおきなわ会館で開かれた。JA関係者や生産者代表、行政担当者ら約100人が出席した。総会後、宮古和牛改良組合の砂川栄市組合長は「宮古から優勝する牛を出したい」と語った。

(全文を表示…)

2019年5月23日(木) 08:56 [産業・経済]

10カ月ぶり前年下回る/市観光商工部

4月観光客数8万8000人


 市観光商工部は22日、4月の宮古島への入域観光客数について、前年同月比1万1032人(11・12%)減の8万8178人だったと発表した。クルーズ船の寄港回数が前年同月を下回ったことが減少の要因。1カ月の入域観光客数が前年同月実績を下回ったのは2018年6月以来の10カ月ぶりとなる

(全文を表示…)

2019年5月22日(水) 09:00 [産業・経済]

総販売額8億8000万円/18年度JA野菜・果実

前年度比6400万円増加/カボチャなどが押し上げ


8億8000万円の販売実績を挙げた野菜・果樹。カボチャを箱詰めする関係者ら=JAおきなわ伊良部支店の集荷場(資料写真)

8億8000万円の販売実績を挙げた野菜・果樹。カボチャを箱詰めする関係者ら=JAおきなわ伊良部支店の集荷場(資料写真)

 JAおきなわ宮古地区営農振興センターは21日までに、2018年度にJAで取り扱った野菜・果実の販売実績をまとめた。総販売額は8億8013万円、前年度実績を6430万円(8%)上回った。冬場の日照不足、長雨など気象条件に恵まれなかったが、ゴーヤーやカボチャ、トウガンが全体の販売額を押し上げた。同センターは「計画の10億円には達しなかったが、前年より数量、販売額を伸ばせた」と総括した。

(全文を表示…)

2019年5月17日(金) 09:00 [産業・経済]

宮古地区7期ぶり30万㌧割り込む/18-19年産サトウキビ

生産量29万3000㌧
宮糖伊良部の搬入が終了


2018-19年産サトウキビの搬入を終えた宮古製糖伊良部工場=16日、伊良部字伊良部

2018-19年産サトウキビの搬入を終えた宮古製糖伊良部工場=16日、伊良部字伊良部

 宮古製糖伊良部工場は16日、2018-19年産サトウキビの搬入を終えた。累計で4万9859㌧を搬入し、平均糖度は13・94度と基準糖度(13・1~14・3度)に達した。同工場の搬入終了で確定した宮古地区全体の生産(搬入)量は29万3248㌧。台風の被害で大不作だった11-12年産以来7期ぶりに30万㌧を下回った。昨年の気象条件が全体生産量に響いた。


(全文を表示…)

2019年5月17日(金) 08:57 [産業・経済]

「福福波」最多520本

18年度宮古地区
県種雄牛精液払い下げ実績


宮古島市平良産まれの「北福波」を父に持つ「福福波」。18年度の凍結精液払い下げ本数が宮古地区最多となった(県畜産研究センター提供)

宮古島市平良産まれの「北福波」を父に持つ「福福波」。18年度の凍結精液払い下げ本数が宮古地区最多となった(県畜産研究センター提供)

 県宮古家畜保健衛生所はこのほど、宮古地区における2018年度県種雄牛凍結精液払い下げ本数の実績をまとめた。宮古島市平良産まれの銘牛「北福波」を父に持つ「福福波」が520本と最も多く、市城辺産まれの「茂北福」が370本で続いた。3位は前年度1位の「球美乃花」。茂北福、球美乃花ともに父は北福波で、最高の血統を継ぐ種雄牛の人気が際立った。


(全文を表示…)

2019年5月17日(金) 08:56 [産業・経済]

1戸2割増頭推進へ

和牛組合城辺支部
総会で事業計画など承認


新年度の事業計画や予算を決めた和牛改良組合城辺支部の総会=16日、城辺公民館

新年度の事業計画や予算を決めた和牛改良組合城辺支部の総会=16日、城辺公民館

 宮古和牛改良組合城辺支部(松川晋支部長)の第39回総会が16日、城辺公民館であった。1戸2割増頭運動や競り市出荷牛の削蹄推進などを柱とする2019年度事業計画を決めた。前年度に優秀な子牛を生産した農家も表彰した。


(全文を表示…)

2019年5月15日(水) 08:58 [産業・経済]

宮古初寄港を歓迎/ダイヤモンド・プリンセス

乗客2666人来島


宮古島に初寄港したダイヤモンド・プリンセス号=14日、平良港沖

宮古島に初寄港したダイヤモンド・プリンセス号=14日、平良港沖

 プリンセス・クルーズ社の大型客船ダイヤモンド・プリンセス号(11万5875トン)が14日午前7時、宮古島に初寄港した。今回のクルーズは神戸港を発着するコースのため乗客2666人のうち1742人が日本人観光客だった。初寄港を歓迎するセレモニーが船内で行われ、ステファノ・ラバラ船長にミス宮古島から花束が贈られた。

(全文を表示…)

2019年5月15日(水) 08:55 [産業・経済]

増頭推進を強化へ/和牛組合平良支部が総会

優良農家も表彰


新年度の事業計画や予算を決めた和牛改良組合平良支部の総会=14日、JA宮古地区本部

新年度の事業計画や予算を決めた和牛改良組合平良支部の総会=14日、JA宮古地区本部

 宮古和牛改良組合平良支部(喜屋武隆支部長)の第39回通常総会が14日、JAおきなわ宮古地区本部ホールであった。増頭運動や競り市出荷牛の削蹄推進を盛った2019年度事業計画を決めた。優良な子牛を生産した農家も表彰した。

(全文を表示…)

2019年5月11日(土) 08:58 [産業・経済]

「黒糖の日」多良間産PR/県、製糖工場

ミネラル分たっぷり


「黒糖の日」キャンペーンで、試食用の黒糖を食べる観光客ら=10日、宮古空港

「黒糖の日」キャンペーンで、試食用の黒糖を食べる観光客ら=10日、宮古空港

 県宮古農林水産振興センターと宮古製糖は「黒糖の日」の10日、宮古空港でキャンペーンを開き、本土からの直行便などで訪れる観光客らに多良間島産の黒糖を配ったり、試食を呼び掛けながらミネラル分たっぷりの健康食品である島産黒糖をアピールした。

(全文を表示…)

2019年5月10日(金) 08:58 [産業・経済]

旅客数が前年比増加/GW期間の空路利用実績

 宮古空港、下地島空港を発着する各航空各社はこのほど、今年のゴールデンウイーク期間(4月26日から5月6日)の利用実績を発表した。日本航空(JAL)・日本トランスオーシャン航空(JTA)グループの沖縄関連路線の総旅客数は県外、県内線合わせ前年比19・8%増の24万5146人。全日空(ANA)の沖縄方面旅客数は14・5%増の30万1190人だった。

(全文を表示…)

2019年5月10日(金) 08:57 [産業・経済]

宮古を「パイロットの故郷」に

13日から訓練開始/FSOが下地島空港で


下地島空港での訓練開始について語るFSOの玉那覇尚也社長=北谷町

下地島空港での訓練開始について語るFSOの玉那覇尚也社長=北谷町

 【那覇支社】下地島空港と周辺用地の利活用事業で革新的航空パイロット養成事業を推進するFSO(北谷町、玉那覇尚也社長)が13日から同空港でパイロット養成訓練を開始することが分かった。同社の玉那覇社長は本紙取材に対し「下地島を世界で活躍するパイロットの『故郷』にしたい」と意気込みを語った。

(全文を表示…)

2019年5月10日(金) 08:55 [産業・経済]

製糖操業が長引く/宮糖伊良部工場

天候の影響でずれ込む


伊良部のサトウキビ収穫期間が長引いている。搬入終了は12日以降になりそうだ=9日、伊良部字伊良部

伊良部のサトウキビ収穫期間が長引いている。搬入終了は12日以降になりそうだ=9日、伊良部字伊良部

 宮古製糖伊良部工場の製糖操業が長引いている。サトウキビが計画通りに収穫できないことが要因。機械刈りが急増し、天候の影響をもろに受けている。工場は12日か13日の搬入終了を予定しているが、天候次第ではさらに後ろにずれ込むことが予想される。収量や品質の低下を懸念する農家の声が強まりそうだ。

(全文を表示…)

2019年5月9日(木) 09:00 [産業・経済]

ゴーヤーを特売/実行委

令和初のキャンペーン/消費拡大、拠点産地PR


市民らが訪れ格安のゴーヤーを買い求めたキャンペーン=8日、ファーマーズマーケット「あたらす市場」

市民らが訪れ格安のゴーヤーを買い求めたキャンペーン=8日、ファーマーズマーケット「あたらす市場」

 5月8日にちなんだ、新元号「令和」初のゴーヤーの日キャンペーン(主催・宮古地区ゴーヤーの日実行委員会)が8日、JAファーマーズマーケット「あたらす市場」で「サンゴの島から育まれた野菜の王! 宮古島産ゴーヤー」のタイトルで行われた。会場には3000袋、約2㌧のゴーヤーを準備。多くの市民が1袋(約650㌘)50円のゴーヤーを買い求めた。

(全文を表示…)

2019年5月9日(木) 08:59 [産業・経済]

県産の消費拡大目指す

「ゴーヤーの日」でイベント/県販売促進協


園児たちとゴーヤーをアピールする富川副知事(後列右から3人目)と大城理事長(同5人目)ら=8日、糸満市

園児たちとゴーヤーをアピールする富川副知事(後列右から3人目)と大城理事長(同5人目)ら=8日、糸満市

 【那覇支社】ゴーヤーの日の8日、県産ゴーヤーの消費拡大を目指す「ゴーヤーの日」セレモニー(主催・県農林水産物販売促進協議会)が、糸満市のJAファーマーズマーケットいとまんで開かれた。

(全文を表示…)

2019年5月8日(水) 09:00 [産業・経済]

「農林27号」全体の6割/18-19年産キビ品種別搬入

品質良く糖度14度台/新品種増え、分散傾向


沖縄製糖品種別

沖縄製糖品種別

 宮古本島製糖2工場はこのほど、2018-19年産サトウキビの品種別搬入実績をまとめた。農林号が最も多く全体の6割以上を占めている。品質も良く14度台だった。一方、「農林33号」とも呼ばれる新しい品種「RK97-14」を使う農家も増えている。前期は農林27号が7~8割を占めていたが、少しずつ品種の分散が進んでいる。

(全文を表示…)

2019年5月4日(土) 08:58 [産業・経済]

今年度予算67億円/県宮古農水振興センター

前年度比11%増


宮古農林水産振興センター予算

宮古農林水産振興センター予算

 県宮古農林水産振興センターはこのほど、2019年度予算をまとめた。総額67億円(県営事業のみ)で、前年度に比べ6億7260万円(11%)増加した。土地改良事業などを含む農地費が全体の約9割を占めている。

(全文を表示…)

2019年5月2日(木) 09:00 [産業・経済]

モズク安定出荷へ/宮古島漁協

鮮度保持施設が起工


くわ入れを行う古波蔵社長(左から2人目)と関係者=1日、宮古島漁協東側の建設現場

くわ入れを行う古波蔵社長(左から2人目)と関係者=1日、宮古島漁協東側の建設現場

 宮古島漁協(儀保正司組合長)の鮮度保持施設工事の安全祈願祭(主催・同工事安全協議会)が1日、同漁協東側の建設現場で行われた。請負業者や漁協、市の関係者ら約40人が参加し、工期中の無事故・無災害を願った。宮古では、モズク専用施設としては初めて。

(全文を表示…)

2019年5月2日(木) 08:55 [産業・経済]

平均糖度は14・19度/宮糖多良間 キビ搬入終了

18-19年産サトウキビ搬入を終了した=4月30日、宮古製糖多良間工場

18-19年産サトウキビ搬入を終了した=4月30日、宮古製糖多良間工場

 【多良間】宮古製糖多良間工場(来間春誠工場長)は4月30日、2018-19年期産サトウキビの原料搬入を終了した。今期の搬入量は当初見込みを1136トン上回る2万4956トンだった。平均糖度は14・19度。トン当たりの農家平均手取り額は2万1998円となった。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年7月1日現在

    宮古島市 54,698 人
    27,554 人
    27,144 人
    世帯数 27,615 軒
    多良間村 1,141 人
    608 人
    533 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2019年5月
    « 4月   6月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2