2019年5月のニュース一覧

2019年5月26日(日) 08:59 [地域・暮らし]

家賃値上げ「正当な理由必要」

相談増で特別講座
20人参加、弁護士助言


家賃の値上げをテーマに開かれた消費者月間特別講座。弁護士の長尾さんが借り主としての対応を助言した=25日、市働く女性の家

家賃の値上げをテーマに開かれた消費者月間特別講座。弁護士の長尾さんが借り主としての対応を助言した=25日、市働く女性の家

 宮古島市で相次ぐ共同住宅(アパートなど)の家賃の値上げで、県消費生活センター宮古分室は25日、市働く女性の家で特別講座を開いた。法テラス宮古島法律事務所弁護士の長尾大輔さんが講話し、家賃の値上げには正当な事由が欠かせないと指摘。借り主は直ちに応じる必要はないと助言した。その上で、家賃の値上げや契約解除の通知に対応する際には借地借家法を活用するよう促した。


(全文を表示…)

2019年5月26日(日) 08:58 [教育・文化]

平和、夢、愛を訴え

宮古出身者も熱演
劇団パレイド「大切なもの」


悲惨な戦争の中でも夢や希望を持ち続けた人たちから平和な現代に「大切なもの」が語りかけられた=25日、マティダ市民劇場

悲惨な戦争の中でも夢や希望を持ち続けた人たちから平和な現代に「大切なもの」が語りかけられた=25日、マティダ市民劇場

 劇団パレイドの舞台「大切なもの~ワンヌイミ(自分の夢)~」公演(主催・マティダ市民劇場)が25日、同劇場で行われ、宮古島市出身の出演者を含め劇団員たちが、戦争の中で生き抜いた人々の苦難の日々を熱演。舞台では、過去の過ちを二度と繰り返さないこと、忘れないこと。そして夢を持つこと、愛することの素晴らしさを物語を通して訴えた。


(全文を表示…)

2019年5月26日(日) 08:57 [未分類]

伊良部にクマゼミ

初夏を告げる鳴き声


センダンの木に現れたクマゼミ=25日、伊良部

センダンの木に現れたクマゼミ=25日、伊良部

 宮古の夏を告げるクマゼミが25日、伊良部で確認された。センダンの高木の枝に止まり、「シャイシャイシャイ」と大きな鳴き声を響かせていた。


(全文を表示…)

2019年5月26日(日) 08:56 [社会・全般]

「積極的にチャレンジ」

県同友会宮古支部 総会で決意新た


今後の方針に決意を新たにする上地支部長(手前)=25日、平良のパン工房「アダナス」のレストラン

今後の方針に決意を新たにする上地支部長(手前)=25日、平良のパン工房「アダナス」のレストラン

 県中小企業家同友会宮古支部(上地和彦支部長)の第27回総会が25日、平良のパン工房「アダナス」内にあるレストランで開かれた。会員多数が参加し、2019年度予算など5議案を全会一致で承認した。任期満了に伴う役員改選で上地支部長を再任した。任期は1年。


(全文を表示…)

2019年5月26日(日) 08:55 [イベント]

Gゴルフで交流

多良間出身者が一堂に
在宮古郷友会など


プレーを楽しむ参加者=25日、JTAドーム宮古島

プレーを楽しむ参加者=25日、JTAドーム宮古島

 第25回多良間村・各郷友会交流グラウンドゴルフ大会・宮古島大会(主催・在宮古多良間郷友会)が25日、JTAドーム宮古島で開催された。多良間出身150人がプレーを楽しみながら旧交を温めた。


(全文を表示…)

2019年5月26日(日) 08:54 [花は島色]

【花は島色】上間健斗さん(20歳)/MRO Japan(株)

「信頼される整備士に」


上間健斗さん

上間健斗さん

【那覇支社】那覇空港で航空機整備に取り組むのは、MRO Japan(株)入社3年目の上間健斗さん(20)=宮古工業高校出身=。「失敗が許されないので厳しいことも多いですが、整備した飛行機が飛んでいくと嬉しいです」と充実した笑顔を見せる。


(全文を表示…)

2019年5月26日(日) 08:53 [ニュースウィークリー]

【ニュースウイークリー】5月21日~5月25日

川満克佳さん藍綬褒章受章
県内から10人春の褒章
 政府は日付で2019年春の褒章受章者を発表した。県内からは、緑綬褒章1人、黄綬褒章6人、藍綬褒章3人の計10人。このうち宮古からは保護司の川満克佳さん(76)=宮古島市下地上地=が更生保護功績で藍綬褒章を受章した。
(5月21日掲載)



(全文を表示…)

2019年5月25日(土) 09:00 [産業・経済]

キビ代金64億1700万円/18-19年産

前期比6億5000万円減
糖度上昇も収量減響く


サトウキビ生産実績

サトウキビ生産実績

 JAおきなわ宮古地区営農振興センターさとうきび対策室は24日までに、宮古地区の2018-19年産サトウキビ生産実績をまとめた。サトウキビ代金(農家に支払われた金額)は前期比6億5000万円減の64億1700万円。地区全体の平均糖度は14・04度と上昇したものの、原料代金の落ち込みで平均単価(トン当たりの農家手取り額)は2万1884円と前期作を下回った。これにサトウキビの減産が重なって全体の金額が押し下げられた。


(全文を表示…)

2019年5月25日(土) 08:59 [教育・文化]

戦争の記憶伝承へ

博物館で平和展開幕
「3つの飛行場」テーマ


日本軍とともに海軍飛行場設営に従事する女子挺身勤労隊。宮古の飛行場名は不明

日本軍とともに海軍飛行場設営に従事する女子挺身勤労隊。宮古の飛行場名は不明

 市総合博物館(平良恵栄館長)で24日、6月25日までの日程で平和展「戦中の宮古~造られた3つの飛行場~」が開幕した。日本軍とともに海軍飛行場設営に従事する女子挺身勤労隊のモノクロ写真や通称赤トンボと呼ばれた海軍の九三式中間練習機の模型、新資料3点などを含めた総数82点を展示。平良館長は「宮古の戦争の記憶、記録、モノを次世代に伝え残すためにも、この展示を通して、平和は何かを考える機会となれば」と述べている。6月23日の「慰霊の日」は入場無料。


(全文を表示…)

2019年5月25日(土) 08:58 [社会・全般]

件数と融資額過去最高

沖縄公庫18年度教育資金


教育資金の融資実積

教育資金の融資実積

 沖縄振興開発金融公庫(川上好久理事長)は23日、教育資金の2018年度融資実績を発表した。件数は2574件で前年度比0・9%増、融資額は29億5700万円で同4・0%増となり、ともに過去最高を更新した。件数は10年連続、融資額は7年連続それぞれ増加した。沖縄公庫では「進学に対する意欲が高まっていることや、教育資金の周知活動が利用を押し上げているのではないか」と分析している。


(全文を表示…)

2019年5月25日(土) 08:57 [地域・暮らし]

梅雨空どこへ

五月晴れに歓声


心地よい気候の中、宮古島を満喫する観光客=24日、前浜ビーチ

心地よい気候の中、宮古島を満喫する観光客=24日、前浜ビーチ

 梅雨真っ直中の宮古島地方。毎年、この時期はジメジメして蒸し暑いイメージだが、ここ数日は天気にも恵まれ、湿度も低かったことから過ごしやすい日々が続いた。


(全文を表示…)

2019年5月25日(土) 08:56 [産業・経済]

良い環境づくりを宣言

電気事業安全衛生大会


指差し唱和で安全衛生標語を確認する参加者=24日、おきでん宮古ビル多目的ホール

指差し唱和で安全衛生標語を確認する参加者=24日、おきでん宮古ビル多目的ホール

 第35回宮古地区電気事業安全衛生大会(主催・宮古地区電気事業安全衛生連絡会議)が24日、おきでん宮古ビル多目的ホールで開かれた。沖縄電力離島カンパニー宮古支店や関係・協力会社などの社員が参加して安全、健康の確保と働きやすい職場環境づくりの促進へ組織一丸となって取り組むなどとする大会宣言を行った。


(全文を表示…)

2019年5月25日(土) 08:55 [社会・全般]

経験や体験談伝える

「沖縄看護の歴史」で講演
古謝フミ子さん


「沖縄の看護の歴史」をテーマに行われた講演会=24日、宮古病院

「沖縄の看護の歴史」をテーマに行われた講演会=24日、宮古病院

 「患者中心の看護を実践して信頼される看護師に」-。元中部病院の看護部長で、日本看護協会名誉会員でもある古謝フミ子さん(82)を講師に招いた講演会が24日、宮古病院で行われた。


(全文を表示…)

2019年5月25日(土) 08:55 [地域・暮らし, 郷友会便り]

獅子舞、クイチャーで熱気/在沖比嘉郷友会が敬老会

比嘉獅子舞保存会の獅子舞も披露された在沖比嘉郷友会の敬老会=26日、那覇市

比嘉獅子舞保存会の獅子舞も披露された在沖比嘉郷友会の敬老会=26日、那覇市

 【那覇支社】在沖比嘉郷友会の「創立55周年 敬老会」が26日、那覇市のマリエールオークパインで開催され、郷友や宮古から駆けつけた比嘉自治会のメンバーら約100人が、郷友会の発展と敬老者の健康長寿を祈念した。比嘉獅子舞保存会による獅子舞のほか、民謡や琉舞も披露され、最後は出席者でクイチャーを踊るなど会場は郷友の熱気に包まれた。

(全文を表示…)

2019年5月24日(金) 09:00 [社会・全般]

事業収益1億2700万円/市シルバー人材センター総会

過去最高実績を更新/新理事長に川満さん選出


市シルバー人材センターの定時総会。新年度の事業計画などを認める会員の皆さん=23日、市中央公民館

市シルバー人材センターの定時総会。新年度の事業計画などを認める会員の皆さん=23日、市中央公民館

  公益社団法人宮古島市シルバー人材センター(國仲清正理事長)の2019年度定時総会が23日、市中央公民館で開かれた。18年度の受託事業報告で、契約件数1061件、収益は1億2700万円といずれも過去最高の実績を挙げていたことが分かった。好調な管内景気に伴う人手不足を反映しており、次年度も伸ばす勢いだ。新年度の事業計画や予算も決めた。理事の互選で、川満勝彦さんを新しい理事長に選んだ。

(全文を表示…)

2019年5月24日(金) 08:59 [社会・全般]

新進気鋭シェフに選定/渡真利さん「紺碧」料理長

仏料理、全国15人に/「存在知ってもらえる」


フレンチレストランウイークのフォーカスシェフに選ばれた渡真利さん

フレンチレストランウイークのフォーカスシェフに選ばれた渡真利さん

 伊良部池間添のホテル「紺碧ザ・ヴィラオールスイート」のレストラン・エタデスプリの料理長を務める渡真利泰洋さん(34)がこのほど、日本最大級のフランス料理イベント「フレンチレストランウイーク2019」で新進気鋭の若手を紹介するフォーカスシェフの15人に選ばれた。渡真利さんは23日、同店で「フランス大使館など多くの人に存在を知ってもらえるいい機会になった。全国のシェフと交流でき、刺激になった」と喜びを語った。

(全文を表示…)

2019年5月24日(金) 08:58 [社会・全般]

「足元見つめ活動を」/伊良部商工会

総会で永年勤続20人表彰


大浦会長(手前)はあいさつで会員らの協力に感謝した=23日、伊良部の東地区構造改善センター

大浦会長(手前)はあいさつで会員らの協力に感謝した=23日、伊良部の東地区構造改善センター

  伊良部商工会(大浦貞治会長)の通常総会が23日、東地区構造改善センターで開かれた。会員多数が参加し、2018年度決算など3議案を承認。大浦会長が、長年にわたって勤務する会員の普天間一昭さんら20人に表彰状を贈った。

(全文を表示…)

2019年5月24日(金) 08:57 [教育・文化]

27日に登録認定書伝達/ユネスコ無形遺産 「宮古のパーントゥ」

ユネスコ無形文化遺産に登録された島尻のパーントゥ=島尻(資料写真)

ユネスコ無形文化遺産に登録された島尻のパーントゥ=島尻(資料写真)

 ユネスコ無形文化遺産に登録された「宮古島のパーントゥ」など8県10行事からなる「来訪神 仮面・仮装の神々」の登録認定書伝達式が27日、東京の文化庁で行われる。宮古島市からは下地敏彦市長、宮良保島尻自治会長、平良孝一郎野原部落会長らが参加する。

(全文を表示…)

2019年5月24日(金) 08:56 [スポーツ]

冬に備え練習に汗/チーム土屋

宮古島合宿を公開


葛西選手権監督(左)が見守る中、キャスターを取り付けた板に乗ってジャンプする練習を行う小林選手(右)=23日、市内ホテル前

葛西選手権監督(左)が見守る中、キャスターを取り付けた板に乗ってジャンプする練習を行う小林選手(右)=23日、市内ホテル前

 今月13日から宮古島合宿を行っている葛西紀明選手兼監督が率いる土屋ホームスキー部「チーム土屋」が23日、市内ホテルなどで練習を公開した。四方にキャスターを取り付けた板に乗ってジャンプする練習などを行った。昨シーズンスキージャンプW杯個人総合優勝の小林陵侑選手は「ここでの練習が冬に出ると思う」と合宿の意義を語った。

(全文を表示…)

2019年5月24日(金) 08:55 [教育・文化]

宮古神社で絵画展/川上亜子さん作品

「内なる聖地~水の神々」


展示されている柔らかいパステル画の作品を鑑賞する奥間権禰宜(左)=23日、宮古神社休憩室

展示されている柔らかいパステル画の作品を鑑賞する奥間権禰宜(左)=23日、宮古神社休憩室

 「内なる聖地2019~水の神々~」と題した川上亜子(つぎこ)さんの作品展が24日から宮古神社の休憩室を会場に開催される。26日まで。時間は午前9時~午後4時30分まで。会場には、作者の川上さんが感じた素直なエネルギーが、パステルの淡い色合いの画の中に光を感じさせるような作品を中心に約45点が展示されている。

(全文を表示…)

2019年5月24日(金) 08:54 [はばたけあすの顔]

アサガオが咲いたよ/久松小学校1年1組

男子9人、女子20人


久松小学校1年1組

久松小学校1年1組

 4月15日に種をまいたアサガオが、紫色の大きな花を咲かせた。子供たちは「先生、花が咲いたよ」と大喜びだったという。荷川取先生は「アサガオは、みなさんからもらった水をたくさん吸って、太陽からも光をたくさんもらって大きくなり、花を咲かせたんだよ」と話した。

(全文を表示…)

2019年5月23日(木) 09:00 [社会・全般]

運転免許返納142人/18年宮古島署管内

3年前の4倍に増加/75歳以上が76%占める 警察、支援制度PR


運転免許自主返納者数

運転免許自主返納者数

 宮古島市で2018年に運転免許証を自主返納した高齢者は142人で、15年にデータを取り始めた35人に比べ約4倍に増えたことが宮古島署のまとめで分かった。75歳以上が全体の76%を占めている。今年5月20日までの返納者は54人で、さらに増える見込みだ。同署では、本人や周囲の人が少しでも運転に不安を感じたら免許返納を前向きに考えてほしいと呼び掛け。返納すると交通機関や飲食店の割引などの「優遇措置(支援制度)」が受けられる制度もPRしている。

(全文を表示…)

2019年5月23日(木) 08:59 [地域・暮らし]

彩り鮮やかな地域に/地盛農村公園周辺

遊歩道に桜と花々/「里山の会」メンバーが整備


佐藤会長はこれまで会の取り組みを紹介する「会報」を21号発行。「桜の名所」に向け、精力的な活動を行っている

佐藤会長はこれまで会の取り組みを紹介する「会報」を21号発行。「桜の名所」に向け、精力的な活動を行っている

 平良地盛地区を訪れると、地盛農村公園周辺は目を引く光景が広がる。数年前に「桜の名所」を目指して遊歩道脇に植えられた80本のカンヒザクラの周囲には、いろいろな花々が咲き誇り、彩り鮮やかなエリアとして人気を博している。

(全文を表示…)

2019年5月23日(木) 08:58 [産業・経済]

県協議会が設立総会/「和牛オリンピック」に向け

砂川和牛組合長ら参加


全国和牛能力共進会鹿児島大会に向けてガンバロー三唱する出席者=22日、那覇市

全国和牛能力共進会鹿児島大会に向けてガンバロー三唱する出席者=22日、那覇市

 【那覇支社】5年に1度の「和牛のオリンピック」ともいわれる全国和牛能力共進会(全共)が2022年度は鹿児島県で開催されるのに向け22日、県協議会設立総会が那覇市のJAおきなわ会館で開かれた。JA関係者や生産者代表、行政担当者ら約100人が出席した。総会後、宮古和牛改良組合の砂川栄市組合長は「宮古から優勝する牛を出したい」と語った。

(全文を表示…)

2019年5月23日(木) 08:57 [社会・全般]

「泡盛は違った風味で個性的」/長州力さん、池間酒造を見学

池間社長(左)から説明を受けて泡盛を飲み比べる長州さん(右)=20日、池間酒造

池間社長(左)から説明を受けて泡盛を飲み比べる長州さん(右)=20日、池間酒造

 プロレスラーの長州力さんが20日、工場見学で平良西原の池間酒造を訪れた。同社の池間太郎社長が泡盛の製造工程や工場の設備などを説明し、長州さんに泡盛を振る舞った。

(全文を表示…)

2019年5月23日(木) 08:56 [産業・経済]

10カ月ぶり前年下回る/市観光商工部

4月観光客数8万8000人


 市観光商工部は22日、4月の宮古島への入域観光客数について、前年同月比1万1032人(11・12%)減の8万8178人だったと発表した。クルーズ船の寄港回数が前年同月を下回ったことが減少の要因。1カ月の入域観光客数が前年同月実績を下回ったのは2018年6月以来の10カ月ぶりとなる

(全文を表示…)

2019年5月23日(木) 08:55 [社会・全般]

春の叙勲など伝達/玉城知事が受章者13人に

玉城知事(前列中央)と記念撮影に収まる叙勲受章者=22日、那覇市

玉城知事(前列中央)と記念撮影に収まる叙勲受章者=22日、那覇市

 【那覇支社】2019年春の叙勲と危険業務従事者叙勲の伝達式が22日、那覇市の知事公舎で行われ、玉城デニー知事が地方自治や保健衛生、地域総合・教育、消防の各分野で功績のあった13人の一人一人に勲記と勲章を手渡した。

(全文を表示…)

2019年5月23日(木) 08:54 [行雲流水]

【行雲流水】(本土復帰47周年)

 本土復帰して47年。道路、水道、電気、情報等、生活環境は格段によくなった。今や、復帰前の生活環境を記憶している世代は、少数派になりつつある。ましてや昭和20年代の記憶に至っては、霧の彼方だ

(全文を表示…)

2019年5月22日(水) 09:00 [産業・経済]

総販売額8億8000万円/18年度JA野菜・果実

前年度比6400万円増加/カボチャなどが押し上げ


8億8000万円の販売実績を挙げた野菜・果樹。カボチャを箱詰めする関係者ら=JAおきなわ伊良部支店の集荷場(資料写真)

8億8000万円の販売実績を挙げた野菜・果樹。カボチャを箱詰めする関係者ら=JAおきなわ伊良部支店の集荷場(資料写真)

 JAおきなわ宮古地区営農振興センターは21日までに、2018年度にJAで取り扱った野菜・果実の販売実績をまとめた。総販売額は8億8013万円、前年度実績を6430万円(8%)上回った。冬場の日照不足、長雨など気象条件に恵まれなかったが、ゴーヤーやカボチャ、トウガンが全体の販売額を押し上げた。同センターは「計画の10億円には達しなかったが、前年より数量、販売額を伸ばせた」と総括した。

(全文を表示…)

2019年5月22日(水) 08:59 [社会・全般]

1日に1.4人が出生/「統計みやこじま」

転入が転出上回る/結婚は1カ月31・5組


統計から見た市民の暮らし

統計から見た市民の暮らし

 宮古島市では1日に1・4人の子どもが生まれ、1・7人が亡くなっている。転入は1日に8・3人いて、7・3人が転出している。結婚は1カ月に31・5組、離婚は10・8組いることが、市発刊の「2018年度統計みやこじま」で分かった。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和2年12月1日現在

    宮古島市 55,032 人
    27,825 人
    27,207 人
    世帯数 28,388 軒
    多良間村 1,103人
    602 人
    501 人
    世帯数 520 軒
  • 天気


  •  

    2019年5月
    « 4月   6月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2