「社会・全般」 2019年6月のニュース一覧

2019年6月26日(水) 08:56 [社会・全般]

分別、再資源化チェック

建設リサイクル法でパト/宮古土木事務所など


工事現場では適正な解体分別などが行われているかについての聞き取り調査が行われた=25日、市総合庁舎建設工事現場

工事現場では適正な解体分別などが行われているかについての聞き取り調査が行われた=25日、市総合庁舎建設工事現場

 宮古土木事務所(維持管理班・建築班)と宮古保健所(生活環境班)、宮古労働基準監督署は25日、建設リサイクル法に基づき宮古島管内で一斉パトロールを実施した。

(全文を表示…)

2019年6月24日(月) 09:00 [社会・全般]

新時代に不戦の誓い/平和の尊さ後世に

黙とうささげみ霊慰め
市全戦没者追悼・平和祈念式


 沖縄戦が終結してから74年目を迎えた「慰霊の日」の23日、2019年度宮古島市全戦没者追悼式及び平和祈念式(主催・市など)がマティダ市民劇場で開かれた。遺族会、一般市民らが多数参列し、戦没者のみ霊に黙とうし哀悼の意をささげた。下地敏彦市長は「平和の尊さを後世へ伝え笑顔が絶えない豊かな街づくりを目指す」と平和メッセージを発表した。先の大戦で犠牲になった宮古の関係者は3000人を超える。


(全文を表示…)

2019年6月24日(月) 08:57 [社会・全般]

平和希求、世界へ発信
沖縄全戦没者追悼式
戦後74年 玉城知事が宣言


沖縄全戦没者追悼式で平和宣言を読み上げる玉城デニー知事=23日、糸満市の平和祈念公園

沖縄全戦没者追悼式で平和宣言を読み上げる玉城デニー知事=23日、糸満市の平和祈念公園

 【那覇支社】戦後74年目の「慰霊の日」となる23日、沖縄戦で多くの犠牲者が出た最後の激戦地、糸満市摩文仁の平和祈念公園で沖縄全戦没者追悼式(主催・県、県議会)が行われた。玉城デニー知事や安倍晋三首相のほか、一般参列者ら5100人(主催者発表)が戦争犠牲者の冥福を祈り恒久平和を誓った。


(全文を表示…)

2019年6月22日(土) 08:56 [社会・全般]

伝統継承に決意/上布保持団体が総会

19年度予算案など審議


19年度の事業計画などを審議した=21日、市役所平良庁舎

19年度の事業計画などを審議した=21日、市役所平良庁舎

 宮古上布保持団体の2019年度定期総会が21日、市役所平良庁舎で開かれ、18年度の事業や決算の報告、19年度の事業計画案や予算案について審議した。伝承者養成講習は継続する。会員らは宮古上布の伝統継承に決意を新たにした。

(全文を表示…)

2019年6月21日(金) 08:56 [社会・全般]

海保、消防が救助訓練/マリンレジャー中の事故想定

ロープで遊泳者を引き上げる海保の潜水士=20日、城辺友利の博愛漁港

ロープで遊泳者を引き上げる海保の潜水士=20日、城辺友利の博愛漁港

 宮古島海上保安部(山戸義勝部長)と市消防本部(来間克消防長)は、マリンレジャースポットでの事故を想定した救助訓練を20日、城辺友利の博愛漁港で行った。海保の巡視船「はりみず」から15人(潜水士5人)、消防の水難救助隊員8人(潜水士6人)が参加し、合同訓練で連携強化を図った。

(全文を表示…)

2019年6月20日(木) 08:57 [社会・全般]

50人が結核集団感染/宮古厚生園 20人が発病

 【那覇支社】県地域保健課は18日、宮古保健所管内の社会福祉施設で職員や利用者に50人の結核集団感染が発生し、20人が発病したと発表した。

(全文を表示…)

2019年6月19日(水) 09:00 [社会・全般]

介護従事者 10年後500人不足/宮古島市

20年後は1000人と推計/予防事業、人材育成課題に


生産年齢人口と介護従事者

生産年齢人口と介護従事者

 宮古島市内の介護従事者が10年後には500人、20年後には約1000人不足することが見込まれている。市では「健康な高齢者」を増やし介護認定をできるだけ後年次に先送りするための予防事業の推進や介護従事者の育成が課題だとしている。現在も人手不足を理由に事業所の閉鎖が相次いだり、観光業などへの人材流出もある。また県の調査によると従事者年齢が50歳代の割合が多くを占めるなど介護現場は厳しい状況だ。

(全文を表示…)

2019年6月18日(火) 08:56 [社会・全般]

独禁法との関わり学ぶ/女性団体リーダー研修会

福田室長の講話に聞き入る参加者ら=16日、市下地公民館

福田室長の講話に聞き入る参加者ら=16日、市下地公民館

 宮古島市女性団体リーダー研修会(主催・市教育委員会、共催・宮古地区婦人連合会)が16日、市下地公民館で開かれた。婦人連合会などから約20人が参加し、独占禁止法と日々の暮らしとの関わりについて理解を深めた。

(全文を表示…)

2019年6月16日(日) 08:58 [社会・全般]

環境清掃事業に尽力/中小企業団体中央会が表彰

平良、渡真利さん宮古初受賞


砂川理事長(中央)に表彰を報告した平良さん(左)と渡真利さん=15日、平良東仲宗根の市環境清掃事業協同組合

砂川理事長(中央)に表彰を報告した平良さん(左)と渡真利さん=15日、平良東仲宗根の市環境清掃事業協同組合

 県中小企業団体中央会の通常総会がこのほど、那覇市内のホテルで開かれた。席上、組合功労者の部で、宮古島市環境清掃事業協同組合(砂川恵俊理事長)の組合員で平治商事代表の平良昇さん(58)=城辺友利=と、同じく組合員の渡真利秀明さん(69)=上野宮国=の2人が表彰された。同組合によると宮古からの受賞は今回が初めて。

(全文を表示…)

2019年6月16日(日) 08:55 [社会・全般]

砂浜にイルカやカメ/渡口の浜でサンドアート

10月にイベント開催


渡口の浜で脚光を浴びるサンドアート作品。10月にはイベントが開かれる予定だ=15日、伊良部・渡口の浜

渡口の浜で脚光を浴びるサンドアート作品。10月にはイベントが開かれる予定だ=15日、伊良部・渡口の浜

 伊良部の渡口の浜で、サンドアートが注目を集めている。イルカやウミガメなど、海の生物を砂で精巧に造形するのが「宮古島でサンドアートを楽しむ会」の皆さんだ。10月にはサンドアート大会の開催を計画している。会長の知久博明さんは「渡口の浜ほど素晴らしい砂は他にない。この場所をサンドアートのメッカにしたい」と意気込む。

(全文を表示…)

2019年6月15日(土) 08:57 [社会・全般]

新時代に「安全第一」継承

スローガンを指差呼称/宮古地区安全大会


指差呼称でスローガンを確認する参加者ら=14日、市城辺公民館

指差呼称でスローガンを確認する参加者ら=14日、市城辺公民館

 2019年度宮古地区安全大会(主催・県労働基準協会宮古支部ほか)が14日、市城辺公民館で開かれた。事業主や労働者など約120人が参加し、指差呼称で全国安全週間のスローガンを確認。「すべての職場において災害ゼロを目指し、安全活動に取り組み、『安全第一』を新たな時代に継承していく」などとする大会宣言を採択した。

(全文を表示…)

2019年6月14日(金) 08:58 [社会・全般]

ビーチ日本一に与那覇前浜

トリップアドバイザー選定
宮古から3カ所ランクイン


ビーチ日本一に選ばれた前浜ビーチ(資料写真)

ビーチ日本一に選ばれた前浜ビーチ(資料写真)

 世界最大の旅行口コミサイトを運営するトリップアドバイザーがこのほど「日本のベストビーチ10」を発表。1位は与那覇前浜ビーチが選ばれた。


(全文を表示…)

2019年6月13日(木) 09:00 [社会・全般]

全頭遺伝子検査実施へ

宮古馬保存・活用方法検討/計画策定委


宮古馬の保存計画について意見を交わした=12日、市城辺庁舎

宮古馬の保存計画について意見を交わした=12日、市城辺庁舎

 宮古馬保存計画策定委員会の第2回会議が12日、市役所城辺庁舎であり、個体の取り扱い、飼養地、活用方針について意見を交わした。会議では保存の前提として、現状把握のため遺伝子の全頭検査を実施し、その上で繁殖に適した馬とそうでない馬を分類し、それぞれ保存・活用の方法を検討していくことを確認した。

(全文を表示…)

2019年6月13日(木) 08:59 [社会・全般]

世界夢見る若手マジシャン/宮古出身の川田諒さん(22)

福岡の飲食街で腕磨く/「故郷に貢献できれば」


世界で活躍するマジシャンを目指す川田諒さん=宮古毎日新聞社

世界で活躍するマジシャンを目指す川田諒さん=宮古毎日新聞社

 選んでもらったトランプを当てたり、コインを瞬間移動させたりするマジックを飲食店などで披露している宮古出身者が話題になっている。プロになって数カ月だが、いつかは県出身のマジシャン、マサマジックさんのように世界の舞台に立つのが夢だ。

(全文を表示…)

2019年6月13日(木) 08:58 [政治・行政, 社会・全般]

子どもの貧困 総会で取り組み報告/子の未来県民会議

子どもの貧困に取り組む「沖縄子どもの未来県民会議」=11日、那覇市

子どもの貧困に取り組む「沖縄子どもの未来県民会議」=11日、那覇市

 【那覇支社】「沖縄子どもの未来県民会議」の今年度第1回総会が11日、那覇市の自治会館で開催され、子どもの貧困問題に対する取り組み状況が報告された。低所得世帯で高校などに在学する生徒の通学費負担を軽減するため、運賃を割り引く取り組みを行っている沖縄都市モノレールに対する感謝状の贈呈式も行われた。

(全文を表示…)

2019年6月13日(木) 08:58 [社会・全般]

パイナガマに人、人、人/クルーズ船客が埋め尽くす

クルーズ船の外国人観光客で埋め尽くされた砂浜=12日、パイナガマビーチ

クルーズ船の外国人観光客で埋め尽くされた砂浜=12日、パイナガマビーチ

 梅雨真っ直中の宮古島地方。曇り空から一時夏の日差しも差し込んだ12日午後、パイナガマビーチの砂浜には驚きの光景が広がった。

(全文を表示…)

2019年6月13日(木) 08:55 [教育・文化, 社会・全般]

平一小で不審者対応訓練/「大声出して逃げて」

大声を出して逃げ出す児童=12日、平良第一小学校グラウンド

大声を出して逃げ出す児童=12日、平良第一小学校グラウンド

 平良第一小学校(川上尚栄校長)は12日、不審者(声掛け事案)対応訓練を同校で実施した。全ての児童、園児、職員が参加。車に乗った不審者が声を掛けてくる想定で訓練が行われ、児童たちは大声を出して逃げることを学んだ。「行かない、乗らない、大声を出す、すぐに逃げる、知らせる」の頭文字を取った「いかのおすし」を守ることを約束した。

(全文を表示…)

2019年6月12日(水) 08:59 [社会・全般]

みゃーくふつに魅了/中国留学生の王丹凝さん

新城方言を研究/地元住民から聞き取り調査


新城方言の調査研究を実施している王さん=11日、市内民家

新城方言の調査研究を実施している王さん=11日、市内民家

 「こんなに面白い言語、絶対に世に残したい」-。そう話すのは中国からの留学生・王丹凝さん(25)。現在、九州大学大学院の人文科学府言語学研究室に所属し、城辺の新城方言の調査研究を進めている。今月3日からは初の長期調査として来島し、15日まで聞き取り調査を実施する。「毎日、新しい発見がありワクワクしている。これをしっかり記録したら世界の言語の多様性に対する貢献にもなると思う」と話し、さらなる研究に意欲を示した。

(全文を表示…)

2019年6月12日(水) 08:58 [政治・行政, 社会・全般]

宮古島市、6割減の12人

待機児童数 県全体は9.0%減


自治体別待機児童数

自治体別待機児童数

 【那覇支社】県子ども生活福祉部(大城玲子部長)は11日までに、県内各市町村の待機児童数(4月1日時点)の速報値を発表した。県全体の待機児童数は前年比9・0%減の1702人、宮古島市は同57・1%減の12人。多良間村での待機児童はなかった。

(全文を表示…)

2019年6月12日(水) 08:57 [社会・全般]

雇用情勢改善向け協議/市と労働局、ハローワーク連携

雇用情勢の改善に向けた協議が行われた=11日、ハローワーク宮古

雇用情勢の改善に向けた協議が行われた=11日、ハローワーク宮古

 市雇用対策協定運営協議会が11日、ハローワーク宮古で開かれ、新規高卒予定者の求人確保数の目標設定や取り組み事項などを協議した。今年度は新規高卒予定者の求人を50人確保、55歳以上の高年齢者の就職を327件などと目標設定した。

(全文を表示…)

2019年6月12日(水) 08:55 [社会・全般]

社員対象に救命講習会/南西楽園リゾート

心肺蘇生の仕方学ぶ


真剣な表情で心肺蘇生を体験する参加者=11日、ブリーズベイマリーナアネックス館

真剣な表情で心肺蘇生を体験する参加者=11日、ブリーズベイマリーナアネックス館

 南西楽園リゾートは11日、ブリーズベイマリーナアネックス館で救命講習(初級)を開いた。市消防本部の職員4人が指導。参加した社員22人は、一次救命処置の心肺蘇生の仕方、AED(自動体外式細動器)の扱い方について習得した。

(全文を表示…)

2019年6月11日(火) 08:58 [社会・全般]

ミヤコカナヘビ、県天然記念物に/県教育庁 宮古諸島の固有種

県指定天然記念物に認定されたミヤコカナヘビ(県教育委員会提供)

県指定天然記念物に認定されたミヤコカナヘビ(県教育委員会提供)

 【那覇支社】県教育庁は11日付けで、宮古島市に生息するトカゲの仲間「ミヤコカナヘビ」を県指定天然記念物に認定したと発表した。宮國博市教育長は「市固有のミヤコカナヘビが学術的にも高い価値があるとを認められ、大変喜ばしく感じている。市の貴重な生きた文化財となるので、今後も保存に努めていく」とコメントした。

(全文を表示…)

2019年6月11日(火) 08:56 [社会・全般]

宮古方言の伝承訴え/「みゃーくふつの未来」上映会

多くの観客が訪れた「みゃーくふつの未来」の上映会=9日、市内の飲食店

多くの観客が訪れた「みゃーくふつの未来」の上映会=9日、市内の飲食店

 社会言語学を志す研究者の藤田ラウンド幸世さん(国際基督教大学客員准教授)と映像アーティストの服部かつゆきさんによるドキュメンタリー映像「みゃーくふつの未来-消えゆく声、生まれる声-」の上映会が9日、市内の飲食店で行われ、宮古方言の今と今後への希望を描いた映像に訪れた人たちも見入っていた。

(全文を表示…)

2019年6月9日(日) 09:00 [社会・全般]

島の魅力、全国へ発信/第46代ミス宮古島発表

サンゴ 小松 里紗さん
ティダ 下地 菜奈さん
ブーゲン 真壁 那弥さん


ミス宮古島に選ばれた3人。(左から)ミスサンゴの小松さん、ミスティダの下地さん、ミスブーゲンビレアの真壁さん=8日、市内のホテル

ミス宮古島に選ばれた3人。(左から)ミスサンゴの小松さん、ミスティダの下地さん、ミスブーゲンビレアの真壁さん=8日、市内のホテル

 宮古島観光協会(豊見山健児会長)は8日、市内ホテルで第46代ミス宮古島最終選考会を行い、3人のミス宮古島を決定した。ミスサンゴに小松里紗さん(22)、ミスティダに下地菜奈さん(24)、ミスブーゲンビレアに真壁那弥さん(23)が選ばれた。活動期間は7月開催の宮古島夏まつりから約1年間。宮古島の魅力を全国に発信する。

(全文を表示…)

2019年6月9日(日) 08:59 [社会・全般]

衣装デザインが決定/ミス宮古島

海テーマ、長濱さんの作品


第46代ミス宮古島のコスチュームのイメージデザインを手にする長濱さん=8日、市内のホテル

第46代ミス宮古島のコスチュームのイメージデザインを手にする長濱さん=8日、市内のホテル

 第46代ミス宮古島が着るコスチュームデザインが、宮古島市在住の長濱紗羅さんの作品にこのほど決まった。今回は公募ではなく、自薦によるもの。8日に行われたミス宮古島の最終選考会で公表された。長濱さんは「選ばれた3人の雰囲気はそれぞれ違う。3人に合ったものを作りたい。自信を持って着てもらいたい」と話した。

(全文を表示…)

2019年6月9日(日) 08:58 [社会・全般]

JTA機長から酒気/羽田・宮古便

2便欠航、283人に影響


 日本航空は8日、グループ会社の日本トランスオーシャン航空(JTA)所属の機長からアルコールが検出され、交代要員の確保ができず、この機長が搭乗予定だった羽田-宮古と宮古-那覇の2便が欠航したと発表した。乗客計283人に影響があった。同社では別航空会社への振り替えなどで対応に追われた。

(全文を表示…)

2019年6月9日(日) 08:57 [社会・全般]

土砂災害へ備える/佐良浜

訓練で防災意識向上


子供たちは人形を使って心臓マッサージ体験を行った=8日、佐良浜

子供たちは人形を使って心臓マッサージ体験を行った=8日、佐良浜

 市は8日、佐良浜で土砂災害避難訓練・講演会を開いた。市防災危機管理課、市消防本部、宮古島地方気象台、池間添・前里添自治会、佐良浜地区婦人会と住民ら合わせて約70人が参加。警報避難の手順、緊密な情報伝達体制、避難所での炊き出し、食事提供などを再確認した。

(全文を表示…)

2019年6月8日(土) 08:59 [社会・全般]

「愛と平和を追求」/下地中にある石像

「牡丹社事件」和解象徴/平野さん「歴史教材で活用を」


台湾から贈られた「愛と和平の石像」=下地中・台湾の森

台湾から贈られた「愛と和平の石像」=下地中・台湾の森

 「牡丹社事件」の加害者と被害者の和解の象徴「愛と和平の石像」をもっと多くの人に知ってもらい、宮古と台湾の歴史的、文化的教材としての活用を提案している人がいる。石像は下地中学校の一角にひっそりと建っており、説明文もなくあまり知られていない。「末永く未来志向で愛と平和を追求しようと形にしたもの。事件の概要を広く正しく伝えていくためにも、誰でも気軽に足が運べる公共の場に移設することが望ましい」と話している。

(全文を表示…)

2019年6月8日(土) 08:58 [社会・全般]

最高裁、原告側の上告棄却/不法投棄ごみ訴訟

 【那覇支社】宮古島市が2014年度に行った不法投棄ごみ撤去事業で市に損害を与えたとして、同事業の予算額2251万円などを市が下地敏彦市長らに請求するよう求めていた住民訴訟で、最高裁が訴えを棄却していたことが分かった。最高裁の決定は4月26日付。

(全文を表示…)

2019年6月8日(土) 08:55 [社会・全般]

「次はソフト面充実」/宮國教育長

再就任激励会で決意示す


激励の花束を受け取る宮國教育長=7日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

激励の花束を受け取る宮國教育長=7日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

 4月に市教育長に再就任した宮國博氏の激励会が7日、JAおきなわ宮古地区本部ホールで開かれ、多くの教育関係者や市職員、市民らが今後の活躍に期待した。宮國氏は「市の教育行政では、これまでに施設などのハード面整備はほぼ終わっている。今後はICT教育などソフト面の充実に取り組んでいかなければならない」と決意を述べた。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    令和元年6月1日現在

    宮古島市 54,671 人
    27,526 人
    27,145 人
    世帯数 27,554 軒
    多良間村 1,141 人
    609 人
    532 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2019年6月
    « 5月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2