「産業・経済」 2019年9月のニュース一覧

2019年9月7日(土) 08:57 [産業・経済]

キビ被害2億3700万円/台風13号

葉裂傷も折損系少なく/オクラなど野菜730万円


台風の暴風に吹かれて葉が裂傷したサトウキビ。全域で被害が確認された=6日、市城辺

台風の暴風に吹かれて葉が裂傷したサトウキビ。全域で被害が確認された=6日、市城辺

 宮古島市は6日午後、台風13号による農林水産物の被害速報を発表した。基幹作物のサトウキビの被害額は2億3700万円で全体の約95%を占めた。葉の裂傷は全域で見られたが折損系が少なく、被害は比較的抑えられている。野菜はオクラなどで730万円の被害があった。そのほか、海中公園施設の一部損壊など水産関係の被害額が495万円となっている。

(全文を表示…)

2019年9月6日(金) 08:57 [産業・経済]

キビ被害、甚大か/全域で倒伏や葉の裂傷

暴風にあおられ葉の裂傷被害が出ているサトウキビ=5日、城辺のサトウキビ畑

暴風にあおられ葉の裂傷被害が出ているサトウキビ=5日、城辺のサトウキビ畑

台風13号の直撃で、宮古地区では農産物に大きな被害が出るものとみられる。基幹作物のサトウキビは倒伏し、宮古全域で葉の裂傷被害が出ている。一部では折損したサトウキビも見られ、被害の広がりが懸念される。

(全文を表示…)

2019年9月5日(木) 08:59 [産業・経済]

販売額は21億4900万円/宮古19年産葉タバコ

収量伸びず減収に/平均キロ単価2029円の高値


19年産葉タバコの買い入れが終了。宮古地区の販売額は21億4900万円だった=4日、平良西里の日本たばこ産業宮古葉たばこ取扱所

19年産葉タバコの買い入れが終了。宮古地区の販売額は21億4900万円だった=4日、平良西里の日本たばこ産業宮古葉たばこ取扱所

 宮古地区(宮古島市、多良間村)の2019年産葉タバコの買い入れ作業が4日、終了した。買い入れ重量は前期作と比べて232トン減の1058トン、販売額は同比2億8400万円減の21億4900万円の実績だった。反収(10アール当たりの収量)は216キロと同比27トンの減産。一方で品質は良く、平均キロ単価は2029円の高値が付いた。

(全文を表示…)

2019年9月4日(水) 08:59 [産業・経済]

新築賃料 上昇率平均15%超/おきぎん経済研究所

宮古18年度住宅動向
1R~1LDK5万7100円/住宅不足の影響顕著に


平均賃料

平均賃料

 宮古島市における2018年度新築貸家の平均賃料が、前年度と比べて平均15%超上昇している。1R~1LDKは同比15・6%増の5万7100円、2K~2LDKは同比14・9%増の7万3900円で、いずれも県平均を上回った。全タイプの貸家に「不足」が生じており、管内の好況な景気動向に伴う需給のアンバランスが賃料押し上げの背景にある。おきぎん経済研究所のまとめで分かった。

(全文を表示…)

2019年9月3日(火) 08:55 [産業・経済]

代表牛8頭が決まる/宮古地区畜産共進会

湧川さん、成雌の部2冠/県農水部長賞にも輝く


成雌2部門で優等賞を受賞した湧川農さんと成雌第2類優等賞の「たかもり」号=2日、JAおきなわ宮古家畜市場

成雌2部門で優等賞を受賞した湧川農さんと成雌第2類優等賞の「たかもり」号=2日、JAおきなわ宮古家畜市場

 2019年度宮古地区畜産共進会(主催・宮古地区農業振興会)が2日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。宮古島市と多良間村の代表14頭を審査した結果、成雌第2類は多良間村の湧川農さん(35)が所有する「たかもり」号が優等賞を受賞し、出品牛の中で最高賞に当たる県農林水産部長賞に輝いた。湧川さんは成雌第1類も制した。この2頭を含めて、11月の県共進会に出品される宮古地区代表牛8頭が決まった。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年9月1日現在

    宮古島市 54,764 人
    27,606 人
    27,158 人
    世帯数 27,737 軒
    多良間村 1,131 人
    604 人
    527 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2019年9月
    « 8月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2