「教育・文化」 2019年10月のニュース一覧

2019年10月27日(日) 08:59 [教育・文化]

宮高軽音楽部が2連覇/県高校総合文化祭軽音楽部門

今年のテーマは「挑戦」


2連覇を果たした宮高軽音楽部のメンバー=26日、沖縄市のミュージックタウン音楽広場

2連覇を果たした宮高軽音楽部のメンバー=26日、沖縄市のミュージックタウン音楽広場

 【那覇支社】第43回県高校総合文化祭軽音楽部門(第2回ガクアルFESTA高文連軽音楽コンテスト)が26日、沖縄市のミュージックタウン音楽広場で開催され、宮高軽音楽部が団体バンドの部で2連覇を果たした。リーダーの上原愛姫さん(2年)は「うれしい。2連覇は無理かもしれないと思ったが、無事にトロフィーを取り戻せた。『さすが宮高』と言われる演奏をしていきたい」と語った。

(全文を表示…)

2019年10月27日(日) 08:58 [教育・文化]

家族で物作り満喫/市民総合文化祭

多数の来場者でにぎわう


訪れた人たちは物作りを通して芸術の秋を堪能した=26日、JTAドーム宮古島

訪れた人たちは物作りを通して芸術の秋を堪能した=26日、JTAドーム宮古島

 25日にJTAドーム宮古島で開幕した第14回宮古島市民総合文化祭と第25回宮古地区中学校総合文化祭の展示の部は2日目の26日、多くの来場者でにぎわった。会場内では各体験コーナーが設けられ、訪れた人たちは物作りを通して文化、芸術の秋を体感した。

(全文を表示…)

2019年10月27日(日) 08:55 [教育・文化]

きょうから読書週間/市未来創造センター

お薦め本コーナー設置


きょうから読書週間。未来創造センターで絵本を楽しむ子どもたち=26日、平良東仲宗根

きょうから読書週間。未来創造センターで絵本を楽しむ子どもたち=26日、平良東仲宗根

 読書の秋。27日から11月9日までの2週間は「読書週間」に定められ、全国各地で読書に親しむさまざまなイベントが開かれる。

(全文を表示…)

2019年10月26日(土) 09:00 [教育・文化]

文化活動の成果一堂に/市民総合文化祭が開幕

あすまで 秋彩る豊かな個性/JTAドーム


総合文化祭が開幕。初日から多くの市民が訪れ出品者の文化作品を鑑賞した=25日、JTAドーム宮古島

総合文化祭が開幕。初日から多くの市民が訪れ出品者の文化作品を鑑賞した=25日、JTAドーム宮古島

 第14回宮古島市民総合文化祭と第25回宮古地区中学校総合文化祭の展示の部が25日、JTAドーム宮古島で開幕した。会場には、園芸や盆栽、華道、書道、美術、写真、文芸、織物、工芸など市民の文化活動の成果がずらり。初日から多くの市民が足を運び、出品者の文化作品を堪能した。文化祭展示の部は27日まで。時間は午前10時から午後6時(27日は午後5時終了)。

(全文を表示…)

2019年10月25日(金) 08:58 [教育・文化]

きょうから市民文化祭/JTAドーム

「芸術の秋」を堪能


正面玄関から入るとすぐ目に付く華道部会メンバーによる合作「跳ねる」のオブジェ=24日、JTAドーム宮古島

正面玄関から入るとすぐ目に付く華道部会メンバーによる合作「跳ねる」のオブジェ=24日、JTAドーム宮古島

 「創造する市民の文化」をテーマにした第14回市民総合文化祭(主催・市、市教育委員会、市文化協会)の展示部門が25日~27日までの3日間、JTAドーム宮古島で開かれる。書道や美術、文芸、写真など児童生徒やサークル、一般市民の作品を一堂に展示する。初日の午前10時にオープニングセレモニーを実施する。中学校総合文化祭と同時開催。

(全文を表示…)

2019年10月25日(金) 08:57 [教育・文化]

市長賞に新城さんの盆栽/市民総合文化祭

オオハマボウ 「自然体」を評価


市民総合文化祭盆栽の部で市長賞を受賞した新城さんのオオハマボウ=24日、JTAドーム宮古島

市民総合文化祭盆栽の部で市長賞を受賞した新城さんのオオハマボウ=24日、JTAドーム宮古島

 日本盆栽協会宮古支部(平良隆支部長)は24日、第14回市民総合文化祭盆栽の部の審査結果を発表した。最高賞に当たる市長賞には、新城武一郎さんのオオハマボウが選ばれた。市長賞を含む入賞作品などは25~27日までJTAドーム宮古島で展示される。

(全文を表示…)

2019年10月24日(木) 08:55 [教育・文化]

61事業所で職場体験/平良中2年生

本社では2人が参加


パソコンを使い本社社員から新聞を作る工程などを学ぶ下地さん(手前)と西村さん=23日、宮古毎日新聞社

パソコンを使い本社社員から新聞を作る工程などを学ぶ下地さん(手前)と西村さん=23日、宮古毎日新聞社

 平良中学校(池城健校長)は2年生173人を対象にした職場体験学習を23日からスタートさせた。25日までの3日間にわたり、ホテルや保育所、飲食店など市内61事業所で職業観や勤労観を身に付け、将来の進路選択に役立てる。

(全文を表示…)

2019年10月22日(火) 08:56 [教育・文化]

普及発展、保存継承へ/宮古民謡協

芸能祭で決意新た


会員一同による唄・三線のほか賛助出演団体の踊りで幕を開けた芸能祭=20日、マティダ市民劇場

会員一同による唄・三線のほか賛助出演団体の踊りで幕を開けた芸能祭=20日、マティダ市民劇場

 宮古民謡協会(砂川正之会長)の第12回芸能祭が20日午後、マティダ市民劇場で開かれた。同協会会員による唄と三線演奏ほか、琉球舞踊などの伝統芸能で満場の観客を魅了した。

(全文を表示…)

2019年10月20日(日) 08:59 [教育・文化]

804点の力作並ぶ/書心会、本社主催

全宮古書道展開幕
多くの家族連れが鑑賞


児童、生徒、一般の作品804点を展示した全宮古書道展=19日、市未来創造センター

児童、生徒、一般の作品804点を展示した全宮古書道展=19日、市未来創造センター

 第38回全宮古書道展(主催・書心会、宮古毎日新聞社)が19日、市未来創造センター内の中央公民館ホールを会場に2日間の日程で開幕した。今回は児童・生徒(幼児含む)、高校・一般、特別支援の3部門に計764点の応募があった。応募作に加え、役員・会員・招待・交流作品40点を加えた804点を展示。初日から多くの家族連れらが来場し、力作を鑑賞したり、自分の作品の隣に並び記念撮影をする姿なども見られた。書道展最終日20日の開催時間は午前9時30分から午後5時まで。


(全文を表示…)

2019年10月19日(土) 09:00 [教育・文化]

60年間のニュースぎっしり/新聞週間企画

時代の記録
市立図書館が保管
調査、思い出探しに活用


図書館施設内には本紙を含め古い新聞が製本されて保管されている=18日、市未来創造センター

図書館施設内には本紙を含め古い新聞が製本されて保管されている=18日、市未来創造センター

 毎年10月15日から1週間は「新聞週間」。新聞の役割には新しいニュースをできるだけ早く提供する側面と、時代を記録してきた「記録性」がある。今年8月に開館した市未来創造センター内にある市立図書館には、約60年前の宮古毎日新聞など地元紙が保管され、誰でも閲覧できる。いろいろな理由で過去の新聞を調べる来館者も多く、同図書館では今後も島の歴史を記録してきた地元紙の紙面を保存していくとしている。


(全文を表示…)

2019年10月18日(金) 08:57 [教育・文化]

あすから全宮古書道展/市未来創造センター

韓国「交流作品」も展示


 第38回全宮古書道展(主催・書心会、宮古毎日新聞社)が19、20日に市未来創造センターで行われる。児童・生徒の部、高校・一般の部、特別支援の部の特別賞を含む、応募全作品764点を展示する。また、韓国からの交流作品13点、石垣からの招待作品17点、書心会役員・会員の作品10点も同時に展示する。時間は19日が午前9時30分~午後6時、20日が午前9時30分~午後5時。

(全文を表示…)

2019年10月17日(木) 08:59 [教育・文化]

文化活動の成果披露/中学校総合文化祭舞台発表

芸能やダンスで躍動/新旧織り交ぜ多彩な演目


「新里の棒振り」を披露する上野の生徒たち。その勇壮な姿で観客をくぎ付けにした=16日、マティダ市民劇場

「新里の棒振り」を披露する上野の生徒たち。その勇壮な姿で観客をくぎ付けにした=16日、マティダ市民劇場

 第25回宮古地区中学校総合文化祭(主催・宮古地区中学校文化連盟)の舞台発表の部が16日、マティダ市民劇場であった。各校の生徒が伝統芸能やダンス、三線演奏、エイサー、吹奏楽など多様な文化活動の成果を発表し、次代の郷土文化を担っていく誇りと決意を演目の中で表現した。

(全文を表示…)

2019年10月17日(木) 08:58 [教育・文化]

金賞に村田さんの「記憶」

市民文化祭写真コンクール/宮古写真協会


 宮古写真協会(翁長靖夫会長)は16日、市民総合文化祭写真コンクールの入賞者を発表した。一般の部金賞(市長賞)には村田美紀さんの「記憶」、ジュニアの部の優秀賞には伊藤嘉将君(上野小5年)の「マストゥリャー」など3人の作品がそれぞれ選ばれた。入賞作品は市民総合文化祭(25~27日、JTAドーム宮古島)で展示される。

(全文を表示…)

2019年10月17日(木) 08:56 [教育・文化]

ICTで姉妹都市交流/伊良部島小と栃木の小貝小

サシバ保護の取り組み紹介


栃木県市貝町の小貝小児童とモニターを通して交流する伊良部島小の児童たち=16日、伊良部島小学校

栃木県市貝町の小貝小児童とモニターを通して交流する伊良部島小の児童たち=16日、伊良部島小学校

 伊良部島小学校(宮城克典校長)で16日、情報通信技術(ICT)を活用した遠隔交流授業が行われた。同校5年生児童とサシバが縁で宮古島市の姉妹都市となった栃木県市貝町の小貝小学校の5年生児童が交流。授業ではサシバに関するクイズや伊良部島小学校によるサシバ保護に関する取り組みなどについて紹介した。

(全文を表示…)

2019年10月16日(水) 09:00 [教育・文化]

特別賞45人たたえる/全宮古書道展表彰式

さらなる創作活動誓う/19、20日応募全作品展示


児童・生徒の部で入賞した皆さん=14日、平良港ターミナルビル

児童・生徒の部で入賞した皆さん=14日、平良港ターミナルビル

 第38回全宮古書道展(主催・書心会、宮古毎日新聞社)の表彰式が14日、平良港ターミナルビルで行われ、特別賞を受賞した45人に表彰状が授与された。受賞者らは創作活動と作品を通して、毛筆の魅力を今後も発信していくことを誓った。応募全作品と招待、交流作品計804点を紹介する展示会は19、20日に市未来創造センターで行われる。

(全文を表示…)

2019年10月14日(月) 08:59 [イベント, 教育・文化]

最高賞は砂川奈々夏さん/なりやまあやぐまつり

月明かりの下、歌声響く/子供の部は友利仁哉君


月明かりの下、幻想的なステージで出場者たちが「なりやまあやぐ」を歌い上げた=13日、城辺友利のインギャー

月明かりの下、幻想的なステージで出場者たちが「なりやまあやぐ」を歌い上げた=13日、城辺友利のインギャー

 第14回「なりやまあやぐまつり」(主催・同まつり実行委員会、友利部落会)が13日、城辺友利のインギャーで行われた。一般の部に79人、子供の部に5人が出場し、なりやまあやぐを歌い上げた。審査の結果、一般の部最高賞の「なりやまあやぐ大賞」は鏡原中学校2年の砂川奈々夏さん、子供の部最高賞の「御神山賞」は大謝名小学校3年の友利仁哉君が受賞した。一般の部の本選は、月明かりと会場に設置された灯籠の明かりに照らされた特設ステージで行われ、観客は幻想的な雰囲気の中で島唄の魅力を堪能した。

(全文を表示…)

2019年10月14日(月) 08:57 [教育・文化]

歌い、奏で観客魅了/市総合文化祭「音楽祭」

19個人・団体が成果披露


圧倒的な演奏力で観客を魅了した宮古島吹奏楽団の演奏=13日、マティダ市民劇場

圧倒的な演奏力で観客を魅了した宮古島吹奏楽団の演奏=13日、マティダ市民劇場

 第14回市総合文化祭「音楽祭(高校・一般の部)」(主催・市、市教委、主管・市文化協会)が13日、マティダ市民劇場で開催された。舞台では19の個人と団体が、この日のために練習してきた歌と演奏を披露し、観客を魅了した。

(全文を表示…)

2019年10月13日(日) 09:00 [教育・文化]

全宮古書道展/大賞に下地、平良さん

特別賞45人を発表
19、20日に804点を展示
宮古毎日新聞社、書心会


児童・生徒の部で大賞に輝いた下地さんの作品

児童・生徒の部で大賞に輝いた下地さんの作品

高校・一般の部で大賞に選ばれた平良さんの作品

高校・一般の部で大賞に選ばれた平良さんの作品

 宮古毎日新聞社(伊志嶺幹夫社長)、書心会(古堅宗和会長)はこのほど、第38回全宮古書道展の特別賞に選ばれた45人を発表した。児童・生徒の部の大賞(正美賞)は下地琉愛さん(平良中3年)、高校・一般の部の大賞(墨芸文化賞)は平良美佐恵さん。表彰式は14日午前10時から平良港ターミナルビルで、応募全作品と招待、交流作品計804点を紹介する展示会は19、20日に市未来創造センターでそれぞれ行われる。


(全文を表示…)

2019年10月12日(土) 08:57 [イベント, 教育・文化]

海上ステージを設営/なりやまあやぐ実行委ら

あすインギャーで開催


実行委員会のメンバーや自衛隊の隊員らが海上ステージ設営に汗を流していた=11日、城辺友利のインギャー

実行委員会のメンバーや自衛隊の隊員らが海上ステージ設営に汗を流していた=11日、城辺友利のインギャー

 13日に城辺友利のインギャー海上特設ステージで開催される「第14回なりやまあやぐまつり」に向けて、同まつり実行委員のメンバーや友利部落会の会員、航空、陸上自衛隊の隊員らが日、急ピッチで会場設営をしていた。設営作業は10日からスタートし、13日まで行われる。

(全文を表示…)

2019年10月12日(土) 08:55 [教育・文化]

長元、星野さん最優秀/中高生絵画コン

展示会開催/ライオンズクラブ主催


中高生絵画コンクールで入賞した生徒の皆さん=11日、市未来創造センター

中高生絵画コンクールで入賞した生徒の皆さん=11日、市未来創造センター

 第25回中高生絵画コンクール(主催・宮古ライオンズクラブ)の表彰式が11日、市未来創造センターで行われた。風景画部門は長元あいりさん(北中3年)が、平和ポスター部門は星野真人さん(西辺中1年)がそれぞれ最優秀賞に選出された。入賞者21人に賞状が手渡された。作品の展示会が同所で13日まで行われる。

(全文を表示…)

2019年10月11日(金) 08:55 [教育・文化]

海保の仕事学ぶ/北、久松中が職場体験

ロープの結び方を学び海保の職員と一緒になって結ぶ参加者たち=10日、平良港に係留されている巡視船「はりみず」

ロープの結び方を学び海保の職員と一緒になって結ぶ参加者たち=10日、平良港に係留されている巡視船「はりみず」

 北中学校と久松中学校の生徒4人が10日、宮古島海上保安部(山戸義勝部長)で職場体験学習を行った。巡視船「はりみず」(熊井久巳船長)での救難業務や交通業務などを体験。救難業務では船の係留や体を固定するためのロープの結び方などを実践した。

(全文を表示…)

2019年10月6日(日) 08:59 [教育・文化]

鏡原がグランプリ/中学校ダンスフェス

全校生徒101人で圧倒/MVPも鏡原の伊良皆君


鏡原は全員で躍動感あふれるダンスを披露した=5日、北中体育館

鏡原は全員で躍動感あふれるダンスを披露した=5日、北中体育館

 第17回全宮古中学校ダンスフェスティバル(主催・宮古地区中学校体育研究会)が5日、北中学校体育館で開催された。9校9チームが出場し、最高賞のグランプリには、はじけるようなダンスを披露し、会場全体を圧倒的に巻き込んだ鏡原のチーム「101人のガミー」が輝いた。際だって表情豊かな生徒に贈られる個人賞(MVP)には鏡原のダンスを引っ張った伊良皆玲司君(3年)が選ばれた。

(全文を表示…)

2019年10月5日(土) 09:00 [教育・文化]

泥を塗って厄払い/国指定文化財「パーントゥ」

ユネスコ登録後で初/平良島尻地区


パーントゥに抱きかかえられる子供=4日、平良島尻

パーントゥに抱きかかえられる子供=4日、平良島尻

 国指定重要無形民俗文化財の仮面祭祀(さいし)「パーントゥ」が4日、平良の島尻地区で始まった。きょう5日まで。ユネスコ無形文化遺産に登録後では初めて行われた。体中に泥を塗り仮面をかぶったパーントゥ3体が、集落内を駆け回り、住民や観光客らに泥を塗って厄除けした。集落内は泥を塗られた人の悲鳴と笑い声が響いていた。

(全文を表示…)

2019年10月4日(金) 08:59 [地域・暮らし, 教育・文化]

スマッサリで邪気払い/無病息災、子孫繁栄願う

縄はパーントゥで使用/島尻集落


豚の骨は縄で結ばれ道路上に張り渡された。この縄はパーントゥに使われる=3日、島尻

豚の骨は縄で結ばれ道路上に張り渡された。この縄はパーントゥに使われる=3日、島尻

 きょう4日から2日間、島尻で開催される伝統祭祀(さいし)の仮面来訪神「パーントゥ」を翌日に控えた3日、邪気や病気を追い払う伝統行事「スマッサリ」(主催・島尻自治会)が行われた。豚の骨を結んだ縄は、集落の入口8カ所の木や電柱を利用して道路上に張り渡された。住民は、無病息災、子孫繁栄を願った。この縄は4日正午以後に下ろされ、パーントゥがまとうツル草を縛り付ける縄として用いられる。

(全文を表示…)

2019年10月4日(金) 08:57 [教育・文化]

菊野、伊良皆さん最優秀/宮古中学文化連盟

中文祭ポスター、テーマ決定


最優秀賞に輝いた菊野さん(前列左)と伊良皆さん(同4人目)、奨励賞の伊波さん(同2人目)、儀間さん(中央)、立津さん(右)=3日、北中学校

最優秀賞に輝いた菊野さん(前列左)と伊良皆さん(同4人目)、奨励賞の伊波さん(同2人目)、儀間さん(中央)、立津さん(右)=3日、北中学校

 第25回宮古地区中学校総合文化祭の審査会がこのほど開かれ、ポスターの部では砂川中2年の菊野麦さん、テーマの部では平良中2年の伊良皆澄快さんがそれぞれ最優秀賞に選ばれた。表彰式が3日、北中学校で行われ最優秀賞の2人とポスターの部の奨励賞3人に主催する宮古地区中学校文化連盟(友利直喜会長)から賞状が贈られた。

(全文を表示…)

2019年10月3日(木) 08:59 [教育・文化]

西辺方言飛び交う

東京でオペレッタ
国語研創立式典に出演 クイチャーも披露
西原ゆりの会


方言オペレッタで島の魅力を紹介するメンバーに、会場から大きな拍手が送られた=1日、東京都内のホテル

方言オペレッタで島の魅力を紹介するメンバーに、会場から大きな拍手が送られた=1日、東京都内のホテル

 1日に東京都内のホテルで開催された国立国語研究所の創立70周年記念式典で、西原コーラス「ゆりの会」(仲間忠会長)のメンバーが西辺方言のオペレッタを披露し、好評を博した。昔の西原地域では、地域の若者たちが出会いの場を自らで設定し、島言葉で語り合い、恋愛につなげ、結婚に至っていった当時の風景を表現した舞台に、会場に訪れた人たちは真剣な表情で見入っていた。最後はメンバーと来場者が一緒にクイチャーを踊り、式典と祝賀会に花を添えた。


(全文を表示…)

2019年10月3日(木) 08:56 [教育・文化]

シンポ関連企画展が開幕

市博物館
稲村賢敷生誕125周年記念


上比屋山遺跡から出土したとされる高麗系瓦を興味津々に鑑賞する来館者=2日、市総合博物館

上比屋山遺跡から出土したとされる高麗系瓦を興味津々に鑑賞する来館者=2日、市総合博物館

 郷土史家・教育者である稲村賢敷(けんぷ、1894~1978年)が倭寇(わこう)研究のために県内各地の遺跡から採集した、多数の資料を収蔵する市博物館で2日、資料の一部を紹介するシンポジウム関連企画展(主催・市教育委員会)が開幕した。今回は14~16世紀の資料を選択し、城辺の上比屋山遺跡で出土したと思われる高麗系瓦も展示している。13日まで。


(全文を表示…)

2019年10月1日(火) 08:56 [教育・文化]

平一小が金賞射止める/県バンドフェスで快挙

九州大会に県代表で出場へ


新里部長(左から4人目)らが県大会での金賞を宮國教育長に報告した=30日、市役所城辺庁舎(写真提供・市教育委員会)

新里部長(左から4人目)らが県大会での金賞を宮國教育長に報告した=30日、市役所城辺庁舎(写真提供・市教育委員会)

 第38回県小学生バンドフェスティバルで金賞に輝いた平良第一小学校音楽部の関係者が30日、市役所城辺庁舎を訪れ、市教育委員会の宮國博教育長に受賞を報告した。10月13日に大分県で開催される九州大会に県代表として出場する。

(全文を表示…)

2019年10月1日(火) 08:55 [教育・文化]

友利さん(平一小5年)が最優秀賞

名護市で宮古民謡大会


第5回宮古民謡大会inやんばるで最優秀賞に輝いた友利涼さん(平良第一小5年)=9月28日、名護市の市営市場内広場

第5回宮古民謡大会inやんばるで最優秀賞に輝いた友利涼さん(平良第一小5年)=9月28日、名護市の市営市場内広場

 【那覇支社】第5回宮古民謡大会inやんばる(池間學大会長)が9月28日、名護市の市営市場内広場で開催された。宮古からの参加者や本土や沖縄本島に住む宮古民謡の愛好家、沖縄本島の宮古出身者ら20人が歌声を披露し、やんばるの地に宮古民謡のゆるやかな音色を響かせた。最優秀賞には、宮古から参加して「伊良部とうがに」を披露した友利涼さん(平良第一小5年)が輝いた。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和2年2月1日現在

    宮古島市 54,801 人
    27,611 人
    27,190 人
    世帯数 27,855 軒
    多良間村 1,126 人
    605 人
    521 人
    世帯数 513 軒
  • 天気


  •  

    2019年10月
    « 9月   11月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2