2020年1月のニュース一覧

2020年1月31日(金) 09:00 [政治・行政]

伊良部の球場改修に着手/平成の森公園内

来年4月供用開始へ/市議会臨時会請負契約可決 発注額20億円


全面改修に着手する平成の森公園野球場=30日、伊良部佐和田

全面改修に着手する平成の森公園野球場=30日、伊良部佐和田

 宮古島市は伊良部佐和田の平成の森公園内にある野球場の全面改修に着手する。市議会(山里雅彦議長)が30日に開かれた臨時会で市が発注するメインスタジアム建設などの工事請負契約を可決した。今回の発注額は約20億円。工期は来年3月末で4月の供用開始を目指す。また来年度以降はサブグラウンド、雨天練習場、投球練習場(ブルペン)などの整備を計画しており、平成の森公園は一部を残してほぼ「ベースボールパーク」仕様に様変わりする。

(全文を表示…)

2020年1月31日(金) 08:59 [社会・全般]

量販店からマスク消える/新型肺炎

売り切れ続出 市民生活にも影響


入り口前に設置された陳列台からマスクは消えていた=30日、市内のドラッグストア

入り口前に設置された陳列台からマスクは消えていた=30日、市内のドラッグストア

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大は、宮古島の市民生活にも影響を及ぼし始めている。市内のドラッグストアなどでマスクの売り切れが続出。入荷が少ない上、入荷後もすぐに品切れになる状況が続いている。宮古では、中国からの大型クルーズ船の寄港中止が相次ぐなど、いまだに収束する気配がない中で今後、どのような影響が出てくるのか各方面の不安が高まっている。

(全文を表示…)

2020年1月31日(金) 08:58 [社会・全般]

宮古島市6億4500万円/2020年度ソフト交付金

多良間村は2億1100万円


ソフト交付金

ソフト交付金

 【那覇支社】2020年度沖縄振興予算3010億円のうち、沖縄振興特別推進交付金(ソフト交付金)の配分額を決める沖縄振興会議と沖縄振興市町村協議会が30日、那覇市の自治会館で開催された。宮古島市への配分は前年度比800万円減の6億4500万円、多良間村は同100万円減の2億1100万円となった。

(全文を表示…)

2020年1月31日(金) 08:57 [社会・全般]

伊良部大橋きょう開通5年

島の生活、農業、経済支える


 伊良部大橋は31日で開通から5年を迎える。全長3540メートルで、無料で通行できる橋としては国内最長。橋の上から眺める「宮古ブルー」といわれる海は宮古観光の名所の一つになった。海の状況に左右されずに移動できる便利さから住民の生活が向上。救急医療の改善も図られた。みやこ下地島空港ターミナルが開業、ホテルの建設ラッシュで経済が潤っている。農業用パイプラインからの送水も始まり農業生産高の飛躍的な向上が期待される。「発展のスピードが速すぎる」と地元住民が戸惑うほど多方面に相乗効果を生み出している。

(全文を表示…)

2020年1月31日(金) 08:56 [社会・全般]

正しい情報伝達重要/宮古病院

外国人患者受け入れで勉強会


病院職員が外国人患者への対応力を高めた勉強会。右奥は講師の二見さん=30日、県立宮古病院

病院職員が外国人患者への対応力を高めた勉強会。右奥は講師の二見さん=30日、県立宮古病院

 県立宮古病院で30日、外国人患者受け入れ対応力向上勉強会が開かれた。職員約25人が参加し、患者に診療方法を伝える際の重要性を再確認しながら対応力を高めた。講師は東京医科歯科大学付属病院国際医療部副部長の二見茜さん。「薬の量を間違えただけで命に関わることもある。重要な医療説明は正確に伝えなければならない」と話した。

(全文を表示…)

2020年1月31日(金) 08:55 [社会・全般]

イチゴ狩り満喫/上野小6年生卒業記念で

グリーンファームが招待


真っ赤な完熟イチゴを収穫する6年生=30日、グリーンファーム宮古島支店のビニールハウス

真っ赤な完熟イチゴを収穫する6年生=30日、グリーンファーム宮古島支店のビニールハウス

 グリーンファーム宮古島支店長の平良繁和さんは30日、上野小学校(本村晃則校長)の6年生38人を卒業記念で招待しイチゴ狩りを実施した。子供たちは、摘みたての真っ赤な完熟イチゴを頬張ると、口いっぱいに広がる香りと甘みに「おいしい」と歓声を上げていた。

(全文を表示…)

2020年1月31日(金) 08:54 [美ぎスマ]

【美ぎスマ】新ツカサに川満さんを選任/伊良部地区仲地集落

福島さんの卒業祝う/新春に仲地集落の発展願う


手と頭をゆっくりと上げ下げして祈った皆さん。写真中央右から2人目が新ツカサンマの川満さん

手と頭をゆっくりと上げ下げして祈った皆さん。写真中央右から2人目が新ツカサンマの川満さん

 伊良部地区の仲地で今月中旬、3年間ツカサンマとして神様に仕えた福島智代美さん(63)の卒業報告と、福島さんの後を継ぐ新しいツカサンマを選ぶ儀式が行われた。ツカサンマに選ばれたのは川満恵子さん(65)。会場の旧仲地公民館(仲地ブンミャー跡地)にはツカサンマとOB、ツカサシュウ(宮国勝男さん=昨年12月選任)、世話をする女性ら十数人が集いツカサンマの卒業と後輩ツカサの誕生を祝い、仲地集落の発展も願った。

(全文を表示…)

2020年1月31日(金) 08:54 [はばたけあすの顔]

 【はばたけあすの顔】園長先生、大臣賞おめでとう/ふたば保育園さくら組(5歳児)

男子7人、女子8人


ふたば保育園さくら組(5歳児)

ふたば保育園さくら組(5歳児)

 長田克子園長が厚生労働大臣賞をもらった日、園長先生が玄関に入ってくると「おめでとうございます」と大きな声を掛け祝福した。子供たちが手作りした「紙吹雪」が舞い、先生たちが花をプレゼント。クイチャーも踊り盛り上がったという。長田園長は長年母子福祉と後輩保育士の指導などに力を尽くし大臣賞を受賞した。

(全文を表示…)

2020年1月30日(木) 09:00 [産業・経済]

鮮度保持施設が稼働/宮古島漁協供用開始式

モズク1・3㌧初入庫
品質向上、販路拡大に期待


(右から)下地市長、儀保組合長、長崎センター所長によって供用開始式のセレモニーが行われた=29日、宮古島漁協鮮度保持施設

(右から)下地市長、儀保組合長、長崎センター所長によって供用開始式のセレモニーが行われた=29日、宮古島漁協鮮度保持施設

 宮古島漁業協同組合(儀保正司組合長)は29日、「宮古島漁協鮮度保持施設」の供用開始式を実施した。儀保組合長、下地敏彦市長、長崎祐二県宮古農林水産振興センター所長、モズク生産者など関係者約100人が参加。モズク約1・3㌧が初入庫され、本格稼働を始めた。今後、モズクやアーサ(ヒトエグサ)が品質管理向上で県内外へ安定的に出荷される。


(全文を表示…)

2020年1月30日(木) 08:59 [政治・行政]

申請率低調、3割未満/プレミアム付商品券

県内11市で下位に
期限迫る あすまで


プレミアム付商品券販売日程

プレミアム付商品券販売日程

 4000円の負担で5000円分の買い物ができるプレミアム付商品券の申請率が低調だ。28日現在で26・8%と3割を下回っている。申請期限もあす31日までとなっており、市福祉政策課では早めの手続きを呼び掛けている。市の申請率は県内11市の中でも下位に低迷している。


(全文を表示…)

2020年1月30日(木) 08:58 [教育・文化]

古謝さん(宮工3年)を表彰

県児童生徒表彰式
学内活動な どで「他の模範」


2019年度県児童生徒等表彰式で表彰状を授与された古謝竜樹さん=29日、県庁

2019年度県児童生徒等表彰式で表彰状を授与された古謝竜樹さん=29日、県庁

 【那覇支社】教育や文化、スポーツの分野で優秀な成績を収めたり、学内活動などで他の模範となったりした児童生徒や団体を称える「2019年度県児童生徒等表彰式」が29日、県庁で開催された。宮古地区からは、古謝竜樹さん(宮古工業高校3年・自動車機械システム科)が「他の児童生徒の模範部門」で表彰状を授与された。


(全文を表示…)

2020年1月30日(木) 08:57 [政治・行政]

新型肺炎の体制に誤り

市福祉部 市長の会見内容を訂正


 市福祉部健康増進課は27日に下地敏彦市長が記者会見で発表した新型コロナウイルスによる新型肺炎の発生、または疑いのある場合の体制について、「配布した資料に誤解を与える内容があった」として29日、本紙などに訂正文の掲載を求めた。


(全文を表示…)

2020年1月30日(木) 08:56 [お母さんと一緒]

【おかあさんといっしょ】仲良く健康に育ってね

下地 結翔くん(3つ)
陽愛ちゃん(1カ月)
お母さん・美紀さん


 長男の結翔くんはやんちゃ盛り。テレビの「リュウソウジャー」になりきって動き回ったりするなど、家族の中心で明るい笑顔を振りまいている。


(全文を表示…)

2020年1月30日(木) 08:56 [地域・暮らし]

プラザ棟建物が完成

市リサイクルセンター
新年度供用開始へ準備着々


完成したプラザ棟建物部分=24日、平良西仲宗根

完成したプラザ棟建物部分=24日、平良西仲宗根

 宮古島市が平良西仲宗根のクリーンセンター敷地内に建設を進めている市リサイクルセンターのプラザ棟の建物が20日までに完成した。今後は外構工事などを踏まえ19年度(今年度)中に全ての工事が完了し、20年度(新年度)に供用を開始する。


(全文を表示…)

2020年1月30日(木) 08:55 [社会・全般]

空港に合格祈願の絵馬

受験生応援キャンペーン
JTA


受験生を応援したいと設置された特大絵馬=29日、宮古空港

受験生を応援したいと設置された特大絵馬=29日、宮古空港

 「試験に合格しますように」-。日本トランスオーシャン航空(JTA)宮古支社は31日まで、宮古空港ロビーに毎年恒例の合格祈願特大絵馬を設置している。


2020年1月29日(水) 09:00 [社会・全般]

宮古観光の可能性探る/100万人達成記念シンポ

5氏が振興策を提言/「急変に後追い対応」指摘も


5氏が宮古島の観光振興について意見を述べた=28日、マティダ市民劇場

5氏が宮古島の観光振興について意見を述べた=28日、マティダ市民劇場

 宮古島市への入域観光客が2018年度(18年4月~19年3月)に114万人を記録し、初めて100万人を達成したことを記念した観光シンポジウムが28日、マティダ市民劇場であった。5氏が登壇し、将来の観光振興について提言した。会場には中高生約400人と観光関係者、市民らが入場し、耳を傾けた。

(全文を表示…)

2020年1月29日(水) 08:59 [社会・全般]

次の目標は200万人/観光客100万人達成祝賀会

市長「関係者一丸で推進」/振興貢献した7団体表彰


さらなる宮古島市の発展を祈念して高らかに乾杯した=28日、市内のホテル

さらなる宮古島市の発展を祈念して高らかに乾杯した=28日、市内のホテル

 入域観光客数100万人達成を記念した祝賀会が28日、市内のホテルで行われた。市や県、航空、旅行会社の職員や宮古島内の関係者らが多数詰め掛け、100万人達成を盛大に祝うとともに、さらなる目標として入域観光客数200万人の達成に向けて一丸となって取り組む決意を新たにした。会では市の観光産業振興に貢献したとして7団体を市が表彰した。

(全文を表示…)

2020年1月29日(水) 08:58 [社会・全般]

安心、安全確保へ委嘱・依頼/宮古島署

サイバー防犯、見守りカメラ


上運天署長(右)から委嘱状と協力依頼書が石垣所長(右から2人目)、親里代表(同3人目)に手渡された=28日、宮古島警察署

上運天署長(右)から委嘱状と協力依頼書が石垣所長(右から2人目)、親里代表(同3人目)に手渡された=28日、宮古島警察署

 サイバー防犯ボランティアへの委嘱状交付と防犯カメラを設置している事業所へ「みまもりカメラ」活動へ協力してもらうための依頼書交付が28日、宮古島警察署で行われた。委嘱状と協力依頼書の交付を受けたのはシーシーアール宮古島営業所(石垣秀彦所長)とみやび通信(親里雅吉代表)。二つの取り組みは同署で初。上運天幸徳署長がそれぞれ委嘱状などを手渡した。

(全文を表示…)

2020年1月29日(水) 08:57 [社会・全般]

豚コレラ防疫支援を報告/県建設業協会

知事「深く感謝したい」


玉城知事(右から5人目)に豚コレラ防疫支援活動の報告書を手渡す下地会長(同6人目)ら=27日、県庁

玉城知事(右から5人目)に豚コレラ防疫支援活動の報告書を手渡す下地会長(同6人目)ら=27日、県庁

 【那覇支社】県建設業協会(下地米蔵会長)は27日、県庁に玉城デニー知事を訪ね、沖縄本島内のうるま市や沖縄市で相次いで発生した家畜伝染病「豚コレラ(CSF)」の感染拡大を防ぐ防疫対策への支援活動を25日に完了したと報告した。玉城知事は「各種防疫作業に昼夜分かたず誠心誠意協力いただき、深く感謝したい」と述べた。

(全文を表示…)

2020年1月29日(水) 08:56 [社会・全般]

「バカス紙」を卒業証書に/3企業が市教委に1800枚分寄贈

友利社長(右)からバカス紙が宮國教育長に手渡された=28日、市役所城辺庁舎

友利社長(右)からバカス紙が宮國教育長に手渡された=28日、市役所城辺庁舎

 宮古島産サトウキビのバカス(搾りかす)を原料にした紙を卒業証書として使ってもらおうと、キャステム(戸田拓夫社長)など3社が28日、バカス紙約1800枚分を市教育委員会に寄贈した。

(全文を表示…)

2020年1月29日(水) 08:55 [社会・全般]

ネコのバス、宮古初上陸

来月2日まで犬猫譲渡会/セーブザアニマルズなど


バスの中は猫と触れ合える癒やしの空間となっている=28日、メイクマン宮古店

バスの中は猫と触れ合える癒やしの空間となっている=28日、メイクマン宮古店

 宮古島セーブザアニマルズ、ネコリパブリック、ネスレ日本による、楽しみながら犬、猫、海を救うイベント「セーブザ宮古」の保護犬保護猫の譲渡会が28日、メイクマン宮古店で開かれた。ネスレ日本から、全国各地で犬猫の保護活動を行っているネコのバスが県内初で宮古島に上陸。車内はネコカフェのような空間になっていて、訪れた市民らが猫との触れ合いを楽しんでいた。譲渡会は2月2日まで市内のスーパーなどで行われる。2日には、市未来創造センターでタレントの磯山さやかさんらを招いてのトークショーなどが開催される。

(全文を表示…)

2020年1月28日(火) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

クルーズ船寄港中止/新型肺炎

長引けば経済に影響も/市、関係機関と対応協議へ
市長 予防策徹底呼び掛け


新型肺炎について注意を喚起する下地市長(左)、垣花和彦生活環境部長=27日、市役所平良庁舎

新型肺炎について注意を喚起する下地市長(左)、垣花和彦生活環境部長=27日、市役所平良庁舎

 中国武漢市で発生し国内でも感染者が確認されている新型コロナウイルスによる新型肺炎の影響で、中国本土からのクルーズ船寄港が中止になったことを踏まえ、市は経済的影響などについて関係機関で対策会議を開く。27日に市役所平良庁舎で会見した下地敏彦市長が明らかにした。

(全文を表示…)

2020年1月28日(火) 08:59 [政治・行政]

市総合体育館 建て替えへ委託料計上/伊良部大橋

橋詰め広場管理委託も/30日の市議会臨時会に提案


臨時議会に提案される議案が説明された=27日、市役所平良庁舎

臨時議会に提案される議案が説明された=27日、市役所平良庁舎

 市議会(山里雅彦議長)の臨時会が30日に開会する。提案されるのは市総合体育館の建て替えに向けた委託料などを含む一般会計補正予算のほか、4月の供用開始を予定している伊良部大橋橋詰め広場(伊良部大橋観光拠点施設)を伊良部島産業振興(川平三秀社長)に管理委託する議案など20件が審議される。

(全文を表示…)

2020年1月28日(火) 08:58 [社会・全般]

クルーズ船事故を想定/海上保安部など合同訓練

自主歩行できる負傷者を避難誘導する隊員ら=26日、平良港第2埠頭

自主歩行できる負傷者を避難誘導する隊員ら=26日、平良港第2埠頭

 2019年度大型クルーズ船事故対応合同訓練が26日、平良港第2埠頭(ふとう)のフェリーたらまゆう係留岸壁で行われた。宮古島海上保安部と宮古島警察署、市消防本部の職員らが参加し、大型クルーズ船の事故を想定し、負傷者救助の流れや、各機関の連絡、連携方法などについて確認した。

(全文を表示…)

2020年1月28日(火) 08:57 [社会・全般]

狩俣を魅力ある地域に/SDGsを考える円卓会議

狩俣を魅力ある地域に/SDGsを考える円卓会議


持続可能な地域づくりに向け、行政、地域の代表らが意見を交換した円卓会議=26日、市クリーンセンター会議室

持続可能な地域づくりに向け、行政、地域の代表らが意見を交換した円卓会議=26日、市クリーンセンター会議室

 市のエコアイランド宮古島における地域循環共生圏構築委託業務「宮古島とSDGsを考える円卓会議~狩俣地域の困りごとを通して持続可能な地域づくりを考える~」が26日、市クリーンセンター会議室で行われた。市の職員や地域の代表らが参加し、魅力ある地域づくりに向けて意見を交換した。参加者からは不便さなどが課題として指摘される一方で、不便で小さな社会だからこそ住む人たちとの関わりによって、自らの役割が地域にでき、それが住む魅力になるなどの意見が出された。

(全文を表示…)

2020年1月28日(火) 08:56 [社会・全般]

ミス沖縄に山里さん(久松出身)/「宮古との架け橋に」と抱負

第39代ミス沖縄に選ばれた(左から)岩本華奈さん(22)、山里ひかるさん(28)、新里瑞紀さん(28)=26日、浦添市の国立劇場おきなわ

第39代ミス沖縄に選ばれた(左から)岩本華奈さん(22)、山里ひかるさん(28)、新里瑞紀さん(28)=26日、浦添市の国立劇場おきなわ

 【那覇支社】沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB・下地芳郎会長)は26日、浦添市の国立劇場おきなわで、沖縄観光を県内外でPRする「第39代ミス沖縄選出大会」を開催し、書類審査や面接審査に合格したファイナリスト10人が、特技などを披露して最終審査に挑んだ。

(全文を表示…)

2020年1月28日(火) 08:55 [スポーツ]

五輪代表決定戦に照準/ビーチバレー

宮古出身平良さん 来月から国際大会転戦


東京五輪代表チーム決定戦へ意欲を見せる平良さん=27日、宮古毎日新聞社

東京五輪代表チーム決定戦へ意欲を見せる平良さん=27日、宮古毎日新聞社

 ビーチバレー選手の平良伸晃さん(23)=宮古島市出身=が27日、宮古毎日新聞社を訪れ、今年の目標などを語った。東京五輪代表決定戦への出場権を獲得するために、2月から海外の大会を転戦する予定。平良さんは「できることはすべてやりたい。決定戦に出場して東京五輪を目指したい」と意気込みを語った。

(全文を表示…)

2020年1月28日(火) 08:54 [行雲流水]

【行雲流水】(絆)

 関東南秀同窓会は会報『絆』第21号を出版した。誌面は故郷宮古への想いにあふれている。巻頭言で国仲晃行会長は「人生100年時代に生きる」と題して、質の高い健康年齢を延ばすには、運動と人との交流の大切さを説き、同窓会での交流の広がりに期待を寄せている

(全文を表示…)

2020年1月26日(日) 09:00 [スポーツ]

南A 23年ぶり優勝/全宮古小学駅伝

23年ぶり優勝のゴールに飛び込む南Aのアンカー与那覇藍斗君=25日、市陸上競技場

23年ぶり優勝のゴールに飛び込む南Aのアンカー与那覇藍斗君=25日、市陸上競技場

2位上野A、3位西辺A
15校24チームが健脚競う


 第38回全宮古小学校駅伝競走大会(主催・宮古地区小学校体育連盟)が25日、市陸上競技場を発着点とする男女10区間14㌔のコースで行われ、南Aが23年ぶりの優勝を飾った。記録は52分9秒。2位は躍進賞の上野A、3位には西辺Aが入った。個人順位は男子が久松Aの平戸凰雅君、女子は西辺Aの赤嶺美々さんがそれぞれ1位だった。


(全文を表示…)

2020年1月26日(日) 08:59 [教育・文化]

県文化協会賞を祝う

関係者が功績たたえる


祝福を受ける(左から)喜屋武会長、仲地さん、佐渡山さん、與那城さん=24日、市内ホテル

祝福を受ける(左から)喜屋武会長、仲地さん、佐渡山さん、與那城さん=24日、市内ホテル

 2019年度県文化協会賞の受賞祝賀会が25日、市内ホテルであり、関係者らが多数出席し、功労賞の佐渡山政子さん、仲地清成さん、奨励賞の與那城美和さん、団体賞の宮古民謡保存協会(喜屋武稔会長)の受賞を盛大に祝った。


(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和2年9月1日現在

    宮古島市 55,015 人
    27,788 人
    27,227 人
    世帯数 28,295 軒
    多良間村 1,099人
    597 人
    502 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2020年1月
    « 12月   2月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2