2020年2月5日のニュース一覧

2020年2月5日(水) 09:00 [教育・文化]

川満さ んら3人最優秀/市教委

326点応募、9人入賞
「教育の日」標語・川柳


市「教育の日」標語・川柳で入賞した皆さんと宮國教育長(後列左)=4日、市未来創造センター研修室

市「教育の日」標語・川柳で入賞した皆さんと宮國教育長(後列左)=4日、市未来創造センター研修室

 市教育委員会(宮國博教育長)による市「教育の日」の標語・川柳表彰式が4日、市未来創造センター研修室で行われた。最優秀賞には、小学校の部が川満千晴さん(城辺6年)、中学校の部が濱川藍羽さん(鏡原2年)、高校・一般の部は与儀絵梨佳さん(宮高1年)の作品が選ばれ、優秀賞を含む受賞者9人に宮國教育長から表彰状が贈呈された。


(全文を表示…)

2020年2月5日(水) 08:59 [産業・経済]

アーサ収穫が本格化

西原アーサ生産部会/今期6トンを見込む


収穫されたばかりの養殖アーサはトラックに積み込まれ宮古島漁協の施設に運ばれた=4日、平良の大浦船だまり

収穫されたばかりの養殖アーサはトラックに積み込まれ宮古島漁協の施設に運ばれた=4日、平良の大浦船だまり

 西原アーサ生産部会(仲間政宗代表、会員5人)による大浦湾での養殖アーサ(ヒトエグサ)収穫が1日から本格化し、4日までに計約800キロを水揚げした。会員で最初に収穫を始めた楚南幸博さん(68)は「アーサは上質だ。今後の冷え込み次第で豊作が期待できる」と予想した。

(全文を表示…)

2020年2月5日(水) 08:58 [社会・全般]

火災現場を初公開/首里城

5日から撤去準備を開始


首里城正殿のあった「御庭」などが報道陣に初公開された=4日、首里城公園

首里城正殿のあった「御庭」などが報道陣に初公開された=4日、首里城公園

 【那覇支社】沖縄総合事務局国営沖縄記念公園事務所、県土木建築部、沖縄美ら島財団は4日、これまで立ち入りが禁止されていた首里城御庭の正殿跡や、書院・鎖之間庭園などの火災現場を報道陣に初公開した。1月29日に県警による捜査の現場立ち入り制限が解除されたため、報道陣への公開に踏み切った。沖縄記念公園事務所の鈴木武彦事務所長によると、5日から、焼け落ちた瓦の撤去、回収の準備作業に取り掛かり、2月下旬には、がれきなどの撤去作業を開始する予定。城郭内の「遺溝」の一般公開をゴールデンウイークに目指したい考えだ。


(全文を表示…)

2020年2月5日(水) 08:56 [スポーツ]

コーシン選手が総合V

女子は鈴木選手がトップ/デフィウインド・ジャパン


上位入賞し笑顔を見せる選手たちと大会創始者のフィリップ・ブルさん(左)=4日、下地与那覇の前浜ビーチ

上位入賞し笑顔を見せる選手たちと大会創始者のフィリップ・ブルさん(左)=4日、下地与那覇の前浜ビーチ

 1日から下地与那覇の前浜ビーチで行われていた世界最大級のウインドサーフィン大会「デフィウインド・ジャパン」が4日、終了した。4日間を通して公式レース1本、公式記録ではないファンレース5本、エキシビジョンレース1本が行われた。このうち公式レースではフランスから参加したアレクサンドラ・コーシン選手が総合1位に輝いた。また、女子では日本の鈴木文子選手が1位となった。

(全文を表示…)

2020年2月5日(水) 08:55 [環境・エコ]

春風受け白花揺れる

東平安名崎のテッポウユリ


美しい真っ白な花で観光客の目を楽しませているテッポウユリ=4日、東平安名崎

美しい真っ白な花で観光客の目を楽しませているテッポウユリ=4日、東平安名崎

 「立春(りっしゅん)」の4日、東平安名崎では筒状の白い花を咲かせたテッポウユリが春風に揺られ、観光客らの目を楽しませている。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和2年7月1日現在

    宮古島市 54,986 人
    27,781 人
    27,205 人
    世帯数 28,259 軒
    多良間村 1,107人
    599 人
    508 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2020年2月
    « 1月   3月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2