2020年2月29日のニュース一覧

2020年2月29日(土) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

新型肺炎で臨時休校/宮古の小中学校

来月3日から15日まで/市教委 状況応じて延長も


市立小・中学校の休業(休校)の内容について発表する宮國教育長(中央)=28日、市未来創造センター

市立小・中学校の休業(休校)の内容について発表する宮國教育長(中央)=28日、市未来創造センター

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、文部科学省がすべての小・中学校と高校などに3月2日から臨時休業(休校)を要請したことを受けて市教育委員会は28日、市未来創造センターで臨時会を開き市立小・中学校については3月3日から休校とし、期間は15日までの13日間とすることを決定した。期間については、状況に応じて延長する場合もあるとしている。多良間村教育委員会は3日から春休みまで休校とする判断となった。

(全文を表示…)

2020年2月29日(土) 08:59 [社会・全般]

「急すぎる」 「共働きどうなる」/新型肺炎臨時休校

保護者、困惑と不安/祖父母に協力も


 新型コロナウイルスの感染拡大で、政府が全国の小中高校などに臨時休業(休校)を要請し、市教育委員会が3月3日から13日間休校することを決定したことについて、保護者の間で困惑が広がっている。「安全のことを考えたら仕方ない」という反面、共働き夫婦からは「急すぎる」「子どもの面倒を見る人がいない」などと不安の声が上がった。

(全文を表示…)

2020年2月29日(土) 08:58 [政治・行政, 社会・全般]

政策参与 4月配置へ/市議会質疑

1年間空席 市が人選進める


提案議案に対する質疑が行われた市議会3月定例会本会議=28日、市議会議場

提案議案に対する質疑が行われた市議会3月定例会本会議=28日、市議会議場

 市が1年間空席となっている政策参与の人選を進めていることが28日分かった。4月から配置する方針だ。政策参与は市の特別職で、これまでは主に子どもの貧困問題に取り組んできた。新しい政策参与について市は、広い視野から市にアドバイスできる人を任命し委嘱したい考え。開会中の市議会(山里雅彦議長)3月定例会本会議で下地敏彦市長が明らかにした。

(全文を表示…)

2020年2月29日(土) 08:57 [政治・行政, 社会・全般]

県立高校、4日から休校/県教育委員会が方針

 【那覇支社】県教育委員会は28日、新型肺炎の感染拡大を防止するため、高校などの県立学校を3月4日から15日まで臨時休校(休校)すると決定した。各学校や地域の実情に合わせた対応をするため、休校の開始日は弾力的に設定でき、終了日についても状況に応じて延長できるとした。

(全文を表示…)

2020年2月29日(土) 08:56 [教育・文化]

城東中 校歌の歌詞が決定

宮里尚安さん作詞/検討部会


城東中学校校歌の歌詞

城東中学校校歌の歌詞

 城辺地区4中学校を統合する新しい学校、城東中学校の校章や校歌等を検討する部会(砂川芳広部会長)の第6回会合が27日午後、市役所城辺庁舎で開かれ、元学校教諭で旧城辺町歌を作詞した宮里尚安さんが書いた校歌の歌詞を確認した。城辺福里出身で狩俣中学校教頭の嘉手苅美智恵さんが作曲して6月には完成させる予定。

(全文を表示…)

2020年2月29日(土) 08:55 [教育・文化]

狩俣さん、沖縄国税所長賞/税に関する絵はがきコンクール

平一小で表彰伝達式


沖縄国税事務所長賞を受賞した狩俣さん(左から3人目)と関係者の皆さん=28日、平良第一小学校

沖縄国税事務所長賞を受賞した狩俣さん(左から3人目)と関係者の皆さん=28日、平良第一小学校

 2019年度「税に関する絵はがきコンクール」の表彰状伝達式が28日、平良第一小学校(川上尚栄校長)で行われた。同校の狩俣華恋さん(6年)が県全体で応募数2130作品の中から、今年度新設された「沖縄国税事務所長賞」に輝いた。沖縄宮古法人会女性部会の上地克江部会長から狩俣さんに表彰状が手渡された。

(全文を表示…)

2020年2月29日(土) 08:54 [美ぎスマ]

【美ぎスマ】「なますぬぐう」発祥地/下地地区嘉手苅集落

歌碑建立を検討/人頭税制時代に作られた名歌


緑豊かな嘉手苅集落

緑豊かな嘉手苅集落

 嘉手苅の北の嶺(ニスヌンミ)の高台から南の集落一帯を望むと盆地状の土地にサトウキビ畑が広がる。集落内には御嶽が点在し御嶽由来の伝説も多い。嘉手苅は御嶽の森や屋敷を囲む巨木などが織り成す緑豊かな風光明媚な里だ。歴史は古く宮古の各地で按司(あず)たちが城を築き覇を争っていた争乱時代(1320~1380年)のころ、現在の嘉手苅や入江集落一帯は久場嘉(くばか)按司が治めていた。豪腕で知られた按司だが、いつの日か消息を断ち領民も離散した。原因は津波だったのかマラリアだったのか、いろいろ憶測があるが定かではない。一帯は荒地と化していたが琉球王府が1714年に与那覇と宮国から移住させて、嘉手苅を村建てした。嘉手苅は入江や旧上野村の上野集落も区域とする大きな集落だったが現在の戸数は約40戸と少ない。代表的な宮古民謡である「なますぬぐう」の発祥地でもある。

(全文を表示…)

2020年2月29日(土) 08:54 [行雲流水]

【行雲流水】(新型コロナウイルス)

 このひと月余りのテレビや新聞は新型コロナウイルスの感染者を拾い上げることに余念がない。名前は出さなくても職業はきっちり出されてどこそこの何歳の男性あるいは女性が感染した、などと報道する。ウイルスに感染したことが大変なことになったと印象付ける内容だ

(全文を表示…)

2020年2月29日(土) 08:53 [求人情報]

29日の求人情報

29日の求人情報

29日の求人情報

  • 宮古島の人口

    令和2年5月1日現在

    宮古島市 54,943 人
    27,752 人
    27,191 人
    世帯数 28,230 軒
    多良間村 1,111人
    600 人
    511 人
    世帯数 514 軒
  • 天気


  •  

    2020年2月
    « 1月   3月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2