「産業・経済」 2020年2月のニュース一覧

2020年2月27日(木) 09:00 [産業・経済]

ヒルトンホテル進出/トゥリバー地区

三菱地所がリゾート開発/今秋にも着工、23年開業へ


23年の開業を目指す「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」の建設地=平良港トゥリバー地区

23年の開業を目指す「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」の建設地=平良港トゥリバー地区

 ホテルチェーンで世界的に名高い「ヒルトン」が宮古島に進出する。三菱地所が平良港トゥリバー地区にリゾートホテルを開発し、ヒルトンが運営する。早ければ今秋にも着工し、地上8階建て、329の客室を備える「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」を2023年に開業させる計画だ。立地上の優位性を生かしたリゾート開発で、下地島空港への新たなエアラインの誘致にも期待が膨らむ。長年の懸案だったトゥリバー地区の利活用計画が動き出す。

(全文を表示…)

2020年2月26日(水) 08:58 [産業・経済]

マンゴーの花咲く/市内農園

ピークは3月中旬以降


20年産マンゴーの花が咲き始めている=25日、市内マンゴー農園

20年産マンゴーの花が咲き始めている=25日、市内マンゴー農園

 2020年産マンゴーの花が、少しずつ咲き始めている。前年と比べるとやや遅く、花のピークは3月中旬以降になる見通しだ。

(全文を表示…)

2020年2月23日(日) 08:57 [産業・経済]

巨大ホンマグロ釣る/重量202キロ

渡真利さん「最高の気分」


渡真利船長(右)が釣り上げた巨大ホンマグロ=22日、宮古島漁協

渡真利船長(右)が釣り上げた巨大ホンマグロ=22日、宮古島漁協

 宮古島漁業協同組合に所属する「第十一かつ丸」(4・9トン)の渡真利寿徳船長(60)が22日、重さ202キロ、体長約2メートルの巨大ホンマグロ(クロマグロ)を水揚げした。渡真利船長は「初めて釣り上げた。自分の漁師人生に残る記録なので、最高の気分だ」と笑みをこぼした。

(全文を表示…)

2020年2月22日(土) 08:57 [産業・経済]

信用店舗の統廃合決定を先送り/JAおきなわ

支店運営委員会で説明へ


経営管理委員会後に記者会見を開いた前田委員長(右)と普天間理事長=20日、那覇市のJA会館

経営管理委員会後に記者会見を開いた前田委員長(右)と普天間理事長=20日、那覇市のJA会館

 【那覇支社】JAおきなわ(普天間朝重理事長)は20日、那覇市のJA会館で経営管理委員会を開催し、信用店舗を現状の102店舗から約70店舗に統廃合する計画について決定を先送りした。JAおきなわでは、県内23カ所で支店運営委員会を開催して現場の理解を求め、3月末の計画決定を目指している。宮古地区の支店運営委員会は26日に開催する。

(全文を表示…)

2020年2月20日(木) 08:59 [産業・経済]

キビ生産量、大幅減産/宮古地区19-20年産

27万2500㌧に下方修正/2期連続30万㌧割れへ


収穫作業も中盤に入ったサトウキビ。大きな減産が見込まれている=19日、市平良のほ場

収穫作業も中盤に入ったサトウキビ。大きな減産が見込まれている=19日、市平良のほ場

 宮古地区の製糖各社は19日までに、2019-20年産サトウキビの生産見込み量を下方修正した。地区全体の生産量は当初比で2万8000㌧余り少ない27万2561㌧に見直されている。2期連続で30万㌧を割り込むことはほぼ確実となった。

(全文を表示…)

2020年2月13日(木) 08:59 [産業・経済]

キビ反収、品質競う

仲里さんの畑で競作会調査/下地洲鎌


競作会に向けて全刈り調査が行われた。手前はサトウキビを手にする仲里健一さん=12日、下地洲鎌

競作会に向けて全刈り調査が行われた。手前はサトウキビを手にする仲里健一さん=12日、下地洲鎌

 サトウキビの反収(10アール当たりの収量)や品質を競う「2019年度県さとうきび競作会」の全刈り調査が12日、下地洲鎌にある仲里ヨシさん(89)の畑であった。肥培管理をしている息子の健一さん(65)は「上位に入れれば」と期待した。

(全文を表示…)

2020年2月11日(火) 08:59 [産業・経済]

活気あふれる施設に/JA上野支店・Aコープうえの店

盛大に新装落成式典/野菜即売会もにぎわう


関係者によるテープカットで新装落成を祝った=10日、JAおきなわ上野支店・Aコープうえの店

関係者によるテープカットで新装落成を祝った=10日、JAおきなわ上野支店・Aコープうえの店

 JAおきなわ上野支店とAコープうえの店の新装落成オープニングセレモニーが10日、同店舗前駐車場で行われ、詰め掛けた多くの関係者が上野地区住民の生活に寄り添い、これまで以上に愛される施設となることに期待を寄せた。

(全文を表示…)

2020年2月9日(日) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

大型クルーズ船 2月は全便欠航に

台湾からの船もキャンセル/タクシー業界は危機感


大型クルーズ船が寄港した際には多くのタクシーによる長蛇の列となっていたが、相次ぐ欠航を受けて並ぶタクシーの姿は見られなくなった=8日、平良港近くの道路

大型クルーズ船が寄港した際には多くのタクシーによる長蛇の列となっていたが、相次ぐ欠航を受けて並ぶタクシーの姿は見られなくなった=8日、平良港近くの道路

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響などで、欠航が相次いでいた大型クルーズ船の影響がさらに拡大している。中国だけでなく台湾からのクルーズ船も欠航が決定し、当初2月に予定していた平良港への寄港はすべてキャンセルとなった。クルーズ船寄港時には多くのタクシーが列をなしていた港近くの道路も現在は、客待ちするタクシーの姿はほとんど無く、収束の気配が見えない中でタクシー業界は危機感を募らせている。

(全文を表示…)

2020年2月7日(金) 09:00 [産業・経済]

操業順調、品質高く/19-20年産サトウキビ

沖糖14・46度、宮糖13・95度/宮古2工場が開始1カ月


操業開始1カ月で原料4万7140㌧を搬入した沖縄製糖宮古工場=6日、下地上地

操業開始1カ月で原料4万7140㌧を搬入した沖縄製糖宮古工場=6日、下地上地

 宮古本島内製糖2工場の2019-20年期製糖操業は6日、開始から1カ月を迎えた。これまでに搬入された原料(サトウキビ)は沖縄製糖宮古工場が4万7140㌧、宮古製糖城辺工場が4万390㌧。天候不良による原料不足もなく、それぞれ順調な操業を続けている。搬入される原料の品質が良く、平均糖度は沖糖が14・46度、宮糖は13・95度と高い数字が出ている。

(全文を表示…)

2020年2月5日(水) 08:59 [産業・経済]

アーサ収穫が本格化

西原アーサ生産部会/今期6トンを見込む


収穫されたばかりの養殖アーサはトラックに積み込まれ宮古島漁協の施設に運ばれた=4日、平良の大浦船だまり

収穫されたばかりの養殖アーサはトラックに積み込まれ宮古島漁協の施設に運ばれた=4日、平良の大浦船だまり

 西原アーサ生産部会(仲間政宗代表、会員5人)による大浦湾での養殖アーサ(ヒトエグサ)収穫が1日から本格化し、4日までに計約800キロを水揚げした。会員で最初に収穫を始めた楚南幸博さん(68)は「アーサは上質だ。今後の冷え込み次第で豊作が期待できる」と予想した。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和2年9月1日現在

    宮古島市 55,015 人
    27,788 人
    27,227 人
    世帯数 28,295 軒
    多良間村 1,099人
    597 人
    502 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2020年2月
    « 1月   3月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2