「産業・経済」 2020年3月のニュース一覧

2020年3月31日(火) 08:58 [産業・経済]

「世界水準の拠点空港に」/那覇空港

第2滑走路完成祝う


那覇空港第2滑走路供用開始を記念してテープカットする関係者ら=29日、那覇空港貨物地区

那覇空港第2滑走路供用開始を記念してテープカットする関係者ら=29日、那覇空港貨物地区

 【那覇支社】内閣府沖縄総合事務局などは29日、那覇空港で第2滑走路供用開始のセレモニーを開催した。菅義偉官房長官や赤羽一嘉国土交通相、衛藤晟一沖縄担当相をはじめ、玉城デニー知事や下地敏彦市長を含む県内の政財界関係者ら約100人が出席し、第2滑走路の供用開始を祝った。玉城知事は「世界水準の拠点空港を目指す」と決意を新たにした。

(全文を表示…)

2020年3月29日(日) 08:57 [産業・経済]

あすで開業1周年/下地島空港ターミナル

あす開業1周年を迎えるみやこ下地島空港ターミナル=28日、下地島空港

あす開業1周年を迎えるみやこ下地島空港ターミナル=28日、下地島空港

 みやこ下地島空港ターミナルが30日、開業1周年を迎える。この間、定期便のほか複数のチャーター便が就航して国内外から多くの観光客が来島。宮古島の観光振興の一翼を担った。新型コロナウイルス感染拡大の影響で1周年イベントの開催は見送ったが、30日にこの1年を振り返るプレスリリースを発信する。

(全文を表示…)

2020年3月28日(土) 09:00 [産業・経済]

タクシー業界打撃/新型コロナ影響

売り上げが大幅減/終息見えず、募る不安


業界の運送収入が減少し、客待ちしているドライバーも厳しさを増す現状に危機感を募らせている=27日、市内

業界の運送収入が減少し、客待ちしているドライバーも厳しさを増す現状に危機感を募らせている=27日、市内

 世界的な新型コロナウイルスの感染拡大の影響は、好調だった宮古観光を直撃している。大型クルーズ船の寄港キャンセルや下地島空港の国際便の運休に加え、3月に入り日本トランスオーシャン航空(JTA)、全日空(ANA)とも那覇―宮古便が減便され、取り巻く環境は厳しさを増す一方だ。その余波をじかに受けているタクシー業界では、2月の運送収入が大幅に減少。まだまだ終息の兆しが見えない中で、業界では先行きへの不安が日増しに大きくなっている。

(全文を表示…)

2020年3月27日(金) 08:57 [産業・経済]

第2滑走路がオープン/那覇空港

JTA「視察飛行」実施


第2期人口ビジョン・総合戦略(案)について承認した第4回推進本部会議=26日、市役所平良庁舎

第2期人口ビジョン・総合戦略(案)について承認した第4回推進本部会議=26日、市役所平良庁舎

 【那覇支社】那覇空港の第2滑走路が26日、供用を開始した。これにより、同空港の滑走路処理容量は24万回と従来の1・8倍に拡大したことになる。玉城デニー知事は、「観光、物流産業、離島振興など、沖縄の発展に大きく寄与するものと期待している」とのコメントを発表した。

(全文を表示…)

2020年3月26日(木) 08:58 [産業・経済]

県2月観光客、前年比23・5%減

外国客は74・6%減


 【那覇支社】県文化観光スポーツ部(新垣健一部長)は25日、2月の入域観光客数は前年同月比23・5%減の59万900人で、2カ月連続して前年同月を下回ったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大による影響とみられ、国内客は同0・4%減の52万9900人、外国客は同74・6%減の6万1000人となった。

(全文を表示…)

2020年3月26日(木) 08:58 [産業・経済]

第2滑走路、きょう始動/那覇空港

処理容量1・8倍に


26日に供用開始となる那覇空港第2滑走路(写真提供・沖縄総合事務局)

26日に供用開始となる那覇空港第2滑走路(写真提供・沖縄総合事務局)

 【那覇支社】那覇空港の第2滑走路が26日、供用が開始される。内閣府沖縄総合事務局によると、供用開始で那覇空港の滑走路処理容量は24万回となり、現在の1・8倍に拡大する。同滑走路の長さは2700㍍で、総事業費は約2074億円。2014年1月に工事を開始していた。

(全文を表示…)

2020年3月25日(水) 08:55 [産業・経済]

農林漁業賞など授与/県宮古農水センター

渡真利夫婦ら2個人2組に


県農林漁業賞の渡真利さん夫婦(前列左側)と漢那さん(同右)。後列左から2人目は園芸拠点産地優良活動表彰を受賞した市マンゴー産地協議会の福里会長、同右から2人目が野菜産地活動表彰の友利さん=24日、県宮古合同庁舎

県農林漁業賞の渡真利さん夫婦(前列左側)と漢那さん(同右)。後列左から2人目は園芸拠点産地優良活動表彰を受賞した市マンゴー産地協議会の福里会長、同右から2人目が野菜産地活動表彰の友利さん=24日、県宮古合同庁舎

 県宮古農林水産振興センター(長崎祐二所長)は24日午後、県農林漁業賞を受賞した渡真利兼・市子さん夫婦や野菜産地活動で特別賞に輝いた友利博明さんら2個人2組に表彰状を授与し、それぞれの日ごろの生産活動と実績をたたえた。

(全文を表示…)

2020年3月24日(火) 08:55 [産業・経済]

海ぶどう養殖施設開所/狩俣協同組合

年間48㌧生産目指す


青々と育つ海ブドウの状況を確認する根間代表理事=23日、平良狩俣の「海ぶどう養殖施設」

青々と育つ海ブドウの状況を確認する根間代表理事=23日、平良狩俣の「海ぶどう養殖施設」

 かりまたグリーンキャビア協同組合(根間保代表理事、会員5経営体)が運営する「海ぶどう養殖施設」が23日、オープンし、本格的に生産が始動した。祝賀会では関係者が集い、盛大に祝うとともに今後の発展に期待を込めた。地下海水をくみ上げて養殖するのが大きな特徴。

(全文を表示…)

2020年3月22日(日) 08:59 [産業・経済]

平均糖度14・44度/宮糖城辺

搬入終了、8万8697㌧/農家手取額は平均2万2306円


今期の原料搬入を終えた宮古製糖城辺工場=21日、城辺砂川

今期の原料搬入を終えた宮古製糖城辺工場=21日、城辺砂川

 宮古製糖城辺工場は21日午後、2019-20年産サトウキビ(原料)の搬入を終えた。累計の搬入量は8万8697㌧。前年産を7711㌧下回る厳しい実績となった。一方、平均糖度は14・44度と高く、品質は良かった。1㌧当たりの農家平均手取額は2万2306円、国の交付金を含む生産農家へのサトウキビ総代金は19億7800万円だった。

(全文を表示…)

2020年3月22日(日) 08:57 [産業・経済]

ドローンで農薬散布/ツアーバンクシステム

サトウキビ畑でデモ


デモンストレーションに関心を寄せる農家ら=21日、上野宮国

デモンストレーションに関心を寄せる農家ら=21日、上野宮国

 全国各地で農業用ドローンの実用化が進む中、市上野宮国のサトウキビ畑で21日、同ドローンで空中から農薬を散布するデモンストレーションがあった。ツアーバンクシステム宮古島支店が開いたもので、実際に農業用ドローンを飛ばして性能を披露。参加した農家の関心を集めていた。

(全文を表示…)

2020年3月21日(土) 08:59 [産業・経済]

巨大ホンマグロ水揚げ/重さ319キロ

久高船長が仕留める


久高船長(左)は釣り上げた巨大ホンマグロのそばで写真撮影した=(写真提供・川満健勇さん)

久高船長(左)は釣り上げた巨大ホンマグロのそばで写真撮影した=(写真提供・川満健勇さん)

 宮古島近海で取れた巨大ホンマグロ(クロマグロ)が19日、宮古島漁協協同組合の電動ホイストでつり上げて水揚げされた。見物人らは思わず「ずんぐり太って、でかい」と興奮気味の声を上げていた。

(全文を表示…)

2020年3月20日(金) 09:00 [産業・経済]

2カ月連続で6万円下げ/3月肉用牛競り

子牛1頭平均58万円/枝肉相場、新型コロナが影響


2カ月連続で6万円以上値を下げた=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

2カ月連続で6万円以上値を下げた=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

 JAおきなわ宮古家畜市場の3月期肉用牛競りが19日開かれ、子牛1頭平均価格は前月比6万1387円安の58万1252円となった。前月も6万円下げており、2カ月連続の大幅な下げで厳しい結果となった。平均キロ単価も198円安の2152円だった。価格続落について、畜産関係者は枝肉相場の低迷と新型コロナウイルス感染拡大の影響と見ている。宮古市場で子牛価格が60万円を下回るのは2015年5月以来、4年9カ月ぶり。

(全文を表示…)

2020年3月20日(金) 08:56 [産業・経済]

平均糖度は14・88度/沖糖宮古搬入終了

農家手取額は2万2630円/収量は10万㌧台と厳しく


今期の原料搬入を終えた沖縄製糖宮古工場。平均糖度は15度に迫る実績を挙げたが収量は10万㌧台と厳しい結果だった=19日、下地上地

今期の原料搬入を終えた沖縄製糖宮古工場。平均糖度は15度に迫る実績を挙げたが収量は10万㌧台と厳しい結果だった=19日、下地上地

 沖縄製糖宮古工場は19日午後、2019-20年産サトウキビ(原料)の搬入を終了した。累計搬入量は前年比1万4246㌧減の10万7779㌧、収量の面では想定以上に厳しい実績となった。一方で平均糖度は14・88度と高く、最後まで高品質取引が続いた。1㌧当たりの農家平均手取額は2万2630円に達し、沖糖管内のキビ総代金は24億3900万円となった。

(全文を表示…)

2020年3月17日(火) 08:58 [産業・経済]

葉タバコ収穫始まる

生産農家、良質作柄に期


葉タバコの収穫作業に精を出す作業員=16日、下地地区

葉タバコの収穫作業に精を出す作業員=16日、下地地区

 下地地区で16日、2020年産葉タバコの収穫作業が確認された。収穫機に乗った農家が、下葉を摘み取る作業に汗を流していた。


(全文を表示…)

2020年3月15日(日) 09:00 [産業・経済]

前年度比べ大幅減へ/19年度入域観光客数

1、2月連続で下回る


クルーズ船の寄港キャンセルなどで入域観光客数が大幅減の見込み(資料写真)

クルーズ船の寄港キャンセルなどで入域観光客数が大幅減の見込み(資料写真)

 市観光商工部がこのほど発表した2019年度(昨年4月1日~今年3月31日)における2月の入域観光客数は空路のみの4万9191人となり、前年同月に比べ2万732人(29・65%)減少した。2カ月連続の減少。4月~2月までの11カ月間では計101万9086人となり2年連続100万人を突破したが、過去最高だった前年2月までの累計と比べると4万2535人減少した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月はさらに落ち込むとみられている。右肩上がりに伸びてきた入域観光客数が、前年度を下回るのは確実な情勢だ。

(全文を表示…)

2020年3月14日(土) 09:00 [産業・経済]

クルーズ船 キャンセル損失21億円/1~3月

宿泊は1万人以上予約取消/市議会一般質問 我如古氏に答弁


5人が登壇し市当局の見解をただした市議会3月定例会一般質問初日=13日、市議会議場

5人が登壇し市当局の見解をただした市議会3月定例会一般質問初日=13日、市議会議場

 新型コロナウイルスの世界的な広がりの影響で、平良港に寄港予定だったクルーズ船のキャンセルが1月から3月に掛けて合計36回あり、3月9日現在で市の経済への損失額は約億円に上ることが13日、分かった。開会中の市議会3月定例会一般質問で我如古三雄氏の質問に市観光商工部の楚南幸哉部長が答えた。また、観光自粛ムードの高まりで市内の3ホテルでは4月までの宿泊キャンセルが1万人以上出ており、損失額は2億円以上になるとも答えた。

(全文を表示…)

2020年3月14日(土) 08:55 [産業・経済]

「不安を与えおわび」/JAおきなわ

子牛DNA不一致で


子牛のDNA不一致事案で会見するJAおきなわの普天間理事長=13日、那覇市

子牛のDNA不一致事案で会見するJAおきなわの普天間理事長=13日、那覇市

 【那覇支社】久米島家畜市場から出荷された子牛が、登録されていた希少血統の「安福久」と異なっていた事案で13日、同市場を運営するJAおきなわは那覇市で会見を開いた。普天間朝重理事長は「今後、同様の事態を招かないよう県を通して(人工)受精師の指導と厳格性を求める。生産農家や購買者、消費者に不安を与える結果となったことに深くおわびする」と陳謝した。

(全文を表示…)

2020年3月12日(木) 09:00 [産業・経済]

県農林漁業賞に宮古3組/園芸は渡真利さん夫婦

漁業・漢那さん 複合経営・津嘉山さん


園芸部門で農林漁業賞を受賞した渡真利兼さん・市子さん夫婦=11日、上野宮国

園芸部門で農林漁業賞を受賞した渡真利兼さん・市子さん夫婦=11日、上野宮国

 県は10日、2019年度県農林漁業賞の受賞者を発表した。宮古島市からは園芸部門で渡真利兼・市子さん夫婦、漁業部門では前伊良部漁協組合長でカツオ一本釣り漁師の漢那一浩さんがそれぞれ受賞した。農山漁村地域活性化部門においては、農業、畜産、特産品加工など複合農家経営を展開している多良間村の津嘉山光子さんが選ばれた。

(全文を表示…)

2020年3月10日(火) 08:59 [産業・経済]

総代金、前期比1億円減/多良間村製糖キビ搬入終了

高品質も減産大きく影響


19-20年産のサトウキビ搬入を終了した=8日、多良間村製糖工場

19-20年産のサトウキビ搬入を終了した=8日、多良間村製糖工場

 【多良間】多良間村製糖工場(来間春誠工場長)の2019-20年産サトウキビの原料搬入が8日、終了した。搬入量は当初見込みを6000㌧下回る1万9087㌧だった。平均糖度は15・20度の高品質。トン当たりの農家平均手取り額は2万3135円だった。生産農家に支払われる総代金は4億4157万円となり、前期比で1億円(2割)の減となった。高品質も減産が大きく影響した。

(全文を表示…)

2020年3月8日(日) 08:59 [産業・経済]

観光地への人出、大幅減/東平安名崎

空席目立つ観光バス/広がる新型肺炎の影響


例年の3月に比べて訪れる観光客の数が大幅に減っている=7日、東平安名崎

例年の3月に比べて訪れる観光客の数が大幅に減っている=7日、東平安名崎

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う影響は、宮古観光にも厳しい現実を突き付けている。宮古を代表する観光地の一つの東平安名崎でも3月に入り、訪れる観光客の数は大幅に減っているようだ。現地に訪れた観光バスもツアーの乗客は少なく、バスの運転手や現地のパーラーなどからも観光客が大幅に減った厳しい現状を嘆く声が聞かれている。

(全文を表示…)

2020年3月6日(金) 08:59 [産業・経済]

宮古BP収穫始まる/かぎすま宮古

今期80㌧見込む/健康食品や化粧品に使用


収穫された宮古BPを洗浄する作業員=5日、かぎすま宮古の工場

収穫された宮古BPを洗浄する作業員=5日、かぎすま宮古の工場

 かぎすま宮古(吉田八束代表)によるタチアワユキセンダングサ「宮古ビデンス・ピローサ(BP)」の収穫が5日、城辺地区の畑で始まった。同社と契約している生産農家らが鎌で宮古BPの刈り取りを行った。この日は雨天の中、2カ所の畑で約350㌔を収穫した。収穫された宮古BPは同社の工場に運ばれ、作業員たちによって加工され、出荷される。今期は80㌧の収穫を見込んでいる。


(全文を表示…)

2020年3月5日(木) 08:56 [産業・経済]

ヤギ大型化へ、認識共有/畜産研究セが検証報告

飼養管理勉強会


ヤギ大型化の重要性について認識を深める参加者=4日、JAおきなわ宮古家畜市場

ヤギ大型化の重要性について認識を深める参加者=4日、JAおきなわ宮古家畜市場

 ヤギの飼養管理勉強会が4日、JAおきなわ宮古家畜市場であり、個体を大型化する交配方法について参加者が認識を共有した。この中で県畜産研究センターは、ニュージーランドから導入した純血個体の精液の活用と交配を推奨。ボア種を絡め、体のフレームが大きくて肉付きの良いヤギの生産を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2020年3月4日(水) 08:57 [産業・経済]

販売額8000万円の豊作/19年度伊良部カボチャ

収量も前年度上回る


共同集荷貯蔵施設に搬入されたカボチャ=2日、JAおきなわ伊良部支店

共同集荷貯蔵施設に搬入されたカボチャ=2日、JAおきなわ伊良部支店

 伊良部の2019年度カボチャの収穫がほぼ終了し、収量257トン、販売金額8000万円を達成する見通しとなった。収量・販売金額ともに前年度を上回る豊作に恵まれた。

(全文を表示…)

2020年3月4日(水) 08:56 [産業・経済]

大物ニシキエビ水揚げ/重さ5キロ、通常の倍以上

漁師の塩川さん


水揚げされた大物ニシキエビを持つ長浜さん。左手に持つのが通常サイズのイセエビ=2日、市内の飲食店

水揚げされた大物ニシキエビを持つ長浜さん。左手に持つのが通常サイズのイセエビ=2日、市内の飲食店

 重さ約5キロのニシキエビが2日、水揚げされた。通常のサイズの倍以上ある大物。漁師の塩川貴也さんが1日夜、素潜りで生け捕りして、市内の飲食店に運ばれた。

(全文を表示…)

2020年3月3日(火) 08:56 [産業・経済]

搭乗者数10万人を達成/ジェットスター・ジャパン

成田、関西-下地島


下地島空港ターミナル開業と同時に成田-下地島を就航させたジェットスター・ジャパン。就航1年を前に累積搭乗者数10万人を達成した=2019年3月30日、下地島空港

下地島空港ターミナル開業と同時に成田-下地島を就航させたジェットスター・ジャパン。就航1年を前に累積搭乗者数10万人を達成した=2019年3月30日、下地島空港

 格安航空会社のジェットスター・ジャパン(片岡優社長)は2日、成田国際空港および関西国際空港と下地島空港を結ぶ同社運航便の累積搭乗者数が10万人に達したと発表した。1日付で達成した。2020年夏期スケジュールでは運航便数を拡大させ、一層の利用機会の向上を図る。

(全文を表示…)

2020年3月2日(月) 08:57 [産業・経済]

1月宮古路線過去最高/JTA・RAC輸送実績

 日本トランスオーシャン航空(JTA)宮古支社(小堀健一支社長)は2月28日、JTAと琉球エアーコミューター(RAC)の1月の輸送実績(速報値)などを発表した。両社を合わせた宮古-那覇線の旅客数が1月としての月間最高を更新する6万937人、RACの宮古-多良間線も3963人で同月過去最高を更新した。前月に引き続いて県外発の宮古ツアーなどの利用が好調に推移した。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和2年9月1日現在

    宮古島市 55,015 人
    27,788 人
    27,227 人
    世帯数 28,295 軒
    多良間村 1,099人
    597 人
    502 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2020年3月
    « 2月   4月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2