2020年4月14日のニュース一覧

2020年4月14日(火) 09:00 [社会・全般]

石垣市で2人感染/県内離島で初めて

県全体では計73人に/新型コロナ


八重山で2人の感染者が確認されたと発表する玉城デニー知事=13日、県庁

八重山で2人の感染者が確認されたと発表する玉城デニー知事=13日、県庁

 【那覇支社】県は13日、八重山地区で2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。感染が見つかったのは、石垣市内の20代男性(飲食業)と同市内の60代女性(職業確認中)で、離島での感染者は初めてとなる。県全体での感染確認は、12日の9人、13日の7人を含め、合計73人となった。

(全文を表示…)

2020年4月14日(火) 08:59 [産業・経済]

ダイビング業も自粛/新型コロナ

85業者「死活問題だが決断」


ダイビング事業などの自粛を発表する儀保会長(右)と新城会長=13日、宮古島漁業協同組合

ダイビング事業などの自粛を発表する儀保会長(右)と新城会長=13日、宮古島漁業協同組合

 新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、宮古地区でダイビングやシュノーケリング事業を展開する全85業者は同事業を自粛する。すでに実施している業者もいるが期間は5月6日まで。それ以降は状況を見て検討する。対象は島外からの観光客。宮古島美ら海連絡協議会の儀保正司会長、同協議会に加盟するダイビング事業者(5団体)の新城英樹会長が13日、宮古島漁協で会見し、「事業の自粛は死活問題だが決断した」と話した。

(全文を表示…)

2020年4月14日(火) 08:58 [地域・暮らし]

発熱外来、運用開始 宮古病院/新型コロナ疑い患者に対応


新型コロナウイルス疑い患者に対応する発熱特殊外来が開設された=13日、県立宮古病院

新型コロナウイルス疑い患者に対応する発熱特殊外来が開設された=13日、県立宮古病院

 県立宮古病院(本永英治院長)に開設された発熱特殊外来が13日、本格運用を開始した。新型コロナウイルス感染症が疑われる患者に対応するもので、一般患者との間に境界を設けて院内感染を防ぐ。同外来は先週末からオンコール(医師の呼び出し)で対応しているが、この間の疑い症例数は現状非公表としている。

(全文を表示…)

2020年4月14日(火) 08:57 [地域・暮らし]

行員の交代勤務スタート/琉銀、沖銀各支店

新型コロナ感染防止対策で


新型コロナウイルス飛沫感染防止対策として窓口にビニールの仕切りを設置し、業務を行う行員=13日、琉球銀行宮古支店

新型コロナウイルス飛沫感染防止対策として窓口にビニールの仕切りを設置し、業務を行う行員=13日、琉球銀行宮古支店

 琉球銀行宮古支店、沖縄銀行宮古支店は13日、新型コロナウイルス対策として行員の交代勤務などを開始した。来店客や行員の健康を守るとともに、業務の継続を図る。

(全文を表示…)

2020年4月14日(火) 08:56 [インサイドリポート]

【インサイドリポート】宮古の医療現場、厳戒態勢/新型コロナウイルス(上)

感染者受け入れも想定内


新型コロナウイルスの感染拡大を受け厳戒態勢を取る県立宮古病院

新型コロナウイルスの感染拡大を受け厳戒態勢を取る県立宮古病院

 世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るっている。世界の感染者数は爆発的に増え、肺炎で犠牲になった人々の報告も後を絶たない。目に見えない敵との闘いはいつまで続くのか。宮古の医療現場は厳戒態勢を敷く。

(全文を表示…)

2020年4月14日(火) 08:54 [行雲流水]

【行雲流水】(宮古島のミサイル基地)


 東京新聞の「こちら特報部」欄に宮古島の陸上自衛隊ミサイル部隊配備問題について、次のような記事が3月30日、掲載されている

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和2年10月1日現在

    宮古島市 55,017 人
    27,798 人
    27,219 人
    世帯数 28,339 軒
    多良間村 1,100人
    600 人
    500 人
    世帯数 518 軒
  • 天気


  •  

    2020年4月
    « 3月   5月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2