「社会・全般」 2020年5月のニュース一覧

2020年5月28日(木) 08:58 [社会・全般]

橋梁補修・補強進捗42%/池間大橋

長寿命化、耐震強化工事


下部工の補強工事は足場を組んで進められている=26日、池間大橋

下部工の補強工事は足場を組んで進められている=26日、池間大橋

 長寿命化と耐震強化を目的に池間大橋で2011年度から実施されている橋梁(きょうりょう)補修・補強事業は、19年度時点で事業費ベースの進捗(しんちょく)率が42%に達した。宮古土木事務所道路整備班(儀間雅班長)によると、全事業費は42億5000万円を予定し、19年度までの9年間に投じられた事業費は合計約17億8000万円。


 池間大橋建設工事は1986年3月に着工、92年2月14日に開通した。池間島と宮古本島の狩俣を結ぶ全長1425㍍、幅員8・75㍍。総工事費約99億円。県道230号池間大浦線の一部区間。

(全文を表示…)

2020年5月26日(火) 09:00 [社会・全般]

申請書の配達始まる/一律10万円支給

あすまでには全世帯へ


「特別定額給付金」申請書の配達が宮古島市でも始まった=25日、市内

「特別定額給付金」申請書の配達が宮古島市でも始まった=25日、市内

 新型コロナウイルス感染症の国の緊急経済対策で、国民1人につき10万円を支給する「特別定額給付金」申請書の配達が25日、宮古島市でも始まった。27日までには全世帯(約2万8000世帯)に配達される予定。宮古郵便局の津嘉山正一局長は「郵便局にも『いつ配達されますか』などと問い合わせがあり、市民が心待ちにしているという様子がうかがえた。迅速、丁寧、確実に配達していきたい」と話した。

(全文を表示…)

2020年5月24日(日) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

申請800件超、支給開始/事業所10万円助成

29日までに400事業所へ/経営支援金 あす受け付け終了


 新型コロナウイルスの影響で業績が悪化した事業所1社に一律10万円を給付する市独自の経済対策への申請件数が800件に達している。市は22日から支給を開始しており、29日までには400件以上の事業所の指定口座に振り込みを済ませる予定だ。事業は二つのメニューに分けられ、業種が限定されている「事業者経営支援助成金」の受け付けは25日まで。市が申請漏れがないよう注意を呼び掛けている。もう一つの「中小零細企業助成金」の申請期限は7月31日。

(全文を表示…)

2020年5月21日(木) 09:00 [社会・全般]

事業者の申請をサポート/持続化給付金

市がセンター開設/会議所内 専属支援員配置


事業者に利用を呼び掛ける下地市長(左)。右は下地義治会頭=20日、宮古島商工会議所

事業者に利用を呼び掛ける下地市長(左)。右は下地義治会頭=20日、宮古島商工会議所

 宮古島市は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で収入が前年と比較して半減した中小企業に最大200万円、個人事業主に最大100万円を国が支給する「持続化給付金」の申請を支援するサポートセンターを20日、宮古島商工会議所に開設した。給付金がオンライン申請のみであることから、入力に不慣れな事業主をサポートする。

(全文を表示…)

2020年5月19日(火) 08:58 [政治・行政, 社会・全般]

新庁舎建設進捗率60%/宮古島市

総事業費 当初より増え118億円


10月末の完成目指し建物工事が進められている=18日、平良西里の市総合庁舎建設工事現場

10月末の完成目指し建物工事が進められている=18日、平良西里の市総合庁舎建設工事現場

 平良西里(市消防本部北側)で建設工事が進められている市総合庁舎の進捗(しんちょく)率(4月末現在)は約60%で、2021年1月の開庁に向けて順調に進んでいる。建物本体の完成は20年10月末を予定し、駐車場や植栽などの外構工事を含めた全ての工事は同年12月に完成を見込んでいる。工事発注時は総事業費105億円を予定していたが、仮設計画の変更や地域外作業員の経費などで13億円増の約118億円を見込んでいる。

(全文を表示…)

2020年5月17日(日) 09:00 [社会・全般]

公園に笑顔広がる/新型コロナ閉鎖解除

運動不足解消へ汗/公共施設再開後初の週末


公園には子供たちの歓声と笑顔が広がった=16日、カママ嶺公園

公園には子供たちの歓声と笑顔が広がった=16日、カママ嶺公園

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて閉館・閉鎖していた一部の公共施設や、市が管理する公園やビーチが14日に再開して初の週末となった16日、市内の公園には日常に戻ったことを喜ぶ子供たちの笑顔と歓声が広がった。運動不足を解消しようと、トレーニング器具で汗を流す市民も。営業を再開したパチンコ店などでは、感染防止策や「3密」回避を徹底しながら客を呼び込んでいる。

(全文を表示…)

2020年5月17日(日) 08:59 [社会・全般]

感染ゼロ、16日連続/県「外出時は3密避けて」

 【那覇支社】県は16日、32人について新型コロナウイルスのPCR検査を実施した結果、新たな感染者はいなかったと発表した。新規感染者ゼロは、16日連続となった。

(全文を表示…)

2020年5月16日(土) 08:59 [社会・全般]

感染ゼロ、15日連続 新型コロナ/県「新生活様式、定着を」


新型コロナ患者療養状況(15日時点)

新型コロナ患者療養状況(15日時点)

 【那覇支社】県は15日、新型コロナウイルスのPCR検査を41人について行った結果、新たな感染者はいなかったと発表した。新規感染者ゼロは15日連続。県関係での感染確認は143人のままとなった。



 保健医療部の糸数公保健衛生統括監は、大型連休後半に来沖した観光客の中に感染者がいた可能性もあるとして、「20日まではしっかり警戒しようという段階」との認識を示した。


 県は、県民に対し、外出時の「3密」(密閉・密集・密接)回避やマスクの着用、うがいや手洗いを実践するよう呼び掛けるほか、「政府が示した『新しい生活様式』を身に付けてほしい」とも強調している。


 15日現在の入院患者数は15人(うち重症4人)、入院勧告解除が122人。亡くなった人は6人。

2020年5月15日(金) 08:58 [社会・全般]

14日連続で新規ゼロ/新型コロナ

県「今後も警戒感保って」


新型コロナ患者療養状況(14日時点)

新型コロナ患者療養状況(14日時点)

 【那覇支社】県は14日、新型コロナウイルス感染症で42人のPCR検査を実施した結果、新たな感染は確認されなかったと発表した。新規感染者ゼロは14日連続で、県関係の感染者は143人のまま。

(全文を表示…)

2020年5月14日(木) 08:58 [社会・全般]

13日連続で感染ゼロ/新型コロナ

来週にも「活動再開」判断


新型コロナ患者療養状況(13日時点)

新型コロナ患者療養状況(13日時点)

 【那覇支社】県は13日、82件について新型コロナウイルスのPCR検査を行った結果、新たな感染者はいなかったと発表した。県内での新規感染者は4月30日を最後に確認されておらず、13日連続で新規感染者ゼロとなった。県関係の感染は143人のまま。

(全文を表示…)

2020年5月13日(水) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

幼小中学校18日再開/宮古島市

保育所も「通常保育」/コロナ自粛活動を緩和
来島自粛要請は当面継続


市内小中学校の再開期日を発表する下地市長(左)と宮國教育長=12日、市役所平良庁舎

市内小中学校の再開期日を発表する下地市長(左)と宮國教育長=12日、市役所平良庁舎

 下地敏彦市長は12日、新型コロナウイルス感染防止対策で休校している市内の幼、小、中学校を18日から再開すると発表した。同日は入園・入学式を行い、19日から授業を始める。給食も同日から出す(新1年生は20日から)。保育所なども通常保育に戻す。管内の経済活動にも言及し、飲食店での会合は「できる限り少人数で」という条件を付して自粛を緩和する。閉鎖中の観光地や公園施設等は14日から全面開放する。島外からの来島自粛要請は当面の間、継続する。

(全文を表示…)

2020年5月13日(水) 08:59 [政治・行政, 社会・全般]

申請書発送に遅れ/市民一律10万円

支給開始は来月上旬/オンライン申請は対応不可


一律10万円支援対策室/拓也

一律10万円支援対策室/拓也

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、国の緊急経済対策として全国民を対象に一律10万円を支給する「特別定額給付金」の支給開始が、宮古島市では最短でも6月上旬になる見通しだ。当初、早ければ5月下旬ごろを目指すとしていた。各自治体で支給日に差があり、市は申請書の発送作業が5月末にずれ込むことなどを理由にしている。全国では1日からオンライン申請が開始されたが、市では対応できていない。

(全文を表示…)

2020年5月13日(水) 08:58 [社会・全般]

新規感染、12日連続ゼロ/新型コロナ

重症の70代男性が死亡


新たな感染者が確認されなかった一方、重症だった男性が死亡したと発表した玉城デニー知事=12日、県庁

新たな感染者が確認されなかった一方、重症だった男性が死亡したと発表した玉城デニー知事=12日、県庁

 【那覇支社】県は12日、新型コロナウイルス感染症で43人のPCR検査を実施した結果、新たな感染者は確認されなかったと発表した。新規感染ゼロは12日連続となった。ただ、同日は重症だった那覇市の70代男性が11日に死亡したことも発表された。県内での死者は計6人となった。

(全文を表示…)

2020年5月12日(火) 09:00 [社会・全般]

休業要請、14日解除へ/新型コロナ

20日予定から前倒し/一部業種は要請継続


記者会見で、休業要請について一部を除いて解除する方針を発表した玉城デニー知事=11日、県庁

記者会見で、休業要請について一部を除いて解除する方針を発表した玉城デニー知事=11日、県庁

 【那覇支社】玉城デニー知事は11日、県庁で記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため20日までとしていた7業態の特定施設に対する休業要請について、一部を除き解除すると発表した。各業種や施設ごとの感染予防ガイドラインを策定し、順守することを条件に14日以降の営業再開が可能となる。

(全文を表示…)

2020年5月12日(火) 08:59 [社会・全般]

新規ゼロ、11日連続/新型コロナ

県、感染再拡大警戒


 【那覇支社】県は11日、37人について新型コロナウイルス感染症のPCR検査を行った結果、新たな感染者はいなかったと発表した。新たな感染者ゼロは11日連続となった。入院中の患者も39人まで減少した。

(全文を表示…)

2020年5月10日(日) 08:58 [社会・全般]

感染ゼロ、9日連続/新型コロナ

連休中の移入例警戒


 【那覇支社】県は9日、新型コロナウイルスのPCR検査を人について行った結果、新たな感染者はいなかったと発表した。新規感染ゼロは、9日連続となった。

(全文を表示…)

2020年5月9日(土) 08:58 [社会・全般]

感染ゼロ、8日連続/新型コロナ

県、「引き続き警戒を」


 【那覇支社】県は8日、38人について新型コロナウイルスのPCR検査を行った結果、新たな感染は確認されなかったと発表した。新規の感染者ゼロは、8日連続となった。ただ、県はゴールデンウイーク中にあった人の移動から感染が再拡大する可能性もあるとして、引き続き警戒を呼び掛けている。

(全文を表示…)

2020年5月8日(金) 09:00 [社会・全般]

緊急小口資金に相談殺到/社協生活福祉資金貸付

申請1週間で最大20万円/無利子 新型コロナで要件緩和


社協が実施する生活福祉資金貸付制度に関する相談と申請が殺到している=7日、市社会福祉協議会(旧市中央公民館)

社協が実施する生活福祉資金貸付制度に関する相談と申請が殺到している=7日、市社会福祉協議会(旧市中央公民館)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、貸し付けの間口が広がった社会福祉協議会(社協)の生活福祉資金貸付制度への相談と申請が殺到している。申請から1週間程度で最大20万円を無利子で借りられる緊急小口資金で、一時的な資金を必要とする世帯を中心に申請が相次いでいる。市社協によると、特例の受け付けが始まった3月下旬からの相談は計269件、申請は98件と急激に伸びた。管内経済活動の停滞で収入が落ち込む働き手の実態が鮮明に映し出されている。

(全文を表示…)

2020年5月7日(木) 08:58 [社会・全般]

6日連続で感染者ゼロ 新型コロナ/「冷房中も換気徹底を」


新型コロナ患者療養状況(6日時点)

新型コロナ患者療養状況(6日時点)

 【那覇支社】県は6日、39件の新型コロナウイルスのPCR検査を行った結果、新たな感染者はゼロだったと発表した。これで県内で新規感染者が確認されなかったのは6日連続。県の糸数公保健衛生統括監は、気温の上昇に伴う注意点として、「冷房を使用する際は、定期的な換気をすることが大切」と注意喚起した。

(全文を表示…)

2020年5月5日(火) 21:16 [社会・全般]

新型コロナ 県独自の緊急事態宣言、31日まで延長 

休業要請は20日まで


県独自の緊急事態宣言を31日まで延長すると発表した玉城デニー知事=5日、県庁

県独自の緊急事態宣言を31日まで延長すると発表した玉城デニー知事=5日、県庁

 【那覇支社】県は5日、新型コロナウイルス感染症に係る独自の緊急事態措置を5月31日まで延長すると発表した。バーやカラオケボックスといった遊興施設、ボウリング場、パチンコ店などへの休業要請は、約8000人の来県が推定される大型連休後の状況を見定めるため2週間延長し、20日までとした。

(全文を表示…)

2020年5月5日(火) 18:15 [社会・全般]

新型コロナ 県専門家会議、活動再開に向け提言

「段階的な活動再開を」


段階的な活動再開案を示した新型コロナの県専門家会議=4日、南風原町の県医師会館

段階的な活動再開案を示した新型コロナの県専門家会議=4日、南風原町の県医師会館

 【那覇支社】政府が緊急事態宣言を延長したことを受け、県は4日夜、南風原町の県医師会館で新型コロナウイルス感染防止対策について議論する県の専門家会議を開いた。会議では県内の社会活動再開に向けた取り組みについて意見交換を行い、「活動再開に向けたロードマップ案」を提言した。今後、同提言を基に県が検討し、最終決定する。

(全文を表示…)

2020年5月5日(火) 12:30 [社会・全般]

新型コロナ、5日連続で感染者なし 

 県は5日、新型コロナウイルスのPCR検査を55件行った結果、新たな感染者はいなかったと発表した。感染者の確認がゼロとなるのは5日連続。県は、引き続き警戒を呼び掛けている。これまで県で確認された感染者は143人。

2020年5月4日(月) 22:31 [社会・全般]

4日連続で新型コロナ感染者ゼロ 県、「自粛継続」を呼び掛け

 【那覇支社】県は4日、45人に新型コロナウイルスのPCR検査をした結果、新たな感染者はいなかったと発表した。県内で感染者が確認されないのは、今月に入って4日連続。ただ、県保健医療部の糸数公保健衛生統括監は「連休中は、外からの移入者もいる。そこに感染者がいることも考えると、人と人との接触を避ける行動を取ってほしい」と自粛の継続を呼び掛けた。


 また、糸数統括監は、今月に入って新たな感染者が確認されていないことについて「4月中旬以降の住民の方々の外出自粛や人と人との接触を避けた効果が表れてきている」と述べ、県民の外出自粛などで成果が出ていると強調した。


 県関係の感染者は、成田空港検疫所で感染確認された10代女性1人を含めて143人のまま。このうち、重症者は5人。4日時点で、入院中は68人。宿泊施設療養中は5人、自宅療養中は1人、入院勧告解除は64人。死亡者は5人となっている。

2020年5月4日(月) 22:08 [社会・全般]

政府、緊急事態宣言を31日まで延長

【那覇支社】政府は4日、新型コロナウイルス感染症をめぐる緊急事態宣言の期間を、5月31日まで延長すると発表した。宣言の対象は全都道府県で変更はない。


安倍晋三首相は、「わが国は諸外国のような爆発的な感染拡大には至っておらず、一定の成果が現れ始めている」と述べる一方、「現時点では、かなりの数の新規感染者数を認め、感染者の減少も十分なレベルとは言えない。引き続き、医療提供体制がひっ迫している地域も見られる」として、宣言の延長に理解を求めた。


また、安倍首相は「(東京や大阪など)13の特定警戒都道府県では、引き続き、極力8割の接触削減に向けた取り組みをしていただく必要がある。それ以外の県では、感染拡大の防止と社会経済活動の維持との両立に配慮した取り組みに、段階的に移行することをお願いする」とも語った。


そのほか、不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいだ移動は極力避けように呼び掛けた。


安倍首相は、14日を目途に専門家に対して感染状況の評価を改めて求める考えも示した。その際、可能であると判断されれば、31日以前に緊急事態を解除する方針という。

2020年5月4日(月) 09:00 [社会・全般]

子ども人口8744人/前年比27人増

上野、2年で200人増加/宮古福祉事務所まとめ


子どもの人口(15歳未満)の推移

子どもの人口(15歳未満)の推移

 5日は「こどもの日」。県宮古福祉事務所がまとめた2020年3月末の宮古島市の子ども(15歳未満)人口は前年より38人多い8593人、多良間村は同比11人減の151人で、2市村合わせると8744人となった。地区全体では27人増えた。子ども人口は14年から18年まで減少が続いていたが、19年から増加に転じ、20年も前年比で増えた。陸上自衛隊の駐屯地が配備された上野地区の増加が顕著で2年で200人以上増え、リゾート開発が進む伊良部地区も下げ止まった格好だ。ただ、国勢調査を基にした国の推計によると、今後10年間で約1000人減少することが見込まれている。

(全文を表示…)

2020年5月4日(月) 08:59 [社会・全般]

宮古保健所が公開検討へ/市議会の申し入れ受け

コロナPCR検査対象人数


 新型コロナウイルスに感染しているかどうかを確定させるPCR検査で、宮古保健所が同所管内における対象人数の公開を検討していることが3日までに分かった。宮古島市ではPCR検査ができないため、発熱など感染が疑われる患者が出た場合は、その検体を沖縄本島に送り「陰性」「陽性」を判断していたが、対象人数については公開していなかった。公開の検討は、市議会(山里雅彦議長)の申し入れに回答したもの。

(全文を表示…)

2020年5月4日(月) 08:58 [社会・全般]

3日連続で感染なし 新型コロナ/県、「外出自粛が効果」


 【那覇支社】県は3日、70人について新型コロナウイルスのPCR検査を行った結果、新たな感染者はいなかったと発表した。感染確認がゼロとなるのは、1日から3日連続。糸数公保健衛生統括監は「県民の外出自粛や人と接触しないようにしたことが、効果を出していると思う」と述べ、引き続き不要不急の外出自粛を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2020年5月3日(日) 08:59 [政治・行政, 社会・全般]

持参せず、郵送で/国のコロナ緊急対策

10万円給付の申請書/市、「3密」回避で呼び掛け


新型コロナウイルス対策給付支援室が設置されている市役所平良第二庁舎=2日、平良西里

新型コロナウイルス対策給付支援室が設置されている市役所平良第二庁舎=2日、平良西里

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う国の緊急経済対策で、全国民に一律10万円を給付する事業のオンライン申請の受け付けが始まっている。ただ、宮古島市での申請は現状不可。基本は郵送対応となり、給付金の支給開始は早くても5月下旬になる見通しだ。懸念されるのが申請書提出時における「3密」。郵送申請が原則だが、市は直接持ち込む市民が一定程度いることが想定されるとし、「郵送申請を守ってほしい」と強く呼び掛けている。

(全文を表示…)

2020年5月3日(日) 08:58 [社会・全般]

2日、新たな感染者なし/新型コロナ

県、連休後の拡大警戒


 【那覇支社】県は2日、新型コロナウイルスのPCR検査で、新たな感染者はいなかったと発表した。ただ、県は3月の連休後に感染が広がったことを踏まえ、引き続き不要不急の外出自粛を呼び掛けるなど、ゴールデンウイーク後の感染再拡大を強く警戒している。

(全文を表示…)

2020年5月2日(土) 08:58 [社会・全般]

新たな感染者なし 新型コロナ/県「引き続き外出自粛を」

新型コロナ県内感染推移

新型コロナ県内感染推移


 【那覇支社】県は1日、新型コロナウイルスについて64人のPCR検査を行った結果、同日は新たな感染者は確認されなかったと発表した。4月下旬に入り、県内での感染確認は減少している。ただ、県は、大型連休中に警戒を緩めれば感染が再拡大する可能性があるとして「不要不急の外出自粛」を強く呼び掛けている。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    令和2年11月1日現在

    宮古島市 55,047 人
    27,822 人
    27,225 人
    世帯数 28,391 軒
    多良間村 1,104人
    602 人
    502 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2020年5月
    « 4月   6月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2