2020年7月のニュース一覧

2020年7月31日(金) 23:54 [社会・全般]

宮古で2人目の感染確認 新型コロナ 

宮古郵便局の職員

宮古地区における新型コロナウイルスの2人目の感染が31日、確認された。感染したのは、宮古郵便局の郵便業務に従事する社員で、関係者によると今後、同局では濃厚接触者の調査を行うとともに行動履歴を確認して、局内の消毒を実施するとしている。


同郵便局は31日、8月1日から安全が確認されるまで窓口・集配業務を休止するとした文書を同郵便局に張り出した。

2020年7月31日(金) 16:49 [社会・全般]

新型コロナ、19人は「陰性」、その他関係者は結果待ち 宮古病院発表

県立宮古病院は31日、29日に感染が確認された同病院の女性職員(20代)と接触した21人のうち、19人は「陰性」だったと発表した。残る2人と、その他の関係者は結果を待っている状況という。

2020年7月31日(金) 09:00 [地域・暮らし]

マスク50万枚 観光客に配布へ/消毒液は2万リットル手配

感染防止対策の徹底図る/コロナ初確認受け宮古島観光協


新型コロナ感染の初確認を受けて会見を開いた観光協会役員。広く会員企業、市民に感染防止対策の徹底を訴えた=30日、宮古島観光協会

新型コロナ感染の初確認を受けて会見を開いた観光協会役員。広く会員企業、市民に感染防止対策の徹底を訴えた=30日、宮古島観光協会

宮古島市における新型コロナウイルスの感染確認を受け、宮古島観光協会(会長・下地敏彦市長)は30日午後、同協会事務所で会見を開き、204社の会員企業に限らず、すべての観光関連事業所に感染防止対策の徹底を呼び掛けた。具体的には宮古島リカバリープロジェクト委員会作成の感染対策ガイドラインの実践を訴えた。併せて観光客を中心に配る50万枚のマスクや、事業所に置く消毒液(アルコール)2万リットルを手配したことも報告した。8月中旬には配布を始める。

(全文を表示…)

2020年7月31日(金) 08:59 [教育・文化]

発生時は5日間休校/学校閉鎖後、消毒作業

市教委が対策ガイドライン/新型コロナ


学校に対する感染症対策ガイドラインが示された=30日、市役所城辺庁舎

学校に対する感染症対策ガイドラインが示された=30日、市役所城辺庁舎

 市内で新型コロナウイルス感染者が確認され緊張が高まる中、市教育委員会(宮國博教育長)は30日の委員会定例会で市立幼小中学校における対策ガイドラインの発出を決めた。同日中に各学校に通知した。ガイドラインでは児童生徒が感染者と確認された場合、その学校を5日間程度の臨時休校とすることなどが示されている。

(全文を表示…)

2020年7月31日(金) 08:58 [産業・経済]

イベント中止相次ぐ/新型コロナ初確認受け

方言大会、夏まつりも


新型コロナウイルス感染者の初確認を受けて宮古島夏まつりは中止の方向だ(写真は2019年の夏まつりの様子)

新型コロナウイルス感染者の初確認を受けて宮古島夏まつりは中止の方向だ(写真は2019年の夏まつりの様子)

 新型コロナウイルスの感染者が宮古島市で初確認されたことを受けて、イベントの中止や延期が相次いでいる。9月に予定されていた方言大会は30日までに中止が決定、宮古島夏まつりも中止の方向で最終調整に入った。そのほか31日の市畜産共進会が取りやめとなる。実施中の宮古体育大会は一時的に中断する。来年1月の宮古島100キロワイドーマラソンも中止が検討される見通しだ。実行委員会の総会で協議する。

(全文を表示…)

2020年7月30日(木) 17:13 [社会・全般]

30日、宮古の新規感染ゼロ 県関係は49人 新型コロナ

県が30日発表した新型コロナの新規感染者には、宮古在住者は含まれていなかった。一方、居住地を確認中、または不記載が5人となっている。県関係全体では49人の感染が確認された。県の担当者によると、今回の検査結果には29日に感染が確認された宮古病院に勤務する女性職員(20代)の接触者21人の検査は含まれていないという。

2020年7月30日(木) 09:00 [社会・全般]

宮古島市で初確認/新型コロナ

宮古病院の20代女性職員/沖縄本島滞在後に発症


宮古で初めて新型コロナ患者が確認されたと発表する県病院事業局の我那覇仁局長=29日、県庁

宮古で初めて新型コロナ患者が確認されたと発表する県病院事業局の我那覇仁局長=29日、県庁

【那覇支社】県は29日、県立宮古病院に勤務する女性職員(20代)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。宮古島市で新型コロナの感染者が確認されるのは初めて。この女性職員に関する接触者は同僚19人、患者2人で、PCR検査を実施している。宮古病院の診療体制について、県は「院内で対策本部を立ち上げ、手術の延期、病棟の再編成等を行った上で、診療を継続する」とした。

(全文を表示…)

2020年7月30日(木) 08:59 [政治・行政, 社会・全般]

「落ち着いた対応を」/下地市長

感染予防の徹底呼び掛け


市民に感染予防対策の徹底を呼び掛ける下地市長=29日、市役所平良庁舎

市民に感染予防対策の徹底を呼び掛ける下地市長=29日、市役所平良庁舎

 宮古島市で新型コロナウイルス感染者1人が確認されたことを受け、下地敏彦市長は29日、市役所平良庁舎で会見し、市民に対し感染者の発生を冷静に受け止め、落ち着いて感染予防に取り組むよう呼び掛け。▽マスク着用▽手指消毒▽3密回避-などを改めて徹底するよう求めた。来島している観光客にも同様に感染対策の徹底を訴えた。市は同日、各部の部長級らで構成する対策本部会議を開催し、今後の対応などについて協議。多良間村でも情報の共有を行った。

(全文を表示…)

2020年7月29日(水) 17:47 [未分類]

コロナ 感染した宮古病院職員の接触者は同僚19人、患者2人

宮古病院の診療は継続へ


宮古島で初めて新型コロナ患者が確認されたと発表する県病院事業局の我那覇仁局長=29日、県庁

宮古島で初めて新型コロナ患者が確認されたと発表する県病院事業局の我那覇仁局長=29日、県庁


県は29日、宮古で初めて新型コロナの感染が確認された宮古病院に勤務する女性(20代)について、接触者が同僚19人、患者2人であることを明らかにした。県によると、接触者らはPCR検査を受けている。


県は、宮古病院の診療について、「院内で対策本部を立ち上げ、手術の延期、病棟の再編成等を行った上で、診療を継続する方針」としている。

2020年7月29日(水) 16:36 [未分類]

宮古のコロナ患者は、県立宮古病院の職員

県は29日、宮古島市で新型コロナを初めて確認したと発表した。宮古病院に勤務する女性(20代)という。

県によると、女性は7月23日から26日にかけて沖縄本島の那覇市内に滞在。27日午前中、宮古病院でマスクを着用して勤務した。同日の昼前から体調不良を感じ、午後には帰宅したという。同日夕方からは発熱が見られ、28日に抗原検査を行い、陽性が判明した。

2020年7月29日(水) 14:33 [未分類]

宮古でコロナ患者を初確認 

宮古島市で29日、初めてコロナ患者が確認された。関係者が明らかにした。

市は、午後5時から緊急会見を行う予定。

2020年7月29日(水) 09:00 [政治・行政]

国が宮古広域公園を認可

事業費74億円見込む/下地与那覇で県計画


 県が下地与那覇で計画している宮古広域公園(仮称)がこのほど、事業認可され、官報で告示された。総事業費は74億円を見込んでおり、国から2分の1の補助を受ける。事業を所管する県宮古土木事務所は、2020年度中に用地取得に向けて調査測量を実施。公募設置管理制度(Park-PFI)の導入を視野に入れ、民間事業者の意向把握調査支援などを行う公園公募設置等指針検討業務の発注も予定している。

(全文を表示…)

2020年7月29日(水) 08:59 [社会・全般]

地域の安全、地域で守る/かぎすままちづくり協

犯罪抑止対策など推進項目承認


20年度推進項目などを承認した協議会=28日、宮古島署

20年度推進項目などを承認した協議会=28日、宮古島署

 安全で安心な社会を実現するための総合的な取り組みを推進する「宮古かぎすま安全なまちづくり推進協議会」(会長・下地敏彦市長)が28日、宮古島警察署で行われた。同署署員が管内の治安情勢などについて説明したほか、2019年度事業報告と20年度推進項目について審議し、承認した。

(全文を表示…)

2020年7月29日(水) 08:58 [社会・全般]

武道館整備を要請/宮古剣道連盟

武道の普及発展で市に


下地市長(手前右)に武道館の整備を要請した根間会長(手前左)=28日、市役所平良庁舎

下地市長(手前右)に武道館の整備を要請した根間会長(手前左)=28日、市役所平良庁舎

 宮古剣道連盟(根間康雄会長)の関係者が28日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、市における武道の普及と発展のために武道館整備を要請した。要請に対して下地市長は「設置場所を含め今後、いろいろ考えたい」との見解を示した。

(全文を表示…)

2020年7月28日(火) 09:00 [環境・エコ, 社会・全般]

18年度宮古 不法投棄量599㌧

廃タイヤが65%占める/処分コスト高など課題


 県環境整備課が昨年12月にまとめた2018年度の不法投棄実態調査報告書によると、宮古管内における不法投棄量599・5㌧のうち、廃タイヤが393・7㌧となり、全体の65・7%を占めていることが27日に行われた宮古保健所管内廃棄物不法処理防止ネットワーク会議の中で示された。会議では、現状の改善に向けて実施した関係業者に対するアンケート調査結果も示され、管内に処分業者が少ないことや処理費用の高さなどが課題となっていることが報告された。

(全文を表示…)

2020年7月28日(火) 08:59 [社会・全般]

「脱・現金払い」促進

琉銀が市、村などと協定/キャッシュレス化へ官民一体


琉球銀行と市、村などが圏域のキャッシュレス化に向けて協定を締結した=27日、市役所平良庁舎

琉球銀行と市、村などが圏域のキャッシュレス化に向けて協定を締結した=27日、市役所平良庁舎

 宮古地域におけるキャッシュレス化の促進を図る「キャッシュレス推進連携協定締結式」が27日、市役所平良庁舎で行われた。琉球銀行(川上康頭取)と宮古島市(下地敏彦市長)、宮古島商工会議所(下地義治会頭)、宮古島観光協会(会長・下地市長)の4者間と、同銀行と多良間村(伊良皆光夫村長)、多良間村ふしゃぬふ観光協会(友利哲市会長)との3者間で協定の締結が行われ、相互連携と協働で脱現金払いを図り、圏域活性化に寄与することを誓い合った。

(全文を表示…)

2020年7月28日(火) 08:58 [政治・行政]

総合体育館エリアに建設/市民プール

下地市長が方針示す


 市は新たに建設を進める市総合体育館エリアに市民プールも建設する方針だ。26日、宮古体育大会の開会式で下地敏彦市長が方針を明らかにした。新総合体育館建設について、市は今年度で基本構想、計画をまとめ、来年度から基本設計に着手し、2023年の完成を目指す。内閣府、防衛省の補助金を活用し総事業費は現段階で45億円を見込んでいる。

(全文を表示…)

2020年7月26日(日) 18:17 [未分類]

新型コロナ 警戒レベルを第2段階「流行警戒期」へ引き上げ  

対応策は28日に発表へ


新型コロナの県内警戒レベルを第2段階の「流行警戒期」に引き上げたと発表する玉城知事=26日、県庁

新型コロナの県内警戒レベルを第2段階の「流行警戒期」に引き上げたと発表する玉城知事=26日、県庁

 玉城デニー知事は26日、県庁で新型コロナウイルス感染症の対策本部を開催後に記者会見を行い、県内の警戒レベルが第2段階の「流行警戒期」になったと発表した。具体的な対策については、27日に開催される医療関係者などの専門家会議や、28日に改めて開く県の対策本部での議論を踏まえて検討する。


 県は24日、判断基準となる7指標のうち直近1週間の新規感染者数など3指標が流行警戒期に到達したことから、同レベルを「第2段階の流行警戒期に移行しつつある」としたものの、引き上げは見送っていた。今回、病床利用率も流行警戒期の値となったほか、直近1週間の新規感染者数は第3段階の「感染流行期」に達したことから、警戒レベルの引き上げに踏み切った。


 2日に県が発表した警戒レベルの対策では、第2段階の流行警戒期に行う対策実施例として「(県外の)感染地域からの渡航自粛要請」などが挙げられている。ただ、玉城知事は「実施例をそのまま第2段階に上げる訳にはいかないので、丁寧に(業界などの)意見もうかがい、専門家会議での議論を踏まえた上で、対策本部会議で確認をしていく手順を取りたい」と述べるにとどめた。


 また、「個人的な所見でしかない」とした上で、「離島では症例が発生していないので、今、感染が広がりつつある中では離島に渡るのを控えてほしいなどのコメントは、専門家会議や関係者との意見交換を経て、出す必要があれば出していきたい」と語った。同日に確認された感染者は、沖縄本島で県関係6人、米軍関係7人。感染者の累計は、県関係193人、米軍関係229人。

2020年7月26日(日) 09:00 [地域・暮らし]

公園修繕62件370万円/19年度市都計課まとめ

壊されたり盗難被害も/トイレの被害が最も多く

 市が管理する都市公園の施設の修繕が2019年度は62件で370万円になることが市都市計画課のまとめで分かった。老朽化で新品に取り替えることもあるが、何者かによって壊されたとみられるものも多い。トイレの被害が最も多く、中には盗まれた機材もあった。新しい施設が被害を受けたり、修繕しても何度も壊されたりすることもあり、同課では「修繕費のすべては市民の税金で賄われる。大勢の人が利用する公共施設は大事に使ってほしい」と呼び掛けている。

(全文を表示…)

2020年7月26日(日) 08:59 [地域・暮らし]

文字と位置情報で通報/市消防本部

ネット119運用開始/聴覚障がい者へ登録呼び掛け


スマートフォンで火事や救急が通報できる「ネット119」

スマートフォンで火事や救急が通報できる「ネット119」

 市消防本部(来間克消防長)は7月から、聴覚障がい者の119番通報が円滑になる「ネット119緊急通報システム」の運用を開始した。スマートフォンなどを使用して文字や位置情報によって通報が可能になる。事前登録が必要なため、同部は利用対象者に登録を呼び掛けている。

(全文を表示…)

2020年7月26日(日) 08:58 [産業・経済]

島に必要な人材育成へ

研修生募集で説明会開催/内閣府事業


事務局の職員から事業の流れや内容の説明を受ける参加者ら=25日、JTAドーム宮古島会議室

事務局の職員から事業の流れや内容の説明を受ける参加者ら=25日、JTAドーム宮古島会議室

 内閣府事業「宮古島型産業中核人材育成事業」の研修生募集説明会が25日、JTAドーム宮古島会議室で行われた。事業を実施する南西地域活性化センターや宮古島事務局のリチャージの職員、講師が事業の説明を行った。島外で活躍する講師らはリモートで出席した。応募は8月5日まで。

(全文を表示…)

2020年7月25日(土) 09:00 [産業・経済]

6月は前年比7割減/島内ホテル稼働率

やや持ち直すも18%と低迷


 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、入域観光客が減少し、島内ホテルの稼働率も低迷している。6月は前年同月比7割減の18・07%にまで落ち込んでいる。航空便の減便や運休が続いた5月に比べ、6月は下旬に全都道府県で緊急事態宣言が解除され、県境移動の自粛が緩和されたことから、観光客が増えきた。ホテルの稼働率も5月から15ポイントほど持ち直したが、新型コロナ影響前と比べると「低空飛行」のまま。7月に入ってからの新型コロナ感染者の増加を見ると先行きは不透明だ。

(全文を表示…)

2020年7月25日(土) 08:59 [スポーツ]

岸本(宮総実)が2連覇/県高校総体陸上

8種競技で圧勝


8種競技最終種目の1500メートルで力走する宮総実の岸本隆之輔(中央)。大会連覇を飾った=24日、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアム

8種競技最終種目の1500メートルで力走する宮総実の岸本隆之輔(中央)。大会連覇を飾った=24日、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアム

 陸上の県高校総合体育大会が23、24の両日、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムで行われ、男子8種競技で宮古総合実業3年の岸本隆之輔が優勝し、大会連覇を飾った。得点は4953点。目標とした5100点に届かず、「内容は不満」としたが、「秋季大会にも出て必ず目標を達成したい」と前を向いた。

(全文を表示…)

2020年7月25日(土) 08:58 [教育・文化]

青少年の家、大野山林にきたえる集い

ツリーハウス完成に笑顔


ツリーハウス作りに取り組む児童たち=24日、宮古青少年の家

ツリーハウス作りに取り組む児童たち=24日、宮古青少年の家

 県立宮古青少年の家(島尻政俊所長)で24日、「第40回大野山林にきたえる少年の集い~チャレンジキャンプ~」の2日目が行われ、参加した小学生19人は前日に設計した秘密基地(ツリーハウス)作りに取り組んだ。のこぎりで角材を切ったり、インパクトドライバーでビスを打ち込んだりしてツリーハウスを完成させた。

(全文を表示…)

2020年7月24日(金) 09:00 [社会・全般]

検査体制構築など要望/新型コロナ感染症対策

市と関連団体が意見交換/取り組みや課題を確認


市や医療、福祉、観光など各団体のメンバーが参加し新型コロナウイルス感染症対策について取り組みや課題などで意見を交わした=22日、市平良保健センター

市や医療、福祉、観光など各団体のメンバーが参加し新型コロナウイルス感染症対策について取り組みや課題などで意見を交わした=22日、市平良保健センター

 市新型コロナ感染症対策に関する意見交換会が22日、市平良保健センターで開かれた。市や医療、経済、福祉、学校、観光関連団体の関係者らが一堂に会し、各団体が取り組んでいる感染症対策や課題などを紹介するとともに、今後に向けて意見を交わした。また、同日から県が宮古空港に設置した旅行者専用相談センター沖縄(TACO)分室での対応についても説明を受けた。

(全文を表示…)

2020年7月24日(金) 08:59 [社会・全般]

コロナ下の連休始まる

市内行楽地ににぎわい/観光振興へ 新様式実践


4連休が始まり、市内のビーチは多くの観光客でにぎわった=23日、城辺の新城海岸

4連休が始まり、市内のビーチは多くの観光客でにぎわった=23日、城辺の新城海岸

 首都圏を中心に新型コロナウイルスの感染が広がる中、4連休が23日にスタートした。ビーチなど市内の各行楽地は多くの観光客でにぎわい、宿泊需要が9月に回復するという観光関連指標の予測が現実味を帯びてきた。一方で感染リスクの高まりを懸念する声も強い。感染防止と経済活動の両立を図る新しい行動様式の実践が始まった。

(全文を表示…)

2020年7月24日(金) 08:58 [環境・エコ]

砂浜環境美化に貢献/宮古青少年の家主催

親子80人が漂着ごみ拾う


漂着物を拾った参加者=23日、平良の白川浜

漂着物を拾った参加者=23日、平良の白川浜

 宮古青少年の家(島尻政俊所長)は23日、平良の高野漁港北側の白川浜で「海をきれいにしよう~ビーチクリーン~」を実施した。親子連れら80人余がボランティアで参加。漂着ごみを拾い、砂浜の環境美化に貢献した。

(全文を表示…)

2020年7月23日(木) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

GoTo旅行スタート/新型コロナ対策

景気押し上げに期待/観光振興と感染防止両立へ


「Go To トラベル」事業が始まった。宮古島へも多くの観光客の来島が見込まれる=22日、宮古空港

「Go To トラベル」事業が始まった。宮古島へも多くの観光客の来島が見込まれる=22日、宮古空港

 新型コロナウイルスの影響で冷え込んだ観光需要を喚起する政府の「Go To トラベル」事業が22日に始まった。国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の半額を補助する。観光振興が期待される半面、人の移動の活発化に伴う感染リスクの高まりへの懸念も膨らむ。事業開始をめぐっては政府方針の変遷で観光事業者の多くが対応に手を焼いているのが現状だ。業界の期待と不安が交錯する中、景気の押し上げ効果がどこまで出せるのか注目される。

(全文を表示…)

2020年7月23日(木) 08:59 [社会・全般]

TACO 空港に設置

来島者の健康相談対応/県、コロナ水際対策を強化


4月に設置されたサーモグラフィーカメラの場所に併設されたTACO宮古分室=22日、宮古空港到着ロビー

4月に設置されたサーモグラフィーカメラの場所に併設されたTACO宮古分室=22日、宮古空港到着ロビー

 新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて県は22日、来島者の健康相談などに対応する旅行者専用相談センター沖縄(TACO)の分室を宮古空港に設置した。事務員2人と車1台が用意され、発熱者が確認された場合、その人の意向を確認した上で、用意した車で空港から病院につなげることが可能になったほか、病院ではPCR検査も受けられるなど、これまでよりもサポート体制を充実。水際対策を強化した。

(全文を表示…)

2020年7月23日(木) 08:58 [社会・全般]

今年度献血目標は830人/推進協議会

5月中止で10月のみ実施へ


今年度の献血目標などを確認した=22日、平良保健センター

今年度の献血目標などを確認した=22日、平良保健センター

 2020年度の市献血推進協議会(会長・下地敏彦市長)が22日、平良保健センターで開かれ、今年度の献血目標を830人とすることなどを確認した。宮古島での県赤十字血液センターによる移動献血は5月と10月に行われている。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で5月期がすべて中止となったことから、年間目標値を当初の1300人から、10月期のみ実施で830人とした。

(全文を表示…)

1 / 3123
  • 宮古島の人口

    令和2年10月1日現在

    宮古島市 55,017 人
    27,798 人
    27,219 人
    世帯数 28,339 軒
    多良間村 1,100人
    600 人
    500 人
    世帯数 518 軒
  • 天気


  •  

    2020年7月
    « 6月   8月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2