2020年7月5日のニュース一覧

2020年7月5日(日) 09:00 [産業・経済]

コロナ融資100億円決定/沖縄公庫宮古支店

申し込み受け付け569件/最多は宿泊・飲食で4割


新型コロナウイルス関連融資の実績を発表する桑江支店長(中央)=3日、沖縄公庫宮古支店

新型コロナウイルス関連融資の実績を発表する桑江支店長(中央)=3日、沖縄公庫宮古支店

 沖縄振興開発金融公庫宮古支店(桑江賢支店長)は3日、新型コロナウイルス関連融資による、同支店管内の状況を発表した。それによると、6月28日時点で累計569件の申し込みを受け付け。うち融資決定は542件(進捗率95%)となり、融資決定額は100億円に達した。業種別では宿泊・飲食業が全体の4割を占め、最も多かった。県全体の申し込み受け付けは累計9675件で、うち8807件、金額にして1661億円の融資を決めた。

(全文を表示…)

2020年7月5日(日) 08:59 [産業・経済]

農家戸数700戸割る/肉用牛19年実績

飼養頭数も減少傾向/高齢化に伴う廃業要因


飼育農家戸数の減少は毎月開かれる肉用牛競りにも影響を及ぼし始めている=JAおきなわ宮古家畜市場(資料写真)

飼育農家戸数の減少は毎月開かれる肉用牛競りにも影響を及ぼし始めている=JAおきなわ宮古家畜市場(資料写真)

 宮古島市の肉用牛飼養農家戸数が減少の一途だ。2019年は685戸で、9年連続減少した。生産農家の高齢化に伴う廃業が主な要因に挙げられる。比例して飼養頭数も1万431頭と伸びず、前年の実績を下回った。素牛(子牛)産地として、細る生産基盤の立て直しが求められている。

(全文を表示…)

2020年7月5日(日) 08:58 [教育・文化]

神酒ささげ五穀豊穣願う/平良西原

伝統行事「フッビューイ」


西原のフッビューイは規模を縮小して開かれた=4日、平良西原

西原のフッビューイは規模を縮小して開かれた=4日、平良西原

 平良西原の伝統行事の一つである「フッビューイ」が4日、ウハルズ御嶽やナイカニ御嶽で執り行われた。ツカサやナナムイ(満48~55歳)の男が御嶽に神酒をささげ、五穀豊穣(ほうじょう)、無病息災、地域の発展などを願った。今年は新型コロナウイルス感染症の全国的な拡大を考慮。規模を縮小して少人数による「オトーリ」なしで開かれた。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和2年8月1日現在

    宮古島市 54,989 人
    27,771 人
    27,218 人
    世帯数 27,747 軒
    多良間村 1,104人
    598 人
    506 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2020年7月
    « 6月   8月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2