2020年8月22日のニュース一覧

2020年8月22日(土) 16:43 [社会・全般]

【速報】新型コロナ 22日、宮古島市での感染確認はゼロか

県は22日、新型コロナウイルスで、県関係では31人の新規感染を確認したと発表した。このうち、居住地が宮古島市となっている感染者はいなかった。


一方、県関係で新たに感染が確認された31人のうち、3人は居住地が県外または確認中となっている。

2020年8月22日(土) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

「地元が安心する情報を」/新型コロナ

県の形式重視を疑問視/先島間情報格差で県議2氏


 新型コロナウイルスで宮古と八重山間で発信する情報量に大きな格差がある問題について、宮古圏域と県とのパイプ役となる下地康教氏と國仲昌二氏の両県議は21日、「もっと、地元が安心できる情報を発信すべきだ」との見解を示した。地元から積極的に情報発信する「八重山方式」と違い、宮古では地元では発信せず本庁で一元化するとしており、それに伴う情報格差に市民から不満の声が高まっている。

(全文を表示…)

2020年8月22日(土) 08:59 [社会・全般]

地元の強い要望で実現/八重山毎日新聞社

新型コロナ情報発信/宮古との「格差」で見解


八重山保健所発表により図表などを作成して感染経路などについて詳しく伝える八重山毎日新聞

八重山保健所発表により図表などを作成して感染経路などについて詳しく伝える八重山毎日新聞

 新型コロナウイルスで住民が知り得る情報の格差が宮古、八重山間で発生していることについて、八重山地区で本紙と同様に日刊紙を発行している八重山毎日新聞社に新型コロナを取り巻く地域感情や報道姿勢などを聞いた。同社の比嘉盛友編集次長は「八重山も以前は宮古と似た状況だった。しかし、関係機関と連携、調整して現在の方式になった」と述べ、地元の強い要望を受けたものであることを強調。「正確な情報をしっかりと読者に伝えなければ、差別や偏見につながる恐れがある」と話した。

(全文を表示…)

2020年8月22日(土) 08:58 [社会・全般]

市の定額金給付率99・6%

10万円支給 申請きょうまで/多良間は14日終了


同支援室では未申請の市民に申請を呼び掛けている=21日、市役所平良第2庁舎

同支援室では未申請の市民に申請を呼び掛けている=21日、市役所平良第2庁舎

 新型コロナウイルス感染症の国の緊急経済対策で、国民1人につき10万円を支給する「特別定額給付金」の市の給付率は20日現在で99・6%と、全国の給付率98・1%(14日現在)より1・5ポイント上回っている。給付金の申請はきょう22日までとなっており、市新型コロナウイルス対策給付支援室では未申請の市民へ申請を呼び掛けている。

(全文を表示…)