「政治・行政」 2020年8月のニュース一覧

2020年8月28日(金) 09:00 [政治・行政]

新規にコロナ関連4項目/県への要望事項確認

会議は初のウェブ形式/美ぎ島美しゃ市町村会


県への要望事項などを確認した美ぎ島美しゃ市町村会の定期会議。今回は新型コロナの影響でウェブ会議となった=27日、市役所平良庁舎

県への要望事項などを確認した美ぎ島美しゃ市町村会の定期会議。今回は新型コロナの影響でウェブ会議となった=27日、市役所平良庁舎

 宮古と八重山圏域の5市町村で構成される「美ぎ島美しゃ市町村会」(会長・下地敏彦宮古島市長)の2020年度定期会議が27日、市役所平良庁舎で開かれた。今回の会議は初めてウェブ形式で行われ、両圏域の5市町村の首長が県などへの要望事項について確認。新規の共通要望として新型コロナウイルス関連4項目を盛り込んだ。この4項目を含む5市町村分合計40項目の要望事項については10月ごろに県知事や県議会議長に要請を予定している。

(全文を表示…)

2020年8月27日(木) 09:00 [政治・行政]

新型コロナ情報格差 議員間で認識の差

保守系連名で県要請へ/市議会全員協


県宮古事務所への申し入れについて協議した=26日、市役所平良庁舎

県宮古事務所への申し入れについて協議した=26日、市役所平良庁舎

市議会(山里雅彦議長)は先島間にある新型コロナウイルスの情報格差などについて県宮古事務所への是正要求を念頭に26日、市役所平良庁舎で全員協議会を開いたが議員間の認識に開きがあり、協議はまとまらなかった。27日に県宮古事務所の金城聡所長に市議会として申し入れる予定だったが見送り、保守系議員団として提出する。

(全文を表示…)

2020年8月27日(木) 08:59 [政治・行政, 社会・全般]

今年度集団健診は中止/コロナで市が決定

「個別」での受診呼び掛け


各種健診における市の集団健診が今年は中止となった。写真は昨年の集団健診の様子

各種健診における市の集団健診が今年は中止となった。写真は昨年の集団健診の様子

 市は2020年度のがん検診と特定、基本、長寿健診における集団健診について、中止することを決定した。今回の中止は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からの判断で、健康増進課と国民健康保険課ではすでに実施している指定医療機関による個別健診での積極的な受診を呼び掛けている。

(全文を表示…)

2020年8月26日(水) 09:00 [政治・行政]

情報の高密度化要望/下地市長

本庁一元化方式は支持
新型コロナ 情報格差で見解


新型コロナウイルスに関する情報発信の在り方について本紙の取材に応じる下地市長(中央)=25日、市役所平良庁舎

新型コロナウイルスに関する情報発信の在り方について本紙の取材に応じる下地市長(中央)=25日、市役所平良庁舎

 先島間で生じている新型コロナウイルスに関する情報格差で、下地敏彦市長が25日午前、本紙の取材に応じた。本庁一元化による情報管理を支持し、「感染症に関しては、一元化しないと県民が混乱する」との見解を示した。19日以降宮古地区に限定した形で個別情報の発信を再開した本庁の対応を評価しながら持論を展開した。一方で統一化されない県の発表方式に疑問を呈したほか、発信情報の高密度化を要望。感染経路を含めて、「個人情報が特定されない形で情報を提供しほしい」と強調した。

(全文を表示…)

2020年8月23日(日) 09:00 [政治・行政]

視察などの旅費が66%/19年度市議政務活動費

年間414万円を予算措置
1人上限18万円 実際交付20人321万円


市議会議員の2019年度政務活動費収支報告書によると、活動費のうち調査研究費や研修費が66%だった。島外への視察などの旅費に充てられた。政務活動費は「地方議会の議員の調査研究その他の活動に資するために必要な経費」との位置付けで、宮古島市では各議員に年額で18万円を上限として交付される。19年度は23人に対し414万円が予算措置されたが、実際に交付されたのは予算の78%に当たる321万円だった。交付を受けなかった議員は3人だった。

(全文を表示…)

2020年8月23日(日) 08:58 [政治・行政]

県に是正要求提出の動き/コロナ情報格差

市議会与党、全員協開催へ


 新型コロナウイルスの関連情報について、宮古と八重山間で行政側が提供する情報量に大きな格差がある問題について、市議会与党議員団(佐久本洋介会長)が県に対し、是正要求を提出する方針で準備を進めていることが分かった。早ければ26日にも市議会全員協議会を開き、日程調整後、県宮古事務所への要請を目指す。

(全文を表示…)

2020年8月22日(土) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

「地元が安心する情報を」/新型コロナ

県の形式重視を疑問視/先島間情報格差で県議2氏


 新型コロナウイルスで宮古と八重山間で発信する情報量に大きな格差がある問題について、宮古圏域と県とのパイプ役となる下地康教氏と國仲昌二氏の両県議は21日、「もっと、地元が安心できる情報を発信すべきだ」との見解を示した。地元から積極的に情報発信する「八重山方式」と違い、宮古では地元では発信せず本庁で一元化するとしており、それに伴う情報格差に市民から不満の声が高まっている。

(全文を表示…)

2020年8月20日(木) 08:58 [政治・行政]

情報は本庁一元化/新型コロナで県担当課

圏域独自発表は「検討中」


 先島間で生じている新型コロナウイルス関連の情報格差をめぐり、県保健医療部地域保健課は19日、情報の管理と発信は本庁で一元化するという従来の見解を示し、原則に従う宮古保健所の対応を支持した。一方で八重山管内の県出先機関が独自の判断で情報を発信している現状を認め、地域性も考慮しつつ「(情報提供の在り方については)検討をしている」とした。

(全文を表示…)

2020年8月15日(土) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

「外出自粛の徹底を」/新型コロナ

旧盆帰省も慎重求める/市長、県の警戒レベル上げで


外出自粛の徹底を呼び掛ける下地市長=14日、市役所平良庁舎

外出自粛の徹底を呼び掛ける下地市長=14日、市役所平良庁舎

新型コロナウイルス感染症対策として県が警戒レベルを第4段階「感染まん延期」に引き上げ、県独自の緊急事態宣言の期間を約2週間延長し8月29日までとしたことを受け、下地敏彦市長は14日、市役所平良庁舎で会見し、「市としては県の方針に沿って、市民に感染拡大防止の協力をお願いする」と述べ、不要不急の外出自粛の徹底、宮古島への渡航は必要最小限に、旧盆期間中の親族の帰省には慎重な判断を求めた。

(全文を表示…)

2020年8月14日(金) 08:59 [政治・行政]

要項見直しで不手際/市コロナ経済対策

一部に給付金行き渡らず


 新型コロナウイルス感染症対策に係る市の経済対策第1弾で、事業者に10万円を配る事業の実施要項見直しに端を発する市側の不手際によって、一部の民泊事業者に給付金が行き渡っていない。市の担当課は落ち度を認めており、近く発動する経済対策第3弾で追加給付を検討するという。

(全文を表示…)

2020年8月13日(木) 08:58 [政治・行政]

平良港総合物流センター 建設請負契約など可決

市議会臨時会 5338万円補正予算も


物流センター(写真・左奥)が整備される平良港

物流センター(写真・左奥)が整備される平良港

 市議会(山里雅彦議長)の臨時会が12日、市議会議場で行われ、提案された一般会計補正予算、平良港総合物流センター建設工事請負契約、専決処分などの計6議案について審議し、全会一致で可決された。また、下地敏彦市長が今年1月からの新型コロナウイルス感染症に対する市の取り組みについても報告した。

(全文を表示…)

2020年8月12日(水) 08:58 [政治・行政, 社会・全般]

想定件数の3割、期限迫る/市コロナ支援金申請

観光事業者に一律10万円助成


 この事業は、市の緊急経済対策で、金融機関等から新型コロナ関連の融資を受けていない事業者が対象となる。第1弾発動時には受給対象外だった観光関連事業者に一律10万円、第1弾で対象事業者に組み込まれていた飲食店には、4~6月の電気料金合計額の3分の2を上限10万円の範囲内で支給する。

(全文を表示…)

2020年8月6日(木) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

市内遊興施設に休業要請/新型コロナ

あすから20日まで協力金20万円/市長会見 クラスター発生受け


休業要請について説明する下地市長=5日、市役所平良庁舎

休業要請について説明する下地市長=5日、市役所平良庁舎

下地敏彦市長は5日、市役所平良庁舎で会見し、同日県が発表した新型コロナウイルス感染拡大に関した接待・接触を伴う遊興施設(店舗)に対する休業要請について説明し、「対象となる事業者には県の要請に応じて、宮古島市における感染拡大防止に協力をお願いする」と述べた。県はクラスター(感染者集団)の発生を受け、那覇市松山地域に限定していた休業要請を宮古島市、石垣市にも拡大した。

(全文を表示…)

2020年8月4日(火) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

電話相談室開設へ調整/下地市長

独自の検査センターも/新たなコロナ感染確認受け


新たな新型コロナ感染者確認を受け、会見を行う下地市長=2日、市役所平良庁舎

新たな新型コロナ感染者確認を受け、会見を行う下地市長=2日、市役所平良庁舎

新型コロナウイルスの感染者が宮古島市で新たに3人確認されたことを受け2日、下地敏彦市長は市役所平良庁舎で記者会見を行い、市の対応として新型コロナウイルス感染症電話相談室の開設と独自の検査センターの設置に向けて地区医師会と調整していることを発表した。

(全文を表示…)