「政治・行政」 2020年9月のニュース一覧

2020年9月29日(火) 09:00 [政治・行政]

市の実質公債費比率/23年度から10%台突入

将来負担比率を予測/市議会一般質問


一般質問4日目も4氏が登壇して市政全般をただした。当局が実質公債費比率等の将来予測を示した=28日、市議会議場

一般質問4日目も4氏が登壇して市政全般をただした。当局が実質公債費比率等の将来予測を示した=28日、市議会議場

 市の実質公債費比率が3年後の2023年度に2桁に達する見通しだ。20年度の7・7%から2・7ポイント増えて10・4%になることが市の将来負担比率の予測で示された。この比率が18%以上になると、地方債を発行する際に国の許可が必要になるなど一定の制限が掛かる。市の予算規模は21年度以降縮小に転じる見通しで、中・長期的に見ると比率は押し下げられていくものとみられるが、今後の健全性を担保する当局の財政運営が求められている。

(全文を表示…)

2020年9月27日(日) 09:00 [政治・行政]

ドライブインシアター開催へ/宮古島市

コロナ禍でも楽しめるイベントに

 市は駐車場にスクリーンを配置し、車に乗ったまま映画が楽しめるドライブインシアターを開催する予定だ。レーザー光線を使った光の演出や打ち上げ花火なども計画しており、12月上旬の開催に向け準備を進めている。コロナ禍で心身共に疲れている市民に、元気を届けることが目的。市は「子供から大人までが楽しめるイベントにしたい」と話している。

(全文を表示…)

2020年9月26日(土) 08:59 [地域・暮らし, 政治・行政]

交流、魅力発信の拠点に/多良間村

振興施設が供用開始/土産品販売、研修室など整備


地域住民や関係者らが見守る中でテープカットが行われた=25日、字塩川の同施設

地域住民や関係者らが見守る中でテープカットが行われた=25日、字塩川の同施設

 【多良間】村地域振興拠点施設の供用開始式が25日、字塩川の同施設で盛大に行われた。伊良皆光夫村長をはじめ関係者がテープカットを行い、地域住民をはじめ、来島者の交流の場や村の魅力を発信する拠点となることに期待を寄せた。また、土地を提供した豊見城正一さんらへ感謝状も贈られた。

(全文を表示…)

2020年9月26日(土) 08:58 [政治・行政]

階ごとの温度差を確認/市立図書館

市議会文社委「改善すべき点ある」


文教社会委員会のメンバーが階ごとの温度差について調査した=25日、市立図書館の3階

文教社会委員会のメンバーが階ごとの温度差について調査した=25日、市立図書館の3階

 本紙が今月23日の紙面で報じた市未来創造センター内にある市立図書館の階ごとの温度に大きな差が出ている問題を受け、市議会の文教社会委員会(下地信広委員長)のメンバーが25日、同館を訪れ状況を確認した。下地委員長は「実際に現場を見たが、改善すべき点があると思う。今後、委員会としてもいろいろ提言したい」と話した。

(全文を表示…)

2020年9月25日(金) 09:00 [政治・行政]

来年の成人式典中止に/宮古島市

3密回避し困難/新成人応援で1万円支給
市議会一般質問 狩俣氏へ答弁


成人祝い金を支給すると発表した下地市長=24日、市議会議場

成人祝い金を支給すると発表した下地市長=24日、市議会議場

 市は2021年1月の成人式の式典を中止することを決めた。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、式典は「3密」が避けられないことを理由に挙げている。下地敏彦市長は、新成人を激励するため「成人祝い金」として1人当たり1万円を支給する考えを示した。24日の市議会9月定例会一般質問で、狩俣政作氏の質問に答えた。

(全文を表示…)

2020年9月24日(木) 09:00 [政治・行政]

下地氏、来月8日に出馬表明/来年市長選

与党議員団の要請受け正式に

 下地敏彦市長が次期市長選への出馬表明を、10月8日にJAおきなわ宮古地区本部大ホールで予定していることがわかった。出馬表明は、市議会与党議員団(佐久本洋介会長)が同月2日に下地市長に出馬を要請することを受けて正式に行われる。市長選は来年1月10日告示、17日投開票で実施される。

(全文を表示…)

2020年9月10日(木) 09:00 [政治・行政]

一般会計7億6300万円補正/市議会9月定例会開会

コロナ対策費など計上/市長 一般質問で4選表明へ


コロナ対策費などの補正予算が提案された=9日、市議会議場

コロナ対策費などの補正予算が提案された=9日、市議会議場

宮古島市議会(山里雅彦議長)の9月定例会が9日開会し、下地敏彦市長が新型コロナウイルス感染症対策費などを盛り込んだ総額7億6322万7000円の一般会計補正予算案など65件を提案した。下地市長は23日から始まる一般質問で、来年1月の市長選挙で4期目を目指す意向を表明する見通し。

(全文を表示…)

2020年9月9日(水) 09:00 [政治・行政]

下地氏、4選出馬へ/来年市長選

「島の発展に頑張りたい」


次期市長選挙について下地敏彦市長(74)は8日、マスコミから出馬の意向を問われ「島の発展のために頑張りたい」などと述べ、4選出馬へ意欲を示した。正式な出馬表明の時期については「(与党)市議と相談しながら決めたい」とした。来年1月24日に任期満了を迎える宮古島市長選挙は、同10日告示、17日投開票される。

(全文を表示…)

2020年9月8日(火) 09:00 [政治・行政]

医療従事者に慰労金5万円/市コロナ対策

福祉関係者にも支給/総額2億2400万円を予算化


医療現場で働く職員らに1人5万円の慰労金が支給される=県立宮古病院

医療現場で働く職員らに1人5万円の慰労金が支給される=県立宮古病院

 新型コロナウイルス感染症対策の最前線に立つ医療従事者を支援しようと、宮古島市が島内の医療機関で働く職員に対し、1人5万円の慰労金を支給する。保育所や介護サービスの事業所等で働く福祉分野の関係者にも同額を給付する。事前調査で把握している支給対象者は4480人で支給総額は2億2400万円。関連予算を9日開会の市議会9月定例会に提出し、承認を得て支給手続きに入る。

(全文を表示…)

2020年9月8日(火) 08:59 [政治・行政, 教育・文化]

ICT教育を拡充へ/市教委

児童生徒にタブレット/今年度中に5200台導入


 市のICT(情報通信技術)教育が拡充される。市内の児童生徒に1人1台のタブレット端末を今年度内に導入する予定だ。市教育委員会によると、実用化は2021年度で、オンライン教育などを通して新型コロナウイルス禍の学習機会の確保に対応する。導入費用は国の新型コロナ感染症対応臨時交付金を活用。貸し出し用Wi-Fiルーター整備を含めて1億4480万円を予算化した。市議会9月定例会に提出する。

(全文を表示…)

2020年9月6日(日) 09:00 [政治・行政]

一般会計18億円の黒字/市19年度決算

財調積立基金は99億円/市債残高23億円増の457億円


 宮古島市の2019年度一般会計の決算は歳入が463億1900万円、歳出が442億8600万円で差し引き20億3300万円となった。翌年度に繰り越す財源の2億200万円を除いた実質収支は18億3000万円の黒字となった。市の貯金に当たる財政調整積立基金は99億円。借金に当たる市債残高は前年度から23億円増えて457億円になった。特別会計の実質収支は8600万円の黒字で、一般・特別会計合わせた実質収支額は19億1700万円となった。

(全文を表示…)

2020年9月1日(火) 08:58 [政治・行政]

避難所に区切り設置/市、新型コロナで対策

避難所でのパーティション設置作業を行う職員=31日、市役所平良庁舎

避難所でのパーティション設置作業を行う職員=31日、市役所平良庁舎

 台風9号の接近に伴い宮古島地方には31日午後、暴風警報が発令され、それに伴い市役所平良庁舎などに避難所が開設された。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止対策として同庁舎ではパーティションを設置したほか、消毒液や体温計なども用意された。

(全文を表示…)