「スポーツ」 2020年9月のニュース一覧

2020年9月28日(月) 09:25 [スポーツ, 社会・全般]

宮高、北山に快勝 県高校野球秋季大会

新里勇人が12Kの好投


北山から12三振を奪い好投するエースの新里勇人=27日、沖縄市のコザしんきんスタジアム

北山から12三振を奪い好投するエースの新里勇人=27日、沖縄市のコザしんきんスタジアム

 【那覇支社】第70回県高校野球秋季大会(主催・県高校野球連盟)は27日、沖縄セルラースタジアム那覇などで2回戦9試合を行った。宮古高校は、北山とコザしんきんスタジアムの第2試合で対戦し、エース新里勇人が12奪三振の好投を見せ、打っては4番仲間匠哉が3打点の活躍で7-3で快勝した。


(全文を表示…)

2020年9月28日(月) 09:10 [スポーツ]

宮工・宮総実・八商の3校連合、具志川商に敗退 県高校野球秋季大会


3回表、金城適時打でホームインし1点を返す伊計旭陽=27日、Agreスタジアム北谷

3回表、金城適時打でホームインし1点を返す伊計旭陽=27日、Agreスタジアム北谷

 【那覇支社】第70回沖縄県高等学校野球秋季大会(主催・県高等学校野球連盟)は27日、2回戦9試合が行われた。・宮古工業、宮古総実、八重山商工の3校連合チームはAgreスタジアム北谷の第2試合で具志川商業と対戦し、5四球をもらったものの5失策が響き、大会規定により9-2で7回コールド負けを喫した。


 初戦と同じ先発の石垣民雄(八商)は一回裏、先頭打者に2塁打を放たれ、続く打者に犠打安打を決められ窮地を招くも、3番粟國のスクイズを阻止した。しかし、その後は犠飛と適時打を浴びて2失点。四回にも死球と失策の後、2適時打で追加点を許した。具志川商業は機動力を生かし、六回に1点、七回にもランニング本塁打を含む4点を追加した。


 連合チームは三回、先頭打者の伊計旭陽(総)が中翼安打で出塁。四球で進塁すると、金城悠月(八)の適時打で1点を返した。七回にも、伊計が左翼安打で出塁。砂川駿弥(工)の犠打で1死二塁とし、金城の適時打で追加点をもぎ取った。ただ、反撃もここまで。具志川商の猛打に追いつくことができなかった。


 大嶺真監督(宮総)の話 選手の力を発揮させられなかった私の責任。勝ちたい気持ちを、うまくつなげられなかった。初戦から守備の乱れを修正ポイントにしていたが、詰めが甘かった。(2年の)伊計は入部1ヶ月だが、中学での経験がある。1年半のブランクがあるが、前向きに取り組み頼もしい存在。投手陣も頑張ってくれた。


 2得点の口火を切った2安打の伊計旭陽選手(宮総)の話 悔しい。後ろにつないで走ることを考えていた。野球は楽しいが、一球一球を大切にしないといけないスポーツだと思った。これからも頑張っていきたい。


 3安打2打点と活躍した金城悠月選手(八商)の話 チームワークを大切につなぐ野球を心掛けた。負けていても、自分たちは打って返そうとベンチで声を掛けていた。


 3校連合チーム主将の蔵下右京選手(八商)の話 負けたことは悔しいが、この大会で1勝できたこと、課題が見つかったことは良い経験。今日は、チームワークは良かったが、一人一人の甘さがあったと思う。


▽Agreスタジアム北谷

 宮工・総実・八商連合

 0010001 |2

 2002014×|9

 具志川商業

 *大会規定により7回コールドゲーム

(連)石垣、垣花-與那覇 (具)伊波(勢)、新川-比嘉

▽本塁打=伊波勢(具) ▽三塁打=高良(具)新川(具)上原(具) ▽二塁打=上原(具)金城(連) ▽暴投=石垣(連)

2020年9月27日(日) 15:42 [スポーツ]

【速報】宮高、北山に7-3で勝利 県高校野球

県高校野球秋季大会で27日、宮高はコザしんきんスタジアムの第2試合で北山と対戦し、7-3で勝利した。

  北山

   000000012❘3

   00000241×❘7

  宮高

2020年9月27日(日) 13:44 [スポーツ]

【速報】宮工・宮総実・八商連合、具志川商業に敗退 県高校野球

 県高校野球秋季大会で27日、宮工・宮総実・八重山商工の連合チームは2回戦をAgreスタジアム北谷の第2試合で具志川商業と対戦し、2-9で敗北した。


  宮工・宮総実・八商連合

  0010001 ❘2

  2002014 ×❘9

  具志川商業

  大会規定により7回コールドゲーム

2020年9月9日(水) 08:59 [スポーツ]

バイクコース29キロ短縮/第37回トライアスロン

来間大橋外し123キロに/来年4月18日開催予定


来年4月18日開催の方向で準備が進むトライアスロン。来間大橋がバイクコースから外れる見通しだ(資料写真)

来年4月18日開催の方向で準備が進むトライアスロン。来間大橋がバイクコースから外れる見通しだ(資料写真)

 第37回全日本トライアスロン宮古島大会のバイクコースが大幅に見直される方向だ。来間大橋をコースから除外し、前回と比べて29キロ短い123キロとする案を競技委員会で確認した。これにより制限時間が1時間前倒しになる。また、新型コロナウイルスの感染状況が見通せないことから、選手募集の開始時期を1カ月後ろにずらす調整も進められている。開催可否の判断を含めて様子見の期間を延ばす。開催期日は2021年4月18日を予定。これらの実施要綱案は実行委員会の総会で最終決定する。

(全文を表示…)