「産業・経済」 2020年10月のニュース一覧

2020年10月31日(土) 08:58 [産業・経済]

晴れ晴れと終了式/県立農大校先進農家派遣実習

「貴重な経験生かしたい」

派遣実習で先進農家の経営を学んだ実習生と関係者の皆さん=30日、県宮古合同庁舎

派遣実習で先進農家の経営を学んだ実習生と関係者の皆さん=30日、県宮古合同庁舎

 県立農業大学校に通う学生が先進農家の農園や畜舎で学ぶ派遣実習の終了式が30日、県宮古合同庁舎で行われ、実習生たちが期間中に経験した貴重な体験を今後の活動に生かしていくことに決意を示した。

(全文を表示…)

2020年10月29日(木) 08:59 [産業・経済, 社会・全般]

33事業者が端末導入/市キャッシュレス事業

タクシー2社で計50台/「脱現金化」の流れ加速か


 キャッシュレスを促進する市の決済手数料支援助成金事業への申請件数が25日現在で33事業者と増加傾向にある。指定金融機関の決済端末を導入した事業者に最大4カ月分の手数料を助成する制度で、今月中旬以降に端末を導入する事業者が増え始めた。市内タクシー2社では計50台の導入があった。世界的に進む「脱現金化」の流れに乗れるかどうかが注目される。

(全文を表示…)

2020年10月28日(水) 08:59 [産業・経済]

大漁に満面の笑み/キハダマグロ次々水揚げ 佐良浜漁港


大物キハダマグロを水揚げする漁師=26日、佐良浜漁港

大物キハダマグロを水揚げする漁師=26日、佐良浜漁港

 佐良浜漁港に10月上旬から大物キハダマグロが久しぶりに次々と水揚げされ、活気付いている。漁師2人が1隻の小型漁船で操業し、2日間の漁獲量で販売額76万円を達成し、ホクホクの笑顔を見せていた。11月から本格的な大物キハダマグロ漁が始まる。

(全文を表示…)

2020年10月25日(日) 09:00 [産業・経済]

SKY きょう3路線就航

下地島空港を発着/那覇、羽田、神戸線


きょうから下地島空港を発着に3路線を就航させるスカイマーク(提供写真)

きょうから下地島空港を発着に3路線を就航させるスカイマーク(提供写真)

スカイマーク(SKY)は25日、下地島空港と那覇、羽田、神戸を結ぶ3路線を就航させる。那覇線は1日2往復4便、羽田線と神戸線はそれぞれ1往復2便を運航する。新路線就航を記念した式典がみやこ下地島空港ターミナルで午後3時30分から実施される。

(全文を表示…)

2020年10月17日(土) 08:59 [産業・経済]

宮古空港 乗降客数60万人減/20年度上半期

コロナで大幅落ち込み/回復兆しも見通し不透明


 宮古空港管理事務所がこのほどまとめた宮古空港の2020年度上半期(4~9月)の利用乗降客数は33万696人となり、新型コロナウイルスの影響を受けて前年同期(93万112人)に比べ約60万人減少となった。特に緊急事態宣言発令の影響が大きく出た4、5月の落ち込みが響いた。7月以降は政府の「Go To トラベル」事業などもあり、明るい兆しも見え始めていたが、ここ数日の島内の感染状況もあることから今後の見通しは不透明となっている。

(全文を表示…)

2020年10月15日(木) 08:58 [産業・経済]

神戸路線が予約好調/SKY 25日から下地島就航

新規路線を成功させたいと意気込む加藤専務(右から2人目)=14日、市役所平良庁舎

新規路線を成功させたいと意気込む加藤専務(右から2人目)=14日、市役所平良庁舎

 25日から下地島空港に就航するスカイマーク(SKY)の加藤勝也専務が14日、市役所平良庁舎を訪ね、下地敏彦市長と懇談し、「新路線を成功させたい」と話した。同社は下地島空港と羽田、神戸、那覇を結ぶ新規路線を開設するが、特に神戸線の予約が好調だという。

(全文を表示…)

2020年10月14日(水) 09:00 [産業・経済]

前年比46万人、75%減/20年度上半期入域観光客

宮古 コロナで大幅落ち込む


東京が追加され、「Go To トラベル」を利用して来島する観光客も増えている=1日、宮古空港

東京が追加され、「Go To トラベル」を利用して来島する観光客も増えている=1日、宮古空港

 宮古島市の2020年度上半期(4月~9月)の入域観光客数は前年比で46万3770人(75・62%)減の14万9543人だった。市観光商工課が12日発表した9月の入域観光客数は8月よりやや持ち直したものの前年同月比6万5184人(61・89%)減の4万135人だった。同課では「9月も新型コロナウイルス感染拡大、航空路線の運休の影響で大幅に落ち込んだ」としている。

(全文を表示…)

2020年10月8日(木) 09:00 [産業・経済]

航空路線開設へ連携/海と山の資源活用

現地訪問し魅力を発信/宮古、松本JC


標高1500メートルを誇る上高地で雄標高1500メートルを誇る上高地で雄大な自然を満喫した宮古と松本のJCメンバー=6日、長野県松本市大な自然を満喫した宮古と松本のJCメンバー=6日、長野県松本市

標高1500メートルを誇る上高地で雄大な自然を満喫した宮古と松本のJCメンバー=6日、長野県松本市

 下地島空港と長野県松本市の信州まつもと空港間で新路線の就航を目指す松本青年会議所(松本JC)の地域活性化事業で、宮古青年会議所(宮古JC)と宮古島商工会議所青年部(YEG)のメンバーが5日から松本市を訪ね、観光地を巡りながら現地のJCメンバーと交流を深めた。それぞれ両市に不足する観光資源を共有し、海と山を相互に補完し合う旅の提案で新しい需要の喚起に努めていくことを確認した。(同行取材・山下誠)

(全文を表示…)

2020年10月8日(木) 08:58 [産業・経済]

城間さんの壁画が完成/多良間村

地域振興拠点施設の西側


壁画が完成し記念撮影するアルベルト城間さん(左)と真栄里英樹さん=4日、多良間塩川の観光拠点施設

壁画が完成し記念撮影するアルベルト城間さん(左)と真栄里英樹さん=4日、多良間塩川の観光拠点施設

 【多良間】村が2020年度新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金活用事業として実施した「多良間村観光人材育成及び観光施設ブランディング事業」で字塩川に建設された、地域振興拠点施設西側の壁画が4日、完成した。事業費は200万円で東側の壁画も描いたディアマンテスのアルベルト城間さんが手掛けた。

(全文を表示…)

2020年10月7日(水) 08:58 [産業・経済]

「クチコミ部門」で1位 ホテル紺碧/ヤフートラベルアワード


儀間マネジャー(後列右から3人目)、渡真利シェフ(同4人目)とスタッフの皆さん=6日、紺碧ザ・ヴィラオールスイート

儀間マネジャー(後列右から3人目)、渡真利シェフ(同4人目)とスタッフの皆さん=6日、紺碧ザ・ヴィラオールスイート

 南西リゾート(與那覇龍一社長)の運営する紺碧ザ・ヴィラオールスイートはこのほど、「ヤフー!トラベルアワード2020」の沖縄エリアクチコミ部門1位、「一休FAVORITES2020」沖縄離島クチコミ部門2位に選ばれた。同ホテルの儀間大輝マネジャーは「宿泊客に、また来たいと思ってもらえるようなサービスを、スタッフ一同で提供していきたい」とさらなる決意を語った。

(全文を表示…)