「産業・経済」 2020年11月のニュース一覧

2020年11月27日(金) 09:00 [産業・経済]

1月5日から製糖操業/沖縄製糖

搬入量13万1000トン見込む


来年1月5日から製糖操業を開始する沖縄製糖宮古工場=26日、下地上地

来年1月5日から製糖操業を開始する沖縄製糖宮古工場=26日、下地上地

沖縄製糖宮古工場は26日までに、2020-21年期サトウキビ製糖操業を来年1月5日に開始することを決めた。今期の原料(サトウキビ)搬入は13万1000トンを見込む。一方、宮古製糖城辺工場は来年1月4日の週に始める見通し。

(全文を表示…)

2020年11月21日(土) 08:58 [教育・文化, 産業・経済]

開発商品を販売/「結マーケット」展開

伊良部島小中8年生


生徒たちが自ら収穫したイモを活用したオリジナル商品を販売し、大盛況となった「結マーケット」=20日、伊良部漁協駐車場

生徒たちが自ら収穫したイモを活用したオリジナル商品を販売し、大盛況となった「結マーケット」=20日、伊良部漁協駐車場

 伊良部島小学校・中学校8年生が「島の発展をめざし、起業家魂を育てる~宮古イモの6次産業化への実践を通して~」をテーマに取り組んでいる学習の一環で、生徒たちがオリジナルレシピで考案した商品を販売する「結マーケット」が20日、伊良部漁協駐車場で行われた。

(全文を表示…)

2020年11月20日(金) 08:59 [産業・経済]

子牛去勢、70万円台回復/11月期肉用牛競り

初競り以来10カ月ぶり/雌も60万円台目前の高値


去勢の1頭平均価格が10カ月ぶりに70万円台を回復した11月期肉用牛競り=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

去勢の1頭平均価格が10カ月ぶりに70万円台を回復した11月期肉用牛競り=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

 JAおきなわ宮古家畜市場の2020年11月期肉用牛競りが19日開かれ、子牛1頭平均価格は前月比4万1296円高の66万7733円の高値取引が成立した。特に去勢は同比4万2916円高の70万9906円となり、1月の初競り以来10カ月ぶりに70万円台を回復した。雌も59万8784円(前月比3万7169円高)と60万円目前の価格で競り落とされた。需要増に伴う枝肉の上げ相場が子牛価格に反映されている。

(全文を表示…)

2020年11月18日(水) 09:00 [産業・経済]

クルーズ船が再開へ/コスタクルーズ

来年3月、宮古発着/新旅客受け入れ施設活用


下地市長に宮古島発着クルーズの計画を報告する浜岡支社長(左から2人目)=17日、市役所平良庁舎

下地市長に宮古島発着クルーズの計画を報告する浜岡支社長(左から2人目)=17日、市役所平良庁舎

 ヨーロッパ最大のクルーズ会社、コスタクルーズ(日本支社東京都)が宮古島を発着する「ショートクルーズ」を設定し、来年3月から運航する予定だ。3泊4日からの短期間クルーズで、宮古島─台湾・基隆─那覇─宮古島などを周遊する。クルーズ船乗客に対応するために整備した新旅客受け入れ施設(平良港内)を活用する。当面は日本人だけの乗客で運航する方針。

(全文を表示…)

2020年11月17日(火) 08:59 [産業・経済]

アカジン、タコなど高値/宮古島漁協競り

取引が活発、キロ単価高騰


久しぶりにキロ単価が高騰した=16日、宮古島漁業協同組合の競り市

久しぶりにキロ単価が高騰した=16日、宮古島漁業協同組合の競り市

 宮古島漁業協同組合(儀保正司組合長)で16日午前、競り市場が開かれ、久しぶりにキロ単価が高騰し、高級魚アカジンミーバイが2500円、同じくアカマチ2050円、タコ1700円で競り落とされた。

(全文を表示…)

2020年11月15日(日) 08:58 [産業・経済]

ワールドホテルアワード受賞/ゲストハウス「Umioto」


ワールドラグジュアリーホテルアワードを受賞した山本豪さん(左)、恵美さん夫妻=14日、ゲストハウスUmioto

ワールドラグジュアリーホテルアワードを受賞した山本豪さん(左)、恵美さん夫妻=14日、ゲストハウスUmioto

 平良荷川取にあるゲストハウス「Umioto(うみおと)」がこのほど、「ホテル業界のアカデミー賞」とも呼ばれる「第14回ワールドラグジュアリーホテルアワード」のゲストハウス部門を受賞した。同ゲストハウスを経営する山本豪さん、恵美さんが14日、宮古毎日新聞の取材に応じ、受賞の喜びと「これを機に宮古島の魅力を世界中に発信していきたい」と意気込みを語った。

(全文を表示…)

2020年11月13日(金) 08:59 [産業・経済]

キビ操業安全を祈願/宮糖多良間工場で火入れ式

ボイラー火入れ式で期間中の無事故、無災害を祈願する関係者ら=12日、多良間製糖工場

ボイラー火入れ式で期間中の無事故、無災害を祈願する関係者ら=12日、多良間製糖工場

 【多良間】多良間製糖工場で12日、ボイラー火入れ式と安全祈願祭が行われた。宮古製糖(渡久山和男社長)の関係者をはじめ、村議会の森山実夫議長や村の職員らが参加し、2020ー21年期産のサトウキビ製糖操業の安全を祈願した。

(全文を表示…)

2020年11月12日(木) 09:00 [産業・経済]

キビ操業、年内見送り/宮古本島2工場

来年1月4日の週に開始/伊良部と多良間は来月から


20-21年期の操業を来年1月4日の週に始める宮古製糖城辺工場=11日、城辺砂川

20-21年期の操業を来年1月4日の週に始める宮古製糖城辺工場=11日、城辺砂川

 宮古本島内の製糖2工場は11日、2020-21年産サトウキビの製糖操業を来年1月4日の週に始めることを決めた。各地区の生産組合が要望していた年内操業は見送る。宮糖伊良部工場は12月1日、多良間製糖工場は同2日に開始する。宮古地区の今期生産見込み量は約32万トン。3期ぶりに30万トン台を回復する見通しだ。

(全文を表示…)

2020年11月8日(日) 08:58 [イベント, 産業・経済]

島の駅で「泡盛まつり」

6社30銘柄をずらり/きょうまで開催


各酒造メーカーの限定酒などがずらりと並べられている=7日、島の駅みやこ

各酒造メーカーの限定酒などがずらりと並べられている=7日、島の駅みやこ

 「泡盛まつり2020」が7日、島の駅みやこで始まった。島内の酒造メーカー6社から約30銘柄が並べられ、観光客らが買い求めていた。例年、オトーリ口上コンテストなどのイベントを開催しているが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため販売と試飲のみとした。店舗内の通路両側にまつり限定酒がずらりと並び、目を引いている。泡盛まつりは8日までの開催。

(全文を表示…)

2020年11月6日(金) 09:00 [産業・経済]

本土路線 回復基調が鮮明に/10月輸送実績

JTA羽田線は前年超え/「Go To」など後押し


羽田―宮古線を利用して来島した観光客ら。本土路線の回復基調が鮮明だ=5日、宮古空港

羽田―宮古線を利用して来島した観光客ら。本土路線の回復基調が鮮明だ=5日、宮古空港

 首都圏と宮古島を結ぶ本土航空路線の回復基調が鮮明だ。10月の実績は日本トランスオーシャン航空(JTA)、全日本空輸(ANA)ともに好調で、JTAの羽田―宮古は前年同月を上回る利用実績だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で冷え込んだ航空業界だが、政府の「Go To トラベル」等で高まる国内旅行需要を背景に勢いを取り戻しつつある。島内では、感染防止対策と観光振興を両立させた新しい動きが活発化している。

(全文を表示…)