2020年12月26日のニュース一覧

2020年12月26日(土) 16:26 [社会・全般]

【速報】新型コロナ 26日、宮古地区の新規感染2人

 県は26日、新型コロナウイルスで、県関係で36人の新規感染を確認したと発表した。宮古地区での新たな感染は2人だった。


 宮古病院に入院中の患者は18人(中等症3人、軽症12人、無症状3人)という。

2020年12月26日(土) 09:00 [社会・全般]

患者急増で危機的状況/新型コロナ

宮古病院は医療崩壊寸前


宮古病院の危機的状況を説明する本永院長=25日、宮古病院

宮古病院の危機的状況を説明する本永院長=25日、宮古病院

 新型コロナウイルス感染者の急増を受け県立宮古病院の本永英治院長は25日、会見し、「宮古病院の病床確保が逼迫(ひっぱく)している。高齢者、基礎疾患のある患者を守るために多人数の宴会などを控えてほしい」と市民に呼び掛けた。10月以降の発症患者はほとんどが宮古島在住者で模合などの宴会、家族内感染の事例が多い。現在の状況が続けば、数日中に病床確保が困難になる可能性が高いという。

(全文を表示…)

2020年12月26日(土) 08:59 [政治・行政, 社会・全般]

「気を緩めないで」/新型コロナ感染防止対策

年末年始で市長/市民に再度の呼び掛け


県全体、島内における新型コロナの感染拡大を踏まえて、年末年始における再度の緊急特別対策の実施求める下地市長=25日、市役所平良庁舎

県全体、島内における新型コロナの感染拡大を踏まえて、年末年始における再度の緊急特別対策の実施求める下地市長=25日、市役所平良庁舎

 県全体、島内の新型コロナウイル感染拡大が続いている状況を受けて下地敏彦市長は25日、市役所平良庁舎内で15日に引き続き会見を開き、年末年始の医療崩壊回避のための緊急特別対策の実施を再度訴えた。下地市長は「年末年始は気を緩めることなく引き続き、マスク着用、小まめな手洗い、うがい、3密を回避した行動等で感染防止を図り、健やかな新年を迎えてほしい」と訴えた。

(全文を表示…)

2020年12月26日(土) 08:58 [社会・全般]

1年間のほこりを落とす/宮古神社で「すす払い」

宮古病院の危機的状況を説明する本永院長=25日、宮古病院

宮古病院の危機的状況を説明する本永院長=25日、宮古病院

 宮古神社は25日、新年を迎える準備として社殿にたまった1年間のほこりを払い落とす「すす払い」を行った。年末に社殿を大掃除し、新年に向けて清める恒例神事で年の瀬の風物詩になっている。

(全文を表示…)