「教育・文化」 2020年12月のニュース一覧

2020年12月27日(日) 08:58 [教育・文化]

通信制高校の特徴説明/来年4月開校で学院長ら

下地市長に


「島の高等学院」の開校を報告した根間学院長(左から3人目)=25日、市役所平良庁舎

「島の高等学院」の開校を報告した根間学院長(左から3人目)=25日、市役所平良庁舎

 来年4月に開校する通信制高校「島の高等学院」の根間玄隆学院長らが25日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、教育方針などを説明した。下地市長は「皆さんの資金は大丈夫か。ふるさと納税の寄付金の使途には、子育て応援や人材育成などのコースがある。申請してはどうか」と進言した。

(全文を表示…)

2020年12月22日(火) 08:59 [教育・文化]

通信制で高卒資格取得/「島の高等学院」

来年4月、宮古で新規開校


通信制高校の運営に乗り出す根間代表(中央)=21日、平良西里

通信制高校の運営に乗り出す根間代表(中央)=21日、平良西里

 通信制で高校卒業資格を取得できる「島の高等学院」が来年4月、島内で初めて開校する。個別進学塾Root(ルート、平良西里)の根間玄隆代表が運営する。21日、会見した根間代表は「既存の高校に通えない子どもたちの受け皿として、社会と連携しながら育てていきたい」と話した。

(全文を表示…)

2020年12月22日(火) 08:58 [教育・文化]

国公立大に6人が合格/宮古高校

推薦で県立芸大、看護大など


推薦入試で国公立大学合格を決めた生徒ら=21日、宮古高校

推薦入試で国公立大学合格を決めた生徒ら=21日、宮古高校

 宮古高校で21日、国公立大学合格者の報告会があり、推薦入試で合格した6人が喜びを話した。合格した大学と合格者は、県立芸術大学音楽学部に上原愛姫さん、大分県立芸術文化短期大学国際総合学科に大浦日梨子さん、名桜大学国際学群に瑞慶山義愛さん、県立看護大学看護学部に井上海さんと下地平莉さん、大分大学福祉健康科学部に狩俣璃乃さん。

(全文を表示…)

2020年12月20日(日) 08:59 [教育・文化]

創作活動の成果たたえる/市長・教育長賞93人表彰

コロナで作品展示は中止に/市民総合文化祭児童・生徒の部


市長賞を受賞した児童生徒の皆さん=19日、マティダ市民劇場

市長賞を受賞した児童生徒の皆さん=19日、マティダ市民劇場

 第15回市民総合文化祭児童・生徒の部の書道や文芸等の各部門で市長賞、教育長賞を受賞した93人に対する表彰式が19日、マティダ市民劇場で行われた。下地敏彦市長と宮國博教育長が受賞者一人一人に賞状と記念の盾を贈り、創作活動の成果をたたえた。今年の文化祭は新型コロナウイルス感染症の影響で入賞作品の展示は中止に。それでも入賞者は「受賞できてうれしい。また頑張ります」などと喜びを話していた。

(全文を表示…)

2020年12月18日(金) 09:00 [政治・行政, 教育・文化]

3幼稚園 来年度休園に/池間、砂川、福嶺

園児数、規定に達せず/市教育委員会
狩俣は3年ぶり再開へ


3幼稚園の休園などを決定した市教育委員会の定例会=17日、市役所城辺庁舎

3幼稚園の休園などを決定した市教育委員会の定例会=17日、市役所城辺庁舎

 市教育委員会(宮國博教育長)の第14回定例会が17日、市役所城辺庁舎で開かれた。市立幼稚園の池間、砂川、福嶺の3園が2021年度は休園することを決定した。園児数が規定に達しなかったことが理由。一方で2年間休園していた狩俣は規定を上回り3年ぶりに開園することが決まった。

(全文を表示…)

2020年12月15日(火) 08:59 [教育・文化]

文化功労者、団体を表彰/市文化協が伝達

地域振興、方言普及など


県文化協会賞を受賞した(左から)翁長会長、古堅顧問、前里代表、市農漁村生活研究会の濱川さん=13日、下地公民館

県文化協会賞を受賞した(左から)翁長会長、古堅顧問、前里代表、市農漁村生活研究会の濱川さん=13日、下地公民館

県しまくとぅば普及功労者で表彰された砂川副会長=13日、下地公民館

県しまくとぅば普及功労者で表彰された砂川副会長=13日、下地公民館

 2020年度県文化協会賞、県しまくとぅば普及功労者の表彰伝達式が13日、下地公民館で開かれた。宮古文化の推進、発展に貢献した3人と1団体、宮古方言の普及、継承に努めた市文化協会の砂川春美副会長の功績をたたえ表彰した。

(全文を表示…)

2020年12月13日(日) 08:58 [教育・文化]

奥平さんら地区代表/管打楽器コン・ソロ部門

トロンボーンで「花は咲く」を演奏する平良第一小6年の与那覇結衣さん=12日、北中体育館

トロンボーンで「花は咲く」を演奏する平良第一小6年の与那覇結衣さん=12日、北中体育館

 第19回宮古地区管打楽器コンテスト(主催・宮古地区吹奏楽連盟)のソロ部門が12日、北中学校体育館であり、小学3年生から6年生まで42人、中学生22人の計64人が日ごろの練習の成果を披露した。中学生Aパートから平良中2年の奥平美羽さんら6人が地区代表に選ばれ、来年2月6、7日に南城市で開催される第46回県ソロコンテストに出場する。

(全文を表示…)

2020年12月12日(土) 08:58 [教育・文化]

宮総実が科学大会3位/サイエンスinオキナワ

熱中症対策ドリンクを考案


スコアサイエンスinオキナワで3位に入った宮古総合実業高校生物生産科の生徒ら=11日、宮古総合実業高校

スコアサイエンスinオキナワで3位に入った宮古総合実業高校生物生産科の生徒ら=11日、宮古総合実業高校

 沖縄科学技術大学院大学が主催する「スコアサイエンスinオキナワ」で、宮古総合実業高校生物生産科の2年生が考案した熱中症対策ドリンクが3位に入賞した。11日に同校で報告会を開いた生徒たちは、初出場初入賞の快挙を喜んだ。

(全文を表示…)

2020年12月9日(水) 08:58 [教育・文化]

1次選考通過20作品を決定/市文化協会 第4回宮古島文学賞

 第4回「宮古島文学賞」(主催・市文化協会)の第1次選考会が7日、下地農村環境改善センターで行われ、1次選考通過20作品が決まった。来年1月4日の第2次選考会で6~8作品に絞り込まれ、2月4日の最終選考会で一席、二席、佳作が決まる。最終選考委員は作家の椎名誠さん(委員長)、児童文学作家のもりおみずきさん、詩人で作家の大城貞俊さん。

(全文を表示…)

2020年12月8日(火) 08:59 [教育・文化]

打楽器五重奏が九州へ/宮高吹奏楽部

金管八重奏も県で金賞/「楽しんで演奏できた」


県アンサンブルコンテストで金賞を受賞し喜ぶ宮高吹奏楽部の部員たち=6日、宮古空港

県アンサンブルコンテストで金賞を受賞し喜ぶ宮高吹奏楽部の部員たち=6日、宮古空港

 第45回県アンサンブルコンテスト高校生部門が5日、沖縄市民会館大ホールで行われ、参加した宮古高校吹奏楽部の打楽器五重奏と金管八重奏が金賞を受賞した。さらに打楽器五重奏は県代表として九州大会への派遣も決まった。6日、帰島した同校の生徒たちは空港で結果を笑顔で報告した。

(全文を表示…)

2020年12月5日(土) 08:59 [教育・文化, 産業・経済]

観光客に売り込み/池間中生徒

企画製造した化粧水


特設のブースで商品を説明する池間中の生徒たち=4日、みやこ下地島空港ターミナル

特設のブースで商品を説明する池間中の生徒たち=4日、みやこ下地島空港ターミナル

 池間中学校の生徒が企画して製造された化粧水「Venusea」(ヴィーナシー)の販売会が4日、みやこ下地島空港ターミナルであった。特設ブースで生徒自らが販売。観光客らが買い求めて盛況だった。

(全文を表示…)

2020年12月4日(金) 08:58 [教育・文化]

進路決定率100%達成/伊良部高校、6年連続

県内大学合格、県外就職内定


大宮校長(前列左)の激励を受けた生徒と教諭たち=3日、伊良部高校

大宮校長(前列左)の激励を受けた生徒と教諭たち=3日、伊良部高校

 伊良部高校の大宮廣子校長は3日、同校で記者会見し、来春最後の卒業予定者5人のうち、男子生徒2人が県内大学に合格、女子生徒3人が県外就職に内定し、同校では6年連続進路決定率100%を達成したと発表した。

(全文を表示…)

2020年12月3日(木) 08:58 [教育・文化]

入賞作品を展示/あおぞら図画コンクール 宮古空港


あおぞら図画コンクールの入賞作品が展示されている=2日、宮古空港

あおぞら図画コンクールの入賞作品が展示されている=2日、宮古空港

 第38回JTA・RACあおぞら図画コンクール入賞作品の移動作品展が宮古空港1階ロビーで開かれている。県内離島と奄美大島・与論島に住む小学生から257点の応募があり、入賞作品が選ばれた。入賞作品37点が1日から展示されている。7日まで。

(全文を表示…)

2020年12月1日(火) 08:59 [教育・文化]

城東中の特色説明/市教委

来年4月開校で保護者に


来年4月に開校する城東中の説明に聞き入る参加者=11月29日、城辺公民館

来年4月に開校する城東中の説明に聞き入る参加者=11月29日、城辺公民館

 市教育委員会は11月29日、城辺公民館で、城辺地区の4中学校を統合して来年4月に開校する城東中学校の教育についての保護者説明会を行った。同校の初代校長となる同校開校準備室の比嘉豊樹室長(西城中校長)が、学んだことを自分の将来に生かせる生徒の育成などの教育目標や、生徒一人一人に専用のタブレットを用意し、国内外と交流できる学習環境などの特色を説明した。同校は生徒118人でスタートする予定。

(全文を表示…)