2021年1月18日のニュース一覧

2021年1月18日(月) 16:42 [社会・全般]

【速報】新型コロナ 18日、宮古島市の新規感染11人

 県は18日、新型コロナウイルスで、県関係で67人の新規感染を確認したと発表した。このうち、居住地が宮古島市となっている感染者は11人だった。

 宮古地区での新規感染者が10人を超えるのは昨年12月25日以来、24日ぶり。



2021年1月18日(月) 09:00 [政治・行政]

新市長に座喜味氏

「市政刷新」果たす/現職に2782票差で初当選


初当選を果たし支持者らと共に万歳する座喜味一幸氏(左から3人目)=17日、平良西里の座喜味一幸選挙事務所

初当選を果たし支持者らと共に万歳する座喜味一幸氏(左から3人目)=17日、平良西里の座喜味一幸選挙事務所

 任期満了に伴う第5回宮古島市長選挙は17日、市内22カ所で投票が行われ、即日開票の結果、無所属新人で前県議会議員の座喜味一幸氏(71)=社民、社大、共産、立民推薦=が1万5757票を獲得し、4選を目指した無所属現職の下地敏彦氏(75)=自民、公明推薦=に2782票差をつけ、初当選を果たした。座喜味氏は、長期にわたる現市政を批判。党派を乗り越え「市政を変えよう」と訴えて現職との一騎打ちを制した。新型コロナウイルス感染症拡大に歯止めが掛からない中、選挙戦は市政の「継続か」「刷新か」で争われたが、有権者は新しい市政を選択した。

(全文を表示…)

2021年1月18日(月) 08:59 [政治・行政]

下地、狩俣氏が当選/市議補欠選

保・革で議席分け合う


下地茜氏

下地茜氏

狩俣勝紀氏

狩俣勝紀氏

 市議会議員の欠員2を補充する補欠選挙は17日、市内22カ所で投票され、即日開票の結果、無所属新人で会社員の下地茜氏(41)、無所属新人で会社員の狩俣勝紀氏(63)がそれぞれ当選した。保守と革新がそれぞれ1議席を分け合った。補欠選には新人4人、元職1人の計5人が立候補していた。

(全文を表示…)

2021年1月18日(月) 08:58 [スポーツ]

「新人王」から技術学ぶ/宮古島甲子園プロジェクト

西武・平良投手が野球教室


ドリームズの選手の投球を見守る平良投手(右)=16日、市民球場サブグラウンド

ドリームズの選手の投球を見守る平良投手(右)=16日、市民球場サブグラウンド

 宮古島甲子園プロジェクト(平良勝之会長)は16日、宮古島で自主トレーニングを行っている西武ライオンズの平良海馬投手らを招いて、各中学校から選抜された選手で構成する宮古島ドリームズを対象とした野球教室を市民球場サブグラウンドで開いた。ドリームズの選手たちはプロの選手からピッチングやキャッチングなどを学び、夢の甲子園出場に向けて意欲を高めた。

(全文を表示…)

2021年1月18日(月) 00:02 [未分類]

【速報】下地茜候補、狩俣勝紀候補が当選確実 市議補選